[[MyWiki 飛耳長目|MyWiki]]
*[[SIGMAログインページ|http://sns.agorian.com]]  [[Login2]] *[[Galleryログインページ|http://gallery.agorian.com/main.php?g2_view=core.UserAdmin&g2_subView=core.UserLogin]] !!!管理人用ログイン {{section{Agorian MT}}} <html> <form method="post" action="http://agorian.com/apps/mt.cgi"> <p><label for="username">ログイン名</label>  <input name="username" id="username" size="20" /></p> <p><label for="password">パスワード</label>  <input type="password" name="password" id="password" size="20" />  <input type="submit" name="submit" value="ログイン" /></p> </form> </html> {{section{Elmblog MT}}} <html> <form method="post" action="http://elmblog.com/apps/mt.cgi"> <p><label for="username">ログイン名</label>  <input name="username" id="username" size="20" /></p> <p><label for="password">パスワード</label>  <input type="password" name="password" id="password" size="20" />  <input type="submit" name="submit" value="ログイン" /></p> </form> </html> {{section{WordPress}}} <html> <form name="loginform" id="loginform" action="http://agorian.com/wps/wp-login.php" method="post"> <p><label>Username: <input type="text" name="log" id="log" value="" size="20" tabindex="1" /></label></p> <p><label>Password: <input type="password" name="pwd" id="pwd" value="" size="20" tabindex="2" /></label>  <input type="submit" name="submit" id="submit" value="Login" tabindex="4" /> <input type="hidden" name="redirect_to" value="http://agorian.com/wps/wp-admin/" /> </p> </form> </html> {{section{SigmaBlog}}} <html> <form name="loginform" id="loginform" action="http://blog.agorian.com/wp-login.php" method="post"> <p> <label>Username: <input type="text" name="log" id="user_login" class="input" value="" size="20" tabindex="10" /></label> </p> <p> <label>Password: <input type="password" name="pwd" id="user_pass" class="input" value="" size="20" tabindex="20" /></label>   <input type="submit" name="submit" id="submit" value="Login" tabindex="100" /> <input type="hidden" name="redirect_to" value="http://blog.agorian.com/wp-admin/" /> </p> </form> </html>
@@内容が古くなった。要改版@@ !デザイン !!!スキン画像変更 (skinフォルダー内の画像入れ替え) ログイン画面 skin_login.jpg <html><img src="http://sns.agorian.com/skin/skin_login.jpg" width="180"></html> ログイン後ヘッダ skin_after_header.jpg [img[http://sns.agorian.com/skin/skin_after_header.jpg]] インフォメーション欄アイコン skin_icon_information_1165748066.gif [img[http://sns.agorian.com/img.php?filename=skin_icon_information_1165748066.gif]] !!!配色設定・CSS変更 変更なし(設置時のまま) [[標準配色コード]] [[カストムCSS]] !!!ナビゲーション変更 skin_navi_h.jpg [img[http://sns.agorian.com/skin/skin_navi_h.jpg]] skin_navi_f.jpg [img[http://sns.agorian.com/skin/skin_navi_f.jpg]] skin_navi_c.jpg [img[http://sns.agorian.com/skin/skin_navi_c.jpg]] !!!HYML挿入 *ログイン前フッター {{{ <a href="?m=pc&a=page_o_sns_kiyaku" target="_blank">利用規約</a> <a href="?m=pc&a=page_o_sns_privacy" target="_blank">個人情報保護方針</a> <a href="http://sns.agorian.com/sigma/" target="_blank">ΣSigma案内</a> }}} @@0508-8am 空白にし「変更する」をクリックしても空白にならない。元の内容が表示される。@@ *【PC版】HTML挿入 B (旧:【PC版】HTML挿入(ページ上部)) {{{ <table width="100%" cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style="margin:0;"> <tr> <td style="padding:3px 9px;" align="right" class="bg_13"> グループウェア機能はこちら →  <a href="?m=biz&a=page_s_list">施設予約</a>  <a href="?m=biz&a=page_fh_biz_schedule_add">予定登録</a>  <a href="?m=biz&a=page_h_biz_group_find_all">グループ</a></td></tr> </table> }}} @@空白にした@@ !!!テンプレート挿入(上級者向け設定上級者向け設定) すべて空白(設置時のまま) !!!バナー設定 *トップバナー {{{ [img[http://sns.agorian.com/img.php?filename=b_3_1167835593.jpg&w=180&h=180]] banner01 http://www.elmblog.com/ [img[http://sns.agorian.com/img.php?filename=b_4_1168264129.gif&w=180&h=180]] banner02 http://web2.elmstadt.com/ [img[http://sns.agorian.com/img.php?filename=b_2_1160257562.jpg&w=180&h=180]] canoe468x60 [img[http://sns.agorian.com/img.php?filename=b_5_1170517709.jpg&w=180&h=180]] avatar468x60 }}} *サイドバナー {{{ 思い出の映画<br> <a target="amazon" href="http://astore.amazon.co.jp/agorian-22/249-2080194-6466742?%5Fencoding=UTF8&node=39"><img src="http://agorian.com/img/icon/book50.jpg" border="0" hspace=5"></a><br> 趣味のパソコン<br> <a target="amazon" href="http://astore.amazon.co.jp/agorian-22/249-2080194-6466742?%5Fencoding=UTF8&node=37"><img src="http://agorian.com/img/icon/pc50.jpg" border="0" hspace=5"></a><br> 愛用のデジカメ<br> <a target="amazon" href="http://astore.amazon.co.jp/agorian-22/249-2080194-6466742?%5Fencoding=UTF8&node=38"><img src="http://agorian.com/img/icon/camera50.jpg" border="0" hspace=5"></a><br> <!-- ◆Amazon◆ --> <!-- <script type="text/javascript"> amazon_ad_tag = "elmblog-22"; amazon_ad_width = "160"; amazon_ad_height = "600"; amazon_color_border = "D6D6C3"; amazon_color_link = "5E5443"; amazon_color_price = "5A5542"; amazon_ad_logo = "hide"; amazon_ad_link_target = "new"; amazon_ad_price = "retail"; </script> <script type="text/javascript" src="http://www.assoc-amazon.jp/s/ads.js"></script> // --> }}} !SNS設定 !!!メール文言変更 *署名(全PCメール共通) {{{ ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ! ({$~CATCH_COPY})({$~SNS_NAME}) URL     : ({$~OPENPNE_URL}) お問い合わせ : ({$~ADMIN_EMAIL}) ({if $~OPERATION_COMPANY}) 運営会社 : ({$~OPERATION_COMPANY}) ({/if}) このメールに書かれた内容の無断転載、無断複製を禁じます。 ({if $~COPYRIGHT})({$~COPYRIGHT})({/if}) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■ !お知らせ }}} *【PC版】 h_homeのお知らせ {{{ ※<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_h_free_page&c_free_page_id=1">最新のお知らせ</a> <a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_h_free_page&c_free_page_id=3"><img src="http://agorian.com/img/logo/aws16.gif" border="0"></a>  <a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_h_free_page&c_free_page_id=2"><img src="http://agorian.com/img/logo/bcove16.gif" border="0"></a>  <a href="http://elmblog.com/rss/index.cgi" target="rss"><img src="http://agorian.com/img/logo/rss16.gif" border="0"></a><br /> ※新規に登録された方は、<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=36">こちら</a>をご覧ください。使い方は<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=15">HELP</a>を参照してください。<br /> ※<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=1">談話室</a>で<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=7">自己紹介</a>をお願いします。運営者への<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=6">ご意見・質問</a>も気楽にどうぞ。 }}} !サイドバナー {{{ <IFRAME frameborder="3" width="220" src="http://agorian.com/sns/bbs/" height="220" scrolling="AUTO" style="align:center;border-width : thin thin thin thin;border-style : ridge ridge ridge ridge;"></IFRAME><br> ◆<a href="http://agorian.com/sns/chat/" target="chat">チャット画面を開く</A>◆<br> <br> ↓お好きなゲームをお楽しみください↓<br> <a href="http://agorian.com/gadget/invader.html" target="gadget">Invader</a>  <a href="http://agorian.com/gadget/slot.html" target="gadget">SlotMachine</a>  <a href="http://agorian.com/gadget/lineup.html" target="gadget">LineUp</a> <IFRAME scrolling="no" style="background-color:#ffffff;" width="280" frameborder="0" src="http://agorian.com/sns/home/side.html" height="370" align="middle" name="gadget"></IFRAME> }}} !!フリーページ !!!1.最新ニュース {{{ <table style="padding-left:20px;line-height:1.5em;"><tr><td> <div style="font-size:20px;color:navy;">≪お知らせ≫</div> ■最新ニュース<br> ※試験中です <a target="_blank" href="http://www.google.com/calendar/render?cid=se0p1ueoirs0hcglm2bv9ob1l0%40group.calendar.google.com"><img src="http://www.google.com/calendar/images/ext/gc_button1_ja.gif" border=0></a> <a href="http://www.google.com/calendar/embed?src=se0p1ueoirs0hcglm2bv9ob1l0%40group.calendar.google.com" target="new">月間予定表</a><br> <iframe src="http://www.google.com/calendar/embed?src=se0p1ueoirs0hcglm2bv9ob1l0%40group.calendar.google.com&amp;chrome=NAVIGATION&amp;height=220&amp;epr=1" style=" border-width:0 " width="640" frameborder="0" height="220"></iframe><br> ※<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_h_free_page&c_free_page_id=2"><img src="http://agorian.com/img/logo/brightcove16.gif" border="0" hspace=3">ビデオ放送</a>をご覧ください。懐かしいポパイやベティをアップしました。<br> ※<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_h_free_page&c_free_page_id=3">お気に入りのパソコン・デジカメ・本などのレビュー</a>を掲載しています。ご参考に。<br> ※ソフトの最新版へのアップグレードに伴い、画面デザインとレイアウトを変更しました。<br> ※グループウェア機能β版を追加しました ⇒ <a href="?m=biz&a=page_s_list">施設予約α</a> <a href="?m=biz&a=page_fh_biz_schedule_add">予定登録β</a>  <a href="?m=biz&a=page_h_biz_group_find_all">グループβ</a><br /> ■新規登録の方へ<br> ※<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=36">★初めて参加された方へ</a>をご覧ください。使い方については<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=15">HELP</a>およびWikiの<a href="http://wiki.agorian.com/sns/">ΣSIGMA利用手引書</a>(未完)をご参考に。<br /> ※<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=1">★談話室</a>で<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=7">自己紹介</a>をお願いします。<br /> ※<font color="red">ゲストの方</font>は、<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=156">こちらを</a>ご覧ください。<br> ■公開コミュニティ案内<br> ※<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=19">団塊の世代</a> -団塊世代の過去現在未来、新しい生き方や思い出など<br> ※<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=17">海外こぼれ話</a> -海外の話題や駐在体験談、海外旅行経験など<br> ※<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=18">旅と歴史と写真</a> -旅の紹介や紀行日記、歴史の案内、自慢の写真など<br> ※<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=14">SL58会</a> -1970年代SL5F8Fにいた仲間たちの思い出話です<br /> ■非公開コミュニティ案内<br> ※FSA営業プロセス研修受講者の方は、<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_join_request&target_c_commu_id=20">こちらから参加</a>申し込みをしてください。<br />※吉の会メンバーは、<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_join_request&target_c_commu_id=21">こちらから参加</a>してください。<br> ※FSA委員の方は、<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=11">FSAマーケティング委員会</a>にご参加ください。<br />※HS44会メンバは、<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_join_request&target_c_commu_id=2">澪標井戸端会議</a>に参加してください。<br> ※FIMAT914卒業生は「<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_join_request&target_c_commu_id=13">雀の学校</a>」に参加してください。<br> ■運営事務局への<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=6">ご質問・ご意見</a>を遠慮なくどうぞ。事務局からの運営に関する<a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=13">お知らせ</a>もご覧ください。<br /> </td></tr></table> }}} !!!2.Brightcove Player {{{ <!-- Start of Brightcove Player --> <script src="http://admin.brightcove.com/js/experience_util.js" type="text/javascript"></script> <script type="text/javascript"> // By use of this code snippet, I agree to the Brightcove Publisher T and C // found at http://www.brightcove.com/publishertermsandconditions.html. var config = new Array(); config["videoId"] = null; config["videoRef"] = null; config["lineupId"] = null; config["playerTag"] = null; config["autoStart"] = true; config["preloadBackColor"] = "#FFFFFF"; /* do not edit these config items */ config["playerId"] = 447773818; config["width"] = 800; config["height"] = 500; createExperience(config, 8); </script> <!-- End of Brightcove Player --> <br /><div style="width:560px;text-align:left;">インターネットテレビサービスBrightCoveを使って作りました。「ΣSIGMAテレビ放送局」と名付けるかな?映像コンテンツで著作権フリーのものがあれば寄付してください。団塊世代放送局も実験中です。</div> }}} !!!3.Amazonお薦め商品 {{{ AWSを利用して作成したAmazonお薦め商品です。★印のカテゴリは達磨居士のお気に入り商品リストです。<br />①<a target="amazon" href="http://astore.amazon.co.jp/agorian-22">お気に入り</a> ②<a target="amazon" href="http://astore.amazon.co.jp/agorian-book-22">心に残る本</a> ③<a target="amazon" href="http://astore.amazon.co.jp/agorian-pc-22">パソコン</a> ④<a target="amazon" href="http://astore.amazon.co.jp/agorian-movie-22">思い出の映画</a> ⑤<a target="amazon" href="http://astore.amazon.co.jp/agorian-camera-22">愛用のデジカメ</a>  <A href="http://astore.amazon.co.jp/agorian-22/listmania/RZ0VU8KE6Z0CG/249-9414453-2084341" target="amazon">◆お薦め商品紹介文</A><br /> <iframe src="http://astore.amazon.co.jp/agorian-22" width="100%" height="4000" frameborder="0" scrolling="no" name="amazon"></iframe>%/ !!!4.RSS最新ニュース /%<a href="http://elmblog.com/rss/index.cgi" target="rss"><img src="http://elmblog.com/img/logo/feed.gif" border="0" align="left" hspace=10"><br /><br /> <a href="http://elmblog.com/rss/index.cgi" target="rss">RSS最新ニュース</a><br /><br /> <a href="http://elmblog.com/rss/asahi.cgi" target="rss">朝日新聞</a><br /><br /> <a href="http://elmblog.com/rss/mashup.cgi" target="rss">Web2.0 Mashup</a><br /> }}} !!!5.団塊世代放送局 {{{ <!-- Start of Brightcove Player --> <div style="display:none"> 2006 Yokohama; Travel; USA; August 2003; Travel; USA; 26 January 2007 ; friend; Sigma 44 Alumni <a href="http://link.brightcove.com/services/link/bcpid494808757">http://link.brightcove.com/services/link/bcpid494808757</a><a href="http://www.brightcove.com/channel.jsp?channel=428902854">http://www.brightcove.com/channel.jsp?channel=428902854</a> </div> <script src="http://admin.brightcove.com/js/experience_util.js" type="text/javascript"></script> <script type="text/javascript"> // By use of this code snippet, I agree to the Brightcove Publisher T and C // found at http://www.brightcove.com/publishertermsandconditions.html. var config = new Array(); config["videoId"] = null; config["videoRef"] = null; config["lineupId"] = null; config["playerTag"] = null; config["autoStart"] = true; config["preloadBackColor"] = "#FFFFFF"; config["width"] = 790; config["height"] = 500; /* do not edit these config items */ config["playerId"] = 494808757; createExperience(config); </script> <!-- End of Brightcove Player --> }}} !!!6.営業プロセス研修資料 {{{ <script language="JavaScript"> if (document.referrer!="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=50") { window.location= "ng2.html"; } </script> <div style="width : 675px;height : 800px;top : 120px;left : 250px; position : absolute; z-index : 1; visibility : visible;" id="Layer1"> <iframe src="http://sns.agorian.com/download/svc/001.html" frameborder="0" name="ifr" width="100%" height="100%" border="0" scrolling="AUTO"></iframe></div> <div style="font-size:10px;text-align:left;margin-top:10px;margin-bottom:120px;"> <h3> <a href="http://agorian.com/bbs/survey/public/survey.php?name=sales" target="ifr">☆提案営業スキル診断</a><br> <a href="http://agorian.com/bbs/survey/admin/manage.php?where=results&sid=1 " target="ifr">☆提案営業スキル診断結果</a><br> <a href="http://agorian.com/sns/download/svc/201a.swf" target="ifr">☆提案営業スキル診断中間結果(201aswf</a> </h3> <h1> 営業プロセス研修資料一覧表 </h1> <b><a style="color:red;" href="http://agorian.com/download/index.php?id=svc300pdf" target="ifr">◆研修テキスト(印刷用300.pdf)</a></b><br /> <b><a style="color:red;" href="http://agorian.com/download/index.php?id=300slideswf" target="ifr">◆研修スライド(表示用300slide.swf)</a></b><br /> □Flashなどのプラグインは<a href="http://elmblog.com/download/plugin.html" target="ifr">こちら</a>です<br /> <font color="red"><b>◆事前配布資料<br />  ★<a href="http://agorian.com/download/index.php?id=svc200pdf" target="ifr">説明資料#200pdf</a><br>  ★<a href="http://sns.agorian.com/download/svc/201.xls" target="ifr">営業スキル診断シート#201xls</a><br>  ★<a href="http://sns.agorian.com/download/svc/202.pdf" target="ifr">事前課題シート(A3)#202pdf</a></b><br>    <a href="http://sns.agorian.com/download/">Excelファイル:#202xls</a></b></font><br> <br> ◆営業プロセス研修プログラム案内<br> ∇営業プロセス研修プログラム説明書 <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/001.html" target="ifr">#001htm</a><br> ∇研修日程表(二日間コース) <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/002.html" target="ifr">#002htm</a><br> ∇営業プロセス研修内容・目次 <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/003.html" target="ifr">#003htm</a><br> ∇提案型ソリューション営業研修内容 <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/004.html" target="ifr">#004htm</a><br> <br> ◆事前学習用の配布資料 <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/010.swf" target="ifr">010swf</a><br> ∇目指す方向性 <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/011.swf" target="ifr">011</a><br />∇経営パートナーの役割 <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/012.swf" target="ifr">012</a><br> ∇営業活動プロセスとは<a href="http://sns.agorian.com/download/svc/013.swf" target="ifr">013</a><br />∇経営者の仕事 <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/014.swf" target="ifr">014</a><br> ∇学習に効果的な対話方法 <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/015.swf" target="ifr">015</a><br> ∇<b>営業自己診断シート <a href="http://agorian.com/download/index.php?id=svc201swf" target="ifr">#201swf</a></b><br> ∇<b>事前課題記入シート <a href="http://agorian.com/download/index.php?id=svc202swf" target="ifr">#202swf</a></b><br> <br> ◆講義用スライド(作成中)<br> ∇オリエンテーション <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/301.swf" target="ifr">swf</a><br> ∇提案型ソリューション営業 <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/302.swf" target="ifr">swf</a><br> ∇経営と営業プロセス <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/303.swf" target="ifr">swf</a><br> ∇リレーション構築 <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/304.swf" target="ifr">swf</a><br> ∇営業計画策定 <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/305.swf" target="ifr">swf</a><br> ∇情報力を鍛える <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/306.swf" target="ifr">swf</a><br> ∇草莽崛起の時代 <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/307.swf" target="ifr">swf</a><br> <br> ◆演習問題(レビュー中)<a href="http://sns.agorian.com/download/svc/400.swf" target="ifr">swf</a><br> ∇301 案件の優先順位付け<br> ∇302 解決策の提案<br> ∇303 経営課題と解決策<br> ∇304 仮説の立案<br> ∇305 提案シナリオの作成<br> ∇306 組織改革に取り組む(未)<br> <br> ◆研修ワークシート(作成中)<br> ∇401 リレーション構築<br> ∇402 営業計画策定<br> ∇403 営業プロセス推進上の課題<br> <br> ◆参考資料(※当日オンラインで紹介)<br> ∇<span style="color:maroon;font-size:10px;">※営業活動プロセスマップ</span><span style=COLOR:#ff0000> <a href="http://agorian.com/download/index.php?id=svc203swf" target="ifr">#203swf</a></span><br> ∇<span style="color:maroon;font-size:10px;">※職務記述・業務要件書</span> <a href="http://agorian.com/download/index.php?id=svc204swf" target="ifr">#204swf</a><br> ∇ケーススタディ一覧 <a href="http://sns.agorian.com/download/svc/050.html" target="ifr">#050.htm</a><br> <span style="color:maroon;font-size:10px;">※は関係者外秘、印刷禁止です。</span> </div> }}} !!!7.Diet Coke and Mentos {{{ <table width="520"><tbody><tr><td align="center"> Web2.0勉強会で、ダイエットコークとメントスの話があったが、昨年のブームの火付け役の1人が、Linux開発者ジョシュア・ワイズ氏である。一昨年10月にグーグルビデオから公開された。<br /> Diet Coke and Mentos reaction<br /> <embed style="width: 400px; height: 326px;" id="VideoPlayback" type="application/x-shockwave-flash" src="http://video.google.com/googleplayer.swf?docId=-1450915772177922792&amp;hl=en"> </td></tr></tbody></table> }}}
[<img[CF1GB|img/pqi40x1gb.jpg]] ~PQI コンパクトフラッシュ ~QCF40シリーズ 1GB ~QCF40-1G 購入日 2006-2-11 購入価格 14,800円 (きむら新橋店) 2007-09-15現在 2680円(ラディカルベース)~24,355円(Amazon) 一年半で5分の1になった! [<img[USB4GB|img/usb4gb.jpg]] U.STYLE BLOCK ~MF-KU204GWH (4GB) 価格.com最安価格(税込): ¥9,360 ヤマダ 6830円 お買い得だった! [<img[USB4GB|img/HDAiU160.gif]] ~HDA-iUシリーズ80GB 15,700円 (2005-06生産終了) [img[RHD2-U1.0T|img/RHD2-U1.jpg]]~RHD2-U1.0T 1TB 希望小売価格 58,000円 [img[HDH-U500SR|img/HDH-U500SR.jpg]]~HDH-U500SR 500GB 27,400円 [<img[USB4GB|img/hdpg-suxk.gif]] ~HDPG-SU 120GB 17,800円 価格.com最安価格 11,500円 [<img[HDP-U120S|img/hdp-usk.jpg]] ~HDP-U120S 120GB 16,800円 価格.com最安価格 11,800円 [<img[LCD-AD191XB2|img/LCD-AD191XB2.jpg]] ~LCD-AD191XB2 28,000円(ECカレント) 直販サイト 39,800円  19インチワイド光沢 1440x900
*[[OpenPNEドキュメント|http://www.openpne.jp/docs/]] *[[So-Net SNS使い方|http://www.so-net.ne.jp/sns/support/index.html]] *[[小窓機能ほか|http://shima3.seesaa.net/]] *[[OpenPNEではじめる自作SNS|http://jisaku-sns.info/]] *[[OpenPNE運営者向けTRAC|http://www.openpne.jp/]] *[[OpenPNE開発者向けTRAC|http://trac.openpne.jp/]] *[[OpenPNE Community|http://openpne.jp/]] *[[OpenPNE Informationブログ|http://info.openpne.jp/]] *[[OpenPNE Project|http://trac.openpne.jp/]] *[[SourceForge OpenPNE|http://sourceforge.net/projects/openpne/]] *[[手嶋屋|http://tejimaya.org/index.php]] *[[OpenPNEセットアップガイド]] *[[Openpne会員規約]]
「雀の学校」メーリングリストへようこそ! %(welcome)s ■同報メール宛先: %(emailaddr)s ■総合案内ページ: %(listinfo_url)s ■オプションの変更: %(optionsurl)s  自分のパスワードの変更、まとめ読み設定の変更や退会処理などを行う。  ★オプションの変更のためのパスワード: %(password)s %(umbrella)s ■メール送信によるオプション変更: %(real_name)s-request@%(host_name)s  このメールアドレスに件名(Subject)または本文に help と書いた  メールを送ると、操作方法が書かれたメールが送られてきます。 ■備忘通知  %(host_name)sメーリングリストから、毎月パスワードと退会方法、  オプションの変更方法などが書かれた備忘通知が届きます。  不要なら、この備忘通知の送信を停止することができます。  パスワードを忘れたときは、オプション変更ページで  パスワードをメールで送信することができます。
メール配信が一時間当たり50本以内に制限されていたため、下記のメッセージが返ってきた。これはスパム対策である。制限を500本までに緩和した。同時にcronを一時間づつずらした。 <<< A message that you sent could not be delivered to one or more of its recipients. This is a permanent error. The following address(es) failed: xxxx@yyyy.or.jp "Domain agorian.com has exceeded the max emails per hour. Message discarded <<<
@@ΣSIGMAユーザの利用規約下書きです@@ 第一条 適用範囲  ΣSIGMA利用規約(以下「本規約」)は、ソーシャルネットワーキングサービスΣSIGMA(以下「本サービス」)の利用に関して定めたものです。本規約は、本サービスの利用に関して生じる全ての関係に適用されます。利用者は、会員登録が完了した時点で本規約に同意したものとみなします。本規約の他、本サービスからリンクされた他サイト、利用する個別サービス特有の利用規約が存在する場合は、その利用規約に従うものとします。 第二条 自己責任  会員は、自己の責任に基づき本サービスを利用するものとし、以下の注意義務を負うものとします。 1.他の利用者、第三者もしくは運営者の保有する著作権、肖像権、プライバシー権などの権利を侵害しない。投稿等が法令違反や著作権等の権利侵害にあたる場合には、損害賠償などの民事責任の他、刑事責任を問われることがあります。 2.自己のプロフィール、日記などでの写真の掲載は自己の責任で行い、法令上の義務に従っているか、またデータの保存、複製利用などの可能性についても自己の責任で行う。 3.本サービス利用に必要なメールアドレス、パスワードを第三者に知られないように管理する。 4.自己の作成したテキストやその他のデータ等を自己の責任において保存する。 5.本サービスでは、利用者同士の通信や活動に関与しません。万一利用者同士の衝突があった場合も、悪質行為と判断される場合を除き、それは当事者同士で解決するものとします。 第三条 禁止行為  利用者に安心して利用していただくため、本サービスでは以下の行為が禁止されています。 1.法令に違反する行為、および違法な行為を勧誘または助長する行為 2.サーバーに負担をかける行為、他の利用者のアクセスまたは操作を妨害する行為、およびサイト運営またはネットワーク・システムを妨害する行為 3.他人の名誉、信用、プライバシー権、パブリシティ権、著作権、その他の権利を侵害する行為 4.他の利用者に対する中傷、脅迫、いやがらせ、経済的もしくは精神的損害または不利益を与える行為 5.次に掲げる内容を含む表現の掲載 (1)民族・人種・性別・年齢・住所等による差別につながる表現の掲載 (2)暴力的、グロテスクな写真、死体・殺害現場等、不快に感ずる写真、画像、言葉、その他の表現の掲載 (3)ポルノ、ヌード、胸や臀部等のアップや性器が露出した写真等、卑猥と判断される画像の掲載。 (4)性行為や性器に該当する言葉、猥褻的な表現の掲載。 (5)児童買春・ポルノ、無修正ビデオ映像のダウンロードサイト等へのリンク掲載。 (6)性交および猥褻な行為を目的とした出会い等を誘導する行為 (7)自殺、自傷行為、薬物乱用等を美化・誘発・助長する恐れのある言葉、その他の表現の掲載。 6.選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為、および公職選挙法に抵触する行為。 7.次に掲げる内容の情報を、書き込み可能な箇所に投稿し、又はメッセージで送信する行為。 (1)商業用の広告、宣伝、営利を目的とする情報。 (2)ねずみ講、チェーンメール、リードメール等他人を勧誘する内容の情報。 (3)アダルトサイトに誘導する情報、リンクを張る行為 (4)その他本サービスが不適切と判断する情報。 8.次に掲げるスパム行為を行うこと。 (1)無差別にメッセージを送信し、無差別にコミュニティを追加し、又は無差別に足あとをつける行為。 (2)スパム投稿・スパムメッセージ 一人又は複数の利用者が、ΣSIGMA内の書き込み可能な箇所に、同一又は類似の文章を投稿し、又はメッセージで送信する行為。 (3)スパムワード 一人又は複数の利用者が、ΣSIGMA内の書き込み可能な箇所に、当該箇所と無関係若しくは関連性の希薄な語句を複数羅列し、又は著しく長い文章若しくは大量の語句を投稿する行為。 (4)スパムURL 一人又は複数の利用者が、ΣSIGMA内の書き込み可能な箇所に、同一のURLを投稿し、又はメッセージで送信する行為。 (5)その他運営担当者がスパムと判断する行為。 8.日記やコミュニティなど、複数の利用者が閲覧可能な場所での金融機関口座番号の記載。 9.自分以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらず会社などの組織を名乗ったり、または他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりする行為。故意過失に基づき誤認した場合も含みます。 10.本サービスに関わる記載について、無断でそのコピー、複製、アップロード、掲示、伝送、配布等をする行為 11.他の利用者の個人情報を収集・蓄積する行為 12.一人の利用者が複数のアカウントを持つ行為 13.同じアカウントを複数人で利用する行為 14.18歳未満の方のご利用 15.掲示板等でまったく面識のない方を無差別に招待する行為 16.違反行為により削除された利用者を招待する行為 17.オークションサイト等で招待状を売買する行為 18.その他公序良俗、一般常識に反する行為、運営者が不適切と判断した行為 以上の行為が確認された場合、状況を判断した上で掲載情報の変更、登録削除を含めたしかるべき処置をとります。変更、削除結果に関する質問・苦情は一切受け付けません。 第四条 会員情報  以下のいずれかにあてはまる場合には、利用者が登録した情報、利用履歴、メールの内容などの確認を行い、場合によってはこれらの情報を第三者に開示することがあります。 (1) 裁判所、警察、その他の司法もしくは行政機関、またはこれらに準ずる者から適法に照会があった場合 (2) 本サービスまたはそのシステムの維持に問題が生じる場合 (3) 法令または利用規約に違反しその他社会通念上問題があると判断された場合 (4) 他の利用者、その他の第三者の権利、または利益を保護するために必要な場合 第五条 免責事項 (1) 本サービス期間中に蓄積・記録したデータおよびファイルが消失しても、運営者は責任を負わないものとします。 (2) 法律または本規約の条項のいずれかに利用者が従わない場合には、利用者が有する権利、主張、法的措置、訴訟、訴訟手続きの全てから本サービスを免除し、放免するものとします。 (3) 本サービスをいつでも任意の理由で中断することができます。本サービスの利用、または利用ができないことによって引き起こされた、直接的、間接的を問わず、損害について、一切責任を負いません。 第六条 規約の変更  運営者は 利用者の了解を得ることなしに本規約を任意に変更できるものとします。変更後の規約はサイト上に掲載された時点で効力を生じます。将来引き続きご利用になる場合は、その時点での内容に同意されているとみなされます。 第七条 準拠法および管轄裁判所  本規約の解釈は日本国の法律に準拠するものとします。利用者と運営者との間で生じた紛争については、運営者所在地の管轄裁判所を第一審専属的合意管轄裁判所とします。
NumberedBulletPoints 箇条書きで、項目番号を付けたいときに使う。#ではじめる。#節、##項、###番のように使う。 #第一節です #第二節です ##第二節の第一項です ##第二節の第二項です ###第二節の第二項の第一番です
このサイトの作成に使用しているWikiで、オープンソース開発のTiddlyWiki 1.2.37とphpTiddlyWiki 0.4b (Nov 17, 2005)を日本語用に改変したものです。MySQLを採用しています。ひとつのHTMLファイルになっているTiddlyWiki 1.2.37を日本語用に改変したものをDalmaWikiと呼んでいます。機能的にはほぼ同じ。GPLオープンソースですので、誰でも[[ダウンロード|DownLoad]]して利用できます。 | 項目 | DalmaWiki | SigmaWiki | |開発言語|JavaScript|PHP+JavaScript| |データベース|なし|MySQL| |動作環境|PCおよびWeb(参照のみ)|Webサーバ(LAMP)| |変更履歴|自動バックアップファイル|MySQLデータベース| |保存ファイル|PCローカルファイル|MySQLデータベース| |Wiki機能|TiddlyWiki2.0相当|TiddlyWiki1.2.37(2005年11月)相当| |HTMLタグ|使用可能|不可(0.4bで可能)| |マクロ機能|V2.0全マクロ|制限あり(Shadowのみ)| |日本語アドレス|使用可能|不可(0.4bで可能)| |著作権|>| GNU General Public License |
次の二通りがある。 *[[ディレクトリ構成(1)]] …デフォールト構成 *[[ディレクトリ構成(2)]] …画像キャッシュをpublic_htmlに格納 (1)の構成を採用した。 *open240ディレクトリを、/home/~/open240に作成 *public_htmlの内容を、http://sns.agorian.com/ にアップロード *config.inc.phpで、define('OPENPNE_DIR', realpath('../../open240/'));に変更
どのメーリングリストにも、電子メールアドレスがひとそろいあって、そこへメッセージを送れます。メッセージを投稿するためのアドレスがひとつ、配送エラーを受けつけるアドレスがひとつ、そして電子メールコマンドを処理するアドレスがいくつかあります。ある架空のメーリングリスト mylist@mailman.org だと、つぎのようなアドレスがあります: * mylist@mailman.org - これは、リストに新たな投稿をするのに使うアドレスです。 * mylist-join@mailman.org - このアドレスにメッセージを送ることで、 リストに入会の申請ができます。このとき、メッセージの Subject: ヘッダ (件名) も本文も無視され、 誰にも読まれません。 なお、mylist-subscribe@mailman.org は この -join アドレスとおなじ働きをします。 * mylist-leave@mailman.org - このアドレスにメッセージを送ることで、 リストに退会の申請ができます。-join アドレスとおなじく、メッセージの Subject: ヘッダ (件名) も本文も無視され、 誰にも読まれません。 なお、mylist-unsubscribe@mailman.org は この -leave アドレスとおなじはたらきをします。 * mylist-owner@mailman.org - このアドレスに送ったものは、 リストの管理者と司会者に直接届きます。 このアドレスは、リスト運営に関わる人間 (システムではなく) に連絡をとりたいときに使います。 * mylist-request@mailman.org - このアドレスに送ったものは、 電子メールコマンドを処理するプログラムに届きます。 会員の登録オプションの設定などのコマンドを処理できます。 リスト会員用のコマンドの説明は、[[会員用メールコマンド]]にあります。 * mylist-bounces@mailman.org - このアドレスは、 Mailman の自動配送エラー処理で使います。 * mylist-confirm@mailman.org - このアドレスは、 入会や退会の申請のための確認メッセージを処理するのに使います。 オプションを変えるには、LISTNAME-request アドレスを使います (たとえば、 mylist-request@mailman.org)。 コマンドは、メッセージのサブジェクト (件名) にも、本文にも書けます。コマンドごとに改行を入れなければなりません。あなたのメールソフトがメッセージの最後に自動的に署名を付けくわえるようになっている場合は、「end」(鍵括弧は書かない) を、コマンドの最後の行のつぎの行に書くとよいでしょう。 end コマンドがあると、Mailman は電子メールのそれよりあとに書いてあるものを処理しません。 最重要コマンドはおそらく「help」コマンドでしょう。このコマンドに対して Mailman は、電子メールコマンドについての有用な情報と、 Web インタフェースについての説明を送り返すからです。 会員用コマンドのクイックリファレンスが、付録の A.[[会員用メールコマンド]]とB.[[会員オプションコマンド]] にあります。 (これは help コマンドの出力に若干手を加えたものです。)
パスワード通知の電子メールを毎月送ってほしくないのであれば、会員オプションページで停めることができます。 (パスワードをすぐに知りたければ、いつでもメールで取り寄せることができます。手順は 6.1 節を見てください。) !!!Web インタフェースでは: 1. あなたの会員オプションページにログインします。 (どうしたらよいかは 3.1 節を見てください。) 2. 「このリストについてパスワード通知を受け取りますか?」 というセクションを探し、設定を好きなように変えます。 おなじドメインの複数のリストに登録しているのなら、いちどにすべてのリストの設定を変えることもできます。「全部変更」についてくわしくは、9.1 節を見てください。 !!!電子メールインタフェースでは: 1. LISTNAME-request@list.jca.apc.org に、 set reminders on あるいは set reminders off というコマンドを書いた電子メールを送ります。 コマンドは、メッセージの本文とサブジェクト (件名) のどちらにでも書けます。 (メールコマンドの送りかたについてくわしくは、 「[[電子メールインタフェース]]」を見てください。) 2. 「on」にすると通知が送られるようになります。 「off」にすると通知が送られないようになります。
[01-Mar-2007 05:00:44] PHP Warning: A feed could not be found at http://home.elmblog.com/atom.xml in /home/agorianc/sns260/lib/include/simplepie.inc on line 408 [01-Mar-2007 05:01:24] PHP Warning: A feed could not be found at http://elmstadt.com/wp/?feed=rss2 in /home/agorianc/sns260/lib/include/simplepie.inc on line 408 [07-May-2007 18:58:17] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 18 [07-May-2007 18:58:50] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 18 [07-May-2007 19:00:20] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 19 [07-May-2007 19:00:22] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 19 [07-May-2007 19:00:53] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 19 [07-May-2007 19:03:25] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 10 [07-May-2007 19:03:45] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 10 [07-May-2007 19:06:40] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 13 [07-May-2007 19:06:42] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 13 [07-May-2007 19:06:44] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 13 [07-May-2007 19:07:14] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 13 [07-May-2007 19:10:07] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 19 [07-May-2007 19:10:10] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 19 [07-May-2007 19:11:48] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 10 [07-May-2007 19:11:50] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 10 [07-May-2007 19:13:25] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:8) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:13:37] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:8) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:13:40] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:8) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:13:42] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:8) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:14:00] PHP Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:8) in /home/agorianc/sns260/webapp/lib/util/util.php on line 34 [07-May-2007 19:15:08] PHP Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:8) in /home/agorianc/sns260/webapp/lib/util/util.php on line 34 [07-May-2007 19:15:13] PHP Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:8) in /home/agorianc/sns260/webapp/lib/util/util.php on line 34 [07-May-2007 19:16:15] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:8) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:17:04] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:8) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:18:03] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 11 [07-May-2007 19:18:05] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 11 [07-May-2007 19:19:22] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 17 [07-May-2007 19:19:25] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 17 [07-May-2007 19:20:20] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 17 [07-May-2007 19:20:23] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 17 [07-May-2007 19:20:28] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 17 [07-May-2007 19:21:37] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:22:06] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:23:24] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 14 [07-May-2007 19:23:27] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 14 [07-May-2007 19:24:34] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 14 [07-May-2007 19:24:36] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 14 [07-May-2007 19:24:52] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 14 [07-May-2007 19:24:54] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 14 [07-May-2007 19:24:56] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 14 [07-May-2007 19:25:25] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:25:31] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:29:50] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:30:27] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:30:55] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:31:44] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:33:02] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:35:19] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:36:12] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:36:43] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:36:45] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:37:28] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:37:32] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:38:00] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:38:35] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:39:00] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:40:01] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:40:23] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:46:38] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:47:01] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:47:03] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:47:27] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:47:29] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:47:35] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:47:37] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:48:03] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:49:05] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:49:07] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:49:09] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:49:16] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:50:57] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:51:37] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:52:32] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:52:34] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:52:55] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:53:54] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:54:03] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:55:28] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 15 [07-May-2007 19:55:31] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 15 [07-May-2007 19:56:17] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 15 [07-May-2007 19:56:18] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 15 [07-May-2007 19:56:23] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 15 [07-May-2007 19:56:58] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 15 [07-May-2007 19:56:59] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 15 [07-May-2007 19:57:41] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 15 [07-May-2007 19:57:43] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 15 [07-May-2007 19:58:05] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 15 [07-May-2007 19:58:07] PHP Parse error: syntax error, unexpected T_PRINT, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php on line 15 [07-May-2007 19:58:26] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:59:00] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:59:02] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:59:23] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:59:51] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 19:59:53] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 20:00:24] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 20:00:45] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:7) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 20:17:15] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:6) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 20:17:19] PHP Warning: session_register() [<a href='function.session-register'>function.session-register</a>]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:6) in /home/agorianc/sns260/lib/include/Auth.php on line 289 [07-May-2007 21:32:49] PHP Warning: main(/home/agorianc/sns260/webapp./init.inc) [<a href='function.main'>function.main</a>]: failed to open stream: No such file or directory in /home/agorianc/public_html/sns/index.php on line 9 [07-May-2007 21:32:49] PHP Fatal error: main() [<a href='function.require'>function.require</a>]: Failed opening required '/home/agorianc/sns260/webapp./init.inc' (include_path='.:/usr/lib/php:/usr/local/lib/php') in /home/agorianc/public_html/sns/index.php on line 9 [07-May-2007 21:32:50] PHP Warning: main(/home/agorianc/sns260/webapp./init.inc) [<a href='function.main'>function.main</a>]: failed to open stream: No such file or directory in /home/agorianc/public_html/sns/index.php on line 9 [07-May-2007 21:32:50] PHP Fatal error: main() [<a href='function.require'>function.require</a>]: Failed opening required '/home/agorianc/sns260/webapp./init.inc' (include_path='.:/usr/lib/php:/usr/local/lib/php') in /home/agorianc/public_html/sns/index.php on line 9 [07-May-2007 21:32:51] PHP Warning: main(/home/agorianc/sns260/webapp./init.inc) [<a href='function.main'>function.main</a>]: failed to open stream: No such file or directory in /home/agorianc/public_html/sns/index.php on line 9 [07-May-2007 21:32:51] PHP Fatal error: main() [<a href='function.require'>function.require</a>]: Failed opening required '/home/agorianc/sns260/webapp./init.inc' (include_path='.:/usr/lib/php:/usr/local/lib/php') in /home/agorianc/public_html/sns/index.php on line 9 [07-May-2007 21:32:53] PHP Warning: main(/home/agorianc/sns260/webapp./init.inc) [<a href='function.main'>function.main</a>]: failed to open stream: No such file or directory in /home/agorianc/public_html/sns/index.php on line 9 [07-May-2007 21:32:53] PHP Fatal error: main() [<a href='function.require'>function.require</a>]: Failed opening required '/home/agorianc/sns260/webapp./init.inc' (include_path='.:/usr/lib/php:/usr/local/lib/php') in /home/agorianc/public_html/sns/index.php on line 9 [07-May-2007 21:32:59] PHP Warning: main(/home/agorianc/sns260/webapp./init.inc) [<a href='function.main'>function.main</a>]: failed to open stream: No such file or directory in /home/agorianc/public_html/sns/index.php on line 9 [07-May-2007 21:32:59] PHP Fatal error: main() [<a href='function.require'>function.require</a>]: Failed opening required '/home/agorianc/sns260/webapp./init.inc' (include_path='.:/usr/lib/php:/usr/local/lib/php') in /home/agorianc/public_html/sns/index.php on line 9 日記カテゴリ機能を使うように設定すると、日記を読むときに500エラーがでたが、エラーログには記録されていない。
*MySQLの高度な管理とチューニングテクニック http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/mysql11/mysql11a.html *LinuxSquare記事インデックス http://www.atmarkit.co.jp/flinux/index/indexfiles/index-linux.html#mysql
<html><IFRAME scrolling="no" style="background-color:#ffffff;" width="280" frameborder="0" src="http://www.labpixies.com/campaigns/invaders/invaders.html" height="260" align="middle"></IFRAME></html>
<<newJournal 'YYYY年MM月DD日'>> [[About]] SiteMap [[変更履歴]] <<search>> <<newTiddler>> <<closeAll>> [[記事一覧|TabAll]] WatchList @@bgcolor:#63b684;<<slider chkContents CONTENTS '【目次】'>> <<slider chkTimeine TimeLine '【最新記事】'>> <<slider chkTabTags TabTags '【タグ一覧】'>> <<slider chkOption Option '【Option】'>> <<slider chkHelp Help '【Help】'>>@@ ---- [[EXTERNALS]] [[ダウンロード|DownLoad]] [[参考記事]] [[学習手帳|Study]] [[ログイン|Login]] [[〒お問合せ|Contact]] [[サイト利用規約]] [img[SigmaLogo|http://agorian.com/wiki/img/sidebar01.jpg][http://sns.agorian.com/]] [img[SigmaLogo|http://agorian.com/wiki/img/sidebar02.jpg][http://home.elmblog.com/]] [img[SigmaLogo|http://agorian.com/wiki/img/sidebar03.jpg][http://gallery.agorian.com/]] Powered by SigmaWiki [img[Creative commons|http://creativecommons.org/images/public/somerights20.png]] [[ |EditMenu]]&copy;1995-2007 elmblog
<!--{{{--> <div class='header' macro='gradient vert [[ColorPalette::PrimaryLight]] [[ColorPalette::PrimaryMid]]'> <div class='headerShadow'> <span class='siteTitle' refresh='content' tiddler='SiteTitle'></span>&nbsp; <span class='siteSubtitle' refresh='content' tiddler='SiteSubtitle'></span> </div> <div class='headerForeground'> <span class='siteTitle' refresh='content' tiddler='SiteTitle'></span>&nbsp; <span class='siteSubtitle' refresh='content' tiddler='SiteSubtitle'></span> </div> </div> <div id='mainMenu' refresh='content' tiddler='MainMenu'></div> <!-- div id='sidebar'> <div id='sidebarOptions' refresh='content' tiddler='SideBar'></div> <div id='sidebarTabs' refresh='content' force='true' tiddler='SideBarTabs'></div> </div --> <div id='displayArea'> <div id='messageArea'></div> <div id='tiddlerDisplay'></div> </div> <!--}}}-->
/* @@Wiki文字とCSS文字が混在するため、Wiki整形が乱れます@@*/ body {font-size:12px;} div.viewer pre {line-height:1em;font-size:12px;background:#e8eef7;border:0;} .navy {color:navy;} a:link {color:#330000;} a:hover {color: #fff; background: #963;} h1, h2, h3, h4, h5 {color:#330000;background:#cccc99;} .title {color:#330000;} .section {color:#330000;background:#cccc99; padding:0 5px 0 5px; font-size:12pt; } .toolbar a {color:gray;} #mainMenu { width: 11em; background:#c8dca8;line-height:1.2em; } #displayArea { margin: 0em 2em 1em 14em; font-size:14px; } .siteTitle {font-size: 2em;background:#330000;} .siteSubtitle { font-size: 1.2em;} .headerForeground { position: absolute;padding: 0.6em 0em 0.6em 1em;left: 0px;top: 0px;} .headerShadow {background:#330000; position: relative; padding: 0.6em 0em 0.6em 1em;left: -1px;top: -1px;} .header a.tiddlyLink {color:#cf6;} .headerShadow a.tiddlyLink {color:#014;} .box { border: solid 1px silver; padding:5px;} .submenu { border: solid 1px silver; padding:5px; background:#cfc; margin:0 0 0 1em; } .submenu ul { margin:0; padding:0; list-style:none; } .subtitle,h3,h4 { border-left: solid 5px #4a4d4a; border-bottom:dotted 1px #4a4d4a; background:#eee; padding-left:5px; margin:1em 0 0.5em 0; color:black;font-weight:bold;} #boldred {color:red;font-weight:bold;} #boldgreen {color:green;font-weight:bold;} ol li {margin-bottom:.5em;}
<<search>><<newTiddler>><<newJournal 'YYYY年MM月DD日'>><<permaview>><<closeAll>>[[オプション|Option]]
!!!管理人用 *<<newTiddler>> <<newJournal 'YYYY年MM月DD日'>> <<closeAll>> <<saveChanges>> [[Login]] *MainMenu|[[CONTENTS]]|[[Option]]|[[Help]]|SiteMap *SetUp|SiteTitle|SiteSubtitle|DefaultTiddlers|StyleSheet|ImportTiddlers|PluginManager *SideBar|ShadowOptions|OptionsPanel *SideBarTabs|TimeLine|TabAll|TabTags *TabMore|TabMoreMissing|TabMoreOrphans|TabMoreShadowed *[[ローカルWikiAgorian|http://agorian.com/wiki/index.html]]
{{submenu{ [[ΣSIGMA|SigmaMain]] [[Gallery2|GalleryMain]] [[Twitter]] [[営業研修講座]] [[活用ツール]] WikiMain [[SNS]] [[ブログ]] [[外部サービス連携]] [[HP作成]] [[写真管理]] BrightCove OpenSource MailingList MyMachine [[情報セキュリティ|SecuritySoftware]] SigmaBlog RentalServer VistaSetup WebbyAwards [[サイト管理]] [[変更履歴]] [[〔編集〕|CONTENTS]]}}}
Pnebizが動かない⇒[[PNEオーナーズSNS|http://owners.pne.jp/]]で報告 BlueHostサーバ環境変化による問題発生⇒TroubleApril
[[目次]]
 ΣSIGMAは、「ソフトウェア変革」に関する調査と評価の一環で作成しました。SNSの学習と実験を目的とした機能体験版です。サーバは米Bluehost社、ソフトはオープンソース開発のOpenPNE2.8.0版を利用しています。  ΣSIGMAはSNSサービスの名称で、明るく楽しい仲間が集まり、その総和Σが活きる場であるという願いを込めています。[[実験コミュニティ]]として、①同窓会用「倭国澪標村」、②業界コミュニティ用「FSAマーケティング委員会」、③Web2.0やWiki関連のコミュニティを想定しています。サイト構築・管理および運営は有志がボランティアで行っています。  [[ΣSIGMA参加者]]は、管理人の友人・知人に限定しています。登録・利用は無料です。参加者は学習テスト用に自分のコミュニティを作成することができます。機能体験、実験用のため、機能やデザインを予告なしに変えることがあります。バックアップはデイリー版とウィークリー版がありますが、日記や掲示板への書き込みの個別バックアップは各自でお願いします。  本書では初めて利用する人を対象に、ΣSIGMAの機能、画面の見方や使い方を中心に説明しています。実際の画面のデザイン&レイアウトは必要に応じて変更しますので、この説明書の内容と異なる場合があります。  [[SNSコミュニティ運営]]やSNS活用のノウハウなどは対象外です。SNSサイトの構築・管理・運営で学習したことは、[[ΣSIGMA運用手引書]]に整理する計画だが、気がついたことをWikiで書いていく。 ---- [[Σ変更履歴]]
@@http://wiki.agorian.com/sns/を整理中@@ !ΣSIGMA互助互楽倶楽部 *[[Σはじめに]] *[[ΣSIGMA利用手引書]] *[[ΣSIGMA運用手引書]]|[[Σ運用環境]]|[[サーバ環境]]|[[セットアップ]]|[[カストマイズ]]|[[SNS拡張]] *[[Σ変更履歴]]|[[Σ不具合]]|[[OpenPNE関連サイト]]|[[参考リンク集]] *[[実験コミュニティ]] *[[ΣSIGMA参加者]] *[[SNSコミュニティ運営]] *SigmaServer *[[Σ執筆ツール]] *GoogleApps *SigmaToolbar !!!外部リンク (整理中) ΣSIGMAご案内(公開版)     http://sns.agorian.com/sigma/ ΣSIGMA利用手引書(編集版) http://wiki.agorian.com/sns/ (運営管理用も同じDB内に作成予定)
[[目次|Gallery目次]]|[[よくある質問|Galleryよくある質問]]|[[新規登録|Gallery新規登録]]|[[利用規約|Gallery利用規約]]|[[不具合状況|Gallery不具合状況]]|GallerySetup|[[メモ|Gallery紹介]] !はじめに [>img[Gallery|gallery/m01m.jpg]]  [[Gallery|http://gallery.agorian.com/]]は、みんなの写真SNSです。あなたのWebサイトに写真を保存し、アルバムの作成・整理・編集、そして写真日記や写真ブログとして活用できます。友人や家族と共有して楽しむことができます。  ΣSIGMAと同じサイトを利用しており、登録・利用は無料です。写真を介して、仲間の交流を深め、お互いに楽しみましょう。日々の写真、旅の写真、あるいは同窓会などで撮った写真を仲間に公開して楽しんではいかがでしょう。 ★管理人は学習中です。理解できた機能や使い方を紹介していきます。みなさんも使って不明な点を質問していただくと、何を説明すれば良いかが分かるので管理人は助かります。@@clear(right):display(block): @@ [>img[Gallery|gallery/m03m.jpg]]  オリジナル写真の整理やアルバム作成には、クライアント(WindowsやMACマシン)側の無料の[[写真整理ソフト]]が使えます。  ■[[Windowsフォトギャラリー]]  ■[[Google Picasa2]]  ■[[Nikon PictureProject]]などデジカメ付属ソフト  Galleryは日ごろ会うことが少ない親しい人たちとの写真共有サイトです。クライアントソフトで整理した写真の中から選んでWebにアップロードしていろんなアルバムを作成して共有することが目的です。同じようなことがFlickrやPicasa2 Webサービスを利用して行えますが、決められた形式のアルバムに限定されます。自分好みのアルバムを作り、限られた友人・知人と共有したいときにGalleryを活用ください。 !!!写真アルバム作成・公開 <html> <div style="float:right;width;160px;" align="right"> <A onclick="window.open('http://wiki.agorian.com/gallery/w02.png','min1','toolbar=0,location=0,directories=0,status=0, menubar=0,scrollbars=0,resizable=0,width=720,height=544')"> <img src="gallery/w02.png" width="160" height="120" ><br /> <img src="http://agorian.com/img/icon/enlarge.gif" style="cursor : pointer;"></A> <br /><br /> <A onclick="window.open('http://wiki.agorian.com/gallery/w03.png','min1','toolbar=0,location=0,directories=0,status=0, menubar=0,scrollbars=0,resizable=0,width=700,height=524')"> <img src="gallery/w03s.jpg"><br /> <img src="http://agorian.com/img/icon/enlarge.gif" style="cursor : pointer;"></A> </div> </html>  ΣSIGMAメンバはだれでも登録でき、自分の写真アルバムを作ることができます。公開範囲(閲覧権限)をアルバム単位、写真単位で設定できるので、みんなに見てほしい写真アルバム、登録メンバだけに見せる写真、特定のグループ・友人だけに見せる写真などに分けてアルバムを作成できます。アルバムの[[Gallery標準テーマ]]は9種類あり、自分の好きなテーマを選んで、自分好みに変更することができます。 !!!写真の整理・保存  アップロードした写真は、オリジナルとアルバムで指定したサイズ(リサイズ版)が、ブラウザからアクセスできない場所に保管されます。登録メンバは、Gallery機能を使ってアルバム・写真の編集ができ、最新の写真アルバムをいつでもダウンロードできます。パソコンやホームページでの写真の整理に悩むことがなくなるでしょう。Flickr, Picasa2, Photo Bucketなどの無料サービスではできなかった、自分好みのアルバム作成や詳細な閲覧権限を設定できる利点があります。世界の写真愛好家たちが作ったオープンソースソフトGallery2を採用したからです。 *筆者は過去数年Yahoo!, MSN Live,そしてWeb2.0といわれたFlickr, Picasa2の愛用者でしたが、不特定多数ではなく限定した人たちにだけ公開したい、同窓会の写真をメンバーと手軽に共有したい、ネット環境でいつでもどこでも閲覧したい…という要求を満たすためにGalleryを活用することにしました。思い出の品々を写真にとってライブラリー化もしていきたい。人形やイラスト、絵画などもデジタルライブラリーにして後悔するといいでしょうね。 !!!掲載できる写真 登録ユーザの良識に任せますが、著作権や肖像権の侵害にあたる写真、暴力的・卑猥な写真、他のメンバーが見て不快に感じる写真の掲載は禁止します。たとえば、「[[秘密の写真|http://gallery.agorian.com/main.php/v/Secret/]]」をご覧ください。アダルト(18歳以上)はここまでは問題がないという例です。アメリカではPG13(親の監督のもとで13歳以上はOK)のレベルです。みんなが楽しんで愉快になれれば良いということです。登録メンバー限定、パスワード認証にしておくといいでしょう。 *写真の大きさ―ハイビジョン対応を考えて1440x1080、ファイルサイズは500KB以内でいいでしょう。パソコン標準ディスプレイ・フル画面で見るだけの場合は、1024x768で十分ですね。JPG品質(量子化率)75%であれば一枚50~100KBです。それ以上は過剰品質になるでしょう。 *保存できる容量―ひとり当たり1GBまでに制限しています。標準サイズ(100KB)で一万枚保存できます。登録メンバー数は当面100人までです。 !!!ΣSIGMAメンバの方へ  いわゆるSNSでは、写真やビデオも紹介することができますが、その機能は限られており、文書でコミュニケートするのが基本です。話すのが得意でも、書くのが苦手なひとは友人との交流に限界があります。Galleryは、写真の整理だけでなく、自分の写真アルバムを通じて友人たちとの親睦を深めることができます。デジカメや携帯で撮った写真を手軽にアップロードして、テーマ別のアルバムに整理して楽しめます。そして友人や家族に公開して、コメントしあい評価しあうこともいいでしょう。自分だけの隠れた写真アルバムもいいでしょう。 ---- [[よくある質問|GalleryFAQ]]
Your Name: <<option txtUserName>> 編集者の名前 Edit box size: <<option txtMaxEditRows>> 記事編集ボックスの行数 <<option chkAnimate>> Enable Animations アニメーション表示 <<option chkToggleLinks>> Toggle Links ~~(Ctrl+'click')~~ 表示のトグル <<option chkOpenInNewWindow>> Open Links In New Window 別ウィンドウを開く <<option chkRegExpSearch>> Reg Exp Search 正規表現での検索 <<option chkCaseSensitiveSearch>> Case Sensitive Search 英文字の大小を区別 /%<<option chkHttpReadOnly>> HTTP Read Only <<option chkSaveEmptyTemplate>> ~SaveEmptyTemplate <<option chkSaveBackups>> ~SaveBackups <<option chkAutoSave>> ~AutoSave%/
[[SigmaWiki|http://wiki.agorian.com/SigmaWiki/]]の設置が完了しました! !初期設定 *SiteTitle、SiteSubtitle このWebサイトのタイトルとサブタイトルを設定します。 *MainMenu 左欄のメニュー項目を設定します。設置完了後はSetUpになっています。 *DefaultTiddlers 最初に表示する記事を設定します。設置完了後はSetUpになっています。 *ImportTiddlers 他のWikiサイトの記事をインポートします。 *PluginManager プラグインがあるときに使います。 !カストマイズ *PageTemplate ページのレイアウト変更 *StyleSheet CSSスタイルの変更 *ColorPalette サイト全体で使う色の設定(背景、文字、エラーなど) @@ ◆組込みのオリジナルCSS(変更に注意)@@ *StyleSheetLayout オリジナルのスタイルシート *StyleSheetColors 配色オリジナルCSS *StyleSheetPrint 印刷用CSS
MyWiki
[img[http://wiki.agorian.com/gallery/Black468x60.png]] <br><html><a href="http://spreadfirefox.jp/affiliates/t=016/" rel="nofollow" title="Firefox をダウンロード!!"><img src="http://wiki.agorian.com/img/notice01.png" alt="Firefox をダウンロード!!" border="0" /></a></html> 本サイトはSigmaWikiとMySQLを使っています。IE6/7/8には不具合があるため整形されません。 @@[[注意事項|Browser]]をご覧ください。@@ 「達磨居士」が管理する各種WebサイトやWeb制作ツール、オープンソース、講演内容などに関した情報を整理しています。個人のWeb制作メモですが、訪問された方にも役立つ情報があるかもしれません。ご自由に閲覧ください。 SNS関係は[[こちら| http://wiki.agorian.com/sns/ ]]です。ほかの人にも役立ちそうな内容は、いくつかの公開Webサイトにブログ投稿するつもりです。複数サイトへの投稿記事の下書き(ゴミ箱?)であり、よくいえば管理人の思いつきを思考化する場所です。 WatchList|[[Vista]]|GalleryMain|InternetTV|WebApplications|MindMap|SigmaTown|WordPress !!!Web制作ツール *ホームページ作成、HTMLエディター *[[セキュリティ]]、通信・圧縮・暗号化ツール *[[写真整理ソフト]](写真・画像の管理・編集ツール) *Javascript、Perl、Php、Appletなどの部品 *[[Vistaインストール一覧と注意事項(バグ)|Vista]] *BlueHost、LoliPopサーバ機能と留意事項 *WikiTools *WebApplications !!!クライアントPC用オープンソースソフトウェア *ブラウザ FireFox、Flock、Opera *LiveJournalクライアントソフトSemagic *ブログ投稿用Deep Sender *便利なブラウザプラグイン(FireFox中心) *調査・企画用 MindMap、 !!!サーバ用オープンソースソフトウェア *XoopsコミュニティCMS *Movable Type(オープンソースではないが個人使用は無料) *WordPressおよびWordpress MU(ミューμ) *MediaWiki、PukiWiki、FSWiki、TiddlyWikiなど *OpenPNEソーシャルソフトウェア *Gallery2 Your Photo On Your Web *MySQL *Ruby-on-Rails *SiteBar !!!実験・運営Web *ΣSIGMA ソーシャル・ネットワーク (OpenPNE2.8.0採用) *Gallery オープン写真館 (Gallery2採用) *ΣSIGMA放送局実験 (BrightCove採用) *Life is Adventure! 人生は冒険 (Movable Type採用) *Web2.0 Mashup (WordPress2.0採用) *Philosophos 講演録 (FreeStyleWiki採用) *Web Directory 飛耳長目 (Movable Type採用) ---- WikiAgorianを統合中
phpTiddlyWiki 0.4b (Nove 17, 2005)とMySQLを使ったWikiサイトです。オリジナルのTiddlyWiki追加機能は反映されていない。また整合性が取れていないため、不具合と思われる減少が発生することがある。optionsは、EnableAnimations以外はチェックをはずす。AdvancedOptionsも機能していないようである。savechangesも不要である。不要な機能はすべて取り除かないと混乱を招く原因になる。 インストールは簡単である。設定が必要なのはtiddly_cinf.phpでMySQLデータベースのホスト名など4項目とPhpTiddlyWikiファイルのURLだけである。[[設置手順]]にインストール時のメモを書いた。オリジナル版の修正がされていないため操作上予期していない現象が起きる。[[不具合状況]]にメモした。いずれソースを変える。 *[[設置手順]] *[[不具合状況]]
@@※整理中のためリンク切れがあります@@ !訪問者の方へ  このサイト「MyWiki 飛耳長目」サイトは、サイト管理人「達磨居士」の備忘録が中心です。公開前のブログやSNS日記、ソフト・サービス紹介や利用手引きあるいは講演・研修メモなどといった種々雑多な情報を書きとめています。まとまったものもあれば走り書きや外部リンク一覧だったりします。  一般公開をしていませんが、自由にご覧ください。業界用語でいうと、マイクロコンテンツがハイパーテキストのネットワークで構成されており、普通のWeb閲覧とは異なります。コンテンツ(記事)と結合関係はすべてデータベース(MySQL)に保存されています。HTMLファイルは230KBで、開いた後は、すべてのコンテンツをJavascriptで操作するのでレスポンスが速いという特徴もあります。  いわゆるWikiといわれるソフトを使って構築・運用しています。こういうサイトをWikiWikiWebと呼んでいます。ここで使っているWikiEngine(Wikiサイトを構築・運用するためのソフト)は、TiddlyWikiと呼ばれるものを改変したもの(SigmaWikiと呼称)です。達磨居士は十数種のWikiEngineを試しましたが、それらの中では一番のお薦めです。日々学んだことや考えたこと、思いついたことなどを手軽に書きとめ、そして整理していくときのツールとして重宝しています。調査、企画で考えをまとめ整理するツールとしては、MindMapもお薦めです。 !達磨居士の独り言  このサイトは、Web制作その他に関する情報を一元化して整理するために作成した。管理人の備忘録である。オンラインですべてが操作でき、情報の整理が簡単にできるように、WikiツールとMySQLデータベースを活用して構築した。Wikiエンジンには、TiddlyWiki2.2.5(2007-08-11)およびphpTiddlyWiki2.1.3 (2006-11-03)を改変したものを採用した。[[ΣSIGMA利用手引書|http://wiki.agorian.com/sns/]]などは、旧版のSigmaWiki (TiddlyWikiとphpTiddlyWikiをもとに改変した日本語版Wiki)ベースである。ローカル版DalmaWikiを含めて新版を作成予定である。  ΣSIGMA利用手引書用Wikiに混在して書いていた243件の記事を、このWikiにインポート中である。TiddlyWiki新機能のImportTiddlersを使ったが、DBに一部しか書き込まれないという不具合がある。サーバ側でのPHP制限が原因かも知れない。現在Wikiベースのサイト内容を整理中である。 *http://wiki.agorian.com/ 本サイト(MyWikiと呼ぶ)で、Webやオープンソースあるいは講演資料などの備忘録を集約する。 *http://wiki.agorian.com/sns/ ΣSIGMAの利用手引きや設置・運営に関する情報を中心とする。したがってWordPressやMailMan、PhpList、BrightCoveなどの情報は、このMyWikiに移行する。 *各ソフトごとに作成したWiki(ローカル版)情報も、MyWikiに移行して一元管理する。外部からの参照は、MyWikiサブアドレスを使えばよい。 **http://wiki.agorian.com/#WordPress **http://wiki.agorian.com/#MailMan  このサイトで引用している各種WikiやBlog、CMS、SNS、MindMapなどは、「ソフトウェア変革」に関する調査と評価の一環で作成した。オープンソースソフトの学習と実験を目的につくり、機能体験版として、また作者の備忘録用に活用している。サーバは米Bluehost社、PHP+MySQLを多用している。他の二つのドメインは、4年前からロリポップを継続利用しているが、いずれBluehostまたは???に一本化する予定である。一本にしないとサーバ(PHP, MySQLなど)不具合対応に時間と手間がかかる。 !!このWikiサイトについて このWebは、オープンソース開発のTiddlyWiki 1.2.37とphpTiddlyWiki 0.4b (Nov 17, 2005)を日本語用に改変したDalmaWikiおよびMySQLを使って作成しているWikiサイトです。どなたでも編集できますが、悪戯を防止するためにすべての変更履歴、IPアドレスを記憶しています。悪戯や公序良俗に反する書き込みは厳禁です。[[サイト利用規約]]をお読みください。これに違反する場合は法的措置を取ります。 WikiStyleで作成するページの表現は限られますが、HTMLの知識を必要とせず、誰でも文書(Webページ)を書けるという利便性があります。NotePadの替わりに使えます。Wikiが初めての方はSandBoxで学習してください。 【謝辞】このWebのWikiツールは、下記のサイトを参考に作成しました。開発者の皆さんに感謝します。 http://www.tiddlywiki.com/ TiddlyWiki 1.2.37 by Jeremy Ruston http://www.patrickcurry.com/tiddly/ PhpTiddlyWiki 0.4b extention by Patrick Curry 【著作権】TiddlyWikiソースコードはBSDライセンス([[GNU GPL|http://www.gnu.org/licenses/gpl.html]])、コンテンツは[[Creative Commons License|http://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.0/]]に準拠しています。 【注意】オリジナルの最新TiddlyWiki追加機能は反映されていない。また整合性が取れていないため、不具合が発生する可能性がある。現在のところ、運用上はとくに問題がない。デザインやレイアウトは順次変更する。 ---- SiteMap|WikiHelp|DalmaWiki
このWikiHelpは、日本語版DalmaWikiの使い方、表記法について書いています。DalmaWikiは[[こちらからダウンロード|http://wiki.agorian.com/DalmaWiki/]]できます。著作権はBSD Open Source Licenseでオリジナルの著作権表示を保持することを条件に、無料で複製、改変、再配布できます。[[WikiHelpサイト|http://agorian.com/wiki/help/]] !目次 *[[Wiki操作方法]] このWikiサイトの画面構成と基本的知識 *[[SandBox]]   Wikiテキストの整形ルールを例示しています。 *[[Wiki文法|WikiStyle]]   !大項目、*箇条書き、[[リンク先]]等のテキスト整形ルール *[[設定の変更]]  バナーのタイトル、左メニューの内容、初期表示記事などを設定 *[[記事の作成]]  新しい記事の作成、編集の仕方など *[[記事の操作]]  記事を閉じたり、リンク元の記事を表示したりする *[[マクロを使う]]  タグの表示や記事内容の埋め込みなどの特殊機能 *MyWikiSites  筆者のWikiエンジンを使ったサイトの例 *[[参考記事]]
@@ここはSandBoxとよぶWikiの練習ページです。Web上で作成・編集ができますが保存できません。既存ページを自由に編集してWiki文書の作成を学んでください。上部にあるEditをクリックするとこの記事の編集ができます。下記のテキストを変更・追加してDoneをクリックして見てください。変更がどのように反映されたかが分かります。整形規則は[[Wiki表記法|WikiStyle]]を参照してください。@@ ---- !!SubHeadings 大見出しは!、中見出しは!!、小見出しは!!!ではじめる。 !これは大見出しです !!これは中見出しです !!!これは小見出しです !![[箇条書き]] 行の最初に*を付ける。**、***、・・・で字下げする。 *最初の箇条書き **二番目の箇条書き ***三番目の箇条書き ****四番目 *****五番目 !![[番号付きリスト]] 箇条書きで、項目番号を付けたいときに使う。#ではじめる。#節、##項、###番のように使う。 #第一節です #第二節です ##第二節の第一項です ##第二節の第二項です ###第二節の第二項の第一番です !![[水平線]] ハイフン4つで水平線を挿入する。 ---- !![[表]]の例 |表|項目|説明| |左側に詰める |いいい|うううううううううううううううううう| | 右詰め|>| 右横と結合 | | 中央 |上のセルと結合|ああああああああああああああ| | 中央 |~|いいいいいいいいいいいいい| ---- ''他の整形については下記のリンク先で練習してください。'' *[[文字装飾]] *[[リンク]] *[[表]] *[[画像]] *[[固定幅テキスト]] ----
 このMyWikiサイトは通常のWebと異なる振る舞いをする。マイクロコンテンツMicroContentsとよぶ小さな記事(Tiddlers)の集まりで、お互いにハイパーテキストでリンクされたネットワーク構造になっている。以下は、このWEBの全体像を把握するためにトリー構造で、主なメニュー項目を中心に書いたサイトマップである。Tiddly風のサイトマップは、SideBarTabs([[?|AskSideBarTabs]])です。[[?|AskSideBarTabs]]はその説明です。 !!サイトマップ *MyWiki *[[About]] *[[CONTENTS]] <<slider chkContents CONTENTS '目次'>> *<<slider chkOption Option 'Option'>> *<<slider chkHelp Help 'Help'>> *EXTERNALS *[[ダウンロード|DownLoad]] *[[参考資料]] *[[連絡先|Contact]] *[[サイト利用規約]] !!!研修講座と講演資料 (他のWikiサイトをここに統合予定) *[[幹部社員研修]]|[[情報力]]|[[対話と質問力]]|[[デジタル移民]]|[[JQA]] *[[新人研修]]|[[企業活動]]|[[業界動向]]|[[SBP]]|[[WEB活用]] *[[ソリューション提案営業研修]] *[[営業プロセス研修]] *[[FSAマーケティング委員会]] *[[ソフトウェア変革の波]]|CAAC|WAAS|SAAP *[[営業プロセスと組織変革]] *[[情報感度と経営マインド]] *[[グローバルビジネス推進]] *[[米国の戦略投資分野の研究]] *[[新しい技術と市場への対応]] *[[情報大航海時代における情報力を鍛える]] !!!同窓会・同期会 *[[HS44会]] *[[雀の学校]] *[[吉の会]] *[[CADの会]] *[[SL58会]] *[[元SE駐在員]] *[[旧システム開発部]] *MailingLists
ΣSIGMAサービスを利用する人のための手引書です。 全文は、[[ΣSIGMA利用手引書|http://wiki.agorian.com/sns/]]に記載する。 #[[はじめに]] #[[新規登録]]|参加する|携帯登録 #ログインする|操作方法|設定変更|プロフィール変更 #友人を招待する|最新日記とブログを見る|ランキング #ホームを見る|親友リスト|予定表|最新情報 #カレンダーを使う|予定を見る|予定を追加|天気予報を見る #日記を書く|修正・削除する #メッセージを読む|返信する|メッセージを送る #商品のレビューを書く|レビューを検索する|クリップを作る #友人に紹介する|友人に追加する|紹介文を書く
昭和のデジタル移民です。 <html> <div style="font-family : verdana; color : #333333; font-size : 16px;margin:0;"> <p style="line-height:5px; margin:0; background-color : #47825e;">&nbsp;</p> <p style="text-align:center; color:white; font-size:18px; font-weight:bold; line-height:25px; margin:0; background-color : #63b684;">私のプロフィール</p><br /> <img height="50" alt="Icon" hspace="10" src="http://elmblog.com/m/about/profile/kjh50.gif" width="50"align="left"> 激しい変化の時代には、ぐらつかない軸としなやかな心が求められる。わたしはそれを「だるま」に求めた。ぐらつくことがあっても必ずもとに戻る柔軟な姿勢としなやかな禅の心である。情熱と冷静さ、厳しさと優しさをもつ「だるま」でありたい。<br> <br> <div align="left" style="margin:0 10px 0 10px;"> <img height="13" alt="Name" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">名前<br>だるま居士。日本男児。&lt;<a target="prof" href="http://elmblog.com/m/about/profile/mport/index.html">今昔</a>&gt;<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">経歴<br> 田舎の悪ガキから内気な文学青年へ。18で年上の女性 <a target="prof" href="http://elmblog.com/m/about/profile/caslavaska.jpg">Vera</a> に憧れ、若き <a target="prof" href="http://elmblog.com/m/about/profile/kuchin64.jpg">Natalia</a> の姿に心奪われ、見果てぬ夢を求めて体操三昧の<a target="prof" href="http://elmblog.com/m/about/profile/lv56_100.jpg">体育会系男子</a>へ。恋愛は苦手で臆病。孤独を好み、<a target="prof" href="http://elmblog.com/m/about/profile/kai_100.jpg">山</a>とスキーに魅せられる。最先端コンピュータに触れ、渡米して<a target="prof" href="http://elmblog.com/m/about/profile/dev_80064.gif">おたくの世界</a>に入る。異文化に触れて人生観が転換、一期一会の価値観へ。技術から経営の世界に入り、海外を飛び回り、住所不定の風来坊となる。<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">血液型<br> 左右の脳の働き度合いで血液型が変わる特異体質。企画O型、開発A型、経営B型、そして食欲・睡眠はAB型…理解できますか?<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">誕生日<br> 2月1日 &lt;<a target="prof" href="http://elmblog.com/m/about/profile/whatday0201m.html">誕生日の出来事</a>&gt;<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">故郷<br> 斑鳩と明日香の中間にある「かぐや姫の里」(遊び場だった<a target="prof" href="http://elmblog.com/m/about/profile/temple64s.jpg">三重塔</a>)<br> 米国カリフォルニア州<a target="prof" href="http://elmblog.com/m/about/profile/mcupertino.html">クパチーノ市</a>(Apple発祥の地)が第二の故郷<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">棲息地<br> 東京―品川ー横浜をうろうろ。アメリカ、鎌倉、京都・奈良・大阪、八ヶ岳に出没。横浜の丘の上とSF近郊、海の近くに古びた家あり。住所不定で、予定は未 定、水の流れるままに漂流する人生かな!<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">趣味<br> 好奇心旺盛かな。雑食であらゆる分野をかじるが、ひとつもモノにならず。昔は山とスキーだが、いまは読書(推理と歴史)が多い。映画も好きだが観劇少な し。最近ブロッガを志すが三日坊主のきらいあり。アメリカでは<a target="prof" href="http://elmblog.com/m/photo/garden/index.html">庭いじり</a>と 大工が楽しみ。<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">特技<br> う~ん。ない。少年時代に鉱石ラジオや硬球を作り、ぞうりを編み、竹馬や竹トンボを作った神童!?…、腕立て100回、軽々大車輪ができたスポーツマンもいまやただのおじさん(トホホ!)<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">好きなこと<br> 自然、世界遺産、旅と歴史、推理小説。世界の文化・歴史と人類の歩みに思いを馳せること。人々と楽しく語らうこと。自由人にあこがれ、魂の跳躍に心躍らせ る。<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">好きな 食べ物<br> 玉子焼き、オムライス、肉じゃが、鰻丼、クラムチャウダー、フライドカラマリ、ハニーデューメロン<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">好きな 本<br> <img src="ls3b.gif" width="6" height="10" border="0">浅見光彦シリーズ、笹沢佐保、森村誠一などの<a target="prof" href="http://elmblog.com/m/book/mbk300.html">推理小説</a>、<br> <img src="ls3b.gif" width="6" height="10" border="0">世界の文学(<a target="prof" href="http://elmblog.com/m/book/mrussian.html">露</a>・<a target="prof" href="http://elmblog.com/m/book/mbritish.html">英</a>・<a target="prof" href="http://elmblog.com/m/book/mfrench.html">仏</a>・ 米・独など)ー嵐が丘、罪と罰、魅せられたる魂、アンナカレーニナなど<br> <img src="ls3b.gif" width="6" height="10" border="0">女流作家ーDanielle Steel、Linda Howard、Iris Johansen<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">好きなTV映画<br> <img src="ls3b.gif" width="6" height="10" border="0">X-File, Dawson's Creek, Felicity, Jack&amp;Jill, Once Again<br> <img src="ls3b.gif" width="6" height="10" border="0">Peter Jennings(ABC Caster, Dan Rather(CBS 60min, Diane Sawyer(Primetime), Ted Koppel(Nightline)<br> <img src="ls3b.gif" width="6" height="10" border="0">シルクロード、地球大進化、その時歴史は、クローズアップ現代<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">好きな音楽<br> <a target="prof" href="http://elmblog.com/music/russia/melodija.html">愛のメロディー</a>(ロシア民謡)、<a target="prof" href="http://elmblog.com/music/popular/Tsuki_no_HozenjiYokocho.html">月の法善寺横町</a>(古いなぁー)、<a target="prof" href="http://elmblog.com/music/popular/Aoi_Sanmyaku.htm">青い山脈</a>(明るい希望を)<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">好きな言葉<br> 而今、無私、一期一会、七転八起、足るを知る、至誠至善(高校校訓)<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12"><a target="prof" href="http://elmblog.com/about/index2.html">好んで使う言葉</a><br> <a target="prof" href="http://elmblog.com/about/index2.html#a">Eureka</a>…<a target="prof" href="http://elmblog.com/about/index2.html#b">Dharma</a>…<a target="prof" href="http://elmblog.com/about/index2.html#c">Veni</a>…<a target="prof" href="http://elmblog.com/about/index2.html#d">人間50年</a><br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">嫌いな こと<br> 権力主義者。利己主義者。弱いものいじめ。差別(人種、年齢、性別、貧富など)。駅の酔っ払い。歩きながらの携帯電話。大人がしゃべる幼稚なコトバ。<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12">心に残 る人々 <a target="prof" href="http://elmblog.com/m/about/profile/mpeople.html">&lt;写真&gt;</a><br> <img src="ls3b.gif" width="6" height="10" border="0"><a target="prof" href="http://elmblog.com/m/about/profile/jfk.jpg">John F. Kennedy</a> (1917-1963), <a target="prof" href="http://elmblog.com/m/about/profile/reischauer90.jpg">EdwinReischauer</a> (1910-1990), <a target="prof" href="http://elmblog.com/m/about/profile/poplec160.jpg">John Pople</a> (1925-2004), CharlesDarwin (1809-1882), David Bohm (1917-1992)<br> <br> <img height="13" alt="Icon" hspace="3" src="http://elmblog.com/m/about/profile/ls4.gif" width="12"><a target="prof" href="http://elmblog.com/m/about/profile/mcv.html">私の略歴</a>  <a target="prof" href="http://elmblog.com/profile/cv2000j.html">履歴書</a>  <a target="prof" href="http://elmblog.com/profile/cv2000.html">CV</a></div> </div></html>
Movable Type ・web215:elmstadt.com/cgi/mt/  2006.07.13凍結(mt3.151ja utf-8) ・elmstadt.com/apps/  mt3.31jaインストール  dbをSQLiteにした(9.52MBが1.4MBになった) つぎの二つはelmblog.comに移行済。 すべて削除可能だが、念のためバックアップした。 ・blog.elmstadt.com だるまBLOG:最終2005.10.10(合計109件) ・home.elmstadt.com HOME制作中:元Eureka.elmstadt.com  →新しいHPにしようとしたが2005.08.08に断念した。青と緑のデザイン。 ・guest.elmstadt.com ゲストブック用に検討したが断念。 移行を検討しているサイト ・www.elmstadt.com Xoopsのメイン・エントリーになっている。  Xoopsはelmstadt.com直下にインストールされており、他のモデュールとの区別が分からなくなった。スパムに汚染され、大量のメール発信が発生。サービスプロバイダーから苦情がきて、汚染されたモデュールを削除した。  運営は凍結したが、コンテンツと学習結果をバックアップした。 ・club.elmstadt.com CS経営用に検討するために試作したもの。  実験のみで運用はしていない。学習用にForumを二つ作った。  コンテンツの移行の仕方が不明。 今後の学習と運用を検討中 ・xoops.elmstadt.com   2006.07.20:Xoops2.0.14をダウンロードしてインストールした。  初期動作はOKだが、旧バージョンのMySQLデータの移行が不明。 ・hs44.elmstadt.com  制御工学同窓会のサイトで今後も運営する。  主に同窓会で撮った写真の紹介。 ・elmstadt.com/www/ これをwww.elmstadt.comとしようとしたがXoopsとコンフリクトするので断念。現在www.elmstadt.comはelmstadt.comとおなじで旧Xoopsの入り口である。これをxoops.elmstadt.comに移行しようと計画している。  この移行が完了した後で、elmstadt.com/www/をwww.elmstadt.comとしてオープンする計画。この下に旧コンテンツを整理するか、dharma.elmblog.comにするかを思案している。とりあえずwwwの下に、blogとguestを作って試している。 ・elmstadt.com/www/blog/  www公開のアーカイブの保存用 ・elmstadt.com/www/guest/ Movable Typeの学習用に使用予定。
 ΣSIGMA(シグマ)は、これまでの交友関係をさらに素敵なものにします。仲間たちの智恵の総和(Σ)がより豊かなライフスタイルと新たな交流を生み出すことを応援するサービスです。同じ趣味・関心をもった仲間たちが、情報を発信し、意見を交換し、知識を共有・蓄積し、それらを活用することができます。新規に参加された方は「[[利用の手引き|目次]]」を参照ください。 ※@@color:blue;ここはMixiを参考にとりあえず書いた。すべて書き直しが必要です。画像も古い。@@ !!! ◆まずは登録 招待メールに記載されている登録用のURL をクリックして、あなたのプロフィールを登録してください。ニックネームと誕生日は他の会員に公開されます。⇒[[登録の仕方|参加する]] ※Σでは、安心できる居心地の良いコミュニティを実現するために、招待なしでの新規登録は、行わないことにしています。Σに参加している人から招待メールを送ってもらうようにしてください。 !!!◆友人と交流 [>img[マイホーム|http://sns.agorian.com/sigma/img/2-myhome.jpg]] Σでは信頼できる旧知の友人、知人とのお付き合いの活性化を図るために、 ・メッセージの送受信 ・日記の読み書き、コメントの書き込み ・各種コミュニティの作成と参加、掲示板、催し案内 ・友人の紹介、各種商品(本、CD、ソフトなど)のレビュー ・あしあと、お気に入り追加機能 等さまざまなツールがあります。 !!!◆「友人の友人」と知り合える さらにΣを使えば 「友人の友人」 との交流が簡単にできます。話しには聞いたけれど直接は面識のない人と、どこかでつながっている新しい人たちとの交流を楽しむことができます。これまでは見えなかった世界中の友人の輪を広げ、友人同士のつながりを実感してください。 !!!◆友人を招待 あなたが Σをもっと活用するために、あなたの友人を Σに招待してください。あなたの友人を招待することで、あなたはより Σを活用することができます。 !!!◆日記の読み書き、既存ブログの公開ができる 日記を公開することによって友人や Σ利用者の方々に多くの情報を発信することができます。Σの日記だけでなく、他サイトの日記・ブログもΣのホームで公開することができます。 !!!◆コミュニティに参加 [>img[マイホーム|http://sns.agorian.com/sigma/img/3-community.jpg]] Σには、共通する趣味や関心ごと、考えなどをお持ちの方々とのコミュニケーションを楽しむことができるコミュニティ機能があります。希望するコミュニティに参加することで、自分の考えや意見を述べるだけでなく、参加者たちとの新しい交流の輪を広げることができます。 !!!◆新しいコミュニティを開設 適切なコミュニティがないときは、あなたが新しく開設することができます。みなさんがコミュニティの運営者になり、仲間の輪を広げていくことが可能です。同窓会や趣味の会、公開討論会や文書の共同作成などさまざまなコミュニティをつくってください。 !!!◆友人を紹介 Σでは、旧知の友人や、Σで知り合った友人の印象や間柄を紹介できます。お互いに紹介しあうことで、これまでの交流がより活発になるでしょう。 !!!◆登録、利用料 Σの登録料、利用料は無料です。運営者はボランティアで無償奉仕しており、エンジェル資金でIT運用費用を負担しています。運営者は、Σ利用から引き起こされた損害について責任を負いません。 !!!◆個人情報の保護について Σでは、利用者の皆さんに Σのサービスを安心してお使いいただくためにプライバシーとセキュリティの管理が最も重要なことと考えています。詳しくは個人情報保護方針をお読みください。
!!Wiki関連サイト *元祖WikiWikiWeb http://c2.com/cgi/wiki?WikiWikiWeb *TiddlyWiki http://www.tiddlywiki.com/ *phpTiddlyWiki *FSWiki *PukiWiki *MediaWiki *TikiWiki !!筆者が作成したWikiサイト *MyWikiSites
 ΣSIGMAは、SNSの学習と体験を主眼に有志が運営しており、限られた友人知人のみが参加しています。コミュニティ内では全員が信頼し合えることを前提としているため、招待なしでの新規登録はできないようになっています。 招待メールをもらっている方は、メールの文中にある登録用のURLをクリックして、参加する手続きをしてください。実名で参加することを原則としており、確認が取れるメールアドレスが必要です。Hotmailなどの無料アドレスは拒否されることがあります。 !!登録手順 ΣSIGMA会員からの招待メールを受け取ったら次の手順で会員登録します。携帯からの登録は[[こちら|携帯登録]]です。 !!!1.招待メール本文中に書いてあるURLをクリックする。 [img[招待状|http://agorian.com/sns/sigma/img/reg01.jpg]] !!!2.利用規約に同意する [img[利用規約|http://agorian.com/sns/sigma/img/reg02.jpg]] !!!3.登録情報を入力する  名前、生年月日、メールアドレスなどを入力します。メールアドレスとパスワード(6~12桁の英数字)は後でログインするために必要です。「確認画面」をクリックして入力内容を確認後、『登録』をクリックします。※パスワード、秘密の質問の答えは不可逆な暗号化を施してデータベースへ保存しているため、元の文字列を知ることができません。[[個人情報保護方針]]をお読みください。 [<img[プロフィール|http://agorian.com/sns/sigma/img/reg03.jpg]]  [img[確認|http://agorian.com/sns/sigma/img/reg04.jpg]] !!!4.登録完了  つぎのページが表示されたら登録完了です。「ログインページへ」をクリックして[[ログインする]]。 [img[http://agorian.com/sns/sigma/img/reg05.jpg]] !!PC登録アカウントに携帯メール登録 #[設定変更」画面で、[携帯メールアドレス設定ページへ]をクリック #携帯メールアドレスを入力して[送信]をクリック #メール内に記載されたURLよりアクセスして、ログインする !!携帯登録後にPCメールを新規登録 #携帯からΣSIGMAにログインした最初の画面の最後の方にある「設定変更」をクリック #「PCメールアドレス登録」をクリック #PCメールアドレスを入力し「送信」する。 #「入力されたアドレス宛に・・・」と表示されれば完了。PC画面で、送信されたメールに記載されたURLにアクセスし、PCメールアドレスとパスワードを入力すればログインできる。 【注意】PCログイン時のメールアドレスは英字大小を区別します。携帯でたとえば大文字の英字を入力したときは、PC画面でも大文字英字を入力しないとログインできません。 ---- ※特例として「オープン登録」が可能です。これは「SNS管理画面」からSNS管理者が設定できる。この場合は、SNS運営事務局から招待メールが送られ、参加資格を事務局が判断することになる。 !!オープン登録手順 *オープン登録が可能なときは、[[こちらをクリックする|http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_o_public_invite]]と新規登録ページに移行します。メールアドレスと画面に表示されている「確認キーワード」を入力して「送信」ボタンを押す。確認キーワードは7桁の英数字である。これは、ロボットソフトによるスパム登録を避けるためである。 [img[新規登録|http://agorian.com/sns/sigma/img/oreg01.jpg]] *つぎのメッセージが表示される。 [img[招待状送信|http://agorian.com/sns/sigma/img/oreg02.jpg]] *招待状を受け取ったら、[[参加する]]手続きをする。 ---- [[目次]]|新規登録|[[利用規約]]|[[個人情報保護方針]]
<<list all>>
{{submenu{ <<allTags>>}}}
{{submenu{ <<timeline>>}}}
Background: #fff Foreground: #000 PrimaryPale: #8cf PrimaryLight: #18f PrimaryMid: #04b PrimaryDark: #014 SecondaryPale: #ffc SecondaryLight: #fe8 SecondaryMid: #db4 SecondaryDark: #841 TertiaryPale: #eee TertiaryLight: #ccc TertiaryMid: #999 TertiaryDark: #666 Error: #f88
{{submenu{ [[記事の操作]] [[記事の作成]] [[設定の変更]] [[Wiki文法|WikiStyle]] WikiHelp WikiLink}}}
*CustomCssClass *CustomMarkup
◇[[Wikiエンジン]] ◇[[Wikiは普及するか]] ◇[[表記法の比較]]
@@ΣSIGMAユーザに対する情報開示の下書きです@@ 1.本サービスに参加するために必要な個人情報は、利用者との契約の履行、より良いサービス、および利用者への有用な情報の提供のために利用いたします。その他の目的で個人情報をご提供いただく場合には、その都度、利用目的をお伝えいたします。 2.ご本人の承諾を得た場合または法令により許された場合を除き、個人情報を第三者に提供いたしません。なお、個人情報を第三者に提供する場合には、その第三者に対し契約により適切な管理を義務づけます。 3.本サービスの取扱う個人情報につき、必要に応じて組織的、人的、物理的、技術的安全管理措置の全部又は一部を実施し、個人情報に対する不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを予防すると同時に、必要な是正措置を行うために最大限の努力をいたします。 4.本サービスが収集し利用する個人情報を保護するため、個人情報の保護に関する法律及びこれに基づく各種ガイドライン等の規範を遵守いたします。 5.本サービスは、本個人情報保護方針を適宜見直し、その全部又は一部を改定することがあります。当社がかかる改定を行った場合は、その旨を本個人情報保護方針に明記いたします。 6.本サービスは、本個人情報保護方針を含めて、個人情報保護に関わる一切の規程、体系、体制を適宜見直し、継続的に改善してまいります。
!Gallery2よくある質問 @@作成中です。完成版は一般のWebページにします。@@ <html><a name="top"></a> <center>  作者への質問はここからどうぞ<br /> ~Webから簡単に質問できます~ <h2 style="text-align:center;">□□□ 質問 □□□</h2> ここにない質問は作者へメールを送ってください。</center> <div class="box"> <p id="boldred">Q01:<a href="#a01">Galleryとはなんですか?</a></p> <p id="boldred">Q02:<a href="#a02">だれが運営しているのですか?</a></p> <p id="boldred">Q03:<a href="#a03">だれが登録・利用できますか?</a></p> <p id="boldred">Q04:<a href="#a04">どうして登録する必要があるのですか?</a></p> <p id="boldred">Q05:<a href="#a05">登録・利用の費用は?</a></p> <p id="boldred">Q06:<a href="#a06">どんな写真や画像を保存できますか?</a></p> <p id="boldred">Q07:<a href="#a07">どのように保存(アップロード)できますか?</a></p> <p id="boldred">Q08:<a href="#a08">何枚くらい保存できますか?</a></p> <p id="boldred">Q09:<a href="#a09">写真の編集はできますか?</a></p> <p id="boldred">Q10:<a href="#a10">保存した写真のプライバシーは?</a></p> <p id="boldred">Q11:<a href="#a11">写真の著作権は?</a></p> <p id="boldred">Q12:<a href="#a12">友達や家族と共有できますか?</a></p> <p id="boldred">Q13:<a href="#a13">友達にメールで送れますか?</a></p> <p id="boldred">Q14:<a href="#a14">印刷はできますか?</a></p> <p id="boldred">Q15:<a href="#a15">保存した写真をダウンロードできますか?</a></p> <p id="boldred">Q16:<a href="#a16">写真やアルバムを非公開にできますか?</a></p> <p id="boldred">Q17:<a href="#a17">自分の写真アルバムを作れますか?</a></p> <p id="boldred">Q18:<a href="#a18">写真ブログ・日記を書けますか?</a></p> <p id="boldred">Q19:<a href="#a19">写真の評価を友達にしてもらえますか?</a></p> <p id="boldred">Q20:<a href="#a20">ほかのメンバの写真を見れますか?</a></p> <p id="boldred">Q21:<a href="#a21">写真にコメントをつけられますか?</a></p> <p id="boldred">Q22:<a href="#a22">カメラのEXIFを取り込んで表示できますか?</a></p> </div> <h2 style="text-align:center;">□□□ 回答 □□□</h2> <div class="box"> <a name="a01"></a><p id="boldgreen">A01:Galleryは写真共有のためのWebアプリケーション開発のオープンソースプロジェクトです。このサイトでは、最新版Gallery2.2.3を採用しています。</p> <p>開発されたソフトウェアは、<a href="http://www.gnu.org/copyleft/gpl.html">GPL</a>ライセンスに準拠しており、非営利目的で改変、翻訳、再配布できます。ソフトはGalleryの<a href="http://codex.gallery2.org/Gallery:Team">開発者と利用者</a>からなる、地球規模のコミュニティにより改善・保守されています。ダウンロードと利用は自由に行えます。</p> <p>Galleryプロジェクトは、20世紀末に<a href="http://www.menalto.com/bharat/index.html">Bharat Mediratta</a>が中心になってはじめたもので、2000年7月に初版Gallery1がリリースされた。その後、2005年頃からG2(Gallery2)開発がはじまり、2006年3月リリースのG2.1(Blackjack)では、Web2.0技術進歩を取り入れ、大幅な機能追加がなされた。RSS、Permalink、Rating、Picasaなどである。その一年後、各種のカストマイズ可能なテーマ、キーワードや評価点別の動的アルバム、WebDAVなどの機能追加がされたG2.2がリリースされた。</p> <p>kのWebサイトでは、8月29日にリリースされた<a href="http://codex.gallery2.org/Gallery2:Download">最新版2.2.3</a>を設置した。多少の重さがあり、サーバ負荷が高くなって500エラーが出ることもあるが、かなり安定した運用が可能と判断している。</p> <p>本体のGallery2.2.3のほかに、<a href="http://gallery.menalto.com/wiki/Gallery_Remote">Gallery Remote</a> - 写真を簡単にアップロードできるPCクライアントソフトがある。動作条件として、Java Virtual Machine 1.4以降が必要である。ImageMagickやJpegtranなどはGRパッケージに含まれている。 </p> <p>多量の写真を同時にアップロードするときは、このGR1.5が威力を発揮してくれる。写真の回転やリサイズは、クライアント側のGR1.5で実行した上でサーバ上のG2にアップロードする。サーバでのリサイズはパフォーマンス上から避けたほうが良い。</p> <p>各種メディアギャラリーソフトの<a href="http://www.gallery-addons.com/Gallery-Addons/Component/Media_Gallery_Feature_Comparison/">機能比較表</a>からみても、Gallery2は十分な機能を備えているといえる。</p> <p align="right">[<a href="#top">トップ</a>]</p> <a name="a02"></a> <p id="boldgreen">A02:「達磨居士」です。</p><p>好奇心と趣味とボランティア精神に基づいて運営しています。学習と実験のために「だるま」、「Jack Nicolson」などのニックネームも使っていますが、すべて同一人物です。</p> <a name="a03"></a> <p id="boldgreen">A03:このサイトの管理人(達磨居士)の友人・知人です。</p> <p>公開されている写真アルバムは、どなたでも自由に閲覧できます。写真アルバムを作成したりダウンロードしたりするためには登録メンバになる必要があります。</p> <a name="a04"></a> <p id="boldgreen">A04:個人の写真を守り、迷惑書き込みを防御するためです。</p><p>ここは友人や家族との写真共有を目的にしており、迷惑書き込みを避け安心して、使えるようにするために、身元がはっきりした人たちの参加に限定し、ログインしないと使えないようにしています。</p> <a name="a05"></a> <p id="boldgreen">A05:登録・利用は無料です。</p> <p>管理人が拠出したエンジェル資金(!?)と管理人の好奇心、趣味で運営しているため、利用者の金銭的負担はありません。運営費は一ヶ月一回の昼食分くらいですから気にする必要はありません。気が向けば、管理人に昼食をご馳走すると喜びます(笑)</p> <a name="a06"></a> <p id="boldgreen">A06:JPG,GIF,PNG形式のファイルです。公序良俗に反する写真の公開は厳禁です。</p> <p>フラッシュ形式のファイルも保存できるようですが、未確認です。ファイルの大きさは一件2MBまでです。また同時にアップロードできるのは合計8MBまでです。これを超えるときはオリジナル写真を縮小し、分割して送ってください。たくさんの写真を一括して縮小するときは、「<a href="http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se153674.html">縮小専用</a>」がお薦めです。</p> <p>デジカメで撮った写真、一枚数MBを保存している人がいますが、1~2メートルのポスター印刷をしたり、100インチディスプレイで見ない限り無駄なサイズだと思います。A4サイズくらいの大きさの写真しか印刷しかしない管理人は、数年前は800ピクセル、メモリーが安くなった昨今は1600ピクセルで撮って保存することが多いですね。Nikon D70Sで撮るときは3Mpx(2240x1488、出力A4サイズ)、画質ノーマルに設定しています。一枚800KBですね。6Mpxで撮ることはほとんどないですね。素人ですから、猫に小判ということかも(笑)一眼レフの重みとシャッター音がいいので買ったようなものです。FAQなのにブログ風になった(笑)</p> <p>もうひとつブログ風に書くと、ディスクドライブの案内では、「RAWデータを多用して120枚ほどの写真を撮影した場合、それだけで1GBに近い撮影データ・・・」とある。まったくの素人はデジカメ性能いっぱい使って撮ることになると、一年で撮影データだけで100GB超えるかもしれない。それこそメーカの思う壺ですね(笑)</p> <a name="a07"></a> <p id="boldgreen">A07:Gallery2のアップロード機能またはGallery Remoteを使ってアップロードします。</p> <p>写真一枚ずつキャプションを書いてアップロードするときは「ブラウザ」から簡単にアップロードできます。複数枚を一括してアップロードするときは、「ジャバアプレット」が便利ですがサーバへの負荷が高くなります。PCクライアントソフトのGallery Remoteを使ってアップロードすることをお薦めします。</p> <a name="a08"></a> <p id="boldgreen">A08:Good question! 答えにくいときの答え方です(笑)管理人の場合は、1GBでサムネールやリサイズ版を含んで一万枚くらいです。</p> <p>一人当たり使えるディスク容量は1GBに設定しています。Galleryに保存する写真は、印刷用ではなくWebで見て楽しむことを主眼にしています。ディスプレイの大きさは1024x768が一般的ですが、最大1600x1200までを前提に考え、JPG品質(量子化率ともいう)80%で、一枚200KBくらいです。これだと1GB当たりオリジナル版5000枚を保存できます。</p> <p>管理人の場合は、ディスプレイで見やすい大きさである800x600または640x480の大きさにして保存することが多い。一枚30~80KBくらいですね。平均50KBだと、1GBで2万枚保存できることになります。気に入った写真はディスプレイ画面いっぱいのサイズ(1024か1280)で保存したり、リサイズ版(標準アルバムのテーマAjaxianでは横幅700が見やすい)を作ったりしますから、1GB1万枚を目安にしています。</p> <p>2007-09-20現在1007アイテム(写真とアルバムの合計点数)保存されており、写真アルバム用ディスク容量は60MB、データベース8MBくらいです。この延長で推定すれば、1GB当たり1万5千枚保存できるということです。</p> <a name="a09"></a> <p id="boldgreen">A09:</p> <a name="a10"></a> <p id="boldgreen">A10:</p> <a name="a11"></a> <p id="boldgreen">A11:</p> <a name="a12"></a> <p id="boldgreen">A12:</p> <a name="a13"></a> <p id="boldgreen">A13:</p> <a name="a14"></a> <p id="boldgreen">A14:</p> <a name="a15"></a> <p id="boldgreen">A15:</p> <a name="a16"></a> <p id="boldgreen">A16:</p> <a name="a17"></a> <p id="boldgreen">A17:</p> <a name="a18"></a> <p id="boldgreen">A18:</p> <a name="a19"></a> <p id="boldgreen">A19:</p> <a name="a20"></a> <p id="boldgreen">A20:</p> <a name="a21"></a> <p id="boldgreen">A21:</p> <a name="a22"></a> <p id="boldgreen">A22:</p> </html> このサイトで使われているロゴ(意匠)、登録商標、コンテンツ(写真や画像など)、投稿記事、コメントなどの所有権(知的財産権)は、それぞれの作者に帰属します。それ以外は、「達磨居士(elmblog.com)」に帰属します。 All logos, trademarks and contents in this site are property of their respective owners. Posts and comments are the property of their posters. All else is © Copyright 2000-2007 elmblog.com
 Wiki文法とか表記法、整形ルールとも言う。WordやHTMLの「書式」に相当するものであるが、たいへんシンプルなものである。複数のWikiエンジンを使っている人にとっての困るのは、この表記法に互換がないことである。9割おなじだが残り1割が違うというのが混乱のもとであり、Wiki間での再利用を阻むものとなる。MediaWiki, PukiWiki, FSWikiとの違いについては、「[[表記法の比較]]」を参照してください。練習はSandBoxでどうぞ。 | 種類 | 概 要 | |[[Wiki用語]]|大文字で始まる英単語が二つ以上連続した用語で、自動的にリンクされる。| |[[文字装飾]]|{{{''太字''、==打消し==、__下線__、//斜体//、^^上付き^^、~~下付き~~}}}| |[[拡張書式|文字装飾]]|{{{@@色付き@@、@@css書式; ~@@}}}| |[[見出し]]|大見出しは!、中見出しは!!、小見出しは!!!からはじめる。| |[[箇条書き]]|行を*からはじめる。**、***、・・・で字下げ。| |[[番号付きリスト]]|#からはじめる。##、###、・・・で字下げ。| |[[水平線]]|ハイフン4つで水平線を挿入する。| |[[表]]|列を|で区切る。行は改行。列結合は>、行結合は~| |[[引用]]|>>>ではさむか、>で開始。>>・・・で字下げ| |[[リンク]]|[[~]]または[[~|~]]| |[[固定幅テキスト]]|{{{{{{Monospaced 固定幅}}}}}}またはブロック(最初の行{{{、最後の行}}})| |[[画像]]|[img[タイトル|ファイル名][リンク先]]、右詰[>img[~]、左詰[<img[~]| |[[マクロ]]|日付表示、目次やタグのスライディング表示などの組込み機能| |Inline HTML|{{{<html>}}}と{{{</html>}}}で囲んでHTMLコードを書ける| |注釈|/%~%/で囲んだ部分は表示されない/%これは注釈です%/| *[[TiddlyWiki2.5拡張機能]]
整形に使う記号はすべて半角直接入力の英記号である。表中の記号は説明の都合上、全角英数記号を使っている。また、~記号は任意のテキスト入力を示す。二つ以上の表記法があるときは「、」で区切って示した。←は左と同じことを意味する。 |!|! DalmaWiki|! FSWiki|!PukiWiki|! MediaWiki | |bgcolor(#a0ffa0): 見出し | !章、!!節 | !項^^1^^ | *~ | =~^^2^^ | |bgcolor(#a0ffa0): ●箇条書き | *~ | *~ | ‐~ | *~^^3^^ | |bgcolor(#a0ffa0): n番号付け | # | + | # | # | |bgcolor(#a0ffa0): 項目 | なし | :~:~ | なし | *:~、#:~ | |bgcolor(#a0ffa0): 項目リンク | [[~]] | ← | ← | ← | |bgcolor(#a0ffa0): URLリンク | [[~|URL]] | [~|URL] | [[~|URL]] | ←^^6^^ | |bgcolor(#a0ffa0): テーブル | |で区切る | ,^^4^^ | | | | | |bgcolor(#a0ffa0): ボールド | ’’''太字''’’^^5^^ | ’’’''太字''’’’ | ← | ← | |bgcolor(#a0ffa0): イタリック | {{{//~//}}} | ’’~’’ | ← | ← | |bgcolor(#a0ffa0): 添え字 | ^^^^脚注^^^^ | 関数{{fs}} ||| |bgcolor(#a0ffa0): 削除 | ====削除==== | ← | ← | ← | |bgcolor(#a0ffa0): 強制改行 | {{{<br />}}} ||| <BR /> | |bgcolor(#a0ffa0): 画像 | [img[~|~]]^^7^^ | {{ref_image ~}} ||| ^^1^^ DalmaWikiの!は大見出し(章)であるが、FSWikiでは小見出し(項)である。 ^^2^^ ==節==、===項===、====目====が標準的。 ^^3^^ **、***で字下がりして、箇条書きになる。##、###も同じ。 ^^4^^ 行の最後の,は不要である。WikiNoteでは行の最後も|が必要。セル結合が可能なWikiもある。 ^^5^^ DalmaWikiだけ二つ’’である。イタリックはない? ^^6^^ [[~#~|~]]の表記法があり、「~の節~」にリンクできる。 ^^7^^ 元画像へのリンク挿入:[img[~|~][~]]、左寄せ:[<img[~、右寄せ:[>img[~
 Wiki表記法にしたがって、いつでもだれでも編集できるWebペ-ジのことをWikiスタイルというが、これを可能にするソフトウェアがWikiエンジンとよばれる。1998年にWard CunninghamがWikiWikiWebを実現して以来、数百あるいは数千のWikiエンジンが開発された。厳密にはその表記法も機能も似て非なるものであるが、Wikiスタイルの基本はおなじであるため、Wikiクローンとも呼ばれる。  このようなソフトの多くがオープンソースで開発されており、開発言語もC++からPerl, PHP, Pyson, Rubyなど多様である。CGIスクリプトだけで作られサーバにPerlが実装されているだけですぐ動作するものがあれば、MySQLやSybaseをサポートするものもある。その進化は激しく、Wikipediaの記事WikiEngineの内容は最新情報を反映するのに追いつかないようである。二年前と比較すると隔世の感がする。  欧米では、すでにWikiという言葉が市民権を得ているような気がする。米英に限らず、ドイツやロシアのエンジニアたちもWikiエンジンの開発に携わり、それらのWebを見てもWikiということばを一般用語のように使っている。「Wikiとはなにか?」などという説明は消えてしまった。知らない人はWikipediaで勉強しなさい、ということだろう。  数あるWikiエンジンのなかで、自分のニーズに合っているのはどれか?という質問に答えるのは難しい。著名なもの実績のあるものでも、いまだに開発が継続されており、あたらしいものが開発されつつあるからである。ツールとして使うだけでなく、ソフトそのものやその開発の背景にも関心があるので、あれもこれも使う羽目に陥った。いずれも設置や使用、運営が容易なので時間はそんなにとられないのが救いである。 |Wikiエンジン|開発言語|データベース|概要| |MediaWiki|Perl|MySQL|Wikipediaで採用されていることで有名| |TikiWiki|PHP4|MySQL|国際化を標榜しEC中心に開発。機能豊富だが重い!| |YukiWiki|Perl|なし|日本での先駆的開発ソフト| |PukiWiki|PHP|なし|YukiWiki派生ソフト。日本での使用が多い| |FreeStyleWiki|Perl|なし|同上。ユーザ管理、モジュール化に特徴あり| |WakkaWiki|PHP|MySQL|ドイツ中心に開発。個人での設置・使用に向く| |WackoWiki|||WakkaWiki派生。ロシア中心に開発。| ---- *[[Wiki文法|WikiStyle]]  [[表記法の比較]] (2004-09記)
 知識共有に役立ちそうなツールを使用してきたが、プロジェクトや友達グループ、家族など複数人で共有だけでなく共同作業をするときのツールとしては、オープンソースではやはりWikiであろう。Wikiといってもたくさんのエンジン(WikiEngineと呼ぶソフト)やそれを使ったホスティングサービスがある。 WikiEngineについては、Wikipediaが使っているMediaWikiに興味があったが、動作条件を満たすレンタルサーバー環境がないためあきらめた。日本語版(日本人が主導でSourceforgeで開発)のPukiWikiにしようかと思ったが、これも時期尚早であきらめたことがある。 思い返してWikiを調べてみたら、最近はどのWikiも実績が増え安定してきたようである。というわけで、まずはPukiWikiをインストールした。思いのほか簡単であった。構成ファイルの内容を書き換えるための勉強に30分くらいかかり、それを忘れないようにメモを残すのにさらに30分で合計1時間くらいかかった。インストールそのものはWordPressのときと同様に、5分で終わった。 Wikiホストは、WikiaとWiki.comを調べた。 Wikiaは停滞気味のようで日本からの参加でまともなものはない。Wiki.comはその名前から影響力が強そうな感じだがどうもそうではないようだ。実態は、MindTouchという会社がマーケティングの一環としてWiki Webを作れる無料サービスを提供しているだけである。 wiki.comのアクセスすれば分かるが、普通の良く見かけるウェブと違ってなんとなく胡散臭い気がした。調べたらMindTouchがでてきたというわけ。Wikipediaには及ばないがそれなりの活動をしているWikiBookの「Wiki Science/How to start a Wiki」に「Hosted wiki and wiki hosts」という項目があり100近くの案内がある。 その先頭のAtwikiというのはリンクが切れているが、日本の@wikiのことではないかと思う。和歌山大学の学生がビジネスプランコンペで最優秀賞を受賞しその後事業化した(しようとしている)ものである。今年はじめ役員(学生)の一人が警察沙汰を起こし解任された。Webを覗いたがなんとなく睡眠中のようであった。進取の気性で取り組み、技術の理解と実践については、さすがに若さがなせることと感心するが、事業は別物である。ビジネスマンという経営センスをもった人材の不足がベンチャーの進歩を阻害していると思う事例である。 もうひとつ、二番目にあがっているBluWikiである。OdioWorks Business Servicesという会社がサービスしている。会社というが、実際は18歳でLLCをつくって半分趣味でコンサルをしている若者が一人でやっている。 余談だが、WikiBookの「Howto Start a Wiki」を執筆したのは、Wikia日本版を立ち上げようと一人頑張っているエストニアの若者で、早稲田大学で数学(と日本語)を学ぶ学生である。 Wikiは、ボランティア精神をもった数十人位の人が参加し協力し合わないとうまくいかないようである。それが「大衆の知恵」を多少なりとも発揮する最低条件なのだろう。個人や一企業の力では如何ともしがたいという世界がWeb2.0なのだろう。 能書きはさておき、(胡散臭そうな)wiki.comにwiki webを作った。 http://plaza.wiki.com/ PukiWiki同様に、学習用、練習用に使って見ようと思う。だれでも参加できますので試してみてはいかがでしょう。因みにドキュメント容量は最大100MBに制限されている。勉強用には十分な容量でしょう。エンジンはMediaWikiの変形である。 つぎに試そうと思っているのは、FreeStyleWikiである。2003年8月に0.0.4がリリース。最新版は、7月3日にリリースされた3.6.2( wiki3_6_2.zip 885.5 KB)で、今日までに4000件以上ダウンロード( SourceForge.jp)されている。
 Wikiエンジンといわれるソフトは数多くある。Wikipediaで紹介されているものだけでも50以上あり、そのほか存在を知られているのは数百を下らない。個人用に使うために改変したDalmaWikiのような派生のWikiエンジンは今後も自己増殖していくと思う。 ひとつは、設置と運用が簡単であること。ほとんどのISPがサポートしているLAMP環境で動作するのは当然だが、煩雑なデータベースを要求しないWikiが多いこと。もちろん、企業がコラボレーションツールとして本格運用するときはデータベース機能が要求されるが、MySQLであれば設置と運用は容易である。 Wikiが普及するもうひとつの根拠は、使いやすさにある。一般人は、ホームページやブログを知っていてもHTMLを知らない人がほとんどである。WikiベースのWebでの文書作成には、HTMLの知識は要らない。かんたんなWikiスタイルというテキストの整形規則をちょっと教わるだけですぐ使える。操作もかんたんで、だれでもいつでも使え、文書の作成、編集がインターネット環境とブラウザーさえあれば可能であるという利便性は、Wikiの普及を後押しすると思う。 XoopsやMovable Typeの使用経験が数年になるセミプロの人でも、文書の共同作成にWikiを使うようになることも考えられる。そういう兆しを感知した企業はすでにそのサービスの商用化に取り組んでいる。 一方、Wiki普及の阻害要因となるのは、互換性のない派生Wikiの乱立であろう。テキストの整形で、たとえば見出しに!を使うものがあれば=を使うものもある。こういう非互換があると、本格的に文書を作成しアーカイブが増えてくると、それらの再利用や移行に支障が出て来る。先の運用の見通しがないと、とくに保守的な企業人はなかなか手を付けず日和見主義に陥るものである。 十数年前に「オープン時代」がもてはやされたときと同じことが起きる。そのときも業界の大きなテーマは、標準化とインターオペラビリティであった。いままたその重要性が再認識されるべきときであろう。 (2004-09記)
[[Wiki用語]]|WikiStyle|[[表記法の比較]]|ImportTiddlers !!画面の構成 これはTiddlyWiki標準の画面構成です。実際の運用においては画面のレイアウト・デザインを簡単に変更することができます。MyWiki飛耳長目では、右側の「操作メニュー」を、必要に応じて表示をオンオフしています。 [img[sns/img/page.gif]] *【記事選択メインメニュー】 利用者が定義できるメニュー。MainMenuの内容が表示される。クリックすると中央部に記事が表示される。 *【記事表示領域】 このWikiでは、作成・編集・表示を記事(TiddlerあるいはMicroContents)と呼ぶ構成単位で操作する。中央部にアルファベット順に表示される。横幅や文字・背景の色などはStyleSheetで設定できる。 *【操作メニュー】 この手引書作成に使っているSigmaWikiシステムで用意された、記事を操作するメニュー。初期設定時に表示されるが、表示しないようにもできる。 !!!1.記事の操作  茶色太字の文字列が「リンク名」でクリックするとその記事(Tiddler)が表示されます。この記事の上にマウスを重ねると右上にメニューが表示されます。英語または日本語になっています。 *close 閉じる・・・この記事を閉じます。 *close others ・・・ほかの記事をすべて閉じます。 *edit 編集・・・この記事の内容を編集(追加・変更・削除)します。 *permalink アドレス表示・・・この記事のURLをブラウザのアドレス欄に表示します。 *references 親記事・・・この記事にリンクしている記事を表示します。 *jump 記事一覧・・・画面に表示されている記事へ飛びます。 !!!2.記事の編集  「編集」をクリックします。編集ボックスが表示される。一行目はタイトル(記事の名前)です。続いて記事内容が表示されるので、Notepadと同じように編集する。編集が終わったら「保存」をクリックします。 !!!3.Webページの操作  Webページは記事の集まりになります。新しい記事の作成、表示などの操作を右側にあるメニューを使って行います。 *Search・・・記事を検索します。キーワードを入力すると表示されます。 *新規作成・・・クリックして表示された入力ボックスに、記事名と内容(Wikiソース)を書いて「保存」する。 *すべて閉じる・・・表示されている記事をすべて閉じます。 *アドレス表示・・・現在表示されているページのURLをブラウザのアドレス欄に表示します。 *編集者名・・・記事を作成・編集する人の名前を入力します。データベースに自動保存されます。 *□アニメーション表示・・・チェックすると記事がアニメーション表示されます。 *□トグル表示・・・リンクを張っているコトバをクリックすると表示し、次にクリックすると非表示にします。 *□新規ウィンドウ・・・外部リンク(下線付き)を新しいウィンドウで開きます。 !!!4.記事のリンク  「記事名」をクリックする。たとえばWikiHelpのように英大文字二つを含む用語を書くとリンクが自動的に張られます。これをWikiWordと呼びます。全角英大文字はWikiWordになりません。日本語文字列は、[[記事名]]と書くと自動的にリンクが張られます。外部URLへのリンクは、{{{[[リンク名|http://example.com]]}}}の形で書きます。半角でURL、http://example.com をかくと自動的にリンクが張られます。[、|、]、//は半角で書きます。なお半角の//はイタリック体になりますので注意してください。 !!!5.WikiStyle  Wikiにはテキストを整形するルールがあります。これをWiki表記法、整形規則などと呼びます。このルールに従って書かれたWikiソースがWebの記事(ページ)になります。たとえば太字にしたいときは、``で囲むと''このように太字''で表示されます。``は小文字で書きます。こうした整形ルールで書かれた文書のスタイルをWikiStyleと呼びます。詳しくはWikiStyleを見てください。
 大文字で始まる英単語が二つ以上連続した、DalmaWikiとかWikiWikiWebといった形式の用語である。こうした用語には自動的にリンクが張られる。このサイトのスタイル設定では茶色になる。リンク先の記事があるときはボールド体、記事がないときはイタリック体で表示される。  これは直接入力の半角英数字だけに適用されるルールで、全角の英数字を使うとWiki用語にならない。全角英数のWikiNoteはふつうのテキストである。とうぜん日本語の単語は自動的にWiki用語にならないが、半角の大カッコ[[と]]で囲むとWiki用語となる。たとえば、{{{[[表記法の比較]]}}}と書くと、[[表記法の比較]] と表示される。これはWiki用語で自動的にリンクが張られる。
管理人への連絡は、<html><A onclick="window.open('http://agorian.com/mail/','mail1','toolbar=0,location=0,directories=0,status=0, menubar=0,scrollbars=0,resizable=1,width=500,height=500')">Webメール</a></html>でお願いします。匿名でも結構です。 メールアドレス:dalma[at]agorian[dot]com
|!主要記事|!概要|!関連記事| |WikiHelp|Wikiの使い方を説明|WikiStyle|WikiWikiWeb| |MyWikiSites|Wikiを活用したサイト例|DalmaWiki|SigmaWiki| |WikiLink|Wiki関連のリンク集|WikiEngine|
http://www.unesco.or.jp/contents/isan/ 世界遺産には次の3種類があり、有形の不動産が対象となっています。 *Cultural Property - 顕著な普遍的価値を有する記念物、建造物群、遺跡、文化的景観など *Natural Property - 顕著な普遍的価値を有する地形や地質、生態系、景観、絶滅のおそれのある動植物の生息・生息地などを含む地域 *Mixed Property - 文化遺産と自然遺産の両方の価値を兼ね備えている遺産 種類別世界遺産リスト登録件数は2007年7月現在、 文化遺産660、自然遺産166、複合遺産25(合計851)。
AmazonWeb・・・AWS利用例 [[Fantastico]]・・・Bluehostプラグイン GoogleAnalytics GoogleAjax search ~API Key GoogleMaps ~API Key
 Wiki表記法にしたがって、いつでもだれでも編集できるWebペ-ジのことをWikiスタイルというが、これを可能にするソフトウェアがWikiエンジンとよばれる。1998年にWard CunninghamがWikiWikiWebを実現して以来、数百あるいは数千のWikiエンジンが開発された。厳密にはその表記法も機能も似て非なるものであるが、Wikiスタイルの基本はおなじであるため、Wikiクローンとも呼ばれる。  このようなソフトの多くがオープンソースで開発されており、開発言語もC++からPerl, PHP, Pyson, Rubyなど多様である。CGIスクリプトだけで作られサーバにPerlが実装されているだけですぐ動作するものがあれば、~MySQLやSybaseをサポートするものもある。その進化は激しく、Wikipediaの記事内容は最新情報を反映するのに追いつかないようである。二年前と比較すると隔世の感がする。  欧米では、すでにWikiという言葉が市民権を得ているような気がする。米英に限らず、ドイツやロシアのエンジニアたちもWikiエンジンの開発に携わり、それらのWebを見てもWikiということばを一般用語のように使っている。「Wikiとはなにか?」などという説明は消えてしまった。知らない人はWikipediaで勉強しなさい、ということだろう。  数あるWikiエンジンのなかで、自分のニーズに合っているのはどれか?という質問に答えるのは難しい。著名なもの実績のあるものでも、いまだに開発が継続されており、あたらしいものが開発されつつあるからである。ツールとして使うだけでなく、ソフトそのものやその開発の背景にも関心があるので、あれもこれも使う羽目に陥った。いずれも設置や使用、運営が容易なので時間はそんなにとられないのが救いである。 |Wikiエンジン|開発言語|データベース|概要| |MediaWiki|Perl|MySQL|Wikipediaで採用されていることで有名| |TikiWiki|PHP4|MySQL|国際化を標榜しEC中心に開発。機能豊富だが重い!| |YukiWiki|Perl|なし|日本での先駆的開発ソフト| |PukiWiki|PHP|なし|YukiWiki派生ソフト。日本での使用が多い| |FreeStyleWiki|Perl|なし|同上。ユーザ管理、モジュール化に特徴あり| |WakkaWiki|PHP|MySQL|ドイツ中心に開発。個人での設置・使用に向く| |WackoWiki|||WakkaWiki派生。ロシア中心に開発。| ---- *[[Wiki表記法|WikiStyle]]  [[表記法の比較]]
#[[はじめに|GalleryMain]] #[[利用規約|Gallery利用規約]] #[[新規登録|Gallery新規登録]] #[[アルバムの作成]] #[[写真・画像の追加]] #[[パーミッション編集]] #[[テーマの変更]] ---- [[よくある質問|Galleryよくある質問]]|[[不具合状況|Gallery不具合状況]]
@@作成中です。完成版は一般のWebページにします。@@ [[ 作者への質問はここからどうぞ ~Webから簡単に質問できます~|Contact]] <html><a name="top"></a> <center> <h2 style="text-align:center;">□□□ 質問 □□□</h2></center> <div class="box"> <p id="boldred">Q01:<a href="#a01">Galleryとはなんですか?</a></p> <p id="boldred">Q02:<a href="#a02">だれが運営しているのですか?</a></p> <p id="boldred">Q03:<a href="#a03">だれが登録・利用できますか?</a></p> <p id="boldred">Q04:<a href="#a04">どうして登録する必要があるのですか?</a></p> <p id="boldred">Q05:<a href="#a05">登録・利用の費用は?</a></p> <p id="boldred">Q06:<a href="#a06">どんな写真や画像を保存できますか?</a></p> <p id="boldred">Q07:<a href="#a07">どのように保存(アップロード)できますか?</a></p> <p id="boldred">Q08:<a href="#a08">何枚くらい保存できますか?</a></p> <p id="boldred">Q09:<a href="#a09">写真の編集はできますか?</a></p> <p id="boldred">Q10:<a href="#a10">保存した写真のプライバシーは?</a></p> <p id="boldred">Q11:<a href="#a11">写真の著作権は?</a></p> <p id="boldred">Q12:<a href="#a12">友達や家族と共有できますか?</a></p> <p id="boldred">Q13:<a href="#a13">友達にメールで送れますか?</a></p> <p id="boldred">Q14:<a href="#a14">印刷はできますか?</a></p> <p id="boldred">Q15:<a href="#a15">保存した写真をダウンロードできますか?</a></p> <p id="boldred">Q16:<a href="#a16">写真やアルバムを非公開にできますか?</a></p> <p id="boldred">Q17:<a href="#a17">自分の写真アルバムを作れますか?</a></p> <p id="boldred">Q18:<a href="#a18">写真ブログ・日記を書けますか?</a></p> <p id="boldred">Q19:<a href="#a19">写真の評価を友達にしてもらえますか?</a></p> <p id="boldred">Q20:<a href="#a20">ほかのメンバの写真を見れますか?</a></p> <p id="boldred">Q21:<a href="#a21">写真にコメントをつけられますか?</a></p> <p id="boldred">Q22:<a href="#a22">カメラのEXIFを取り込んで表示できますか?</a></p> </div> <h2 style="text-align:center;">□□□ 回答 □□□</h2> <div class="box"> <a name="a01"></a><p id="boldgreen">A01:Galleryは写真共有のためのWebアプリケーション開発のオープンソースプロジェクトです。このサイトでは、最新版Gallery2.2.3を採用しています。</p> <p>開発されたソフトウェアは、<a href="http://www.gnu.org/copyleft/gpl.html">GPL</a>ライセンスに準拠しており、非営利目的で改変、翻訳、再配布できます。ソフトはGalleryの<a href="http://codex.gallery2.org/Gallery:Team">開発者と利用者</a>からなる、地球規模のコミュニティにより改善・保守されています。ダウンロードと利用は自由に行えます。</p> <p>Galleryプロジェクトは、20世紀末に<a href="http://www.menalto.com/bharat/index.html">Bharat Mediratta</a>が中心になってはじめたもので、2000年7月に初版Gallery1がリリースされた。その後、2005年頃からG2(Gallery2)開発がはじまり、2006年3月リリースのG2.1(Blackjack)では、Web2.0技術進歩を取り入れ、大幅な機能追加がなされた。RSS、Permalink、Rating、Picasaなどである。その一年後、各種のカストマイズ可能なテーマ、キーワードや評価点別の動的アルバム、WebDAVなどの機能追加がされたG2.2がリリースされた。</p> <p>kのWebサイトでは、8月29日にリリースされた<a href="http://codex.gallery2.org/Gallery2:Download">最新版2.2.3</a>を設置した。多少の重さがあり、サーバ負荷が高くなって500エラーが出ることもあるが、かなり安定した運用が可能と判断している。</p> <p>本体のGallery2.2.3のほかに、<a href="http://gallery.menalto.com/wiki/Gallery_Remote">Gallery Remote</a> - 写真を簡単にアップロードできるPCクライアントソフトがある。動作条件として、Java Virtual Machine 1.4以降が必要である。ImageMagickやJpegtranなどはGRパッケージに含まれている。 </p> <p>多量の写真を同時にアップロードするときは、このGR1.5が威力を発揮してくれる。写真の回転やリサイズは、クライアント側のGR1.5で実行した上でサーバ上のG2にアップロードする。サーバでのリサイズはパフォーマンス上から避けたほうが良い。</p> <p>各種メディアギャラリーソフトの<a href="http://www.gallery-addons.com/Gallery-Addons/Component/Media_Gallery_Feature_Comparison/">機能比較表</a>からみても、Gallery2は十分な機能を備えているといえる。</p> <p align="right">[<a href="#top">トップ</a>]</p> <a name="a02"></a> <p id="boldgreen">A02:「達磨居士」です。</p><p>好奇心と趣味とボランティア精神に基づいて運営しています。学習と実験のために「だるま」、「Jack Nicolson」などのニックネームも使っていますが、すべて同一人物です。</p> <a name="a03"></a> <p id="boldgreen">A03:このサイトの管理人(達磨居士)の友人・知人です。</p> <p>公開されている写真アルバムは、どなたでも自由に閲覧できます。写真アルバムを作成したりダウンロードしたりするためには登録メンバになる必要があります。</p> <a name="a04"></a> <p id="boldgreen">A04:個人の写真を守り、迷惑書き込みを防御するためです。</p><p>ここは友人や家族との写真共有を目的にしており、迷惑書き込みを避け安心して、使えるようにするために、身元がはっきりした人たちの参加に限定し、ログインしないと使えないようにしています。</p> <a name="a05"></a> <p id="boldgreen">A05:登録・利用は無料です。</p> <p>管理人が拠出したエンジェル資金(!?)と管理人の好奇心、趣味で運営しているため、利用者の金銭的負担はありません。運営費は一ヶ月一回の昼食分くらいですから気にする必要はありません。気が向けば、管理人に昼食をご馳走すると喜びます(笑)</p> <a name="a06"></a> <p id="boldgreen">A06:JPG,GIF,PNG形式のファイルです。公序良俗に反する写真の公開は厳禁です。</p> <p>フラッシュ形式のファイルも保存できるようですが、未確認です。ファイルの大きさは一件2MBまでです。また同時にアップロードできるのは合計8MBまでです。これを超えるときはオリジナル写真を縮小し、分割して送ってください。たくさんの写真を一括して縮小するときは、「<a href="http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se153674.html">縮小専用</a>」がお薦めです。</p> <p>デジカメで撮った写真、一枚数MBを保存している人がいますが、1~2メートルのポスター印刷をしたり、100インチディスプレイで見ない限り無駄なサイズだと思います。A4サイズくらいの大きさの写真しか印刷しかしない管理人は、数年前は800ピクセル、メモリーが安くなった昨今は1600ピクセルで撮って保存することが多いですね。Nikon D70Sで撮るときは3Mpx(2240x1488、出力A4サイズ)、画質ノーマルに設定しています。一枚800KBですね。6Mpxで撮ることはほとんどないですね。素人ですから、猫に小判ということかも(笑)一眼レフの重みとシャッター音がいいので買ったようなものです。FAQなのにブログ風になった(笑)</p> <p>もうひとつブログ風に書くと、ディスクドライブの案内では、「RAWデータを多用して120枚ほどの写真を撮影した場合、それだけで1GBに近い撮影データ・・・」とある。まったくの素人はデジカメ性能いっぱい使って撮ることになると、一年で撮影データだけで100GB超えるかもしれない。それこそメーカの思う壺ですね(笑)</p> <a name="a07"></a> <p id="boldgreen">A07:Gallery2のアップロード機能またはGallery Remoteを使ってアップロードします。</p> <p>写真一枚ずつキャプションを書いてアップロードするときは「ブラウザ」から簡単にアップロードできます。複数枚を一括してアップロードするときは、「ジャバアプレット」が便利ですがサーバへの負荷が高くなります。PCクライアントソフトのGallery Remoteを使ってアップロードすることをお薦めします。</p> <a name="a08"></a> <p id="boldgreen">A08:Good question! 答えにくいときの答え方です(笑)管理人の場合は、1GBでサムネールやリサイズ版を含んで一万枚くらいです。</p> <p>一人当たり使えるディスク容量は1GBに設定しています。Galleryに保存する写真は、印刷用ではなくWebで見て楽しむことを主眼にしています。ディスプレイの大きさは1024x768が一般的ですが、最大1600x1200までを前提に考え、JPG品質(量子化率ともいう)80%で、一枚200KBくらいです。これだと1GB当たりオリジナル版5000枚を保存できます。</p> <p>管理人の場合は、ディスプレイで見やすい大きさである800x600または640x480の大きさにして保存することが多い。一枚30~80KBくらいですね。平均50KBだと、1GBで2万枚保存できることになります。気に入った写真はディスプレイ画面いっぱいのサイズ(1024か1280)で保存したり、リサイズ版(標準アルバムのテーマAjaxianでは横幅700が見やすい)を作ったりしますから、1GB1万枚を目安にしています。</p> <p>2007-09-20現在1007アイテム(写真とアルバムの合計点数)保存されており、写真アルバム用ディスク容量は60MB、データベース8MBくらいです。この延長で推定すれば、1GB当たり1万5千枚保存できるということです。</p> <a name="a09"></a> <p id="boldgreen">A09:</p> <a name="a10"></a> <p id="boldgreen">A10:</p> <a name="a11"></a> <p id="boldgreen">A11:</p> <a name="a12"></a> <p id="boldgreen">A12:</p> <a name="a13"></a> <p id="boldgreen">A13:</p> <a name="a14"></a> <p id="boldgreen">A14:</p> <a name="a15"></a> <p id="boldgreen">A15:</p> <a name="a16"></a> <p id="boldgreen">A16:</p> <a name="a17"></a> <p id="boldgreen">A17:</p> <a name="a18"></a> <p id="boldgreen">A18:</p> <a name="a19"></a> <p id="boldgreen">A19:</p> <a name="a20"></a> <p id="boldgreen">A20:</p> <a name="a21"></a> <p id="boldgreen">A21:</p> <a name="a22"></a> <p id="boldgreen">A22:</p> </html> このサイトで使われているロゴ(意匠)、登録商標、コンテンツ(写真や画像など)、投稿記事、コメントなどの所有権(知的財産権)は、それぞれの作者に帰属します。それ以外は、「達磨居士(elmblog.com)」に帰属します。 All logos, trademarks and contents in this site are property of their respective owners. Posts and comments are the property of their posters. All else is © Copyright 2000-2007 elmblog.com
@@作成中@@ ΣSIGMAメンバは、Galleryユーザとしてオリジナル写真(拡大写真)を閲覧できます。また、自分の写真を整理したり、好きなデザインの写真アルバムを作ったりできます。管理人に連絡をすれば、管理人がアカウントを開設します。 一般の方は、新規登録をして管理人の承認を得てください。詳細な[[登録手順|Gallery登録手順]]を参照ください。 !!新規登録の概要 [img[gallery/w03.png]] 写真の整理を保存し、 写真ブログ風に紹介できます。 ΣSIGMAと同じサイトを利用しており、登録・利用は無料です。 写真を介して、仲間の交流を深め、お互いに楽しめるでしょう。 日々の写真、旅の写真、あるいは同窓会などで撮った写真を 仲間に公開して楽しみましょう。Gallery は、 みんなの写真アルバムを中心とした日記・ブログ・SNSです。 登録・利用は無料です。ひとり1GBまで使えます。 大きさ2M(1600x1200)の写真(JPEG品質80%)が 5000枚以上保存できます。これを超える容量が必要な人は、 各人のサーバをお使いください。100GBで月300円ほどです。 ---- ブラウザのアップロードまたはGallery Remoteを使って追加したオリジナル写真。ただし1600x1200以内にリサイズされている。EXIFデータも引き継がれ、フルサイズ版でそのデータが表示される。 ※サーバのJavaAppletなどを使ってサーバ側でリサイズするとEXIFデータは失われる。 ※リサイズ版は4種類作成できるが、その大きさはテーマに依存する。たとえばAjaxianでは、標準を700に設定しているが、これ以外のリサイズ版は不要だろう。フルサイズでのスライドを見ればよい。それ以外は見にくいだけであろう。 ※画像を任意の大きさに拡大・縮小することもできる。オリジナルを保存するか、上書きするかを選択できる。ただし複製写真は上書きできない。 ※ディスクを節約するために、画像の複製を作成して、別のアルバムに掲載できる。この画像は複製である。 ---- この画像はGalleryトップページのスナップショットです。アルバムの構成や写真の配置、大きさ、表示する項目、背景色、使える機能の選択、閲覧権限などを標準として定めたテーマが9種類あります。Gallery標準のテーマは「Carbon」で、この「ご案内」のテーマは「Ajaxian」とよぶものです。各テーマごとのサンプルアルバムを見てください。自分好みのアルバム構成にすることができ、いつでも変更できます。
|◇VistaInstall|工場出荷の状態に戻す|前準備・バックアップ 10時間 + 再インストール 1時間| |◇WinUpdate|Win初期設定作業|Windows Update、セキュリティ確認、ブラウザ設定| |◇GoogleTools|Google各種ツールの設定|アカウントにログインして確認| |◇IDManager|パスワード管理|バックアップ復元| |◇MailChat|メールとチャットツールの設定|Gmail確認とFirefoxアドオン設定| |◇FtpClient|各種FTPを設定|最新のFile Zillaインストール、Webftp設置| |◇WebTools|Web制作用ツールの設定|HPB、MKEditorなど再インストール| *[[インストール・プログラム一覧|InstalledPrograms]] *[[ネットワーク構成|MyNetwork]] *[[Vista不具合と対策|VistaTrouble]]|[[答えてねっと|http://www.kotaete-net.net/Default.aspx]] *[[Certified Vista Compatible Program List|http://www.vistaforums.com/Forum/Topic7043-41-1.aspx]] *[[VistaForum|http://www.thevistaforum.net]] ----
!!インストールしたプログラム一覧 先頭に$がついているソフトウェアは購入製品。それ以外はハード付属品、オープンソースあるいはフリーウェアである。 *Windows Update *[[McAfee|http://www.mcafee.com/japan/]] *[[Firefox|http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/]] *[[Firefox Addons|https://addons.mozilla.org/ja/firefox/]] **[[Chat Zilla 0.9.78.1|https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/16]] **[[PDF Download 0.9.1 |https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/636]] **[[Web Developer 1.1.4|https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/60]] **[[Greasemonkey 0.7.20070607.0 |https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/748]] **[[del.icio.us Bookmarks 1.5.43|https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/3615]] **[[ScribeFire 1.4.2|https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1730]] *Firefox Plugins **[[Acrobat Reader 8|http://www.adobe.com/products/reader/]] **[[Adobe Flash Player 9,0,45,0|http://www.adobe.com/shockwave/download/download.cgi?P1_Prod_Version=ShockwaveFlash]] **[[Shockwave 10.2.0.023|http://www.adobe.com/shockwave/download/]] **[[Java 6.2|http://www.java.com/en/download/]] **[[QuickTime 7.2|http://www.apple.com/quicktime/download/]] **[[Windows Media Player 11|http://www.microsoft.com/windows/windowsmedia/default.mspx]] *Forefox拡張機能 **[[Fast Video Download 1.3.1.4|https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/3590]] **[[VideoDownloader 1.1.1|https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/2390]] **[[LiveJournal Addons 5.5|https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/4536]] **FlashGot http://flashgot.net/ *GoogleTools http://www.google.co.jp/intl/ja/options/ *[[Google Browser Sync|http://www.google.com/tools/firefox/browsersync/index.html]] *パスワード管理ツール [[ID Manager|http://www.woodensoldier.info/soft/idm.htm]] *メールとチャット **[[Mozilla Thunderbird|http://www.mozilla-japan.org/products/thunderbird/]] **[[ICQ|http://www.icq.com/]] **[[phpMyChat|http://agorian.com/chat/]] **[[ChatZilla|http://chatzilla.hacksrus.com/index.html]] **[[mIRC|http://www.mirc.co.uk/translations/japanese.html]] *FTPクライアント **[[FFFTP|http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/ffftp.html]] **[[FileZilla|http://sourceforge.net/projects/filezilla/]] **[[phpWebFTP|http://www.phpwebftp.com/]] *Torrent **[[Azureus 3.0.3.4|http://sourceforge.net/forum/forum.php?forum_id=741800]] [[DL|http://sourceforge.net/project/downloading.php?groupname=azureus&filename=Azureus_3.0.3.4_windows.exe&use_mirror=nchc]] **FireAnt **BitComet **BitZip **μTorrent *Web制作用ツール **[[MKEditor|http://www.mk-square.com/home/software/mkeditor/]] **$[[IBMホームページビルダー|http://www-06.ibm.com/jp/software/internet/hpb/]] **[[縮小専用|http://i-section.net/software/shukusen/]] **[[Semagic|http://semagic.sourceforge.net/]] **[[Deepest Sender|http://deepestsender.mozdev.org/]] **[[UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2|http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/]] *Media Player/Converter **[[Divx|http://www.divx.com/?lang=ja]] **[[BitComet FLV Player 1.4|http://www.download.com/3001-2139_4-10637230.html?spi=c242b9063130319f7ac3423471f8881e]] **[[BitComet FLV Converter|http://www.bitcomet.com/tools/flvconverter/index.htm]] [[ダウンロード0.93|http://dw.com.com/redir?edId=3&siteId=4&oId=3000-2196_4-10296306&ontId=2196&spi=34a47cdbf2a2b7e33bf114a11931cd44&lop=link&ltype=dl_dlnow&pid=10733950&mfgId=6257627&merId=6257627&destUrl=http%3A%2F%2Fwww.download.com%2F3001-2196_4-10733950.html%3Fspi%3D34a47cdbf2a2b7e33bf114a11931cd44]](4.73MB) **[[FLV Player 1.3.3|http://applian.com/flvplayer/download_flv_player.php?src=Martijn]]  [[ダウンロード|http://dl.filekicker.com/send/file/193122-0O88/FLVPlayerSetup.exe]](1.85MB) **[[FLV Downloader|http://flv.bitcomet.com/]] **Ultra Video2flash Converter **Plato Video Converter 5.23 **MediaCoder http://mediacoder.sourceforge.net/ [[ダウンロード0.6.0.3880|http://mediacoder.sourceforge.net/getfile.htm?site=sf&file=MediaCoder-0.6.0.3880.exe]](17MB) *Gallery写真共有ツール **[[Gallery2.2.3|http://gallery.menalto.com/]] **GalleryRemote  [[ダウンロード版|../gallery/setup/GalleryRemote.1.5.Win32.NoVM.exe]] **ImageMagick  [[ダウンロード版|../gallery/setup/ImageMagick-6.3.5-8-Q16-windows-dll.exe]] **JpegTran  [[ダウンロード版|../gallery/setup/jpegtran.exe]] **WebDav *[[AttacheCase 2.55|http://homepage2.nifty.com/hibara/software/atcs.htm]] *写真管理 **Photos by AlexKing **PhpSlideShow by greg lawler at zinkwazi.com V0.9.9.2 **すなねぃる!! [[sna World|http://homepage3.nifty.com/metis/contents/soft/]] **Picasa2 [[DL|http://picasa.google.co.jp/download/index.html]] **Flickr Uploader *Stella Theater Lite Ver2.63 (2007/03/21) [[DL|http://www.toxsoft.com/sswpro/lite.html]] *iseePlayer9.0.3 [[DL|http://www.iseesystems.com/softwares/player/iseeplayer.aspx?login=1]] *AdobeReader 8.1.0 *RegistryBooster2 [[DL|http://www.liutilities.com/products/campaigns/filext/rb/?id=open]] *$OfficePro2000 **Word **Excel **Powerpoint *$Macromedia **Flash MX 2004 **Flash Video Exporter (MX2004用) !!Vistaにインストールできない・動作しないプログラム *Contributor 3 (Powerpoint, Wordからswf作成) *Powerpointからswfおよびpdfを出力できない。印刷エラーになる。 *Adobe 5.0 既知の互換性の問題があります *Plato Video Converter 5.23 Setup/Installで問題発生し終了 *Motion DV Studio XP専用
GalleryUpdate *[[Gallery2.2.3|http://gallery.menalto.com/]] *GalleryRemote  [[ダウンロード版|../gallery/setup/GalleryRemote.1.5.Win32.NoVM.exe]] [[最新版|http://gallery.menalto.com/wiki/Gallery_Remote]] *ImageMagick  [[ダウンロード版|../gallery/setup/ImageMagick-6.3.5-8-Q16-windows-dll.exe]] *JpegTran  [[ダウンロード版|../gallery/setup/jpegtran.exe]] *WebDav Vistaでは不具合があって動作しない *FFMpeg http://perso.mine.nu/?p=76&language= からダウンロード。2006-08-24版で成功!09-02版は失敗した。Gallery2.2.3のなかにffmpegフォルダーはあるが、肝心のLinux用バイナリがなかった。 {{{ video/x-ms-asf video/x-msvideo video/x-flv video/quicktime video/mp4 video/mpeg video/x-ms-wmv }}} *アップロードファイルサイズが2MBの制限 **[[Why can't I upload big files (over a megabyte or two)?|http://codex.gallery2.org/Gallery2:FAQ#Why_can.27t_I_upload_big_files_.28over_a_megabyte_or_two.29.3F]] **これはGalleryではなくPHPの制限である。php.ini のupload_max_filesize と post_max_size を変更する。 {{{ post_max_size = 12M upload_max_filesize = 12M }}} **.htaccess で設定することもできる。 {{{ php_value post_max_size 10M php_value upload_max_filesize 10M }}} **しかし、"Internal Server Error" が発生する場合がある。これはサーバが変更を許可していないからである。
JavaScript StyledPage [[Web学習手帳|http://web.elmblog.com/study/]]
!!!閉じるボタン {{{<form> <input type="button" value="閉じる" onClick="window.close()"> </form>}}} <html> <form> <input type="button" value="閉じる" onClick="window.close()"> </form> </html> !!!画像入れ替え <html> <div align="center"> <img src="http://wiki.agorian.com/gallery/w01s.jpg" name="image1" border="0" onMouseOver="Swap1over()" onMouseOut="Swap1out()"> </div> </html>
<!--{{{--> <link rel='alternate' type='application/rss+xml' title='RSS' href='index.xml'/> <!--}}}-->
<html> <DIV class=navtop><A href="http://elmblog.com/$study/index.html">Home page</A>  <A href="http://elmblog.com/$study/tools.php">Web Tools</A>  <A href="http://elmblog.com/$study/town.html">My town</A>  <A href="http://elmblog.com/$study/links.html">Links</A> </DIV> <!-- Site navigation menu --> <UL class=navbar> <LI><A href="http://elmblog.com/$study/index.html">Home page</A> <LI><A href="http://elmblog.com/$study/musings.html">Musings</A> <LI><A href="http://elmblog.com/$study/town.html">My town</A> <LI><A href="http://elmblog.com/$study/index.html#links">Links</A> </LI></UL><!-- Main content --> <H1>My first styled page</H1> <P>Welcome to my styled page! <P>このページはつぎの学習教材サイトで学んで作成した。順を追って説明されているのでHTMLページとCSSとの関連がたいへん分かりやすい。NotePadを使ってテクスト編集をした後すぐHTMLページをブラウザで確認していくので理解しやすい。<BR><A href="http://www.w3.org/Style/Examples/011/firstcss.en.html">CSS tutorial starting with HTML + CSS</A> <P>It lacks images, but at least it has style. And it has links, even if they don't go anywhere… <P>There should be more here, but I don't know what yet.</P> <HR> For an introduction to CSS, see <A href="http://www.w3.org/Style/LieBos2e/enter/">chapter 2</A> of Lie &amp; Bos, or <A href="http://www.w3.org/MarkUp/Guide/Style">Dave Raggett's intro to CSS.</A> Other information, including more tutorials, can be found on the <A href="http://www.w3.org/Style/CSS/learning">learning CSS</A> page. <HR> <H2 name="links">Links Page</H2><!-- Sign and date the page, it's only polite! --> <ADDRESS>Updated 5 April 2004 by myself.</ADDRESS> </html>
StyleSheetで定義したクラスを、{{クラス名{テキスト}}の形式で参照できる。 たとえば、{{{ .box {border:solid silver 1px;} }}}と定義して、{{{{{box{定義クラスの参照}}}}}}と書く。 {{box{定義クラスの参照}}} これは<span>に変換されているが、<div>に変換するときは、{{{{{box{}}}で改行する。 {{box{ 定義クラスの参照}}}
InstalledPrograms !!Vista不具合と対策 Vistaに悩まされている。XPで使っていたプログラムが動かなかったり、変な振る舞いが多く、そのたびに余計な時間をとられる。一番困るのはエクスプローラがハングアップすることである。ブラウザもよく「応答がない」といって使えなくなる。「解決策があるか調べています」というメッセージがよくでて待たされるが、「問題の解決策」があったためしがない。そのログが半年間で300件以上になっていたが、そのなかに解決策が示されているものは一件もなかった。 不具合の状況と対策(がある場合)を書いておく。対策がなくて困っているのもある。 #エクスプローラがハングアップする。これが起きると強制的に電源を切って再起動するしかない。→SuperFetch #あまり使わないがInternet Explorerも動かなくなることがある。通常はFirefoxを使っている。 #無線LANの接続が切れる。何回セットアップしなおしても接続できないときがある。ほかのマシンでは発生していないから、Vistaの問題であろう。ケーブル接続は問題なし。Yahoo!BB公衆無線は一回も接続できていない。ホテルの無線LANでも接続できなかった。Vista使用のお客が「接続できない」と報告している。 #スリープまたは休止状態から復帰できないことがある。復帰できたとき、無線LANは接続できなくなっている。 #音が出なくなった。SigmaTelは正常動作している(ように見える)接続を切ってドライバーを再インストールしてもダメだった。メーカーのサポート部門と数回やり取りしたが解決できなかった。結局、Vistaを再インストールして工場出荷状態に戻す羽目になった。音が出るようになったが、音が出なくなった原因は不明のままである。→VistaSetupの記録をとることにした。再度発生したときトラックバックできることを期待して・・・。 #ハードディスクが動きっぱなしである。耳障りだし、真夏のとき、パソコンの温度上昇、HDD消耗が気になる。→SuperFetch&ReadyBoost #LanDiskを導入したが、100MB転送に二時間かかった!これでは使えない。XPでは一分もかからなかったから、Vista(の設定)の問題であろう。 #同じくLanDiskにあるフォルダーを削除できない。いったん削除されたかに見えるが開きなおすと、削除したはずのフォルダーがある!下位のサブフォルダー内のファイルは削除できる。そのあとでフォルダーを削除することができることが分かった。XPでは問題なくフォルダーを削除できた。 #Picture projectが起動後フリーズする。タスクマネジャで強制終了する。再現性あり。 **07/02/20 PictureProject Ver.1.7.5 JP アップデータソフト **07/09/11 PictureProject Export Utility Ver.1.0 **07/09/11 Nikon Transfer Ver.1.0.1 JP **[[Nikonサポート|https://support.nikonimaging.com/cgi-bin/nikonimaging.cfg/php/enduser/myovr.php?p_sid=VxTzeqNi&p_accessibility=0&p_redirect=]] **NkbPProi.exe CPU65% ハードフォールト72回/分 #pdfファイルが作成できない。印刷中で止まったままになる。 #Flash Paper(swf)も作成できない。 #Powerpointで、Flash Paper印刷をキャンセルしたらハングアップする。 #28個1.94GBをLandiskにコピーした。今回は5分で終わった・・・と思ったら、「残り0秒」の表示がでてから待つことさらに5分。「同じファイルがあります」というポップアップがでた。「コピーしない」をクリックして完了。コピー後のファイルサイズは1.94GBだが、「コピー中」の表示は1GBになっている???→[[画面コピー|vista/copytolandisk.png]] もうひとつ試験:3670個112MBをコピー。約5分かかった。2GBコピーと同じ時間!ファイル数が多いと時間がかかるということだ。→[[画面コピー|vista/copytolandisk2.png]] #BitZipを起動すると、「重要なセキュリティ警告・・・ファイアウォールを解除しようとしている」が出た。「ブロックする」やXをクリックしても反応なし。ウィンドウも移動できない。タスクマネジャも起動まで数分かかった。その時点で警告ウィンドウも消滅した。??? #Landisk内でフォルダーを切り取って貼り付けるとフォルダーが作成されるだけで中身のファイルは変化なし。フォルダーコピー/貼り付けは正常。 #Firefoxで動作しないWMPバージョンがある。⇒[[Firefox 向け Windows Media Player プラグイン|http://port25.technet.com/pages/windows-media-player-firefox-plugin-download.aspx]] をダウンロード、インストール #スタートーコンピューター管理を起動できない。〔応答がありません」のメッセージが表示される #コントロールパネルーシステムーシステムの詳細設定をクリックするとフリーズ。ウィンドウの移動ができない。閉じることもできない。ほかのアプロケーションは動く。タスクマネジャが起動されない。5~10分後自然復旧? #休止状態の設定ができない。電源設定に表示されない。
いま一番悩まされているのが、「ハードディスクが動きっぱなし」という現象である。タスクマネジャで見てもアプリもプロセスも動いていない! それでググッてみたらありましたね。 >@@VistaではHDDへのアクセスが激増。ずっと回り続ける。でもメモリ不足でスワップしているわけではありません@@ >http://www.center-left.com/blog/archives/2007/02/vistahdd.html 「パフォーマンスモニタ」を見ればよいとのこと。タスクマネジャの「パフォーマンス」タブを開くと「リソースモニタ(perfmon.msc)」というのがあるので、これをクリックする。Systemが一分間に15MB書き込んでいる。隠れて勝手に書いてもらっては困りますね。 HDアクセスが多い原因が書いてあったが、「じゃどうする?」の回答はなかった。さらにググルと >@@【失敗機能】Vistaの~SuperFetchは絶対に切れ!@@ >http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/win/1178624264/l50 というのがあった。ご指示にしたがって~Superfetchを切りました! 【~SuperFetch無効方法】 「コントロールパネル」→「システムとメンテナンス」→「管理ツール」 →「サービス」の項目にある[~SuperFetch]をダブルクリック [全般] タブで、[スタートアップの種類] の一覧の中から [自動]、[手動]、[無効]、 [自動(遅延開始)] から無効を選択 Superfetchというのは、「Vistaの先進技術である」といった記事もあったが、こんな愚かなものはない。ユーザ泣かせも程々にしてもらいたい。これは何かというと、プログラムの起動を速くするために .exe ファイルをメインメモリーに先読みしておく機能だそうだ。何も動かしていないのにメモリ占有率が60%とかになっているのは、このSuperfetchの結果だったのである。 確かに、XPに比べればプログラム起動が速い。それは当たり前である。ディスクから何十MBものプログラムを起動するよりメモリにあるのを起動するほうが速い。しかし、わたしのXPマシンはメモリ256MBだから、Superfetchなんかをされたらメモリーネックで動かなくなる。 Vistaはゴテゴテの厚化粧になっていて、やたらとメモリーを食う。巷のユーザたちはメモリ2GB以下の人はVistaを使わないほうがいいとまで言っている。たしかに実感としてはそのとおりだと思う。 みんながいうのは、Vistaはいつもディスクがガリガリ動いている!ということで、同感である。自分の知らないプログラムが勝手に動いているのは気色悪いものである。スパイウェアではないかと不安にもなる。 ググル博士に聞いたら、どうも次のことが原因だそうだ。 1. 自動デフラグ機能が働いている。高速化のため、定期的にHDDを最適化している。 2. 検索用のインデックスを作成している。データが多い場合、HDDが回り続ける。 3. Super Fetch機能によってプログラムをメモリに読み込んでいる。 4. ReadyBoostのキャッシュを作成している。 ReadyBoostというのもVista先進機能だそうだが、アクセスが多いファイルのキャッシュをフラッシュメモリ上に作成するそうである。なにが先進機能ですか!こんな邪魔なものはない。自分でキャッシュ化するのはいいが、知らないところで勝手にやらないでください。最高性能マシンでユーザが気づかないうちに完了するのならいいが、なにやら四六時中ガリガリいっているのは困ります。 Superfetchの悪霊を追い払ってすっきりしましたね。毎日のようにエクスプローラがハングアップ(応答なし)で使えなくなっていたのはSuperfetchのせいだった。理由はかんたんです。企業機密に属するデータファイルは圧縮・暗号化している。このソフトは200KBくらいなので、別のコンピュータでこのソフトがなくても復号化できるように圧縮ファイルに組み込んでいる。だから、拡張子が.exe になる。この圧縮ファイルの大きさが数百MB~1GBになることも多い。 バックアップ用フォルダーには、この圧縮ファイルがごろごろある。Superfetchさんは、.exe ファイルがあるとかぶりつく習性がある。数百MB単位の.exeファイルが入っているフォルダーを開いたらエクスプローラは.exeを食い始めるが、あまりにも大きいので顎が外れるというわけである。 みなさん気をつけてください。わたしのような使い方でなくても危ないのは、Powerpointプレゼンパックとかスライドショーとかですね。これらも .exeファイルですよ。
{{submenu{ <<closeAll>> <<permaview>> <<option chkAnimate>>アニメーション <<option chkToggleLinks>>トグル表示 <<option chkOpenInNewWindow>>新規ウィンドウ <<option chkRegExpSearch>>正規表現で検索 <<option chkCaseSensitiveSearch>>大小文字を区別 行数:<<option txtMaxEditRows>> 編集:<<option txtUserName>>}}}
{{submenu{ <<closeAll>> <<permaview>> <<option chkAnimate>>アニメーション <<option chkToggleLinks>>トグル表示 <<option chkOpenInNewWindow>>新規ウィンドウ <<option chkRegExpSearch>>正規表現で検索 <<option chkCaseSensitiveSearch>>大小文字を区別 行数:<<option txtMaxEditRows>> 編集:<<option txtUserName>>}}}
@@【注意】このWebサイトはSigmaWikiと仮称しているツールを使っていますが未完成のため、説明はDalmaWikiのものを掲載しています。したがって説明内容、操作メニューが実際のものとは違うところがあります。ドラフト版SigmaWikiについては[[こちら|http://wiki.agorian.com/SigmaWiki/]]を参照ください。@@ !!Welcome to Dalma Wiki  このDalmaWikiは、再利用可能なノートブックを目指して、Jeremy Rustonが開発した[[TiddlyWiki|http://www.tiddlywiki.com]]2.0.11を日本語用に改造したものです。テキストの整形にWikiスタイルを採用しており、いつでもどこでも容易に使えるように設計されています。使うのはひとつのHTMLファイルだけで、ブラウザーを使ってWebページ(記事の集まり)を簡単に作成・編集できます。個人の備忘録から、グループでの文書の共同作成、共有にご利用ください。詳しくは[[こちら|http://wiki.agorian.com/DalmaWiki/]]を参照ください。無料で利用できます。 →[[DalmaWikiとは]] !!!Dalma Wiki 操作方法  この記事にマウスを重ねると記事の右上に表示される操作メニュー「Close Others Edit …」を使います。 | 操作メニュー | 説明 | |Close|この記事を閉じます。| |Others|他の記事をすべて閉じます。| |View|Wiki記事のソースを見ます。ローカル環境のときはEditで編集・保存できます。| |Permalink|現在のページのURLをブラウザのアドレス欄に表示します。| |References|この記事を参照している記事の一覧を表示します。記事をクリックして表示します。| |Jump|現在表示されている記事の一覧を表示します。記事名をクリックして表示します。| !!!参考リンク *[[DalmaWiki利用手引き|http://wiki.agorian.com/DalmaWiki/]] ―ダウンロード、初期設定、操作方法など *[[DalmaWikiヘルプ|http://wiki.agorian.com/help/]] ―Wiki使い方、表記法など *[[SandBox|http://wiki.agorian.com/help/SandBox.html]] ―WikiスタイルのWebページ作成、編集の練習用 *[[WikiAgorian|http://wiki.agorian.com/]] ―Wiki関連の情報、備忘録、参考記事など *〒質問・問合せは、[[こちら|http://agorian.com/mail/index.php]]またはdalma AT agorian DOT com へ気軽にどうぞ。
~ExtendedFormatting ''太字''、==打消し==、__下線__、//斜体//、^^上付き^^、~~下付き~~、@@色付き@@ {{{''太字''、==打消し==、__下線__、//斜体//、^^上付き^^、~~下付き~~、@@色付き@@}}} テキストを整形するための特殊文字はすべて直接入力する。全角入力するとそのまま表示される。また、中カッコ{{{と}}}で囲んだ部分は、整形されずそのまま表示される。下線はアンダーライン二文字である。 @@で囲んだ部分は黄色でハイライトされる。フォント、サイズ、文字色、背景色などを細かく指定したいときは、CSSスタイルを使う。 *@@bgcolor:red;color:white; 赤い背景に白の文字@@ *{{{*@@bgcolor:red;color:white;font-size:12pt; 赤い背景に白の文字@@}}}
~SubHeadings 大見出しは!、中見出しは!!、小見出しは!!!ではじめる。 !これは大見出しです !!これは中見出しです !!!これは小見出しです *見出しのスタイルは、StyleSheetで指定する。これはHTMLのCSSと同じである。
!!!記事単位の操作  表示されている記事にマウスを重ねると記事の上にメニューが表示される。 | メニュー名 | 説明 | |''Close'' |- この記事を閉じます。| |''Others'' |- この記事以外のすべての記事を閉じます。| |''Edit'' |- この記事を編集します。[[Wiki文法|WikiStyle]]に従って編集します。編集ボックスの上にdone cancel deleteのメニューが表示される。doneをクリックすると保存されます。ただし、Web上では編集できません。| |''Permalink'' |- この記事のURLがアドレス欄(ナビゲーションバー)に表示されます。| |''References'' |- この記事にリンクしている記事の一覧が表示されます。| |''Jump'' |- 現在画面に表示されている記事の一覧です。| !!!ページ共通の操作  ローカル版とWeb版では一部異なります。 |  メニュー名  | 説明 | |''記事を検索する''|‐ボックスに入力したキーワードを含む記事が全て表示される。| |''全記事を閉じる''|‐表示中の記事をすべて閉じる。| |''URLを表示する''|‐現在のページのURLをアドレス欄に表示する。| |''記事を作成する'' |‐新しい記事を作成する。| |''変更を保存する''|‐それまでの変更内容をすべて保存する。| |''自動保存する''|‐編集後Doneをクリックすると自動保存。| |''新規ウィンドウ''|‐外部リンクを新しいウィンドウで開く。| |''リンクのトグル''|リンク先の記事が表示されているときは閉じる。| |''アニメーション'' |記事を開くときにアニメーション表示する。|
 この文書は、GNU Mailman 2.1 を使って作成されたメーリングリスト(ML)の利用者(会員)のための手引書です。これには入会、退会、保存書庫の閲覧、会員オプションの変更、パスワード通知の入手などの意味と利用手続きを説明します。また、Mailman に関する「よくある質問」についても説明します。  対象読者:  電子メールに関する一般的な用語(たとえば、件名、サブジェクトとかメッセージの本文)やWebに関する用語(ブラウザー、テキストボックス、ボタンなど)になじみがあって、これらの用語が何を指しているかを知っていることを前提にしています。また、Webブラウザーやメールソフトを使うことができて、「このアドレスに電子メールを送る」とか「この Web ページへ行く」とか「フォームに記入する」とかいう指示の意味を理解できるものとします。  謝辞:  この文書の原典は,Terri Oda著の「GNU Mailman - List Member Manual」です。池田 荘児さんの日本語訳がWebの複数サイトにあります。具体的な著作権表示・説明がないので詳細不明ですが、GNUライセンスに基づいて複製、転載、再配布が許可されていると理解します。原典や複数の公開Webサイトで得た情報をもとにこの文書を作成しました。 **[[GNU Mailman - List Member Manual|http://www.gnu.org/software/mailman/mailman-member/index.html]] **[[Mailman, the GNU Mailing List Manager|http://www.gnu.org/software/mailman/index.html]] **[[The Mailman Community|http://wiki.list.org/display/COM/Home;jsessionid=a-_aA0X3lpveBhUp_3]] **[[日本語版Mailman(高知大学)|http://mm.tkikuchi.net/]]
@@Webサーバからは作成・変更した記事を保存できません。ローカルファイルに保存します。@@ ''1.新しい記事の作成''  操作タブメニューにある「記事を作成する」をクリックします。タイトルとテキストを入力してDoneをクリックします。テキストの整形には[[Wiki表記法|WikiStyle]]を使います。 ''2.日記の作成''  「日記を作成する」をクリックする。今日の日付がタイトルに自動挿入されることを除けば、記事の作成とおなじです。 ''3.変更の保存''  記事を作成、編集した後、Doneをクリックすると自動保存されるように初期設定されています。◇Optionsの「□自動保存する」にチェックがついていないときは必ず操作タブメニューの「変更を保存する」をクリックして保存してください。
このWikiサイトの構成や表示方法などを設定します。 !!!操作オプションの変更 <<option chkOpenInNewWindow>> 外部リンクを新規ウィンドウで開く <<option chkToggleLinks>> リンク先記事のトグル表示 <<option chkAnimate>> アニメーション表示 *外部リンクは青色下線で表示されています。同じウィンドウで開くときはチェックをはずします。 *トグルがオンの場合、開いている記事のタイトルをクリックすると閉じます。 *アニメーションでクリックした記事を表示します。 !!!@@管理者用@@ DalmaWikiの基本設定機能 *SiteTitle:バナータイトル(表題)を変えます。 *SiteSubtitle:バナーのサブタイトル(タイトルの説明)を変えます。 *MainMenu:左側に表示されるメニューの一覧を変えます。 *DefaultTiddlers:最初に表示される記事を設定します。 *PageTemplate:ページのレイアウトを設定します。 *StyleSheetColors:スタイルシートで色を調整します。 *StyleSheetLayout:スタイルシートでレイアウトを調整します。 *StyleSheet:追加・変更分のスタイルシートです。
BulletPoints 行の最初に*を付ける。**、***、・・・で字下げする。 *最初の箇条書き **二番目の箇条書き ***三番目の箇条書き ****四番目 *****五番目
~HorizontalRules ハイフン4つで水平線を挿入する。 ----
Tables 下記の例を見てください。 |navy|k |題名|c |!th1111111111|!th2222222222| |>| >左右結合 | | ~上下結合 |左詰| |~| 最初が半角空白で右詰| |bgcolor(#a0ffa0):{{{bgcolor(#a0ffa0):緑色}}}| 最初と最後が半角空白で真ん中 | |color(#ff0000):赤色|bgcolor(blue):color(white):青に白| *表のタイトルは、「|題名|c」と書く。 *列の区切りは|で、右の列に結合するときは>を、真上のセルと結合するときは~を使う。 *セル内の最初が半角空白のとき右詰めになる。最初と最後に半角空白があると中心に表示される。 *セルの背景色は、|bgcolor(#a0ffa0):緑色|のように指定する。 *表のスタイルをCSSで定義することができる。StyleSheetに .navy を定義して、「|navy|k」と書く。 *例: PeriodicTable.
引用(Block Quotes)は、<<<ではさむ。かならず改行する。 <<< 「山のあなたの空遠く  幸住むと人のいう 噫、われひとと尋めゆきて 涙さしぐみ かえりきぬ 山のあなたになお遠く 幸住むと人のいう 」(カール・ブッセ) <<< 文字>を使うと、箇条書きと同じように字下げができる。これを使って引用文を書くこともできる。 >level 1 >level 1 >>level 2 >>level 2 >>>level 3 >>>level 3 >>level 2 >level 1
#Wiki用語リンク: DalmaWikiのように自動的にリンクが作成される。 #[[記事名]]: 一般の名前を[[と]]で囲むと自動リンクされる。(例)[[Wiki表記法]] #[[表示名|記事名]]: 記事名ではなく別の表示名でリンク先を表示したいときに使う。(例)[[拡張書式|文字装飾]] #http://wiki.elmblog.com http形式のURLを書くと自動的にリンクが作成される。 #[[表示名|http://形式のURL]]: 外部リンクの表示名を書く。(例)[[ソフトウェアの変革|http://wiki.elmblog.com]] #[[Windows Network共有ファイルへのリンク|file://///server/share/folder/path/name]] #[[Windowsフォルダ/ファイルへのリンク|file:///c:/folder/path/name]] #[[Unixスタイルのフォルダへのリンク|file:///folder/path/name]] ※上記1~3のリンク先はこのDalmaWikiというひとつのHTMLファイル内に作られる。別のDalmaWikiファイルとハイパーリンクすることで文書を並行作成して、全体のWebサイトを作ることができる。つまり、HTMLやCSSを知らなくてもホームページビルダーとして利用することができる。
{{{Monospaced text 固定幅テキスト}}} は{{{と}}}で囲む。 ブロック(最初の行{{{、最後の行}}})にすると背景色が付けられる。ソースコードを表示するのに便利である。 {{{ var posTop = findPosY(e); var posBot = posTop + e.offsetHeight; var winTop = findScrollY(); var winHeight = findWindowHeight(); var winBot = winTop + winHeight; if(posTop < winTop) return(posTop); else if(posBot > winBot) { if(e.offsetHeight < winHeight) return(posTop - (winHeight - e.offsetHeight)); else return(posTop); } else return(winTop); }}}
''[img[ファイル名]]''  DalmaWikiと同じフォルダーにあるwikititle.gifを表示したいとき、[img[wikititle.gif]]と書く。同じフォルダー内にあるimgフォルダーに画像ファイルがあるときは、[img[img/wikititle.gif]]と書く。画像ファイルの形式はjpg、gif、pngである。 [img[wikititle.gif]] ''[img[タイトル|ファイル名]]''  HTML記述とおなじように画像がないときに表示されるタイトルを書く。ファイル名は、Webにある画像ファイルのとき、http://ではじまるURLを書く。 (例)http://wiki.agorian.com/img/tateyama.jpg を表示する。タイトルは「立山連峰」(マウスを重ねると表示)。 [img[立山連峰|http://wiki.agorian.com/img/tateyama.jpg]] ''[img[タイトル|ファイル名][リンク先]]''  画像をクリックしたときの外部リンク先を書く。タイトル|はオプションである。 ''[<img[ファイル名]]''または''[>img[ファイル名]]'' [<img[Wikipe-tan|img/wikipe-tan.gif]][>img[Globe|img/globe64.png]] 画像を左詰、右詰にしたいときに<または>を使う。WikipedianマスコットのWikipe-tanは ''[<img['' タグを使って左側に表示。地球は''[>img[''タグで右側に表示している。 {{{ [img[title|filename][link]] [<img[Wikipe-tan|img/wikipe-tan.gif]] [>img[Globe|img/globe64.png]] @@clear(left):clear(right):display(block):@@ }}} @@clear(left):clear(right):display(block):テキストを画像の下に表示したいときは、CSSを使う。@@ ---- ※画像の大きさは指定できない。
@@作成中@@ ◇[[Wikiエンジン|WikiEngine]]|◇[[Wikiは普及するか]]|◇OpenSourceWiki|◇[[表記法の比較]] !!!!外部リンク集
|マクロ名|書き方<<マクロ名(スペース)パラメータ>>|サンプル| |today|<<today>>|<<today>>| |tag|<<tag タグ名>>|<<tag 目次>> <<slider tocSlider TabTags タグ一覧>>| |>|>|「features」というtagが振られている記事をポップアップ表示| |new Journal|<<newJournal "DD MMM YYYY, hh:mm">>|<<newJournal "DD MMM YYYY, hh:mm">>| |>|>|"DD MMM YYYY, hh:mm" というタイトルのついた記事を作る。DD - 月の日、 MMM - 月の文字表記、MM - 月の数値表記、 YYYY - 西暦年、hh - 時(24時間制)、mm - 分| |tiddler|<<tiddler 記事名>>|<<tiddler 参考記事>>| |slider|<<slider tocSlider a b c>>|<<slider tocSlider 参考記事 参考記事 表示を切替える>>| |>|>| パラメータ tocSlider - cookie名、 a - 記事名、b - ボタン名、c - 説明| |tabs|<<tabs tocSelect ~>>|下記参照| <<tabs tocSelect Wiki目次 "Table of Contents" WikiHelp 参考記事 "References" 参考記事>>
SNSでは、本やDVDあるいは家電製品などのレビューを書く機能がある。ぜひ読むべき本だよ、このDVDは面白かったよなどと友人に紹介することができる。関心を持った友人はその本をクリックすればアマゾンのサイトに移動できる。を紹介するためにアマゾンのWeb Serviceが活用できる。 〔アマゾンサイトの例〕http://astore.amazon.co.jp/elmblog-22/250-1743431-4974653 〔ブログに組み込んだ例〕http://home.elmblog.com/books/store.html (20070127)
*実験的に作ったBrightCoveインターネットビデオ(放送局) [img[img/brightcove.png][http://agorian.com/videos.html]] インタラクティブTVというバズワードがもてはやされたのは1990年代の初めであったと記憶する。ケーブルテレビや衛星放送のような一方通行の放送が、視聴者が見たい番組を選択するだけでなくオンデマンドで特定の番組を見たいときに見れるようなテレビ放送になっていくことを予感させるものであった。しかし、日本ではインターネットもウェブもないときであり、当時の放送・通信インフラやテクノロジーでは技術的にも経済的にも所詮無理な話であった。 それから数年後にインターネットが爆発的に普及するようになり、21世紀に入るとブロードバンドの通信環境が整い、これまた爆発的に普及した。それは一般家庭にまで浸透し、いまや100Mbpsの時代である。時を同じくしてCGMが、これもまた爆発的に普及して、MySpaceやYouTubeがとくに若者世代の支持を得た。 2006年10月、GoogleがYouTubeを16億ドルで買収した。一方、消費者社会の急速な変化を受けて、放送・通信ビジネス業界でも映像配信、オンデマンドビデオサービスが一般化した。最初は、YahooやMSNなどポータルサイトがそうしたサービスを提供し始めたが、一昨年からはCNN、NYT、WSJ、Reuterなど多くのメディア企業がサービスを開始した。 インターネットTVである。このコトバも、インタラクティブTVより遅れること数年した頃に誕生した。そして10年の歳月が流れ、いま現実となった。二度、三度の失敗を経験しながら、テクノロジーが進歩し、新たなビジネスモデルが生まれては消えていく。そんな時代に生きているのである。 2007年は、消費者が自作ビデオを自宅から放映する時代がはじまる。どこまで、どれくらいのスピードで普及するか?MySpaceやYouTubeを体験している世代がその先導役になるだろう。そして、時間とあくなき好奇心をもっている団塊の世代もその普及を後押しすのではないか? ということで私も挑戦してみることにした。[[BrightCove|http://www.brightcove.com/]]というサービスが無料で使える。今日早速アカウントを開いた。まずは学習である。忘れっぽくなったのでメモを取っていこうと思う。 Brightcobeのメディア発表は昨年4月(http://www.news.com/2100-1032_3-6065873.html)だが、一般の個人が使えるベータ版は秋頃からだったと思う。 (20070124) ---- WelcomeToBrightCove SampleVideo
アカウントを作成すると次のメールが送られてくる。 ---- Welcome! Thank you for registering with Brightcove. Your new account information is below. Use the username and password to sign into the Brightcove Console to manage your titles and access support forums. Please note that the password is case sensitive, and we suggest you keep this email for your records. Sign in to Brightcove: http://studio.brightcove.com Username: name@agorian.com Password: xxxxxx Getting started is easy! Use the following resources to help you launch your broadband video channel with Brightcove. [[Quick Start Guide|http://studio.brightcove.com/quickstart/quickstart-tutorial.cfm]] Check out our step-by-step guide for creating and launching your broadband video channel. [[The Studio|http://studio.brightcove.com/]] Visit the Brightcove Studio, a launch pad for your online video publishing ideas. Technical Support Form If you have technical questions, please use the following form to submit a support request. http://studio.brightcove.com/support/request-support-form.cfm Email Support You have received this email because you are registered for the Brightcove service. If you feel that you have received this email in error, please update your profile on our [[Contact Management|http://corp.brightcove.com/contact-mgmt.cfm]] page. Privacy Policy Access the Brightcove privacy policy http://corp.brightcove.com/privacy.cfm Brightcove, Inc., One Cambridge Center, Cambridge, Massachusetts 02142 (20070124)
!!!BrightCoveサンプルビデオ ΣSIGMA会員はログインすると見ることができます。 [[Yellowstone|http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_h_free_page&c_free_page_id=2]] サーバが混雑しているとき、 THE VIDEO YOU ARE TRYING TO WATCH IS CURRENTLY UNAVAILABLE. PLEASE CHECK BACK SOON. というメッセージが表示されるときがあります。 (20070124)
~WikiWikiWebは、Cunningham & Cunningham, Inc.が作ったシステムである。 * http://c2.com/cgi/wiki?WikiWikiWeb * http://c2.com/cgi/wiki?WelcomeVisitors * http://osdev-j.sourceforge.jp/?Wiki (日本語) WikiEngine(~WikiCloneともいわれた)を使って構築したWebサイトを、~WikiWikiWeb(略してWikiweb)という。世界的に有名なのが、オンライン百科事典Wikipediaである。オープンソースをはじめとした各種ソフトの説明・サポート・FAQにWikiEngineを使う例が増えているが、これらもWikiwebである。Googleなどのように一部にWikiEngineを採用しているサイトはWikiwebとはいわないだろう。また、wikia.comやwiki.com(商用化)のようにWiki機能が使えるスペースを貸すサービスもある。 MyWikiSitesに、筆者がWikiEngineをサーバに設置して使っているサイトおよび評価用に設置した~Wikiwebを紹介する。
[[Gallery2|GalleryMain]] PhpSlideShow
[[Gallery2|GalleryMain]] PhpSlideShow WebPage (ホームページ作成ツール集1997)
WebPage|[[WebArt色見本|ColorTemplate]]|MyHomepages [[無料素材集]]|WebClipEmpire|WebPack [[写真管理]]
1997年当時のベンチャー企業Xoomからもらった素材集。CD-ROM12枚、素材25万件からなる。このうち約10万件はGIFアニメーションである。これだけたくさんあると、使いたいと思う素材を探すのがたいへんである。もちろん、ThumbsPlusというイメージブラウザが組み込まれているが、それでも一苦労である。さまざまなアニメーション、写真、イラストを見ているだけでも楽しいから、探す目的を忘れてブラウズするだけに終わることがよくある。 !!!活用方法 Gallery2写真共有サイトを開設したので、[[ここに|http://gallery.agorian.com/main.php/v/webphoto/clip/]]いくつかの素材を保存した。Gallery2で検索して探すほうが便利である。タグ(検索キーワード)を指定すると、使いたい素材が写真アルバムとして表示されるので、少しずつタグを整理していこうと思う。25万件全部を整理するのは、ひとりでやっていると死ぬまでには完成しないだろう(笑) !!!素材カテゴリー |!No|!Title||!No|!Title||!No|!Title||!No|!Title| | 1|Animated ~GIFs 1| | 4|Web Obects 1| | 7|Music&Sounds 1| |10|Midi/FX| | 2|Animated ~GIFs 2| | 5|Web Obects 2| | 8|Music&Sounds 2| |11|Java, Photos,Videos| | 3|Animated ~GIFs 3| | 6|Web Obects 3| | 9|Music&Sounds 3| |12|Photos|
[[WPはじめに]] [[WP設置方法]] [[WPプラグイン]] [[WP編集権限]] [[IRC]] *[[WordPress MU]]
[[Phplistとは]] [[管理ページ|php管理ページ]] [[メーリングリスト|phpメーリングリスト]] [[購読ページ|php購読ページ]]
[[Wordpress|http://wordpress.org/]]は、オープンソースのphp+MySQLで開発されており、だれでも無料で自由に活用することができる。phpソースコードを[[ダウンロード|http://wordpress.org/download/]]して、自分のサーバに設置するのが非常に簡単なことで定評がある。Wordpressコミュニティで開発された画面スタイルや周辺ソフト、プラグインもたくさんあり、自分好みのサイトを作るのが容易である。 ブログをすぐ開設したい人は、[[wordpress.com|http://wordpress.com/]]を無料で利用できる。[[日本語サイト|http://ja.wordpress.com/]]もできた。サーバーソフトでAkismetなどのプラグインを使うとき[[API Key|http://wordpress.com/api-keys/]]が必要になるので、これを取得するために、[[Dalmash Application|http://dalmash.wordpress.com/]]なるブログを開設した。放置したままである。Bloggerからのインポートができるというのでそのテストにも使った。タイトルが日付になるのが問題である。 *[[Theme Viewer|http://themes.wordpress.net/page/108/]]  [[Beccary|http://beccary.com/goodies/wordpress-themes/]]
*07.08.10 Wordpress 2.2.2にアップグレード Wordpressの設置は非常にかんたんである。ファイルのアップロード時間を除くと、文字通り10分で完了する。 *最新版をzipまたは.tar.gz形式で[[ダウンロード|http://wordpress.org/download/]]する。 *解凍したフォルダー(wpとする)にあるconfig-sample.phpを開いて、MySQLデータベース名、ユーザ名などを設定し、config.phpという名前で保存する。 *ftpを使ってwpフォルダーをそのまますべてアップロードする。 *ブラウザでinstall.phpを開き、指示通りの手順を踏めば、5分で完了する。数あるオープンソースの中でも一番簡単にインストールできる。 [[WordPress MU]]  ひとつのシステムで複数のブログサイトを5分で開設できる。ΣSIGMA会員に体験用に提供している。
*Wordpress.com Stats [[Download|http://downloads.wordpress.org/plugin/stats.zip]] 結果を見るときはGlobal Dashboard (dalmash*mysite)にサインインする。 *GoStatsサイト解析 *Wordpress本線の開発者であるAlex KingのDigital Photo管理 [[設置手順|http://www.alexking.org/software/photos/documentation/]]
!!!ユーザ資格と編集権限 |資格|Dashboard |Write|Manage|Comments|Links|Themes|Plugins|Users|Options|Import|備考| |Admin|◎|◎|◎|◎|◎|◎|◎|◎|◎|◎|μサイト管理者| |Editor|◎|◎|◎|◎|◎|×|×|△|×|×|ブログ作成・編集・管理| |Author|◎|△|△|△|×|×|×|△|×|×|記事の投稿やコメントができる| |Subscriber|◎|×|×|△|×|×|×|△|×|×|コメントだけできる| *Adminはすべての機能を使用、変更できる。 *Editorはページの体裁やプラグイン機能、ユーザ管理などサイト運営にかかわる機能以外はすべて利用できる。投稿はもちろんだが、特別ページ(Pages)の作成もできる。またカテゴリの作成、編集ができ、コメントや他の投稿者(Authors)の内容を承認して公表する権限をもつ。雑誌・新聞の編集長のような存在だと考えればよい。 *Authorは投稿とコメントの管理ができる。 *Subscriberは、ブログの購読会員の存在でコメントだけが許される。 |投稿管理|Posts |Pages|Categories|Comments|Moderation|Spam|Backup|Links| |Editor|◎|◎|◎|◎|◎|◎|×|◎| |Author|◎|×|×|◎|×|×|×|×| |Subscriber|×|×|×|×|×|×|×|×| ---- [[目次|WordPress]]
!!!IRC Client Applications WordPressに関する質問、新しい機能やプラグインの説明などは[[WordPress Forum|http://www.wordpress.org/support]]で活発に情報交換されている。このほかにオンラインでの質問や議論が、[[#wordpress channel|irc://irc.freenode.net/wordpress]]でできる。ここにアクセスするためにはIRCクライアントソフトが必要である。WordPressで紹介しているIRCは以下の通り。 * [[GAIM|http://gaim.sourceforge.net/]] (Multiple platforms) * [[bitchx|http://www.bitchx.org/]] (Multiple platforms) * [[Irssi|http://irssi.org/]] (Multiple platforms) * [[XChat|http://www.xchat.org/]] (Unix/Linux/Windows) * [[KSirc|http://docs.kde.org/en/HEAD/kdenetwork/ksirc/]] (KDE in Linux) * [[Konversation|http://konversation.kde.org/]] (KDE in Linux) * [[Kopete|http://kopete.kde.org/]] (KDE in Linux) * [[Colloquy|http://colloquy.info/]] (Mac OS X) * [[Conversation|http://homepage.mac.com/philrobin/conversation/]] (Mac OS X) * [[HydraIRC|http://www.hydrairc.com/]] (Windows) * [[mIRC|http://www.mirc.com/]] (Windows)  たくさんあってどれを使えばいいか迷う人には、FireFox拡張機能の一つである[[ChatZilla|http://update.mozilla.org/extensions/moreinfo.php?id=16&vid=735]]をお勧めする。IRCをダウンロードしたくないが質問をしたい人は、[[PJIRC|http://www.pjirc.com/]]がお勧めである。ただしJavaがインストールされていることが条件である。これも面倒だという人は、[[Viper007Bond|http://pjirc.viper007bond.com/?channel=wordpress&network=irc.freenode.net]]から直接ログインできる。  歴史の古い代表的なIRCは、[[mIRC|http://www.mirc.com/]]だろう。7月28日にリリースされた6.2はWindows Vistaもサポートしている。比較的新しいのでは[[HydraIRC |http://www.hydrairc.com/]]がある。無料・有料を問わずどれを使うか?使い勝手で選ぶか機能の豊富さで選ぶか?有料のものにするか?それは各人の選択に任せるしかない。
MailMan PhpList [[Wordpress]] TikiWiki PhpESP
<html><a href="http://www.gnu.org/software/mailman/index.html" target="_blank"><img src="http://agorian.com/image/mailman.jpg" border="0" align="center" hspace=10"></a></html>全文は、[[Mailman利用手引書|http://agorian.com/wiki/mailman/index.html]]をご覧ください。ここは管理人の備忘録です。 [[変更点|MailingList]] [[はじめに|Mailmanはじめに]] [[電子メールの危険性]] メーリングリストとは Mailmanインタフェース 入会と退会 [[会員パスワード]] メールの配送 まとめ読み オプション よくある質問 [[会員用メールコマンド]] [[会員オプションコマンド]]
PhpList> イギリスのTINCAN LTDがスポンサとなって開発されているメーリングリスト作成用オープンソースソフトである。10万部を超えるメーリングに対応できるように設計されており、十分な機能と優れた性能を備える。世界の企業、団体が利用している実績のあるソフトである。 本サイトのホストbluehostでは、これまでのMailmanに替えて phplist をサポートしている。早速 v 2.10.3 ダウンロードして設置した。日本語化と機能テストをしている。調べたら、[[日本語PHPLIST|http://www.phplist.jp/]]ができていた。日本語が変なので、オリジナルの英語版を使うことにした。[[変更履歴|PhplistChange]] ★購読URL: http://agorian.com/phplist/ ★管理URL: http://agorian.com/phplist/admin/
Phplist管理ページ http://agorian.com/phplist/admin/ にログインする。 ※ログイン名とパスワードはPhplistサイト管理者が発行する。以下の説明では、ログイン名 editor、パスワード 777 を使う。 *''admin''―ログイン名、メールアドレスおよびパスワードを変更できる。 *''spage'' (subscribe pages)―メーリングリスト登録用の[[購読ページ]]を作成する。 *''list''―[[phpメーリングリスト]]を作成する。名前とその説明を書く。購読ページでの表示順も指定できる。 *''send''―メッセージを送る。登録・変更などのURLを知らせる[[php定型フッタ]]を保存できる。
管理ページで、 lists をクリックする。add a list をクリックすると、新しいメーリングリスト名を作れる。 作成済みメーリングリストの名前、表示順、編集機能が表示される。 *''edit''―名前と説明を変更する。 *''view members''―登録メンバー(メールアドレス)の一覧が表示される。メールアドレスの登録・削除・移動ができる。 *''delete''―メーリングリストを削除する。 ※購読を受け付けるときはかならずactiveボックスにチェックをつける。
[[管理ページ|http://agorian.com/phplist/admin/]]で spage (subscribe pages) を選択する。add new one をクリックして新しい購読用ページを作成する。購読の確認や変更のメールメーッセージもカストマイズできる。デザイン&レイアウトをHTMLで記述する。 !!購読ページの構成 ⇒[[事例|SubscribePage]] ''Intro'' 紹介文 ''Header'' ページの体裁、メールアドレス入力など ''Footer'' 購読するメーリングリスト名の一覧は自動挿入 ''Thank you page'' ユーザが登録したときのメッセージ ''Message they receive when they subscribe'' ユーザに送信されるメールメッセージ ''Message they receive when they confirm their subscription'' 登録完了のお知らせ ''Select the lists to offer'' この購読用ページで選択するメーリングリストを選ぶ。 ※ひとつしか選ばなかったときは、購読ページにリスト名は表示されない。 ※メーリングリストは、管理ページのlistsをクリックして[[phpメーリングリスト]]を作成しておく。 ----
-------------------- □登録解除  [UNSUBSCRIBE] □内容変更  [PREFERENCES] □メール転送 [FORWARD]
Phplist管理ページ http://agorian.com/phplist/admin/ にログインする。 ※ログイン名とパスワードはPhplistサイト管理者が発行する。以下の説明では、ログイン名 editor、パスワード 777 を使う。 *''admin''―ログイン名、メールアドレスおよびパスワードを変更できる。 *''spage'' (subscribe pages)―メーリングリスト登録用の[[購読ページ]]を作成する。 *''list''―[[phpメーリングリスト]]を作成する。名前とその説明を書く。購読ページでの表示順も指定できる。 *''send''―メッセージを送る。登録・変更などのURLを知らせる[[php定型フッタ]]を保存できる。
[[管理ページ|http://agorian.com/phplist/admin/]]で spage (subscribe pages) を選択する。add new one をクリックして新しい購読用ページを作成する。購読の確認や変更のメールメーッセージもカストマイズできる。デザイン&レイアウトをHTMLで記述する。 !!購読ページの構成 ⇒[[事例|SubscribePage]] ''Intro'' 紹介文 ''Header'' ページの体裁、メールアドレス入力など ''Footer'' 購読するメーリングリスト名の一覧は自動挿入 ''Thank you page'' ユーザが登録したときのメッセージ ''Message they receive when they subscribe'' ユーザに送信されるメールメッセージ ''Message they receive when they confirm their subscription'' 登録完了のお知らせ ''Select the lists to offer'' この購読用ページで選択するメーリングリストを選ぶ。 ※ひとつしか選ばなかったときは、購読ページにリスト名は表示されない。 ※メーリングリストは、管理ページのlistsをクリックして[[phpメーリングリスト]]を作成しておく。 ----
Phplist管理ページ http://agorian.com/phplist/admin/ にログインする。 ※ログイン名とパスワードはPhplistサイト管理者が発行する。以下の説明では、ログイン名 editor、パスワード 777 を使う。 *''admin''―ログイン名、メールアドレスおよびパスワードを変更できる。 *''spage'' (subscribe pages)―メーリングリスト登録用の[[購読ページ]]を作成する。 *''list''―[[phpメーリングリスト]]を作成する。名前とその説明を書く。購読ページでの表示順も指定できる。 *''send''―メッセージを送る。登録・変更などのURLを知らせる[[php定型フッタ]]を保存できる。
*MailMan *DadaMail (サーバ制限により動作不能となった) *PhpList *検索の鉄人 関裕司の[[読まれるメールとは]] メーリングリスト、同報メールあるいはメールマガジンといったソフトはピンからキリまである。それらの中で国際的に利用され実績が豊富なメーリングリスト用ソフトがMailManであろう。混同されるようだが、これは単なる同報メールではない。機能が豊富で、それは[[会員用メールコマンド]]、[[会員オプションコマンド]]を見ればわかる。ただし、何十万件という大量のメール送信するのには向いていない。 マーケティングやプロモーションで使われるメーリングリスト用ソフトがDadaMailやPhpListである。一般に10万件を超えるメールを指定した間隔で送信でき、履歴管理もできるソフトとして利用されている。メールマガジン用ソフトといったほうが適切だろう。これらは個人ではなく企業・団体が使うものだろう。システム管理が大変である。 達磨居士が重宝しているのは、MailManである。同窓会などの連絡やメールアドレス管理、スパム防止によい。メンバの自主管理に任せることができるので連絡先のメンテが楽だが、逆にMailManの会員用コマンドが使えないメンバにとっては厄介だろう。それで説明書が必要になるが、先ず読まれない。使い方を単純明快にしないと使えない、使わないという結果になる。豊富な機能が、使ってくれない原因にもなる。 そういうわけで、自分の学習も兼ねて利用手引きをつくり、シンプルでわかりやすいインターフェイスに改変したりするというわけである。それでもみんなに使わせるには時間と労力が要るものである。もともと普通のメールさえ見なかったり、見ても返信をよこさない人がいるものである。 最初は大学のクラス同期会メンバーに使ってもらうようにしたが、全員がなんとか使うようになるのに一年かかった!原因はさまざまだが、知識不足と不慣れ、それに不信感かもしれない。使うといっても、作成したメールアドレスに送るだけなのに!・・・といっても仕方がない。電話機が発明されたとき、何のために誰がどのように使うのかが、発明者自身もよくわからなかったということもある。 !!Mailmanカストマイズ Agorian.comのメーリングリスト作成・管理は、Email Manager→Mailing Listsで行う。カストマイズした部分は以下の通り。 ◆[[リスト総合案内]] ◆[[会員用オプション]]|[[簡略フォーム]] ◆[[入会の結果]] ◆[[WelcomeEmail]]
{{{ <!-- $Revision: 6837 $ --> <HTML> <HEAD> <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS"> <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css"> <TITLE><MM-List-Name> 案内ページ</TITLE> </HEAD> <BODY BGCOLOR="#ffffff"> <TABLE COLS="1" BORDER="0" CELLSPACING="4" CELLPADDING="5" width="770"> <TR> <TD COLSPAN="2" WIDTH="100%" BGCOLOR="#63b684" ALIGN="CENTER" style="padding:0;"> <p style="background: #47825e; line-height:5px; margin:0;border:0;">&nbsp;</p> <B><FONT COLOR="#ffffff" SIZE="+1"><MM-List-Description></FONT></B> </TD> </TR> <tr> <TD COLSPAN="1" WIDTH="70%" BGCOLOR="#FFF0D0"> <B><FONT COLOR="#000000">■ご案内</FONT></B> </TD> <TD COLSPAN="1" WIDTH="30%" BGCOLOR="#FFF0D0"> <MM-lang-form-start> <MM-displang-box> <MM-list-langs> <MM-form-end> <MM-Subscribe-Form-Start> </TD> </TR> <tr> <td colspan="2"> このメーリングリストは、登録会員への同報メール送信の利便性とともに、利用者のメールアドレス漏洩と迷惑メールを避けるために活用しています。 なお、ウィルスやスパイウェア侵入の危険が高いexe, cmd, vbsなどの拡張子を持つ添付ファイルは自動削除しています。<br> <br />  ◇メーリングリストの全会員に送るメールは、 <A HREF="mailto:<MM-Posting-Addr>"><MM-Posting-Addr></A> 宛に送信してください。<br>  ◇このメーリングリストに投稿された過去のメールは、 <MM-Archive><MM-List-Name> 保存書庫</MM-Archive>をご覧下さい。<br>    <MM-Restricted-List-Message><br />  ◇メーリングリストの入会や現在の会員オプションの変更は、 以下のフォームをご利用ください。</TD> </TR> <TR> <TD COLSPAN="2" WIDTH="100%" BGCOLOR="#FFF0D0"> <B><FONT COLOR="#000000">■新規登録</FONT></B> </TD> </TR> <tr> <td colspan="2"> <MM-List-Subscription-Msg> <ul> <TABLE BORDER="0" CELLSPACING="2" CELLPADDING="2" WIDTH="80%" HEIGHT= "112"> <TR> <TD BGCOLOR="#dddddd" WIDTH="55%">□メールアドレス:</TD> <TD WIDTH="35%"><MM-Subscribe-Box> </TD> <TD WIDTH="10%">&nbsp;</TD></TR> <TR> <td bgcolor="#dddddd" width="55%">□名 前:</td> <td width="35%"><mm-fullname-box></td> <TD WIDTH="10%">&nbsp;</TD></TR> <TR> <TD COLSPAN="3"><FONT SIZE=-1>※パスワードが指定されなかった場合、自動生成したパスワードを、入会確認後にメールで送付します。 <MM-Reminder> </TD> </TR> <TR> <TD BGCOLOR="#dddddd">□パスワードを入力してください:</TD> <TD><MM-New-Password-Box></TD> <TD>&nbsp;</TD></TR> <TR> <TD BGCOLOR="#dddddd">□確認のため同じパスワードを再入力:</TD> <TD><MM-Confirm-Password></TD> <TD>&nbsp; </TD></TR> <tr> <TD BGCOLOR="#dddddd">□表示に使う言語を選んでください:</TD> <TD> <MM-list-langs></TD> <TD>&nbsp; </TD></TR> <mm-digest-question-start> <tr> <td>□メールを毎日一回にまとめて送りますか?</td> <td><MM-Undigest-Radio-Button> いいえ <MM-Digest-Radio-Button> はい </TD> </tr> <mm-digest-question-end> <tr> <td colspan="3"> <center><MM-Subscribe-Button></P></center> </TABLE> <MM-Form-End> </ul> </td> </tr> <TR> <TD COLSPAN="2" WIDTH="100%" BGCOLOR="#FFF0D0"> <a name="subscribers"> <B><FONT COLOR="#000000">■会員名簿とオプション変更</FONT></B></a> </TD> </TR> <tr> <TD COLSPAN="2" WIDTH="100%"><MM-Roster-Form-Start>  □<MM-Roster-Option> <MM-Form-End> <p><MM-Options-Form-Start>  □<MM-Editing-Options> <MM-Form-End> </td> </tr> </table> </BODY> </HTML> }}}
[[簡略フォーム]] <!-- $Revision: 6837 $ --> <html> <head> <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS"> <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css"> <link rel="SHORTCUT ICON" href="<mm-favicon>"> <title><MM-List-Name> メーリングリストでの <MM-Presentable-User> の設定</title> </head> <BODY BGCOLOR="#ffffff"> <TABLE BORDER="0" CELLSPACING="0" CELLPADDING="5" width="710"> <TR> <td width="100%" bgcolor="#63b684" style="padding:0;" align="center"><p style="background: #47825e; line-height:5px; margin:0;border:0;">&nbsp;</p> <B> <FONT COLOR="#ffffff" SIZE=+1> <MM-List-Name>メーリングリスト会員 <MM-Presentable-User> のオプション設定 </FONT></B></td> </TR> </TABLE> <p> <table width="710" border="0" cellspacing="5" cellpadding="5"> <tr><td> <b>★ここでは、会員アドレス、パスワード、各種オプションを設定できます。</td><td><MM-Form-Start><mm-logout-button><MM-Form-End></td> </tr><tr> <td colspan="2"> <MM-Case-Preserved-User> <MM-Disabled-Notice> <p><mm-results> </td> </tr> </table> <MM-Form-Start> <p> <table width="710" border="0" cellspacing="0" cellpadding="5"> <tr><td width="100%" bgcolor="#fff0d0" colspan="2"> <font color="#000000"> <b>■会員アドレスの変更</b> </font></td></tr> <tr><td colspan="2"> メーリングリストに登録した配送アドレス を変更するには、下の欄に新しいアドレスを入力してください。 なお新アドレスに送る確認のメールに対する確認があるまで 処理は保留されます。約<mm-pending-days>後に確認の期限が切れます。 <p><mm-host>に登録されているすべてのメーリングリストの会員アドレスを変更する場合、 <b>全部変更</b>ボックスをチェックしてください。 </td></tr> <tr><td><center> <table border="0" cellspacing="2" cellpadding="2" width="80%" cols="2"> <tr><td bgcolor="#efefef"><div align="right">新しいアドレス:</div></td> <td><mm-new-address-box></td> </tr> <tr><td bgcolor="#efefef"><div align="right"> 確認用再入力:</div></td> <td><mm-confirm-address-box></td> </tr> </tr></table></center> </td> <td><center> <table border="0" cellspacing="2" cellpadding="2" width="80%" cols="2"> <tr><td bgcolor="#efefef"><div align="right">名前 :</div></td> <td><mm-fullname-box></td> </tr> </table></center> </td> </tr> <tr><td colspan="2"><center><mm-change-address-button> <p><mm-global-change-of-address>全部変更 </center></td> </tr> </table> <p> <TABLE width="710" BORDER="0" CELLSPACING=5" CELLPADDING="5"> <TR><TD WIDTH="50%" BGCOLOR="#FFF0D0"><FONT COLOR="#000000"> <B>■退会する</B></td> <TD WIDTH="50%" BGCOLOR="#FFF0D0"><FONT COLOR="#000000"> <B>あなたの他の入会状況</B> </FONT></TD></TR> <tr><td> 退会するには確認ボックスをチェックして、ボタンをクリックしてください。 <strong>警告:</strong> 退会手続きが直ちに完了します。 <center><MM-Unsubscribe-Button></center> </td> <td> <mm-host>で入会している全てのメーリングリスト のリストを見ることができます。他の会員オプションも 変更するのであればこれを利用してください。 <p> <center><MM-Other-Subscriptions-Submit></center> </TD></TR> </table> <TABLE width="710" BORDER="0" CELLSPACING="0" CELLPADDING="5"> <TR><TD COLSPAN=2 WIDTH="100%" BGCOLOR="#FFF0D0"><FONT COLOR="#000000"> <B>■パスワード</B> </FONT></TD></TR> <tr valign="TOP"><td WIDTH="50%"> <a name=reminder> <center> <h3>パスワードを忘れたら?</h3> </center>  このボタンをクリックすると、メールでパスワードを送信します。 <p><MM-Umbrella-Notice> <center> <MM-Email-My-Pw> </center> </td> <td WIDTH="50%"> <a name=changepw> <center> <h3>パスワード変更</h3> <TABLE BORDER="0" CELLSPACING="2" CELLPADDING="2" WIDTH="70%" COLS=2> <TR><TD BGCOLOR="#efefef"><div align="right">新しいパスワード:</div></TD> <TD><MM-New-Pass-Box></TD> </TR> <TR> <TD BGCOLOR="#efefef"><div align="right"> 確認用再入力:</div></TD> <TD><MM-Confirm-Pass-Box></TD> </TR> </table> <MM-Change-Pass-Button> <p><center><mm-global-pw-changes-button>全部変更 </center> </TABLE> <p> <TABLE width="710" BORDER="0" CELLSPACING="0" CELLPADDING="5"> <TR><TD WIDTH="100%" BGCOLOR="#FFF0D0"><FONT COLOR="#000000"> <B>■会員オプション</B> </FONT></TD></TR> <tr><td> <strong> 現在の設定がチェックされています。</strong> <b>全部設定</b>のチェックボックスをチェックすると, 入会している<mm-host>の全メーリングリストでの設定を変更することができます。 上の<b>他のメーリングリストへの入会状況</b>で、 自分が入会しているメーリングリストを調べることができます。 </td></tr> </table> <TABLE BORDER="0" CELLSPACING="2" CELLPADDING="3" width="710"> <tr><TD BGCOLOR="#efefef"> <a name="disable"> <strong>◇メール配送 </strong> <br>  メーリングリストに投稿されたメールの配送を開始させるときは、 このオプションを<b>有効</b>にします。<b>停止</b>を選ぶと、 一時的にメールの配送を止めることができます (例えば短期間の休暇中など). 配送を停止したときは、 休暇が終わったら有効に設定し直すことをお忘れなく。 </td><td bgcolor="#efefef"> <mm-delivery-enable-button> 有効<br> <mm-delivery-disable-button> 停止<p> <mm-global-deliver-button><i>全部設定</i> </td></tr> <tr><TD BGCOLOR="#efefef"> <strong>◇まとめ読みモードに設定</strong> <br>  有効 を選ぶと、投稿のたびにメールを送らず、すべてのメールを 毎日1通にまとめてメールが届きます。まとめ読みモードの設定を 有効 から 無効 に変更すると、最後に1通のまとめメールが送られます。</td><td bgcolor="#efefef"> <MM-Undigest-Radio-Button> 無効<br> <MM-Digest-Radio-Button> 有効 </td></tr> <tr><TD BGCOLOR="#efefef"> <strong>◇まとめ読みメールを受け取る形式。 平文またはMIMEの添付ファイル形式。</strong><br>  メールソフトによっては MIME形式でまとめ読みメールを読めない ものもあります。一般的にはMIME形式の方が便利ですが、 MIME形式のメールが読めない場合は平文を選んでください。</td><td bgcolor="#efefef"> <MM-Mime-Digests-Button> MIME <br> <MM-Plain-Digests-Button> 平文 <p> <mm-global-mime-button><i>全部設定</i> </td></tr> <tr><TD BGCOLOR="#efefef"> <strong>◇自分が投稿したメールを受け取りますか? </strong><br>  通常は、自分がリストに投稿したメールのコピーを送信します。 自分が投稿したメールのコピーを受け取りたくなければ、 このオプションを<b>いいえ</b>に設定してください。</td><td bgcolor="#efefef"> <mm-dont-receive-own-mail-button> いいえ <br> <mm-receive-own-mail-button> はい </td></tr> <tr><TD BGCOLOR="#efefef"> <strong>◇リストへの投稿に対する確認通知が必要ですか?</strong></td><td bgcolor="#efefef"> <mm-dont-ack-posts-button> いいえ<br> <mm-ack-posts-button> はい </td></tr> <tr><td bgcolor="#efefef"><strong>◇このリストからのパスワード通知を受け取りますか?</strong><br>  はいを選ぶと、このホストで運用される各メーリングリストから、毎月 パスワード備忘通知メールを受け取ることになります。 <b>いいえ</b>を選ぶと、このメーリングリストからの備忘通知 の送信を止めることができます。 全部設定をチェックして <b>いいえ</b>を設定すると、備忘通知メールは完全に送られなくなります。</td><td bgcolor="#efefef"> <mm-dont-get-password-reminder-button>いいえ<br> <mm-get-password-reminder-button>はい<p> <mm-global-remind-button><i>全部設定</i> </td></tr> <tr><TD BGCOLOR="#efefef"> <strong>◇会員リストでアドレスを非表示にしますか? </strong><br>  リストの会員名簿には、あなたのメールアドレスが表示されます (ただしスパムのアドレス収集を防ぐために表示をあいまいにしています)。 会員名簿に自分のメールアドレスを表示させたくない場合は、 <b>隠してください</b>を選びます。 </td><td bgcolor="#efefef"> <MM-Public-Subscription-Button> 表示します <br> <MM-Hide-Subscription-Button> 隠してください </td></tr> <tr><TD BGCOLOR="#efefef"> <strong>◇どの言語を使いますか?</strong></td><td bgcolor="#efefef"> <MM-list-langs> </td></tr> <tr><td bgcolor="#efefef"> <strong>◇受信したい話題の分類は?</strong><br>  メーリングリストに送り出されるメールに フィルタをかけることができます。 受け取りたい話題を選んでください。 選択した話題に該当しないメールは送られなくなります。どの話題にも該当しないメールの配送規則は、下の項目で設定します。 何も話題を選択しなければ、すべてのメールを配送します。</td><td bgcolor="#efefef"> <mm-topics> </td></tr> <tr><td bgcolor="#efefef"> <strong>◇どの話題フィルタにも合致しないメールを受け取りますか?</strong><br>  前の設定で話題を選択した場合に、 どの話題にも該当しないメールに対するデフォルトの配送規則を決めます。 <b>いいえ</b>を選ぶと、どの話題にも該当しないメールは配送しません。 <b>はい</b>を選ぶと、どの話題にも該当しないメールを配送します。 前の設定で何も話題を選択しなかった場合は、 このオプションでの設定にかかわらず、 すべてのメールを配送します。</td><td bgcolor="#efefef"> <mm-suppress-nonmatching-topics>いいえ<br> <mm-receive-nonmatching-topics>はい </td></tr> <tr><td bgcolor="#efefef"> <strong>◇重複したメールを受け取らないようにしますか?</strong><br>  自分自身のアドレスが<tt>To:</tt>または<tt>Cc:</tt>ヘッダに 含まれているときは、メーリングリストからのメールを受け取らない ようにすることができます。 <b>はい</b>を選ぶと、重複するメールを受け取りません. <b>いいえ</b>を選ぶと、重複するメールも受け取ります。 リストが個人別配送モードになっている場合、「いいえ」を選ぶと <tt>X-Mailman-Copy: yes</tt> という ヘッダが付くようになります。</td><td bgcolor="#efefef"> <mm-receive-duplicates-button>いいえ<br> <mm-dont-receive-duplicates-button>はい<br> <mm-global-nodupes-button><i>全部設定</i> </td></tr> <tr><TD colspan="2"> <center><MM-options-Submit-button></center> </td></tr> </table> </center> <p> <MM-Form-End> </body> </html> }}}
<!-- $Revision: 6837 $ --> <html> <head> <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS"> <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css"> <link rel="SHORTCUT ICON" href="<mm-favicon>"> <title><MM-List-Name> メーリングリストでの <MM-Presentable-User> の設定</title> </head> <BODY BGCOLOR="#ffffff"> <center> <div style="border:solid gray 1px;width:450px;"> <TABLE BORDER="0" CELLSPACING="0" CELLPADDING="5" width="450"> <TR> <td width="100%" bgcolor="#63b684" style="padding:0;" align="center"><p style="background: #47825e; line-height:5px; margin:0;border:0;">&nbsp;</p> <B> <FONT COLOR="#ffffff" SIZE=+1> <MM-List-Name>会員オプション変更</FONT></B></td> </TR> </TABLE> <MM-Presentable-User> <table width="450" border="0" cellspacing="5" cellpadding="5"> <tr> <td colspan="2"> <MM-Case-Preserved-User> <MM-Disabled-Notice> <mm-results> </td> </tr> </table> <MM-Form-Start> <table width="450" border="0" cellspacing="0" cellpadding="5"> <tr><td width="100%" bgcolor="#fff0d0" colspan="2"> <font color="#000000"> <b>■会員アドレスの変更</b> </font></td></tr> <tr><td> <div align="left"> <table border="0" cellspacing="2" cellpadding="2"> <tr> <td bgcolor="#efefef"> <div align="right">名前 :</div> </td> <td><mm-fullname-box></td> <td rowspan="3"> <center><mm-change-address-button></center> </td> </tr> <tr> <td bgcolor="#efefef"> <div align="right">新しいアドレス:</div> </td> <td><mm-new-address-box></td> </tr> <tr> <td bgcolor="#efefef"> <div align="right">確認用再入力:</div> </td> <td><mm-confirm-address-box></td> </tr> </tr> </table> </div> </td> </tr> </table> <TABLE width="450" BORDER="0" CELLSPACING="0" CELLPADDING="5"> <TR> <TD WIDTH="100%" BGCOLOR="#FFF0D0"><a name=reminder><FONT COLOR="#000000"><B>■パスワード送信</B></FONT> <MM-Umbrella-Notice><MM-Email-My-Pw></TD> </TR> <tr> <td WIDTH="100%" BGCOLOR="#FFF0D0"><a name=changepw> <FONT COLOR="#000000"><b>■パスワード変更</B></FONT></td></tr> <tr><td> <TABLE BORDER="0" CELLSPACING="2" CELLPADDING="2"> <TR> <TD BGCOLOR="#efefef"> <div align="right">新しいパスワード:</div> </TD> <TD><MM-New-Pass-Box></TD><td></td> </TR> <TR> <TD BGCOLOR="#efefef"> <div align="right">確認用再入力:</div> </TD> <TD><MM-Confirm-Pass-Box></TD><td> <MM-Change-Pass-Button></td> </TR> </table> <TR><TD BGCOLOR="#FFF0D0"><FONT COLOR="#000000"> <B>■退会する</B> <MM-Unsubscribe-Button></TR> </table> <MM-Form-End> <form><input type="submit" name="close" value="閉じる" onclick="window.close();"></form> <!-- MM-Form-Start><mm-logout-button><MM-Form-End --> </div> </center> </body> </html>
<!-- $Revision: 3790 $ --> <html> <head><title><MM-List-Name> 入会手続きの結果</title></head> <body bgcolor="white"> <h1><MM-List-Name> 入会手続きの結果</h1> <MM-Results> <!--MM-Mailman-Footer--> </body> </html>
ΣSIGMA会員が無料で開設できるブログです。三ステップで簡単に専用のブログサイトを開設できます。Webでの案内は英語ですが、順次日本語化します。まずは使って見てください。HTMLの知識がなくてもすぐブログが書けます。同じツールで運用している[[実例|http://web2.elmstadt.com/]]を参照ください。 !!!新規ブログ開設 #[[ここをクリック|http://blog.agorian.com/wp-signup.php]]して、ユーザ名usernameとメールアドレスEmail Addressを入力して、Nextボタンを押す。 #ブログ名(URL)が、blog.agorian.com/username となっていることを確認し、ブログのタイトルを入力して、Signup ボタンを押します。 #入力したメールアドレスに送られたメールに書かれたURLをクリックすると完了です。二日以内にこの処理を行わないと無効になります。 ⇒[[新規作成例]] !!!ログインする 前記3.でブログサイト有効にすると、ログインするために必要なユーザ名とパスワードがメールで送られます。メールソフトがOutlook Expressで文字化けしているときは、表示→エンコード→Unicode(UTF-8)を選択します。ログインURLは次の形式になります。  http://blog.agorian.com/ユーザ名/wp-login.php ---- WordPress|[[WP変更履歴]]
[img[sns/img/wp01.gif]] [img[sns/img/wp02.gif]] [img[sns/img/wp03.gif]] [img[sns/img/wp04.gif]] [img[sns/img/wp05.gif]] [img[sns/img/wp06.gif]] [img[sns/img/wp07.gif]] [img[sns/img/wp08.gif]]
PHPソース変更部分の備忘録です。 !!!wp-includes/wpmu-functions.php ―新規ブログ作成時のデフォールトを変更  Welcomeメッセージの日本語化、Blogrollのデフォールトなど(データベースの初期値)
*MyNetwork|LanDisk|AirPort *[[Computer]] *[[DeskPower]] *[[Mobile]]|[[LetsNote]]|[[Muramasa]]|[[Lenovo]] *[[Storage]] *[[Windows]] *VideoCamera *DigitalCamera *DigitalTV *WishList *BlueHost *VideoCapture
[<img[../img/muramasa.jpg]] メビウスノートMuramasa PC-MM2-5NE ノートパソコン by SHARP 発売日:2004年1月2日 画面サイズ:10.4インチ CPU:Efficeon TM8600 1GHz メモリ:256MB HDD:20G |項  目 |>| スペック | |サ イ ズ |B5相当 重量 0.91kg |幅x高さx奥行 251x19.6x206| |画面 | 大きさ 10.4インチ |解像度 XGA (1024x768) | |CPU | Efficeon TM8600 | 周波数 1GHz | |グラフィック | MOBILITY RADEON | メモリ 16MB | |メモリ | DDR | 容量 256MB | |HDD | 容量 | 20GB | |ネットワーク | 有線 | 100BASE | |~| 無線 | IEEE802.11b (11Mbps) | |~|~| IEEE802.11g (54Mbps) | |O  S |Windows XP Home |マイクロソフトOFFICE| |バッテリー | 持続時間 3.5時間 | 発売日 2004年 1月 2日 |
[[Let's NOTE CF-T5MW4AJR|http://panasonic.jp/pc/support/products/t5m/index.html]] [<img[http://agorian.com/wiki/machines/letsnote/CF-T5MW4AJR.jpg]] !!!基本性能 ・ Windows Vista Business ・ インテル(R) Centrino(R) モバイル・テクノロジー ・ CPU:インテル(R) CoreTM Duo プロセッサー 超低電圧★版 U2400(1.06GHz)  (2次キャッシュメモリー※2 2 MB、動作周波数 1.06 GHz、フロントサイド・バス 533 MHz) ・ モバイルインテル(R) 945GMS Express チップセット ・ メインメモリー:標準512MB(最大1536MB)UP ・ ビデオメモリー:最大64 MB / メモリー増設時は最大224MB(メインメモリーと共用) ・ ハードディスク:60 GB (Ultra ATA100)(2.5型) (約6GBは修復用領域) ・ 静かなファンレス設計 ・ XGA(1024×768ドット) 12.1型TFTカラー液晶 ・ SDメモリーカードスロット(著作権保護機能対応、転送速度 8MB/秒)※11 !!!モバイル機能 ・質量:約1260g (標準バッテリ) ・バッテリー駆動時間:約14時間(標準バッテリ) ・OS:Microsoft(R) Windows(R) XP Professional 正規版 Service Pack 2 ・無線LAN:インテル(R) PRO/Wireless 3945ABG  IEEE802.11a(54Mbps)/b(11)/g(54) ・有線LAN:100BASE-TX/10BASE-T ・モデム:データ56kbps(V.90)/FAX14.4kbps(海外でも使用可能) Windows XP Pro (Officeなし) 発売日 2007年1月   ----
!!!Buffalo ~HD-HS500U2 [<img[machines/Buffalo/HS500U2.gif]] ~HD-HSU2ユーティリティCD V1.10 *Acronis True Image LE 10.0.5014 イメージバックアップソフト ~BKPAM-JX8NE-WVFMW-CVG3M-T8UN9 *Acronis Drive Cleanser ハードディスク全体の削除 92AMK-JEKDE-3UAP2-7K3V3-AMU93 *簡単バックアップ !!!Buffalo ~HD-PF500U2 [<img[machines/Buffalo/HD-PF500U2.jpg]] *2008年10月発売 15700円 *2009年3月 ヤマダ電機 特価9800円 ポイント25% (7350円)
FMV-DESKPOWER LX90S/D FMVLX90SD http://kakaku.com/prdsearch/detailspec.asp?PrdKey=00100418152 http://www.fmworld.net/product/hard/pcpm0604/deskpower/lx/method/index.html [>img[img/lx90sd.jpg]] ・発売日 2006.04 ・Windows XP Home+Office2003 ・20.1インチ(ワイド) 解像度 1680x1050 ・Pentium 4 Processor517 2.93GHz(1024k) ・メモリー 512MB ・HDD 400GB ・TV地上波デジタル ・ワイヤレスキーボード・マウス
{{subtitle{キャノネット~QL17}}} [<img[canonet QL17|machines/canon/canonet-QL17.jpg]] クイックローディング方式のフィルム巻取り機構付カメラ。昭和40年3月発売。形式:レンズシャッター式透視ファインダーカメラ、感光材料:135フィルム、画面サイズ:24×36ミリ、価格:25,100円。 高校生のときに土方仕事のアルバイトをして最初に買ったカメラである。何でもいいから撮りたくて、自転車で法隆寺や薬師寺などお寺周りをして撮ったのが懐かしい。カメラは高価で、当時の大卒初任給の1.5か月分くらいだっただろうか。今の物価で、30万円の価値かな?高校生がアルバイトで30万円稼ぐとすると、朝5時に起きて日が沈むまで働く、ハードな日雇い労働しかなかった。 @@clear(left):display(block): @@ {{subtitle{ペンタックスMEスーパー}}}~はじめての一眼レフ~ この後継機種を買ったと思うのだが・・・押入れを探してみよう。  SMCペンタックスM 50ミリ・F1.4(6群7枚)・最短距離45cm  1976年?1979年?  ・ME Super http://www.pentax-fan.jp/BODY/MESUPER.html  ・ME復活応援サイト http://tomshome.sakura.ne.jp/  ・癒しのKマウント ASAHI PENTAX ME http://mat315.hp.infoseek.co.jp/kmount/pentaxme.html [<img[Pentax ME Super|machines/pentax/mes2.jpg]] [>img[Pentax ME Super|machines/pentax/lens.jpg]] Tamron Zoom 1:3.8/70~220mm SMC PENTAX-M Macro 1:1.4/100mm TAKUMAR 1:3.5/28 山とともにある、思い出の品々である。 交換レンズをジュラルミンのケースに入れると、ずっしりと重い。これをザックの上に縛り付けて山に登った。荷物はいちも30~40KGあった。背負って起き上がるのがやっとという重さで、こんな荷物を担いで本当に登れるかなと、最初はいつも不安だった。どうしてそんな重いカメラを持っていくのかと思う人もいるだろうが、そこに山があるから登るのと似たような理由である。高山植物を取りたいから100ミリのマクロレンズが要るし、壮大な山の風景をとるためには28ミリの広角レンズでないと画面に入りきらない。近寄ることのできない崖に咲く花を望遠で、遠くで一休みしている雷鳥を撮るにはやはり220ミリの望遠レンズが必要となる・・・。そういうことである。欲張りなんですねぇ。 @@clear(left):display(block): @@ {{subtitle{[[Nikon Coolpix950]]}}} [<img[Nikon Coolpix950|machines/nikon/coolpix950.jpg]] 1999年3月発売? 標準価格 125,000円 総画素数 211 万画素 CCD が持つ高画素のメリットを最大限に引き出す、専用開発の 3 倍ズームニッコールレンズを搭載した COOLPIX950。 カタリーナ・アイランド、セコイア国立公園に家族旅行する際に、はじめて買ったデジカメである。eBay、Yahoo!オークションサイトが急激に成長している頃で、仕事柄試してみた。卸業者の在庫セールがあり新品を600ドルで落札した。Fryなどのスーパーの安売りでは値引率が低い人気商品で、800~900ドルしたので、良い買い物をした。 最初に手にしたデジカメには愛着がある。旅行中パソコンも持っていって、その日撮った写真をパソコンに取り入れた。毎日200~300枚撮った。フィルムカメラでは36枚撮りでせいぜい2~3本が普通であった。あとで現像と焼き増し代が高くつくという理由もあるが。それがデジカメになるといくら撮ってもコストはかからないし、変なのは捨てればいいのだから、どんどん撮ってしまう。 気をつけなければいけないのは、誤って消してしまうことである。旅も佳境に入った撮影の被写体に恵まれたカタリーナ・アイランド・・・その日300枚以上撮った。それがぜ~~んぶ無くなった。パソコンへの取り込みで、カメラ側の写真を削除と同時にパソコン側も削除してしまったのである。ショボ~ンである。旅から帰って、パソコンのどこかにのこ手いるはずの写真を復旧しようとしたが、その後の大量の写真で上書きされていた。悔しいが、あきらめるしかなかった。失敗に学んで、それ以後二度と間違いを犯していない。 @@clear(left):display(block): @@ {{subtitle{Casio EX S1 (8/10/2002 ~K851HAA10326430)}}} 2002年6月発売 1.24Mpx 85g http://www.casio.co.jp/release/2002/exilim_jp.html [<img[Casio EX-S1|machines/casio/ex_s1.jpg]] {{subtitle{Casio EX S3}}} 2003年3月発売 3.2Mpx 72g http://www.casio.co.jp/release/2003/ex_s3.html [<img[Casio EX-S3|machines/casio/ex_s3.jpg]] @@clear(left):display(block): @@ {{subtitle{Sony Cybershot DSC T9}}} 販売価格:39,800円 2006年1月 有効画素数:600万画素  光学ズーム:3倍  http://www.sony.jp/products/Consumer/DSC/DSC-T9/ [<img[Sony Cybershot DSC T9|machines/sony/dsc-t9.jpg]] 麻布10番で盗難にあう。わずか半年の命だった。 @@clear(left):display(block): @@ {{subtitle{[[Nikon D70S]]}}} 2006年2月?20万円? 手に慣れ親しんだ、あの一眼レフの大きさ、重量感が懐かしく、心地よいシャッター音を聞きたくて買った。しかし、手軽に使うものでなく、被写体を求めて撮りに行くときに使うものである。その機会がなく一年以上眠ったままだった。9月から使い出した。昨日がいっぱいあって、どう湯買うのが良いのかを研究中である。 http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d70s/ [<img[Nikon D70S|machines/nikon/d70s.jpg]] 心奪われる一瞬を、決して逃さない。何気ない表情も、鮮やかに残す。あらゆる瞬間をシャッターチャンスに変えてくれる。D70S は、フォトグラファーの「撮りたい」という瞬間の想いに応える瞬発力と描写力を兼ね備えた、先進のデジタル一眼レフカメラです。 DigitalWorkflow
米国カリフォルニア州サンタバーバラ在住の[[Greg Lawler|http://www.zinkwazi.com/]]が開発した。 これまでの経緯 *Nov 2006: v0.9.9.2 ランダムに表示する機能追加、自動開始オフ機能 *June 2006: v0.9.9 サムネイルの自動生成機能追加 *April 2006: Google Groupsでユーザサポート開始 *Feb 2006: v0.9.6  JavaScript image preloadingをサポート *Aug 2000: 最初のリリース 最新版ダウンロード http://www.zinkwazi.com/wp/scripts !!!利用方法 [[Sample|http://agorian.com/photo/sample/]]を参照。 slide.phpおよびthumb.phpを呼び出す。
@@作成中@@ [[ΣSIGMA利用手引書|http://wiki.agorian.com/sns/]] [[Mailman利用手引書|http://agorian.com/wiki/mailman/index.html]] [[Life is adventure!|http://www.agorian.com]]|[[だるまブログ|http://home.elmblog.com]](人生は冒険か無か) [[Web2.0 Mashups|http://web2.elmstadt.com]]|[[Web学習手帳|http://web.elmblog.com/study/]]|[[旧版学習手帳|http://elmblog.com/study/]]
@@複数サイトにバラバラにあるダウンロード用ファイルを整理中@@ *http://agorian.com/download/ (HTTP認証使用)に集約する。 *公開用はagorian.comで案内する。 *phpスクリプトを使ってダウンロードファイルを一元管理する。対象ファイルをすべてdlrank.phpに登録する。 *sns/download/svc, lecture, svcwsはすべて移動する。 *ダウンロード対象ファイルは別のディレクトリにあっても良い。SNS配下のSVC研修資料はsns/svcに保存する。MyWikiから参照するファイルはwiki/xxxにする。 *限定配布資料は、各ファイルでパスワード設定(PHP認証使用) *MyWikiからアクセスするように集約する。 !!WikiTools @@URLを右クリックしてダウンロードできます。@@ひとつのHTMLファイルでホームページを作成したい方はDalmaWiki、データベース(MySQL)を使ってWeb上で作成・編集したい方はSigmaWikiをお使いください。 !!!!DalmaWiki このサイト作成に使っているDalmaWikiは次のリンクを右クリックしてダウンロードできます。記事の作成・変更は、ダウンロードしたHTMLファイルをブラウザーで開いて行ってください。@@Webサーバからアクセスしても編集・保存はできません。@@ *初心者用 二段組(このWebページのスタイル) http://wiki.agorian.com/DalmaWiki/index.html *中級者用 三段組(編集日付き・オプション付き) http://wiki.agorian.com/DalmaWiki/index3.html !!!!SigmaWiki ⇒[[SigmaWiki1.2.zip|http://wiki.agorian.com/SigmaWiki/sigmawiki1.2.zip]] 41KB *PHPとMySQLが動作するサーバで使えます。解凍後のreadme.txtにしたがってインストールしてください。 詳細は、http://wiki.agorian.com/SigmaWiki/ を参照ください。 !!!!MailMan ⇒http://agorian.com/wiki/mailman/index.html ひとつのHTMLファイルで、ローカルファイルとして内容の追加・編集ができます。 !!営業プロセス研修およびビジネスプロセス研修
1.当ウェブサイトに記載されている内容(コンテンツ)の著作権^^※1^^は、特に明示していない限り、ドメイン名agorian.comの所有者(以下「WebMaster」)に帰属します。著作権法で定められた「私的使用のための複製」および「引用」以外の目的で、複製・転記などをする場合には[[WebMaster|Contact]]の使用許諾^^※2^^が必要です。 2.当ウェブサイトコンテンツの複製・転記は、著作権法上の「私的使用のための複製」および「引用」と認められる範囲にとどまる限り、商用・非商用を問わず無許可で行うことが可能です。ただし、当ウェブサイトコンテンツの引用を含んだ二次著作物を一般に公開する場合は、引用した文章等が引用であることを明示した上で(blockquoteタグ推奨)、複製したコンテンツを含むページへの直リンク^^※3^^で引用元を明示することをお願いします。 3.当ウェブサイトコンテンツを引用目的で複製・転記する際には、原則として改編・修正・追加をせずに原文(もしくは原図)のまま引用していただきます。文章の一部だけを抜き出して引用する、引用者の注意書きを文章中に挿入する、という形での修正・追加は可能ですが、その場合には変更した箇所を(中略)(引用者注)などの形で明記するようお願いします。 4.当ウェブサイトへのリンクは、ホームページへのリンク、および個別のページへの直リンクともに目的を問わず許可なく張ることが可能です。 "Fragment identifier" でページ内の特定の部分(アンカー)にリンクを張ることも可能ですが、ページの内容や構成の変更に伴い、指定したアンカーが移動したり消滅したりすることがありますのでご了承ください。 5.当ウェブサイトの個別ページのURLは、ページを公開し続ける限り変更しないのが当ウェブサイトの運営方針です。ただし、まれにですがやむをえない事情により、理由の説明・事前の警告なしにURLの変更もしくは公開の中止を行う場合がありますのでご了承ください。 ※1 この「サイト利用規約」そのものは、クリエイティブ・コモンズの「[[アトリビューションーシェアアライク 2.1|http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/legalcode]]」に準拠します。 ※2 このウェブサイトの作成ツールはオープンソース開発ソフトを改変したSigmaWikiです。このツールはGNU GPLに遵守することで、無料ダウンロード・改変・複製・再頒布ができます。 ※3 表示されているページのURLは、右メニューの「アドレス表示」をクリックするとブラウザのアドレス欄に表示される。
 この文書は、GNU Mailman 2.1 を使って作成されたメーリングリスト(ML)の利用者(会員)のための手引書です。これには入会、退会、保存書庫の閲覧、会員オプションの変更、パスワード通知の入手などの意味と利用手続きを説明します。また、Mailman に関する「よくある質問」についても説明します。  対象読者:  電子メールに関する一般的な用語(たとえば、件名、サブジェクトとかメッセージの本文)やWebに関する用語(ブラウザー、テキストボックス、ボタンなど)になじみがあって、これらの用語が何を指しているかを知っていることを前提にしています。また、Webブラウザーやメールソフトを使うことができて、「このアドレスに電子メールを送る」とか「この Web ページへ行く」とか「フォームに記入する」とかいう指示の意味を理解できるものとします。  謝辞:  この文書の原典は,Terri Oda著の「GNU Mailman - List Member Manual」です。池田 荘児さんの日本語訳がWebの複数サイトにあります。具体的な著作権表示・説明がないので詳細不明ですが、GNUライセンスに基づいて複製、転載、再配布が許可されていると理解します。原典や複数の公開Webサイトで得た情報をもとにこの文書を作成しました。 **[[GNU Mailman - List Member Manual|http://www.gnu.org/software/mailman/mailman-member/index.html]] **[[Mailman, the GNU Mailing List Manager|http://www.gnu.org/software/mailman/index.html]] **[[The Mailman Community|http://wiki.list.org/display/COM/Home;jsessionid=a-_aA0X3lpveBhUp_3]] **[[日本語版Mailman(高知大学)|http://mm.tkikuchi.net/]]
情報セキュリティは、利用者個人のモラルや心がけといった「人的セキュリティ」、セキュリティツールやシステムといった「システムセキュリティ」の両方で成り立っています。人的セキュリティは、『忘れない』、『気をつける』といった約束事を尊守することで成り立っているため、人によってセキュリティ意識にばらつきがあり、過失による事故が発生する可能性があります。さらに、業務効率に影響を及ぼす場合もあります。したがって、人的ミスをカバーするためにも「システムセキュリティ」を上手に取り入れることが求められています。 |>| 潜在する危険性 | 対処方法 | |盗聴|→ 電子メールは簡単に盗聴できる|→ 認証、暗号化、VPN、FW| |なりすまし|→ パスワードを簡単に盗用される|→ 認証、暗号化| |改ざん|→ 電子データは簡単に書き換えられる|→ 電子署名、暗号化| |ウィルス|→ データの破壊・流出|→ チェッカー、ワクチン、セキュアWeb| |否認|→ データを送った/受け取っていない|→ 認証、ML履歴管理| |原本性|→ どの情報が原本か確認できない|→ ML保存書庫、Webサーバ| |スパム|→ 否認や原本性、ウィルス感染の原因|→ ML、SNS、フィルター監視| 潜在する危険性に対して、上記のような対処方法を導入することで、人的セキュリティの割合を減らし、システムセキュリティへの比重を高め、安全な状態で各個人は本来の業務に専念できたり、今まで制限されていた情報コミュニケーションが可能となり、業務効率をさらに高めることができます。 ⇒[[さまざまな危険性|http://www.verisign.co.jp/class1/ev/images/fig3.gif]] (日本ベリサイン社資料) ---- MailMan
!!!confirm <確認文字列>  実行を確認します。確認文字列は必須で、確認要求のメールに 書かれていなければなりません。 !!!end コマンド処理を停止します。メールソフトが自動的に 署名を追加するのなら、これを使ってください。 !!!help このヘルプメッセージを要求します。 !!!info  このメーリングリストについての案内を取り出します。 !!!lists  この GNU Mailman サーバの公開メーリングリストの一覧を見る。 !!!password [<旧パスワード> <新パスワード>] [address=<アドレス>]  パスワードを取り出したり変更します。引数がなければ、この コマンドで現在のパスワードが取り出せます。<旧パスワード>と<新パスワード>の引数があるときには、パス ワードを変更します。会員登録されたアドレス以外からメールを送っている場合は、`address=<アドレス>' (かぎ括弧や引用符は付けないで) で 登録アドレスを指定してください。この場合、返信は登録された アドレスに宛てられることに注意してください。 !!!set help  変更可能なオプションの一覧を見ることができます。 !!!set show  現在のオプションを見ることができます。 !!!subscribe [<パスワード>] [digest|nodigest] [address=<アドレス>]  このメーリングリストに入会する。パスワードは退会やオプションの 変更に必要ですが、もし省略した場合には自動的に生成されます。パスワードは忘れないように定期的に通知します。次の引数は `nondigest' または `digest' (引用符なしで!)。メールを発信したのとは違うアドレスを会員にしたいので あれば、`address=<アドレス>' の形式で指定できます。(カッコや引用符は付けないこと!) !!!unsubscribe [<パスワード>] [address=<アドレス>]  メーリングリストから退会します。もしパスワードを付ける場合、登録されたパスワードに一致しないといけません。パス ワードを省略した場合には、退会しようとするアドレスに宛てて 確認メッセージを発送します。退会しようとするアドレス以外 から申請メールを出すのであれば、`address=<アドレス>' を 指定してください。(このメールアドレスには <> や 'を付けないでください!) !!!who [<パスワード>] [address=<アドレス>]  このメーリングリストの会員名簿を見る。名簿閲覧はリスト会員に制限 されている場合は、見るには会員パスワードが必要です。登録 アドレス以外からメールを出すのなら `address=<アドレス>' で会員 アドレスを指定してください。(このメールアドレスには <> や ’を付けないでください!) 名簿閲覧は管理者のみに制限されている場合は、リスト管理者と 司会者しか見ることができません。リスト管理者のパスワードか または司会者のパスワードを付けてください。 ※[~]は省略できる。[A|B]はAまたはBを指定することを意味する。<~>の<>は書かないで~だけを書く。(例)whoコマンドは、次のいずれかになる。 who who password who password address=name@mail.com ここでpsswordはパスワード、name@mail.comはメールアドレスのこと。
!!!set help  この詳しい説明を取り出す。 !!!set show [address=<アドレス>]  現在のオプション設定を見る。あなたが会員登録アドレス以外 からメールを出している場合には、登録アドレスを `address=<アドレス>' の形式で指定してください。(括弧や引用符を メールアドレスに付けないように) !!!set authenticate <パスワード> [address=<アドレス>]  オプションを設定する時には、まずこのコマンドを入れておく必要が あります。<パスワード>はあなたの会員パスワードです。会員として 登録したアドレス以外からメールを出している場合には、登録アドレス を `address=<アドレス>' の形式で指定してください。(括弧や引用符 を付けないように) !!!set ack [on|off] ackオプションを on にすると、あなたがリストにメールを出す度に、受領確認メッセージを受け取るようになります。 !!!set digest [plain|mime|off]  digestオプションがオフのときは、投稿されたメッセージをすぐに受け取り ます。何通かあるいは一定期間、投稿をまとめて読みたいとき、これを平文形式(RFC 1153 ダイジェスト)で受け取りたい場合には set digest plain を使ってください。MIME形式のまとめ読みを受け取りたい場合には set digest mime にしてください。 !!!set delivery [on|off]  配送を on/off します。これは、退会するのとは違って、暫くの間 Mailman がメール配送を止めるようにするだけです。これは、あなたが休暇をとるときなどに便利でしょう。休暇から帰ったら、set delivery on にするのを忘れないように! !!!set myposts [on|off]  set myposts off を使うとあなたがこのリストに投稿したメッセージ と同じものは受け取らないようになります。まとめ読みをしている場合には無効です。 !!!set hide [on|off]  set hide on を使うとあなたのメールアドレスが会員名簿には出ないようになります。 !!!set duplicates [on|off]  set duplicates off にすると、もしあなたのアドレスが明示的に To: または Cc: にあったら、Mailman からはあなたにメッセージを送らようにします。そうすることによってあなたが重複して受け取る投稿を減らすことができます。 !!!set reminders [on|off]  set reminders off にすることで、このリストの毎月のパスワード通知を受け取らないようにできます。 ※[~]は省略できる。[A|B]は、AまたはBを指定することを意味する。  (例) set ack [on|off] は、set ack on または set ack off のいずれかである。
!!!経緯  2006年10月に、ある業界の委員会組織の幹部会で「人材交流の活性化」が課題に挙げられ、SNSの活用が示唆された。白紙の状態では何もはじまらないので、講師を務めたΣSIGMA管理人が講演内容の裏付けとデモ用にオープンソースを使ってΣSIGMAを構築した。デモのため架空のコミュニティをつくり自作自演の書き込みやコミュニケーションを演出した。10年前の米国でのコミュニティサービスビジネス体験をもとにシナリオを書き自作自演するが、それだけではSNSコミュニティ活用の道は見えない。「使う」ことなしには理解できないので、FSA事務局が「FSAマーケティング委員会」というコミュニティをΣSIGMA内につくって参加を募ったのがはじまりである。 !!!公開コミュニティ #ΣSIGMA運営・・・利用者全員が参加する公開コミュニティ。事務局からのお知らせや自己紹介、質問・意見など #携帯人類・・・携帯アクセスに関する実験と情報整備 #Web2.0・・・情報の時代から共有と参加の時代を考えるコミュニティ #Webソフトウェア・・・役立つソフトウェアツールの紹介。無料ダウンロードできるオープンソース中心。 #ホームページ作成・・・各種ツール・実例の紹介と質問回答 !!!非公開コミュニティ  当該コミュニティ参加者しかアクセスできません。参加するためには管理者の承認が必要です。 #FSAマーケティング委員会・・・委員有志が参加する非公開コミュニティ #澪標井戸端会議・・・同窓会メンバーの親睦コミュニティを想定して作成→実運用予定 #雀の学校・・・経営研修の同期卒業生を招待し、メーリングリスト整備と近況報告などの交流の場として設置。
!!参加資格  サイト管理人(平井克秀)の友人・知人に限定しています。参加者は、自身の友人。知人を招待できますが、素性を明らかにすることを条件としています。招待者は、新規参加者の紹介文を書き、管理人および他のメンバーに紹介すること、新規参加者は自己紹介することを参加条件とします。 !!利用者プロフィール  初期参加者は、富士通関係者とFSAメンバー企業の委員の方が中心です。12月にサイト管理者のFIMAT研修卒業生たちを招待しました。40代以上のデジタル移民(になろうとしている人)に加えて、20代・30代のデジタル原住民の人にも参加してもらっています。落ちこぼれ中年と揶揄されないためには、デジタル原住民の人と対話できるデジタル移民になることが前提であり、これからの経営者とよばれる道に踏み出す第一歩です。 !!SNS住民の規範  ネチケットを備えていることが前提です。ネチケットを知らない人は勉強してください。儒学の倫理道徳や武士道の精神、素養があり実践されている人はネチケットの大部分を満たしています。ただし、世代・性別・人種の差を越えた対話、コミュニケーションがSNS世界では大切と考えますので、朱子学的な硬直した考えは無用です。つまり長幼の差とか男女の別、権威主義は不要です。 大事なのは「朋友の信」、友は互いに信頼で結びついているということでしょう。仁(人を愛すること)、忠(真心)、恕(思いやり)をもって人間関係を築き維持することでしょう。これは現実世界でm仮想世界でもおなじですが、仮想世界では読み書きでのコミュニケーションですので読み方(解釈の仕方、善意の心で読む)、書き方(いかに誤解のないように思いやりを持って書くか)に注意する必要があります。
ここではコミュニティ運営上の問題や上手に運営するノウハウ、対人関係の作り方、情報・意見の交換の仕方、対話の要諦、知識の整理・体系化とそれらの伝え方、共有の仕方、それらに役立つツールなどSNS運営と活用に関することを書いていきます。順不同でドンドン書いて後で精できるものから整理していくというWiki的な情報整理の実験でもある。 @@この記事のなかでの新しい書き込みは、文末から#ではじめてください。@@ #みんなが思いついたことをドンドン書いてそれのコメントしていくやり方を取る場合、一行コメントやシンプルな掲示板機能のほうが参加しやすく使いやすいかもしれない。FSWikiの「一行コメント」やこれと組み合わせた掲示板機能もいい。本格的な議論 Discussion Forum には実績と定評のあるphpBB2がいい。私は使いやすくて好きだが、これも好き好きがある。もっとも嗜好のちがい以前に、日本人は育った文化から、また教育・訓練を受けていないために、バーチャルな世界での発言や対話は苦手だ、という課題があろう。 #ΣSIGMAは、SNSの機能を体験し学習することを目的に作ったため、本来のSNSコミュニティの活動・・・人との交わりを楽しみ、情報・意見を交換し、人脈を形成するといった活動には向いていないかもしれません。そうした目的のためには、自分のコミュニティをつくり友人を誘い、その友人たちにまた人を誘ってもらって人の輪を広げる活動が必要です。
 Webの進化により、MixiやGreeのようなSNSサイトを個人で構築・運営できる可能性が広がった。2006年10月から体験学習用のSNS(ΣSIGMAと命名)を構築し、評価した。ここではΣSIGMAサイトの構築、管理、運営について述べる。  [[Σ変更履歴]]|[[Σ不具合]]|[[OpenPNE関連サイト]]|[[参考リンク集]] !!![[SNSサイト構築]]  SNSサービスインフラを構築し管理・運営するためには、情報・通信インフラの基本知識とLAMP環境を使うための知識が必要とされる。SNSサービス環境をカストマイズするためにPHP、MySQL、HTML、CSS、Smartyなどの知識とそれらを改変できるスキルが必要となる。中級以上のPHP/Smartyプログラミングスキルが要求されるSNS機能の改造や追加については専門家に任せる。 #[[Σ運用環境]]―SNSエンジンを動作させる(通常LAMP)サーバ環境(レンタルまたは自宅サーバ) #[[Σセットアップ]]―SNSエンジン(ここではOpenPNE)の入手とインストールおよび動作確認 #[[Σカストマイズ]]―SNSエンジンのカストマイズ(時刻、Cron、Mailパイプライン設定、画面デザイン&レイアウトなど) #[[Σ拡張API]]―プラグイン機能、アフィリエイトAPI(Google Map, Amazon, YouTube)などのインストールと確認 !!![[SNSサービス管理]]  インターネットが使える環境下でSNSサービスの基本設定を行い、会員管理やコミュニティ管理などに関する設定・変更を行う。OpenPNEが備えている「SNS管理」機能を使って行う。Apacheサーバ機能の設定やMySQLデータベースの変更(phpMyAdmin使用)、OpenPNEソースコードの変更が必要な場合があり、SNSサイトのカストマイズ作業とあわせて行う必要がある。 #[[SNS管理の初期設定]](OpenPNEのSNS管理機能を使って設定。HTML, CSS, Smartyの知識必要) #SNS全体の運営(SNS管理機能やML/メールもしくはWebなどを使って日々の運営を行う) !!![[SNSコミュニティ運営]] ICTの知識・技術よりも、社会学・文化人類学・人間心理学的な知識が要求される。運営に当たっては論理よりも感性が大切な要素となる。各コミュニティ管理人のリーダーシップもしくはコーチングのスキル向上が課題となってくる。
[img[SigmaServer|sns/img/SigmaServer.jpg]]
運用サーバ BlueHost|LoliPop 運用ドメイン [[Agorian]]|SigmaTown|ElmBlog|ElmStadt MyNetwork SigmaServer
*[[運用変更メモ]] *[[サイト管理]] *[[Blogサイト変更履歴]] *[[ΣSIGMA変更履歴]] *PhpMyFAQ
*2007.06.24 [[添付ファイル]] -コミュニティのトピック作成・編集でファイルを添付(アップロード)できる。 *2007.06.10 [[bbcode設置]] -phpBBSなどで使われているものを追加。文書修飾が簡単にできる。 *2007.06.03 [[V2.8.0設置]] -V2.8.0安定版にアップグレード。ログイン画面を変更「互助互楽倶楽部」 *2007.05.20 Labpixiesのガジェットを提供。ログイン画面を変更してhome.html作成。 *2007.05.10 Bluehostサーバ環境変化(4/18 MySQLリスタート)による不具合発生。「お気に入り」および「日記カテゴリ」がないときに不正なMySQL要求により500サーバーエラー発生。PHPを修正して、問題を回避した。 *2007.04.25~05.07 原因不明の500サーバーエラー発生!日米にまたがって原因究明。OpenPNEバグだった! *2007.02.26 2.6.0安定版にアップグレード。管理画面が使いやすくなり、フリーページ機能が追加 *2007.01.10 [[V2.6.0設置]] ―V2.6.0安定版にアップグレード。デザインとレイアウトを全面変更。 *2006.12.25 MailDelivery制限変更。 ---- *2006.12.21 [[V2.4.7設置]]。ドメインをhttp://agorian.com/sns247/に変更。 *2006.12.20 [[エラー発生]] ―httpsテスト中にSmartyバグが発生 *2006.12.18 「雀の学校」開設。ML作成し、FIMAT卒業生に案内を配信。 *2006.12.10 自分・友人・コミュニティ別にメニューバーを色分けするなどデザインとレイアウトを少し変更した。  *2006.12.10 [[レイアウト変更]]。自分、友人、コミュニティのメニューバーを青、緑、赤の色調で区別。 *2006.11.26 米国時刻を日本時刻表示に変更 (SNS仲間に感謝!) ---- *2006.10.27 qsend-mail機能を学習し、携帯からのメール投稿、アクセスを可能にした。⇒MailManager *2006.10.26 「FSAマーケティング委員会」開設 (管理人・FSA事務局 鈴木美和子) *2006.10.24 FRIENDS検討会議 *2006.10.20 cronを学習し、その設定に成功。⇒CronJob *2006.10.18 携帯:docomo F212i からのアクセス確認。cronジョブ設定の勉強開始。 *2006.10.15 メールからの投稿ができるように修正。ただしF212i、日記投稿のみ。txx-yyyとbxx-yyyがUnixパイプを使ってmail.phpに転送されるように設定⇒一時フィックスのみ(学習中) *2006.10.11 携帯からの新規登録を可能にする。かんたんログイン、日記・コミュニティへの投稿が可能なことを確認。ドコモF212i使用。 *2006.10.09 使い方を少し勉強。WorldsAwayの経験が活きる。[[ΣSIGMA利用手引書]]の目次草案を作る。 ---- *2006.10.08 [[V2.4.0設置!]] (約半日の作業)。とりあえずΣSIGMA倭国澪標村と名づけカスタマイズした。備忘録[[ΣSIGMA運用手引書]]を部分的に書く。目次草案作成。仮想の「澪標井戸端会議」コミュニティ作成。 *2006.10.07 [[V2.2.9設置履歴]] (文字化けで断念) **HS44同窓会およびFrendsのSNS化検討会議用のプロトタイプとして開設した。 **10月10日からベータ試験運用を開始予定で準備中。 ----
 @@全文は、[[こちらを|http://wiki.agorian.com/sns/index.php#%CE%A3SIGMA%E5%88%A9%E7%94%A8%E6%89%8B%E5%BC%95%E6%9B%B8%20%E7%9B%AE%E6%AC%A1]]ご覧ください。@@ #[[はじめに|Σはじめに]] #新規登録 ##参加する ##携帯登録 #ログインする ##操作方法 ##設定変更 ##プロフィール変更 #ページの見方 #コミュニティに参加 #友人を招待する ##最新日記とブログを見る ##ランキング #ホームを見る|親友リスト|予定表|最新情報 #カレンダーを使う|予定を見る|予定を追加|天気予報を見る #日記を書く|修正・削除する #メッセージを読む|返信する|メッセージを送る #商品のレビューを書く|レビューを検索する|クリップを作る #友人に紹介する|友人に追加する|紹介文を書く
!!!パスワードを忘れたとき メーリングリスト名が、mylist@mail.com このmylistに登録しているメールアドレスを、name@mail.comと仮定する。 name@mail.comから、mylist-request@mail.com宛てにメールを送る。 件名欄(または本文)に、@@password@@ と書いて送ると、 現在のパスワードがname@mail.com に送られてくる。 !!!パスワードを変更するとき 現在のパスワードが 123456 新しいパスワードを abcdef と仮定する。 件名欄(または本文)に、 @@password 123456 abcdef@@ と書いて、mylist-request@mail.com宛てにメールを送る。 !!!登録メールアドレス以外から送るとき 件名欄(または本文)に、 @@password 123456 address=name@mail.com@@ あるいは @@password 12345 abcdef address=name@mail.com@@ と書いて、mylist-request@mailman.com宛てにメールを送る。 送ったメールアドレスに返信される。
*2007.06.24 [[添付ファイル]] -コミュニティのトピック作成・編集でファイルを添付(アップロード)できる。 *2007.06.10 [[bbcode設置]] -phpBBSなどで使われているものを追加。文書修飾が簡単にできる。 *2007.06.03 [[V2.8.0設置]] -V2.8.0安定版にアップグレード。ログイン画面を変更「互助互楽倶楽部」 *2007.05.20 Labpixiesのガジェットを提供。ログイン画面を変更してhome.html作成。 *2007.05.10 Bluehostサーバ環境変化(4/18 MySQLリスタート)による不具合発生。「お気に入り」および「日記カテゴリ」がないときに不正なMySQL要求により500サーバーエラー発生。PHPを修正して、問題を回避した。 *2007.04.25~05.07 原因不明の500サーバーエラー発生!日米にまたがって原因究明。OpenPNEバグだった! *2007.02.26 2.6.0安定版にアップグレード。管理画面が使いやすくなり、フリーページ機能が追加 *2007.01.10 [[V2.6.0設置]] ―V2.6.0安定版にアップグレード。デザインとレイアウトを全面変更。 *2006.12.25 MailDelivery制限変更。 ---- *2006.12.21 [[V2.4.7設置]]。ドメインをhttp://agorian.com/sns247/に変更。 *2006.12.20 [[エラー発生]] ―httpsテスト中にSmartyバグが発生 *2006.12.18 「雀の学校」開設。ML作成し、FIMAT卒業生に案内を配信。 *2006.12.10 自分・友人・コミュニティ別にメニューバーを色分けするなどデザインとレイアウトを少し変更した。  *2006.12.10 [[レイアウト変更]]。自分、友人、コミュニティのメニューバーを青、緑、赤の色調で区別。 *2006.11.26 米国時刻を日本時刻表示に変更 (SNS仲間に感謝!) ---- *2006.10.27 qsend-mail機能を学習し、携帯からのメール投稿、アクセスを可能にした。⇒MailManager *2006.10.26 「FSAマーケティング委員会」開設 (管理人・FSA事務局 鈴木美和子) *2006.10.24 FRIENDS検討会議 *2006.10.20 cronを学習し、その設定に成功。⇒CronJob *2006.10.18 携帯:docomo F212i からのアクセス確認。cronジョブ設定の勉強開始。 *2006.10.15 メールからの投稿ができるように修正。ただしF212i、日記投稿のみ。txx-yyyとbxx-yyyがUnixパイプを使ってmail.phpに転送されるように設定⇒一時フィックスのみ(学習中) *2006.10.11 携帯からの新規登録を可能にする。かんたんログイン、日記・コミュニティへの投稿が可能なことを確認。ドコモF212i使用。 *2006.10.09 使い方を少し勉強。WorldsAwayの経験が活きる。[[ΣSIGMA利用手引書]]の目次草案を作る。 ---- *2006.10.08 [[V2.4.0設置!]] (約半日の作業)。とりあえずΣSIGMA倭国澪標村と名づけカスタマイズした。備忘録[[ΣSIGMA運用手引書]]を部分的に書く。目次草案作成。仮想の「澪標井戸端会議」コミュニティ作成。 *2006.10.07 [[V2.2.9設置履歴]] (文字化けで断念) **HS44同窓会およびFrendsのSNS化検討会議用のプロトタイプとして開設した。 **10月10日からベータ試験運用を開始予定で準備中。 ----
[img[machines/mynet/config.jpg]] *LanDisk *AirPort *DeskPower *[[Mobile]]|LetsNote|[[Muramasa]] *[[Printer]] *SpeedTest *VideoCapture *[[HDD]]
[img[machines/airport/airport.gif][http://www.iodata.jp/prod/network/wnlan/2006/wn-g54r3/]] [<img[machines/airport/WN-G54-R3.jpg]] 型番 ~WN-G54/R3  電源 ~DC5V 980ma S/N ~B3F0051649JX SSID Airport 出荷時IPアドレス 192.168.0.1 /%WEP 4AE79D27CAA622DCBC22DBB531%/ WAN 00A0B08BD243 LAN 00A0B08BD242 ''Wireless Network products - ~IEEE802.11g 54Mbps Broadband Router model 3'' *無線LANルーター「~WN-G54/R3」は、無線LANの設定は暗号キーを入力するだけでセットアップの途中でパソコンの操作をすることなく、自動でインストールが完了するため、無線LANを簡単に導入できます。 *無線LAN内蔵パソコンやMac、ニンテンドー~DSにも最適です。 *セキュリティは~WPA-PSK(TKIP/AES)はもちろん、高度な無線LANセキュリティ~WPA2-PSK(AES)にも対応、WEP暗号化設定は 64/128/152ビットに対応しています。SSID非通知、ANY接続拒否機能も搭載しています。 *~IPv6を利用したストリーミング映像配信サービス4th MEDIA、OCNシアター、オンデマンドTVなどが簡単に楽しめるIPv6専用ポートを備えています。
[<img[machines/iodata/hdl-f250s.jpg][http://www.iodata.jp/prod/storage/hdd/2006/hdl-f/index.htm]] ~I-O DATA ~HDL-F250 ~AC100V 消費電力 21W /%S/N ~XDVA0118734F MAC 00A0B0-8FEAC9%/ *ユーザ登録 http://www.iodata.jp/regist/ *製品QA http://www.iodata.jp/support/ *最新ソフト http://www.iodata.jp/lib/ *電話 076-260-3644 東京 03-3254-1144 月~金 9:30~19:00 設定: http://landisk/ *@@増設ハードディスクはFAT@@でないと読み書きできない。NTFSは読み込み専用となる。 *パーティションがある場合、最初のパーティションしかアクセスできない。 *共有フォルダを作成できるのは専用フォーマットされた増設ディスクだけである。 *プリンターは、@@USBポート3@@に接続する。 不具合 *Wikiフォルダ(100MB、4000ファイル)の転送に三時間かかった。LANDISK内でdiskからwebへ21MBをコピーするのに二時間かかった! *これはVistaでの問題と判明したが、原因不明。XPでは10秒で完了した。
[<img[machines/letsnote/CF-T5MW4AJR.jpg][http://panasonic.jp/pc/support/products/t5m/index.html]] [[LetsNote]] ~CF-T5MW4AJR [[Muramasa]] ~PC-MM2-5NE
Epson [[PM-G700|http://www.epson.jp/products/back/hyou/printer/pmg700.htm]] [<img[machines/epson/pm-g700.jpg]]
[<img[machines/iodata/lcdad191xb2.jpg][http://www.iodata.jp/prod/display/lcd/2007/lcd-ad191x2/index.htm]] ~LCD-AD191XB2 WXGA+(1440x900)対応19型ワイド液晶ディスプレイ(ブラック) 直販 39800円 Yamada 32800円 [[価格com|http://kakaku.com/item/00851012086/]] 28000円 ノングレアは、~LCD-AD192XB  [[25799円|http://kakaku.com/item/00851012088/]] [<img[http://img0.yodobashi.com/i/67/08/52/67085210.pjpeg][http://www.yodobashi.com/enjoy/more/i/cat_38974453_56096630_47267989_47267722/66858715.html]] バッファロー ~HS-DH1.0TGL/R5 LAN接続 RAID対応 外付型ハードディスク 「~TeraStation Living」 DLNA対応 1.0TB 特価:¥64,800 10%引 (税込) 18%還元 販売開始 2007/03/10 [<img[http://img0.yodobashi.com/i/68/97/69/68976954.pjpeg][http://www.yodobashi.com/enjoy/more/i/cat_38974453_56096630_47267989_47267722/68942736.html]] アイ・オー・データ機器 HDL4-G1.0 DLNA対応 LAN接続型ハードディスク LANDISK Home 1TB 特価:¥64,800 16%引 (税込) 10%還元 定価:¥77,700 販売開始 2007/04/28 [<img[http://www.iodata.jp/prod/multimedia/video/2006/av-ls300/img/top_img.jpg][http://www.iodata.jp/prod/multimedia/video/2006/av-ls300/index.htm]] ~AV-LS300DW 販売開始 2006年6月 定価37,000円  特価 24,700円
!!無料レンタルサーバ(日本) @@調査中@@  [[サーバ比較]] PakapekoOnline *~PHP5が使えるサーバを探しているが、有料・無料を問わず非常に少ない。 *三年前はCGI(Perl)全盛みたいだったが、いまやそれだけでは魅力がない。 *オープンソースをうまく活用しているところが伸びている。XreaやSakuraである。素人も中級者になってきた人が増えているということか。 *容量無制限のサーバがずいぶん増えたが、サービス内容は貧弱で使えない。 *個人で運営していそうなサイトが目立ってきた。 *無料でありながら広告表示もないというのは、[[Web-G|http://www.web-g.ne.jp/]] と [[FREESPACE|http://www.freespace.jp/]] <HTML> <TABLE border="0" width="100%"> <TBODY> <TR> <TD></TD> <TD>容量</TD> <TD>商用</TD> <TD>CGI</TD> <TD>PHP</TD> <TD>広告</TD> <TD>特徴</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=103E58+1QIJAQ+H08+15RCDE" target="_blank">FC2WEB</A></TD> <TD>1GB</TD> <TD>○</TD> <TD>X</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>URLがサブドメイン(ユーザーID.web.fc2web.com)で、表示される広告がテキストで小さいのが特徴</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=103E58+14HHWY+MZI+15T9TE" target="_blank">TOK2</A></TD> <TD>無制限</TD> <TD>○</TD> <TD>○</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>CGIは高負荷をかけるものは禁止されている。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://geocities.yahoo.co.jp/" target="_blank">Yahoo!ジオシティーズ</A></TD> <TD>50MB</TD> <TD>X</TD> <TD>X</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>老舗。各種ツールが充実し、HP作成は1分で完成。iモード向けHPあり。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://isweb.www.infoseek.co.jp/" target="_blank">isweb</A></TD> <TD>50MB</TD> <TD>○</TD> <TD>○</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>楽天が買収(元Infoseek).早くからsns機能提供。isweb上から直HPを編集出来る。モバイル用スペースや掲示板、チャットのレンタルあり。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://www.ninja.co.jp/hp/" target="_blank">忍者ホームページ</A></TD> <TD>無制限</TD> <TD>○</TD> <TD>X</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>300種類のサブドメインから好きなものを選べる。広告はシンプルなテキスト主体なので目立たない。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://www.aaacafe.ne.jp/fh/" target="_blank">AAA!CAFE</A></TD> <TD>200MB</TD> <TD>X</TD> <TD>○</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>livedoor運営。初心者でも簡単に数分でCGI(Perl、PHP)を設置でき、掲示板、カウンター、チャット、アクセス解析などができる。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://www.freett.com/" target="_blank">フリーティケットシアター</A></TD> <TD>300MB</TD> <TD>○</TD> <TD>X</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>imode,J-PHONE用のページも作成できる。他サーバーのミラーとして使用することも可能。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://www.cool.ne.jp/" target="_blank">COOL ONLINE</A></TD> <TD>20MB</TD> <TD>X</TD> <TD>X</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>COOL相性占いや、無料素材、ポストカードなど面白いサービスがある。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://www.xrea.com/" target="_blank">XREA.COM</A></TD> <TD>50MB</TD> <TD>○</TD> <TD>○</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>安全な通信:SSL対応サーバー、ログ統計(参照元・アクセス回数など)の閲覧、携帯電話・WAP対応ページ(I-MODE・J-SKY・EZWEB対応) 中級以上向き</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://www.easter.ne.jp/" target="_blank">Easter</A></TD> <TD>100MB</TD> <TD>○</TD> <TD>X</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>女の子向けの無料ホームページ。バリューコマースと提携しているので優先的に登録が出来ます。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://free.hope-net.com/" target="_blank">ほーぷねっと</A></TD> <TD>100MB</TD> <TD>○</TD> <TD>X</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>WEB上でHP作成が可能。携帯電話から携帯電話対応HP作成が可能、携帯電話用に設計され、きれいに表示される。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://www.55street.net/" target="_blank">55street</A></TD> <TD>100MB</TD> <TD>○</TD> <TD>X</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>アクセスカウンター・アクセス解析付き。ファイルマネージャーを使って、ファイルの編集、ファイル名の変更・削除が簡単。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://www.freespace.jp/" target="_blank">FREESPACE</A></TD> <TD>無制限</TD> <TD>X</TD> <TD>○</TD> <TD></TD> <TD>なし</TD> <TD>容量無制限の上、DM、広告が一切付きません。選べるアドレスも様々なタイプが用意してあります。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://www.buttobi.net/" target="_blank">ぶっとび、ねっと</A></TD> <TD>無制限</TD> <TD>○</TD> <TD>○</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>PHP・CGI・SSI・FTP・TELNETが使え、容量無制限です。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://csc.jp/" target="_blank">CSC</A></TD> <TD>無制限</TD> <TD>○</TD> <TD>条件付</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>通常の無料HPの他に、アダルト専用、携帯専用のスペースをレンタル出来ます。CGIは審査の上利用できるようになる。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://web1.nazca.co.jp/" target="_blank">NAZCA</A></TD> <TD>100MB</TD> <TD>○</TD> <TD>X</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>ブラウザによるFTP転送が行える。転送量が無制限なので比較的重いデータにアクセスが集中しても安心。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://www.web-g.ne.jp/" target="_blank">Web-G</A></TD> <TD>無制限</TD> <TD>X</TD> <TD>X</TD> <TD></TD> <TD>なし</TD> <TD>自分が描いた絵やイラスト,CG等の作品を展示するスペースとして使いたい人専用のレンタルスペースです。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://skipup.jp/" target="_blank">SKIPUP NETWORK</A></TD> <TD>30MB</TD> <TD>X</TD> <TD>○</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>閉鎖した模様。WEBSPACE-JP.COM, BBAP.CC, CRAZY.JP無効。 </TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://www.tsukaeru.net/" target="_blank">使えるねっと</A></TD> <TD>無制限</TD> <TD>○</TD> <TD>○</TD> <TD></TD> <TD>あり</TD> <TD>POPメールアカウント付き。表示される広告を埋め込みとポップアップ(別枠)形式から選ぶことができます。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://www.jpshops.com/host/" target="_blank">e商店街無料HPスペース</A>[相互]</TD> <TD>100MB</TD> <TD>○</TD> <TD>X</TD> <TD></TD> <TD></TD> <TD>サブドメイン型レンタルサーバー。</TD> </TR> <TR> <TD><A href="http://www.realint.com/hpspace/" target="_blank">Real Integrity</A></TD> <TD>100MB</TD> <TD>X</TD> <TD>X</TD> <TD>○</TD> <TD>あり</TD> <TD>CGIは不可だが、SSI、PHPが利用できる。アクセス解析付き。</TD> </TR> <TR> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> </TR> <TR> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> </TR> <TR> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> <TD></TD> </TR> </TBODY> </TABLE> </HTML>
{{subtitle{推奨ブラウザはFirefox}}} *IE6/7には不具合があり、Wiki文法が正しく解釈されない部分がある。 *FirefoxはIEに比べると攻撃されにくい。米国やドイツの政府が政府内での利用を薦めている。 *便利なアドオンがあり、増え続けている。オープンサイト来訪者の半分はFireFoxを使用している。 {{subtitle{本サイトはひとつのHTMLファイル}}} *コンテンツの最小単位を「記事」と呼んでいる。マイクロコンテンツともいう。 *コンテンツはすべてデータベース(MySQL)に保存される。 *記事の作成・編集・表示など、すべての操作がJavascriptで行っている。 *したがって通常のWebと異なり、記事を開閉してもURLは変わらない。 *表示している記事へのリンクをクリックすると閉じる。 *再度クリックすると開く。これをトグルとよび、[[Option]]で有効/無効にできる。 {{subtitle{記事の作成・編集・削除}}} *Wikiサイトはいつでもだれでも作成・変更ができる。 *このWikiではスパム防止のため無効にしている。 *Wiki編集をするときは、ログインする必要がある。
@@調査中@@ <HTML> <TABLE style="border-collapse: collapse;" id="AutoNumber1" bgcolor="#f4fbfb" border="1" cellspacing="1" height="114" width="626"> <tbody> <TR> <TD nowrap width="139"></TD> <TD width="268">XREAプラス</TD> <TD width="165">Bluehost</TD> </TR> <tr> <TD height="14" nowrap width="139"><font size="2">初期費用(税込)</font></TD> <TD height="14" width="268"><font size="2">0円</font></TD> <TD width="165">0円</TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">プラン(税込)</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">2400円 (12ヶ月契約)<br> 400円 (1ヶ月契約)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">月額費用(税込)</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">200円 (12ヶ月契約時)<br> 400円 (1ヶ月契約時)</font></TD> <TD width="165">月6.95ドル(800円)</TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">ディスク容量</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">2GB</font></TD> <TD width="165">300GB</TD> </tr> <tr> <TD colspan="2" height="16" nowrap> </TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">OS</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">Linux</font></TD> <TD width="165"><font size="2">Linux</font></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">ウェブサーバー</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">Apache</font></TD> <TD width="165"><font size="2">Apache</font></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">メールサーバー</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">QMAIL</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">マシーンスペック</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2"> CPU:INTEL Pentium4 3.2 Ghz Mem:1G<br> CPU:AMD Athlon/Opteron 2.2 Ghz Mem:1G 以上<br> </font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">サーバー場所</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">国内</font></TD> <TD width="165">米国</TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">独自ドメイン</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応(他社管理ドメインも可)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">サブドメイン</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応(20個+<B>CatchAll機能</B><br>「*.example.com」で無制限)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">マルチドメイン</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応(20個+CatchAll機能)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">FTP/FTPS</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応<br>(サブ・追加アカウント3個)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">POP<br>POP over SSL</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応<br>(独立したメールボックス100個)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">SMTP<br>SMTP over SSL</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応<br>(POP before SMTP / SMTP-AUTH)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">IMAP<br>IMAP over SSL</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">ウェブメール(SSL対応)</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応(100個まで)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">メール転送</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応<br>(100個まで)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">一括受信</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応(CatchAll機能)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">メール自動返信</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">広告メールフィルター</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">ウィルスメールフィルター</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">CGI</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応(どの場所でも動作)<br> Perl/PHP/Ruby/TCL/Python/C</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">SSI</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応(cmdは不可)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">PHP4(モジュール)</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応(s1~s90,s103~)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2"><B>PHP5</B>(モジュール)</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応(s91~s102,s151-155)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">sendmail</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">JAVA/JSP</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">未対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">ASP</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">未対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">SSH</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応(ただし機能限定)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><B><font size="2">MySQL</font></B></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応(個数は5つ、容量はディスク容量の範囲内)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">PostgeSQL</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応(個数は5つ、容量はディスク容量の範囲内)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">アクセスログ解析</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">生ログ取得</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">コントロールパネル</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">FTP</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><span class="defaultwhite"><font size="2">Frontpage </font></span></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">未対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">パスワード認証</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応(.htaccess)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">SSL</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">CRONTAB</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="13" nowrap width="139"><font size="2">携帯電話</font></TD> <TD height="13" width="268"><font size="2">全キャリア対応</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">バックアップ</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">RAID1、RAID5<br> (別マシーンへのデータバックアップ転送はなし)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">対応する転送量、ヒット数</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">約1,000~3,000MB/日 約100,000ヒット/日<br> <br> (数値はあくまで目安です。この値を超えたから即停止されるといった事はありません。 ブログ、テキスト系サイトなどの一般的な構成のサイトの場合は、3,000-5,000MB/日 程度になった場合も認めておりますが、 画像掲示板・アップローダー、マルティメディアファイルのダウンロード・倉庫用サイトなど容易に高負荷がかかる種類のサイトでは 3,000MB/日を長期にわたって超過する場合は、3,000MB/日(実際には30秒から1分当たりの平均送受信データ量で換算)に収まるように帯域 制限、呼び出し数制限を掛けさせていただくことがあります。いずれの場合も、他のユーザー様に影響を与える程の高負荷状態になっている場合は、この限りで はございません。)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">再販</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">ディスク領域の切り売り・再販は禁止、CGIの貸し出しは不特定多数でない場合は可能です。ただし、事前連絡が必要となります。</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">コンテンツ制限</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">アダルト、18歳未満の閲覧が禁止されているコンテンツは禁止。</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">商用利用</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">対応<br> (違法、詐欺まがい、販売者表記の無い商売は禁止)</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> <tr> <TD height="16" nowrap width="139"><font size="2">サポート</font></TD> <TD height="16" width="268"><font size="2">障害、ドメイン・メール設定についてはサポートフォームで常時対応。 個別スクリプトの検証・設置代行、パソコン・ソフトウェアの設定、操作方法については未対応。</font></TD> <TD width="165"></TD> </tr> </tbody> </TABLE> <p><font size="2">※未対応という表記のあるものは今後対応を予定・検討している機能です。</font></p> </HTML>
SurgeSpace社が運営する[[Pakapeko Online|http://www.pakapeko/]]が面白そうなので登録した。(2007.09.25) <HTML> <P><strong>有料版 PAKAPEKO ONLINE のご案内</strong><br> 月額300円で、さらに便利な PAKAPEKO ONLINE をご利用頂けます。<br> 無料版と有料版は次のような違いがあります(異なる部分のみ表示)。</P> <TABLE bgcolor="#ff9900" border="0"> <tbody> <tr> <td> <table border="0" cellspacing="2"> <tbody> <tr align="center" bgcolor="#ffff66"> <td nowrap="nowrap" width="217">機能</td> <td nowrap="nowrap" width="60">無料版</td> <td nowrap="nowrap" width="60">有料版</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap" width="217">広告表示</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">あり</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">なし</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap" width="217">追跡ページ数</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">3ページ</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">50ページ</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap" width="217">追跡結果の保存日数</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">1日</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">31日</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap" width="217">ランキング表示件数</td> <td align="center" nowrap="nowrap">3件</td> <td align="center" nowrap="nowrap">無制限</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap" width="217">汎用カウンター</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">×</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">○</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap" width="217">受信メッセージの保存件数</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">30</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">1000</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap">PAKAPEKO ONLINEから<br> メールアドレスへのメッセージ送信</td> <td align="center" nowrap="nowrap">×</td> <td align="center" nowrap="nowrap">○</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap" width="217">キャラクタ選択</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">×</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">○</td> </tr> </tbody> </table> </td> </tr> </tbody> </TABLE> </HTML>
http://surgespace.com/profile.html  1996年設立 通信関連ソフト開発とWebサービス提供 *[[ぶっとびねっと|ButtobiNet]] *PakapekoOnline
SurgeSpace社が運営する[[Pakapeko Online|http://www.pakapeko/]]が面白そうなので登録した。(2007.09.25) とりあえず、agorian.comとhome.elmblog.comにタグを挿入して実験してみることにした。 {{{ <script src="http://sea.pakapeko.com/trackjs/elmblog/1.js"></script> <noscript><a href="http://www.pakapeko.com/" target="_blank"> <img src="http://sea.pakapeko.com/track/elmblog/?s=0&idx=1" border=0></a></noscript> }}} *PakapekoSample 追跡データをクライアント側でも見れるというので、[[ダウンロード|http://www.pakapeko.com/?n=download]]した。つぎのキャラクタがデスクトップに表示され、クリックしないとアニメで動くという洒落た仕掛けになっている。 [img[img/pakapeko01.gif]] [img[img/pakapeko02.gif]] [img[img/pakapeko03.gif]] ホームページ訪問者からのメッセージを受け取れるタグもあるので試してみる。 ・・・Tiddlywikiの不具合かもしれないが、このサイトではForm以下のコードが処理されない。通常のHTMLファイルではOKであった。[[こちらに|http://agorian.com/archives/2007/09251904.html]]設置した。 <html> <P><strong>有料版 PAKAPEKO ONLINE のご案内</strong><br> 月額300円で、さらに便利な PAKAPEKO ONLINE をご利用頂けます。<br> 無料版と有料版は次のような違いがあります(異なる部分のみ表示)。</P> <TABLE bgcolor="#ff9900" border="0"> <tbody> <tr> <td> <table border="0" cellspacing="2"> <tbody> <tr align="center" bgcolor="#ffff66"> <td nowrap="nowrap" width="217">機能</td> <td nowrap="nowrap" width="60">無料版</td> <td nowrap="nowrap" width="60">有料版</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap" width="217">広告表示</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">あり</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">なし</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap" width="217">追跡ページ数</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">3ページ</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">50ページ</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap" width="217">追跡結果の保存日数</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">1日</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">31日</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap" width="217">ランキング表示件数</td> <td align="center" nowrap="nowrap">3件</td> <td align="center" nowrap="nowrap">無制限</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap" width="217">汎用カウンター</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">×</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">○</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap" width="217">受信メッセージの保存件数</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">30</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">1000</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap">PAKAPEKO ONLINEから<br> メールアドレスへのメッセージ送信</td> <td align="center" nowrap="nowrap">×</td> <td align="center" nowrap="nowrap">○</td> </tr> <tr bgcolor="#ffffff"> <td align="center" nowrap="nowrap" width="217">キャラクタ選択</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">×</td> <td align="center" nowrap="nowrap" width="60">○</td> </tr> </tbody> </table> </td> </tr> </tbody> </TABLE> </HTML>
[[ぶっとびねっと|http://www.buttobi.net/]] 2007.09.25 *ユニークな名前である。興味を引かれ登録した。RentalServer比較の中で、数少ないPHP環境があるのと、無料、容量無制限に魅かれた(笑)SurgeSpaceという企業が運営している。 !!!容量無制限レンタルサーバー *1アカウントあたりのディスク容量 : 無制限 *設置可能なファイル数 : 無制限 *1つあたりのファイルサイズ制限 : 1.5メガバイトまで |CGI|◎| |PHP|◎Version 5.1.6| |FTP|◎| |File Manager|◎| |TELNET|◎(オリジナルシェルを使用)| |商用利用|◎| |ファイル置き場|X| |CGIのみの使用|X| *ページ上部と中部、下部に自動的にテキスト広告が挿入されます。テキスト広告なのでページのデザインを損ねる事もありません。 *ホームページのURLは、わかりやすいサブドメイン制 http://ユーザーID.サーバ名.buttobi.net/
タグを挿入した後でみたら次のような情報がトラックされていた。 <HTML> <TABLE> <TBODY> <tr> <td> <table align="left" border="0" cellpadding="0" cellspacing="0" width="760"> <tbody> <tr> <td width="157"><IMG src="http://mytop.pakapeko.com/pics/cornerlogo.png" height="87" width="157"></td> <td align="center"><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/tracking.gif"><br>1日分の特定閲覧者の閲覧順路<br>[ 2007年 9月 25日 - 218.140.106.14 ]<SCRIPT src="http://sea.pakapeko.com/trackjs/ppoj/36.js"></SCRIPT><A href="http://www.pakapeko.com/" target="_blank"><IMG src="http://sea.pakapeko.com/track/ppoj/?s=1&amp;idx=36&amp;w=1024&amp;h=768&amp;c=32&amp;r=http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/track.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;show1hour=on" border="0"></A> <noscript><A href="http://www.pakapeko.com/"><IMG src="http://sea.pakapeko.com/track/ppoj/?s=0&idx=36" border="0"></A></noscript> </td> </tr> </tbody> </table> </td> </tr> <tr> <td> <table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"> <tbody> <tr> <td nowrap="nowrap" valign="top" width="157"> <table bgcolor="#ffffcc" border="0" cellpadding="0" cellspacing="0" width="100%"> <tbody> <tr> <td align="left" bgcolor="#9c5c00"><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/bar1head.png" height="22" width="7"></td> <td align="center" bgcolor="#9c5c00"><font color="#ffffff"><b>メニュー</b></font></td> <td align="right" bgcolor="#9c5c00"><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/bar1tail.png" height="22" width="7"></td> </tr> <tr> <td></td> <td>&nbsp;</td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/mytop.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt" class="menulink">マイトップ</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/mytop.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showTag=basic" class="menulink">まずやること</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://www.pakapeko.com/?n=download" class="menulink">PAKAPEKO ONLINE Jr.のダウンロード</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td>&nbsp;</td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td class="menulink">アクセス追跡</td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/track.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;show1hour=on" class="menulink">1時間分一望</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/track.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;show1day=on" class="menulink">1日分一望</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/track.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showWay=on" class="menulink">閲覧順路の統計</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/track.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showSurfTime=on" class="menulink">個別閲覧時間</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/track.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showPerson=on" class="menulink">特定閲覧者情報</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td>&nbsp;</td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td class="menulink">ランキング表示</td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/ranking.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showBrowser=on" class="menulink">ブラウザ種別</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/ranking.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showScreen=on" class="menulink">画面解像度</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/ranking.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showColor=on" class="menulink">色数</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/ranking.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showOS=on" class="menulink">OS</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/ranking.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showRefer=on" class="menulink">参照元</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td>&nbsp;</td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td class="menulink">アクセス数</td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/access.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showHourly=on" class="menulink">1時間単位</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/access.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showDaily=on" class="menulink">1日単位</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/access.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showMonthly=on" class="menulink">1ヶ月単位</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/access.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showYearly=on" class="menulink">1年単位</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/access.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showUser=on" class="menulink">汎用カウンター</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td>&nbsp;</td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td class="menulink">ウェブメッセージ</td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/webmsg.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;list=arrival" class="menulink">新着</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/webmsg.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;send=create" class="menulink">送信</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/spacer.gif" height="8" width="10"><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/webmsg.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;list=history" class="menulink">履歴</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td>&nbsp;</td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><A href="https://surgesecure.net/cgi-bin/pakapeko/config.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt" class="menulink">会員情報変更 (SSL)</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td>&nbsp;</td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td><A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/logout.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt" class="menulink">ログアウト</A></td> <td></td> </tr> <tr> <td></td> <td>&nbsp;</td> <td></td> </tr> </tbody> </table> </td> <td valign="top"> <table> <tbody> <tr> <td> <table align="left" bgcolor="#ff9900" border="0"> <tbody> <tr> <td> <table align="left" bgcolor="#ff9900" border="0"> <tbody> <tr> <td align="center" bgcolor="#ffcc00">表示日時</td> </tr> <tr> <td bgcolor="#ffffcc"><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/btn-now.gif" align="absmiddle" border="0">今日 <A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/track.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showPerson=on&amp;ip=218.140.106.14&amp;tv=1190592000" class="link"><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/btn-p1.gif" align="absmiddle" border="0">前日</A> <IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/btn-f1.gif" align="absmiddle" border="0">翌日 <A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/track.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showPerson=on&amp;ip=218.140.106.14&amp;tv=1190073600" class="link"><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/btn-p2.gif" align="absmiddle" border="0">前週</A> <IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/btn-f2.gif" align="absmiddle" border="0">翌週 <A href="http://mytop.pakapeko.com/cgi-bin/track.cgi?sid=ataummcoqxdpzvxirpjbtbjypourzmt&amp;showPerson=on&amp;ip=218.140.106.14&amp;tv=1188000000" class="link"><IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/btn-p3.gif" align="absmiddle" border="0">前月</A> <IMG src="file:///C:/Users/Jack/AppData/Roaming/IBM/Homepage Builder Version 8/tmp/cache/mytop.pakapeko.com/pics/btn-f3.gif" align="absmiddle" border="0">翌月</td> </tr> </tbody> </table> </td> </tr> </tbody> </table> </td> </tr> <tr> <td> <table align="left" bgcolor="#ff9900" border="0"> <tbody> <tr> <td> <table align="left" border="0" cellpadding="2" cellspacing="2"> <tbody> <tr> <td colspan="2" align="center" bgcolor="#ffcc00" nowrap="nowrap">アクセス環境</td> </tr> <tr> <td align="center" bgcolor="#ffff66" nowrap="nowrap">ホスト名</td> <td bgcolor="#ffff66">218.140.106.14 (softbank218140106014.bbtec.net)</td> </tr> <tr> <td align="center" bgcolor="#ffffcc" nowrap="nowrap">ブラウザー</td> <td bgcolor="#ffffcc">Gecko/20070914 Firefox/2.0.0.7</td> </tr> <tr> <td align="center" bgcolor="#ffff66" nowrap="nowrap">画面サイズ</td> <td bgcolor="#ffff66">1024 x 768</td> </tr> <tr> <td align="center" bgcolor="#ffffcc" nowrap="nowrap">同時発色数</td> <td bgcolor="#ffffcc">32</td> </tr> <tr> <td align="center" bgcolor="#ffff66" nowrap="nowrap">OS</td> <td bgcolor="#ffff66">Windows NT 6.0</td> </tr> <tr> <td align="center" bgcolor="#ffffcc" nowrap="nowrap">参照元</td> <td bgcolor="#ffffcc"><A href="http://www.pakapeko.com/cgi-bin/jump2url.cgi?url=http://agorian.com/apps/mt.cgi?__mode=view&amp;_type=entry&amp;id=94&amp;blog_id=1&amp;saved_added=1" class="link">http://agorian.com/apps/mt.cgi?__mode=view&amp;_type=entry&amp;id=94&amp;blog_id=1&amp;saved_added=1</A></td> </tr> </tbody> </table> </td> </tr> </tbody> </table> </td> </tr> <tr> <td> <table align="left" bgcolor="#ff9900" border="0"> <tbody> <tr> <td> <table align="left" border="0" cellpadding="0" cellspacing="2"> <tbody> <tr> <td align="center" bgcolor="#ffcc00" nowrap="nowrap">日時</td> <td align="center" bgcolor="#ffcc00" nowrap="nowrap">インデックス</td> <td align="center" bgcolor="#ffcc00" nowrap="nowrap">URL</td> </tr> <tr> <td align="center" bgcolor="#ffffcc" nowrap="nowrap"> 9/25 18:09:45</td> <td align="center" bgcolor="#ffffcc" nowrap="nowrap">1</td> <td bgcolor="#ffffcc" nowrap="nowrap"><A href="http://www.pakapeko.com/cgi-bin/jump2url.cgi?url=http://agorian.com/" class="link">http://agorian.com/</A></td> </tr> <tr> <td colspan="3" align="center">V 3分39秒 V</td> </tr> <tr> <td align="center" bgcolor="#ffffcc" nowrap="nowrap"> 9/25 18:13:24</td> <td align="center" bgcolor="#ffffcc" nowrap="nowrap">1</td> <td bgcolor="#ffffcc" nowrap="nowrap"><A href="http://www.pakapeko.com/cgi-bin/jump2url.cgi?url=http://www.agorian.com/" class="link">http://www.agorian.com/</A></td> </tr> <tr> <td colspan="3" align="center">合計 3分39秒</td> </tr> </tbody> </table> </td> </tr> </tbody> </table> </td> </tr> <tr> <td> 処理時間0.06秒(うち、ホスト名検索時間0.00秒)</td> </tr> </tbody> </table> </td> </tr> </tbody> </table> </td> </tr> </TBODY> </TABLE> </HTML>
Win95 本体 33MB 37ファイル (1995-07-11)  CD1枚 601MB 153ファイル(Word, Excelなどを含む) Win98 本体126MB 110ファイル (1998-06-11) Win98J 157MB 866ファイル (1998-6-17) Office97 253MB 2108ファイル(Clipartを含む)
<<option chkGenerateAnRssFeed>> GenerateAnRssFeed <<option chkOpenInNewWindow>> OpenLinksInNewWindow <<option chkSaveEmptyTemplate>> SaveEmptyTemplate <<option chkToggleLinks>> Clicking on links to tiddlers that are already open causes them to close ^^(override with Control or other modifier key)^^ <<option chkHttpReadOnly>> HideEditingFeatures when viewed over HTTP <<option chkForceMinorUpdate>> Treat edits as MinorChanges by preserving date and time ^^(override with Shift key when clicking 'done' or by pressing Ctrl-Shift-Enter^^ <<option chkConfirmDelete>> ConfirmBeforeDeleting Maximum number of lines in a tiddler edit box: <<option txtMaxEditRows>> Folder name for backup files: <<option txtBackupFolder>> <<option chkInsertTabs>> Use tab key to insert tab characters instead of jumping to next field
*[[WebArt色見本|ColorTemplate]] *MyHomepages *WebPack *WebClipEmpire ''Ultimate Web Builder 1997'' ニューヨークの出版社~Ziff-Davis がInternet Magazineと一緒に配布した~CD-ROMがある。 FTPやWeb作成ツール60以上がパッケージになっている。まだInternetサービスの黎明期であるが、この後NetscapeはAOLに買収され、Internet Explorerに首位の座を明け渡すことになる。M&Aの風が吹き荒れ、変化の激しいエキサイティングな時代であった。 1997年当時のインターネット接続は28.8Kbpsモデムが主流であった。国ごとに接続のインターフェイスが異なり、セットアップしなおさなければならなかった。接続サービス料金は、4.95ドルから19.95ドルが相場で、インターネットのビジネスモデルも100くらいあった。いま日本で普及したSNS、SecondLifeが芽生えたのもこの頃であるが、満足なレスポンスを得るためには更なる技術の進歩が必要だった。 ''Professional WebPage Building Toolkit 1998'' このZD配布の~CD-ROMに入っていたツールと、Xoomの友人がくれたWebPageが、私の好奇心を刺激し、訳が分からないままにWebページ、ホームページなるものを作り出した。しかし、数ページ作ってはあきらめ、また別の場所でやり始めるといった根気のない、いい加減なWeb制作者だった。それはいまも変わらない。 部屋の片隅にあった昔の~CD-ROMの箱を整理しながら、懐かしく思い出している。 この頃から使っている便利なツールがPaint Shop ProやGIF Animator、Smartsaverである。ブロードバンド接続になるまでは重宝したプログラムに~WebSnakeがある。これは、URLを指定するとそこからリンクされているページも含めてごっそりダウンロードできるソフトである。回線速度が14.4Kbps、28.8Kbpsの時代には、必要なWebサイトを丸ごとダウンロードして、あとでオフラインでゆっくり読んだものである。 Win95用に作られたプログラムだがXPでも問題なく使える。Web素材も25000ファイルあり、選択に困るが、WebClipEmpireではなんと25万件の素材が無料で提供された。壁紙やHPの素材に良さそうな写真やイメージはGalleryに掲載した。
[<img[http://img.kakaku.com/images/productimage/l/20416010552.jpg][http://www.yamada-denkiweb.com/item/detail.php/115179011]] SONY 32V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ ~KDL-32V2500 Yamada 商品番号:115179011 リサイクル 工事 限定 地上波デジタル対応 特価: 119,800円(税込) 13,178ポイント(11%進呈) 価格ドットコム [[¥93,980|http://kakaku.com/item/20416010552/]]  発売日:2006年11月10日 画面サイズ:32インチ 画素数:1366x768 デジタルチューナー内訳:地/BS/110 幅×高さ×奥行:791x592x219mm 重量 17 kg 消費電力 157 W [<img[http://img.kakaku.com/images/productimage/l/20423014643.jpg][http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=TH-37PX70]] Panasonic/National VIERA ~TH-37PX70 比較.com [[¥136,280(税込)|http://www.hikaku.com/shopping/index.html?module=detail&action=Product&product_id=20810079]] 価格.com [[¥136,000円|http://kakaku.com/item/20423014643/]] 08-02 ¥10,9000 発売月 2007年04月 画素数(水平×垂直) 1024×720  消費電力 298W (待機時消費電力:約0.1W)※1  年間消費電力量 209kWh/年※2  外形寸法 幅:917mm 高さ:692mm(スタンド含む) 奥行:94mm(スタンド奥行330mm)  質量 約32kg ''液晶 Viera ~TH-32LX70'' 画素数(水平×垂直) 1366x768 消費電力 126 W 幅×高さ×奥行 791x615x248 mm 重量 18 kg IODATA 地デジ液晶ディスプレイ ~LCD-DTV191XBR [img[http://agorian.com/wiki/machines/iodata/lcd-dtv191xbr.jpg]]
Photos - オリジナルの写真をMySQLデータベースを使って整理するツール http://alexking.org/projects/photos/ Wordpressの開発者として著名なAlex Kingが開発したソフトで、カメラの撮影情報Exifを取り込んで、オリジナルの写真データベースを管理できる。FlickrやPicasaが普及する前に、Webベースで使えるように開発された。Flickrなどのサービスを利用しないで、すべての写真を自分が管理できるサーバ/データベースに保存して、写真一覧を管理したいときに使うとよい。一枚一枚の写真を撮影順に保存し、検索キーワードやメモを追加して管理したい人向けである。 Photosは、いわばデジタル写真のWeb貯蔵庫、保管庫である。サムネールを自動で作成してくれるが、アルバムやスライド作成用ではない。写真の属性データをもとに管理している。活用するためには、撮影場所、日時、テーマなどを自分で入力しておかないと、あとで活用するのがむずかしい。機能が限られ、オールドファッションであるが、そのシンプルなところがよい。プログラムもコンパクトで500KB強にすぎない。最新版は2004年8月のバージョン4.1である。 Photosの機能は、[[Gallery]]にもあるので目的に応じて使い分けると良いだろう。 !!!設置方法 英語版オンラインドキュメント http://www.alexking.org/software/photos/documentation/ *[[alexking.orgからダウンロード|http://alexking.org/projects/photos/]]する。 *photos.zip(245KB)をすべて展開する。 *展開したフォルダーphotos_4.1をそのままWebサーバにアップロードする。 *写真ファイルは、gallery_photos/フォルダーに保存する。フォルダー名は、config.inc.phpで変更できる。 *tempとsaved_copiesフォルダーの属性(パミッション)を「書き込み可能」に設定する。766で良い。 *database.inc.phpをテキストエディターで開いて、database_name, table_name, username, passwordを設定する。table_name以外はphpMyAdminなどを使って作成しておく。 *config.inc.phpも変更する。通常はそのままで動く。 *ブラウザから、create_table.phpを開き、imagesテーブルを作成する。(例){{{http://yoursite.com/photos_4.1/create_table.php}}} *これで完了。index.phpを開いて作業を開始する。 写真ファイルのディレクトリ構成は、gallery_photos/YYYY/MM/DD/filename.jpg あるいは gallery_photos/YYYY/MMDD/filename.jpg にすればファイル名のコンフリクトを避けられる。
<html> <div> <table border="0" style="background:white;width:14em;"> <tbody> <tr> <td valign="bottom" align="center"> <input type="hidden" name="m" value="pc"> <input type="hidden" name="a" value="do_o_login"> <!-- img src="logo/sigma120x28.gif" border="0"><br / --> <b> <span style="font-size:14px;">会員ログイン</span></b></td> </tr> <tr> <td valign="top" align="center"> <form action="http://sns.agorian.com/" method="post" target="_top"> <input type="hidden" name="m" value="pc"> <input type="hidden" name="a" value="do_o_login"> <label for="username">メールアドレス</label><br> <input type="text" name="username" id="username" tabindex="1" size="16"><br> <label for="password">パスワード</label><br> <input type="password" name="password" id="password" tabindex="2" size="16"><br> <label for="is_save"><input type="checkbox" name="is_save" id="is_save" value="1" tabindex="3">次回から自動ログイン</label><br> <input type="image" value="-----" tabindex="4" src="http://agorian.com/sns/sigma/img/login.gif"> <br /><span style="font-size:10px;"><a href="http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_o_password_query" target="_blank">※パスワード再発行</a></span></form></td></tr></tbody></table></html>
[img[img/color.png]]
!!!Homepages circa 1997 *[[Rainbow|MyHomepage/01rainbow/INDEX.HTM]] *[[Marble|MyHomepage/14marble/INDEX.HTM]] *[[Movie|MyHomepage/11movie/INDEX.HTM]]
1997年 Ziff Davis Internet Magazineから無料配布されたWeb制作で使う便利ツールと画像の素材集である。ツールは56本以上紹介されており、素材は2万6千個ある。 同梱されているツール例 ・Byte Catcher ・Gif Animator 1.5 ・Smart Saver ・Web Site Starter Kit ・Web Snake Web素材 (Gallery[[無料素材集]]に保存) ・Animations 11,093個のGIFファイル(165MB) ・Images   15,180個のJPGファイル(143MB) これらのソフトツールや素材は1994~1996年に開発されたもので、Adobe Acrobat3.0やMacromedia Shokwave Flash PlayerあるいはMicrosoft Media Playerなど、現在Webで主流となっているソフトの原型バージョンが含まれている。WebServicesに必要なコアとなるものの多くは10年前に世の中に送り出されているのである。 私自身、PaintShopProやGifAnimatorをいまも使っている。HDD価格性能比が1000倍以上になったからSmartSaverは不要のものとなった。またモデム接続の時代が終わりBB接続になってからは、WebSnakeも使う必要がなくなった。じつに隔世の感がする。10年は大昔になった。
オープンソース関連記事をここに集約する。オープンソースではないが無料で使えるものもインデックスする。 ライセンスはGPLが多いが、中には改造したソースコードを公開する必要がないPHPライセンスを採用しているものもある。 !!!OpenSourceSoftware Xoops WordPress LiveJournal MySQL phpMyAdmin phpBBS WikiEngines MainMan SocialSoftware SiteBar !!!無料ソフト/サービス MovableType (非営利の個人使用で1サーバ1ライセンスは無償) ConduitToolbar|SigmaToolbar GoogleApps|SigmaApps|SigmaTown !!!OpenSourceArticles [[オープンとフリーは同義にあらず]] [[社内SNSをOpenPNEで作ってみよう]]
!!実運用中のWikiサイト例 ◇[[Philosophos|http://wiki.elmblog.com/]]―当初講演でのWikiデモ用に作成した。主として講演用資料作成に活用 ◇[[ΣSIGMA案内|http://sns.agorian.com/sigma/]]―ソーシャルネットワークΣSIGMAの案内と会員用利用手引き ◇[[ΣSIGMA利用手引書|http://wiki.agorian.com/sns/]]―Wiki共同執筆を可能にしたサイト(MySQL使用) ◇[[Mailman利用手引き|http://agorian.com/wiki/mailman/index.html]]―世界的に実績のあるMailmanの使い方を説明 ◇[[WordPress]]―出版用ブログツールWordPress使い方を説明 !!評価・体験版 サーバに設置して評価したWikiサイトの例です。評価用は自由に使えます。 |Wikiサイト例|使用Wikiエンジン|備考| |[[MyWiki]]|日本語版SigmaWiki|本サイト| |[[Philosophos|http://wiki.elmblog.com/]]|FSWiki|講演デモ用に作成| |[[DalmaPlaza|http://elmblog.com/pukiwiki/]]|PukiWiki|評価用| |[[WikiMemo|http://elmblog.com/wiki/memo/]]|phpTiddlyWiki|評価用(MySQL使用)| |[[WikiPlaza|http://plaza.wiki.com/]]|MediaWiki派生|評価用(wysiwygスタイル)| |[[JotSpot|http://plaza.jot.com/]]|商用Wiki|評価用(完成度が高い)| |[[TikiWiki|http://agorian.com/wiki/tiki/tiki-index.php]]|最大規模のWiki|機能豊富だが重い| |[[WikiAgora|http://elmblog.com/wiki/index.cgi/Agora]]|FSWiki|スレーブ機能評価用|
SideBarTabsは、Tiddly風のサイトマップで、すべての記事を日付順、記事タイトル順などに表示することができる。呼ばれているが存在しない記事、どこからも呼ばれていない記事も表示される。 *TimeLine {{{<<timeline>>}}} 日付順にすべての記事の一覧を表示 *TabAll {{{<<list all>>}}} タイトル順にすべての記事の一覧を表示 *TabTags {{{<<allTags>>}}} タグとそのタグがついた記事の一覧 *TabMoreMissing {{{<<list missing>>}}} ある記事から参照しているが存在しない記事 *TabMoreOrphans {{{<<list orphans>>}}} どの記事からも参照されていない記事 *TabMoreShadowed {{{<<list shadowed>>}}} 組込みのオリジナル記事(変更は上級者のみ) 組込み関数(Shadowed)の一つで、{{{ <<tabs txtMainTab Timeline Timeline TabTimeline All 'All tiddlers' TabAll Tags 'All tags' TabTags More 'More lists' TabMore>> }}}と書く。
!!!ストールマンが主張する「フリー」の意味 http://www.kumikomi.net/article/review/2003/11freesoft/11.html  ストールマンは,ソフトウェアはすべてフリーであるべきだという運動を20年近く続けてきた.フリーとは「無料」ではなく「自由」を指す.つまり,彼の言うフリー・ソフトウェアとは,以下のような自由を持つソフトウェアを指し,ソース・コードにアクセスできることが前提となる. * プログラムを任意の目的のために実行する自由 * プログラムの動作するしくみを研究し,自分のニーズに合わせて書き換える自由 * 隣人を助けるためにコピーを再配布する自由 * プログラムを改良し,改良点を公開して,コミュニティ全体の利益を図る自由  ストールマンはフリー・ソフトウェア普及のためにコピー・ライト(著作権)と対立する「コピー・レフト」という概念を生み出した.コピー・レフトはプログラムに著作権があることを明示し,「頒布条件を変更しない場合に限り,プログラムおよびそれから派生したプログラムのコードを利用,変更,再頒布する権利をすべてのユーザに与える」という再帰的な頒布条件を課している.つまり,著作権法という著作権者の権利を守る法律を利用して,プログラムを自由に利用,変更,再頒布できる巧みなしかけを作り出した.その実現方法の一つがGNU ソフトウェアなどに見られるGPLである.いわば,法律を利用して資本主義社会にソフトウェアの電子共産制を持ち込もうとしたのだ.
http://www.webbyawards.com/index.php Key Dates: September 18, 2007: 12th Annual Call for Entries begins November 2, 2007: Early Entry Deadline (discounted entry fee) December 14, 2007: Regular Entry Deadline April 8, 2008: People's Voice Awards voting begins April 27, 2008: People's Voice Awards voting ends April 29, 2008: Webby Award and People's Voice Award Winners announced June 1, 2008: Webby Sunset Cocktails, NYC June 2, 2008: Second Annual Webby Online Film and Video Awards, NYC June 3, 2008: The 12th Annual Webby Awards Gala, NYC Key Facts: The Webby Awards is the Internet's most respected symbol of success. The 11th Annual Webby Awards received over 8,000 entries from all 50 states and over 60 countries worldwide. Webby Awards are awarded in over 100 categories. Judges: Winners are chosen by The International Academy of Digital Arts and Sciences (IADAS), a global organization of industry experts and technology innovaters, such as David Bowie, Harvey Weinstein, Matt Groening, Jamie Oliver, Internet co-inventor Vinton Cerf, RealNetworks CEO Rob Glaser, R/GA CEO Bob Greenberg, and Crispin Porter + Bogusky Partner and Chief Creative Officer Alex Bogusky. Judging Criteria: Winners are selected for recognition based on excellence in the following criteria: Websites & Mobile: Content, Structure and Navigation, Visual Design, Functionality, Interactivity and Overall Experience Interactive Advertising: Creativity, Integration, Overall Experience Film & Video: Concept & Writing, Quality of Craft, Integration, Overall Experience Past Winners: Recognition by the Webby Award puts you in the esteemed group of industry leaders such as Amazon.com, eBay, Yahoo!, iTunes, Google, FedEx, BBC News, CNN, MSNBC, The New York Times, NPR, Salon Magazine, Evite, Meetup, Wikipedia, Flickr, ESPN, Comedy Central, PBS, and The Onion.
*~LiveJournal Server http://www.livejournal.com/doc/server/ 外部のブログサービスでは日時雨滴に一番使っているのがLiveJournalである。正確に言えば、そのクライアントツールであるSemagicを重宝している。知ったこと思ったことの貯蔵庫のように使っている。公開・非公開の設定が簡単なので、気楽に記事を書ける。自分しか使わないのでサイトの体裁も気にならない。少人数でも誰かが見るかもしれないと思うと、多少は化粧したくなるのが人間である。 気に入っているが、公開用に本格的に使うとなると有料サイト契約が必要になる。金額はわずかであるが、すでに三箇所と有料契約をしているのでこれ以上は増やしたくないというのが本音である。でも気に入っている。 LJもオープンソースになっているので自分でサーバ設置しようかとも思うが、今は手が回らない。Galleryを作ったばかりでもあるし、隠れのLife is Adventure!や達磨写真館も作りかけである。おまけにWordpressサイトのフォローもあるといった具合である。暇になったら手を出すことにしよう。 ※あのひろゆきさんも設置したが運用に苦労しているようだ。http://www.asks.jp/
Firefoxアドオンのダウンロード管理機能。 ダウンロード管理ソフトとの連携ができる。 *BitComet * for Windows (BitComet, Download Accelerator Plus, FlashGet, Free Download Manager, Fresh Download, GetRight, GigaGet, HiDownload, iGetter, InstantGet, Internet Download Accelerator, Internet Download Manager, LeechGet, Mass Downloader, Net Transport, NetXfer (Net Transport 2), NetAnts, Orbit, ReGet, Star Downloader, Thunder (Chinese only popular product), TrueDownloader and Ukrainian Download Master [Russian language only] ), WellGet, wxDFast * for Linux / FreeBSD / other Unix-like OSes (Aria, cURL, Downloader 4 X, GNOME Gwget and KDE KGet, wxDFast ) * for Mac OS X (iGetter, Speed Download and wxDFast*) ** wxDownload Fast for Mac OS X is currently available in source form only *[[UseNext|http://www.usenext.de/index.cfm?TD=393858]] *[[BitZip|http://www.download.com/BitZip/3000-2196_4-10652286.html?tag=lst-0-1]] 6.37MB 「証明書のエクスポート」をしろとのメッセがでた。なんのこっちゃ? zxcvbnmでSDにバックアップしとくか?
[[BitComet|http://jp.bitcomet.com/]]はBitTorrentといわれるP2Pプロトコル互換のクライアントソフトウェアで、数十MB~GBクラスの大容量ファイルを多人数へ配信するときに使用される。ファイルとファイルを交換するソフトではなく、現在ダウンロードしている途中の人もアップロードに協力するという仕組みのファイル配布ソフトです。 WinMXなどでは、相手がアップロードしてくれるのをひたすら待つということがない。いわゆる「待ち時間が0」という利点がある。ダウンロードできる相手が存在する場合はすぐにダウンロードがはじまる。人気のあるファイルであればあるほどダウンロードしやすく、高速にダウンロードできる可能性が上がってくる。ファイルが破損しにくく、偽ファイルなどをダウンロードさせられることが少ない。Azureus では、Java の追加インストールが必要だが、BitCometは単体で動くため追加インストールは不要という利点もある。 ファイル検索の機能はない。IPアドレスが明確に見える。設定がむずかしい。Torrentが古くなると、ダウンロードができる可能性がぐっと低くなる。日本ではあまり普及していない。 !!!用語集 トレント(torrent)とは、Bittorrentでファイルを配布する場合に必要な小さなファイルのことです。 BitCometでは、ファイル>torrentの作成からTorrentファイルを作成することができます。 シード、シーダー(Seed, Seeder)とは、ファイルを配布する人の事を言います。 あなたがファイルを100%ダウンロードした後、接続を切らずにそのままにしておくと、 自動的にシードになれます。BitTorrentは参加者同士が、できるだけアップロード帯域を提供する事 によって、ファイルの効率的な転送と、配布者の負荷の低減が実現されますので、全てのユーザーが、できるだけ長く接続を続け、シードの状態を保つ事が期待されています。シードが0の場合、ダウンロードは原則的に完了しません。 リーチャー(Leecher)とは、完成したファイルを持っていないダウンロード中の人のことです。Leechはヒルのことで、ちゅーちゅー吸うことから来ています。アップロードをせずにダウンロードだけをするピアの蔑称という部分もありましたが、最近は健全なクライアントが増えてきたのか、単純に「ダウンロード中のピア」として使われることが多いようです。なお、ダウンロード中も実際にはアップロードもしているのがBitTorrentの仕組みです。 ピア(Peer)とは、 シードとダウンロード中の人(リーチャー(Leech)とも言う)の両者の事です。 負担率(Share Ratio) とは、そのトレントに対しての、アップロード量:ダウンロード量の比率のことをいいます。1.0または100%以上で、ダウンロードした分に相当するアップロードを行なっていることになります。できるだけアップロードに貢献して下さい。このサイトでは300%以上を推奨しています。 健康度(Helth)とは、ピアがダウンロードしているファイルの断片を全て集めた場合に 何個分のファイルができるかをおおまかにあらわした数です。これが1.0または100%以下だとそのファイルは完成しない可能性が高いです。スーパーシードモードのシーダーが配布している場合は100%以下でもいずれ完成することがあります。 米 BitCometの「コメ」ットからきているようです。ビッコメとかコメットさんとか言われることも。 蛙,、青蛙 Azureusというクライアントのことです。BitCometからの接続を拒否しているトラッカー等の場合に併用する人もいます。 μ μtorrentのことです。utorrentと書くこともあります。AzureusよりBitCometに雰囲気が似ているために、代用のクライアントとしては人気があるように見うけられます。 クライアント Torrentファイルを解析して、トラッカーからピア情報を取得し、他のクライアントと通信してダウンロードを実行するプログラムのことです。BitComet、Azureus、μtorrentなどがポピュラーです。 トラッカー クライアントからの要求に応じ、ピアのIPアドレスとポートの一覧を更新して返すサーバー側のプログラムです。このプログラムが組み込まれたサイトをトラッカーサイトと呼ぶことがあります。 クラスタ(Cluster) スウォーム参照。 スウォーム(Swarm) 特定のTorrentファイルを取り扱っているピアの群れのことです。通常、シーダーとリーチャーで構成されています。シーダーがいない場合は、ダウンロードが完了する見込みはありません。  ポート BitComet は、ルーターの向こうのピアからの接続を受け付ける際、1つのポートを監視することができます。ルーターの設定で、監視しているポートを実行しているコンピューターに転送することで、自ら接続に行くだけでなく、外部からの接続を受け付けることができ、より、効率的にファイルが転送できるようになります。設定方法はルーターのマニュアルを参照して下さい。また、UPnPを使用して、自動的に開放することもできます。 タスク BitCometのタスク一覧に表示されている一つ一つのTorrentファイルの登録された状態をタスクを呼びます。
!!!!BitTorrentの仕組み *[[図解|http://jp.bitcomet.com/doc/principles.htm]] *[[ありえるえりあ P2P概論|http://dev.ariel-networks.com/articles/unixmagazine/abstract/]] *[[mininova|http://www.mininova.org/search/?search=]] [[Usenet|http://www.mininova.org/usenext-search.php]]  [[isoHunt|http://www.mininova.org/search/?search=]] *[[TorrentPortal|http://www.torrentportal.com/]] *[[UseNext|http://www.usenext.de/]] !!!!業界情報リンク *[[BitTorrentがP2Pクライアント「μTorrent」を買収|http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/12/08/14177.html]] [[原文|http://forum.utorrent.com/viewtopic.php?id=17278]] (2006/12) ---- BitTorrentClient
NewsUpdates|[[Vista]]|GalleryMain|InternetTV|WebApplications|[[Google]] *SigmaTown|GoogleApps *[[Twitter]] http://twitter.com/ *BitTorrent|BitComet|BitZip|[[μTorrent]]|~FullReleases.com *DHT Network *BNBT Easy Tracker http://bnbteasytracker.sourceforge.net/ 2004年で終了? *MPlayer codec *MPCSTAR  MediaPlayerClassic [[DL|http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=82303&package_id=84358&release_id=403110]] *~AzFLVEnc MPlayerに同梱。各種動画ファイルを、FLV 形式のフラッシュに変換することができる。http://hp.vector.co.jp/authors/VA033749/soft/azflvenc.html *AzMidiPlayer http://hp.vector.co.jp/authors/VA033749/soft/azmidiplayer.html *パソコン快適化ツール徹底比較 http://shop.vector.co.jp/service/special/kaiteki/ ---- ※[[評価ソフト一覧]]|[[インストール・プログラム一覧|InstalledPrograms]]|[[ネットワーク構成|MyNetwork]]|[[Vista不具合と対策|VistaTrouble]]
[img[http://hp.vector.co.jp/authors/VA033749/soft/img/azmidip.png]] BGM用に適した軽量な小さなバー型MIDIプレイヤーです。 * フォルダを単位として再生します * 複数のフォルダを登録して連続再生できます * フォルダ内のファイルを指定して再生することもできます * ランダム再生・リピート再生ができます * MIDIファイル内で記述されているタイトルをスクロールして表示します * 出力MIDIデバイスを指定できます ■動作環境 ---------------------------------------------- Windows 98/Me/2000/XP ■インストール ---------------------------------------------- アーカイブファイルを適当なフォルダに解凍するだけです。 「AzMidiPlayer.exe」を実行すればソフトが起動します。 ■アンインストール ---------------------------------------------- インストール時のフォルダを削除するだけです。 レジストリは使用していません。 ■使用方法 ---------------------------------------------- ▼メインウィンドウ =================== ボタン以外の部分をドラッグしてウィンドウを移動します。 ウィンドウ上で右クリックするとメニューが表示されます。 ボタン : 左から順に「前のファイルへ」「次のファイルへ」「再生」「停止」「リスト」 ▼タスクトレイ =================== 左クリック : 最小化時にメインウィンドウを元の状態に戻します。 ウィンドウが他のウィンドウに隠れているときは前面に表示します。 右クリック : メニューを表示します。 ▼メニュー =================== MIDIデバイス : 出力MIDIデバイスを指定します。 変更は次に再生するファイルから有効になります。 ランダム再生 : ランダム再生します。 ランダムの切り替えをするとファイル再生順がリセットされます。 1つのフォルダをリピート再生 : 現在選択されているフォルダを繰り返し再生します。 最後のファイルの演奏が終了したら最初のファイルに戻ります。 常に前面に表示 : ウィンドウを常に他のウィンドウより前に表示します。 ▼リスト =================== 登録されているフォルダのリストが表示されます。 再生したいフォルダを選択して「再生」してください。 リスト情報は「list.dat」に保存されています。 「list.dat」を削除すれば、リスト情報は初期化されます。 フォルダ追加 : リストにフォルダを追加します。 現在のフォルダをリストから削除 : 現在選択されているフォルダをリストから削除します。 ファイルを指定して再生 : 現在選択されているフォルダのファイルの中から 再生したいファイルを指定して再生します。 ■開発環境 ---------------------------------------------- 開発言語: Microsoft Visual C++ 6.0 (SP5) OS : Windows XP MFCは使用していません。 MIDIの再生にはMCIなどは使わず、独自のルーチンで再生しています。 ■その他 ---------------------------------------------- AzMidiPlayerはフリーソフトです。 著作権は作者であるAzelが所持しています。 使用、転載、配布に制限はありません。 雑誌等への収録も自由です。 転載、配布時はアーカイブファイル名および格納ファイルを改変することを禁止します。 このソフトを使用を使用して発生したいかなる損害にも作者は責任を負わないものとします。 ■連絡先 ---------------------------------------------- バグ報告、ご質問、ご感想、ご要望などはホームページかメールでお願いします。 http://hp.vector.co.jp/authors/VA033749/ azel@rinku.zaq.ne.jp
~WMA6.4相当の機能を備えた軽量級プレイヤー 525万件 最新MPC 6.4.9.0 2006-3-20 実行プログラム(5MB)だけで動くのが良い。 ただし、最新のコーディックはない。 二社がGNU GPLを侵害し商用に使っていることを知った作者が改善・維持の意欲を失ったためであろう。 2005-04-23 GPL violation Recently I've notified about these two products that they use code from the guliverkli project, one of them is free but closed source and not GPLed player (KMPlayer, http://www.kmplayer.com/), while the other is a fully commercial product (http://www.vx30.com/).
日経BPのDigital ArenaというWeb雑誌にReady Boostをテストした結果を書いた記事があった。 <<< 「Windows ReadyBoost」でどれだけWindows Vistaが軽くなるのか?」 http://arena.nikkeibp.co.jp/article/col/20061120/119794/ <<< A社製USBフラッシュメモリー、B、C社製SDメモリーカードは使えなかったという。「システムの高速化に使用されるのに必要なパフォーマンス特性がありません」という無情なメッセージがでたという。空き領域も最低235MBないと使えないとも書いている。 それで我輩も試してみようと思って、パソコン内蔵のSDメモリーカードスロットにT社製1GBのSDメモリーを差し込んでReady Boostにした。使えなかった。「必要なパフォーマンス特性」って何なんだ!と聞きたいが、ビルさんは公表していないそうである。 <html><a href="vista/readyboost.png"><img src="vista/readyboost.png" align="right" hspace="10" width="200" Height="210"></a></html>[>img[MF-KU204GWH|vista/mf-ku204gwh.png]] もうひとつ、4GBのUSBメモリーカード(~MF-KU204GWH)があったのでこれを使ってみた。Ready Boost用に使えたが、なにが変わったのかわからない。プログラムを起動するときにアクセス中であることを示す赤ランプがしきりに点滅するだけである。 件の記事では、最低235MBといっているが、こちらは990MB。おまけに、先ほど気がついたが、「最適なパフォーマンスを得るには3590MB予約することをお勧めします」という。価格.comでの最安価格9,360円(10/14現在)のUSB一本を、どうしてVistaさんにお供えしなければいけないの?メモリー増設でいいじゃないの。「メモリ増設できない貧乏人はVista使うな!」なんて誰かが書いていたなぁ。 SuperFetchもReadyBoostもお客の要望や使い方を無視した開発の典型であろう。
Vista互換のAcrobat(今はAdobe Readerという)最新版8.1.0をインストールした。 これまで慣れ親しんできたAcrobat5 (V5.0.1 2001.03.27)が使えなくなった。 起動すると「既知の互換性の問題」があるというメッセージが表示される。オンラインで解決策を探しても「ありません」とのこと。無視して実行すると、今度は「設定の問題がありWebブラウザでpdfを表示できない」という。「Acrobatで設定を修正しますか」と聞くので「はい」と答える。 「~MS-PMinchoがないため表示できない」とのメッセージ。文字がすべて化けてでてきた。Reader8をインストールする前は表示できた。既存資産を見るためにはReader8を使わないといけない。しかしReader8ではマイナーな変更や一部のテキストや表のコピーができない。Wordで読み編集するためにRTFで保存したり、埋め込みJPGを書き出したりすることができない。 過去の投資を無駄にして、新たに買わせようとする企業エゴなのだろうか。 Reader8になってなにが良くなったのだろうか?表示して読んで印刷するだけの機能は10年前とおなじではないか。見てくれはきれいになったが、これもVistaと同じで化粧をしただけであろう。
XPを使い始めたときからレジストリ問題には泣かされてきたが、Vistaでも改善されていないようである。Webで見つけたRegistry Checkerを実行したらハングアップしたことがあった。 ファイルを整理していて .cbk というファイル(100MB)に気づき、対応プログラムを探すと、「レジストリをスキャンしましょう」というソフトがあった。[[Registry Booster 2|http://www.liutilities.com/products/registrybooster/]]で、スキャンだけでなく問題発見と修復もできるというのでダウンロードした。開発は[[Uniblue|http://www.liutilities.com/about/]]社。MS Certifiedと銘打っているので信用できるかな?念のために、インストール前にシステムの復元ポイントを作成した。 [img[img/registrybooster.png]] またVistaがおかしくなるかもしれないとの不安を抱きながら、実行! 数分たって、「337件の不正項目がある!」とのお知らせ。 参った。10日ほど前に、工場出荷状態に戻したばっかりなのに。 当然、Repair Registryを実行! そのまえにバックアップを取る。最近ソフトが信じられなくなった。 Repairをクリックすると、今度は「エラーを15個しか修復しません。全部修復したいのなら登録しなさい」というメッセージ・・・。面倒くさいなぁ。つぎは購入しろ!といってくるのかな? そのとおりで、Register Nowというのは、購入しないと残りのエラーを修正しません!ということ。 「レジストリの健康状態は最低です」というメッセージが気になるが、レジストリだけでなくVista全身が不健康だからなぁ。対症療法では完治しない! Billさんは自己治癒できなくなっているということか。第三者がそこにビジネス機会を見出したということだ。
@@このメモ内容が古くなった。書き直す。@@ !!!Movable Type ・web215:elmstadt.com/cgi/mt/  2006.07.13凍結(mt3.151ja utf-8) ・elmstadt.com/apps/  mt3.31jaインストール  dbをSQLiteにした(9.52MBが1.4MBになった) つぎの二つはelmblog.comに移行済。 すべて削除可能だが、念のためバックアップした。 ・blog.elmstadt.com だるまBLOG:最終2005.10.10(合計109件) ・home.elmstadt.com HOME制作中:元Eureka.elmstadt.com  →新しいHPにしようとしたが2005.08.08に断念した。青と緑のデザイン。 ・guest.elmstadt.com ゲストブック用に検討したが断念。 !!!移行を検討しているサイト ・www.elmstadt.com Xoopsのメイン・エントリーになっている。  Xoopsはelmstadt.com直下にインストールされており、他のモデュールとの区別が分からなくなった。スパムに汚染され、大量のメール発信が発生。サービスプロバイダーから苦情がきて、汚染されたモデュールを削除した。  運営は凍結したが、コンテンツと学習結果をバックアップした。 ・club.elmstadt.com CS経営用に検討するために試作したもの。  実験のみで運用はしていない。学習用にForumを二つ作った。  コンテンツの移行の仕方が不明。 !!!今後の学習と運用を検討中 ・xoops.elmstadt.com   2006.07.20:Xoops2.0.14をダウンロードしてインストールした。  初期動作はOKだが、旧バージョンのMySQLデータの移行が不明。 ・hs44.elmstadt.com  制御工学同窓会のサイトで今後も運営する。⇒第三回から/homeへ変更⇒sigmatownへ移行?  主に同窓会で撮った写真の紹介。 ⇒未整理の写真集はGalleryへ掲載 ・elmstadt.com/www/ これをwww.elmstadt.comとしようとしたがXoopsとコンフリクトするので断念。現在www.elmstadt.comはelmstadt.comとおなじで旧Xoopsの入り口である。これをxoops.elmstadt.comに移行しようと計画している。  この移行が完了した後で、elmstadt.com/www/をwww.elmstadt.comとしてオープンする計画。この下に旧コンテンツを整理するか、dharma.elmblog.comにするかを思案している。とりあえずwwwの下に、blogとguestを作って試している。 ・elmstadt.com/www/blog/  www公開のアーカイブの保存用 ・elmstadt.com/www/guest/ Movable Typeの学習用に使用予定。
2006-07-15 ・MTを3.31-jaにアップグレード(一年ぶり) ・サポートは「2007年6月末に打ち切り」との通告あり 2006-05-05 ・専用サーバ契約更新(更新期限2007-09-03) 2005-09-05 ・専用サーバ契約更新(200MBと500MBの二本立て) ・独自ドメインelmblog.comを取得 ・だるまBLOGとEUREKAを統合し、新しく契約した専用サーバ(500MB)に移行 ・XOOPSおよびHS44はelmstadt.comで運用継続(運営は事実上停止) 2005-08-29 ・mt3.151-jaを再アップロード 2004-11-17 ・mt3.151-jaにアップグレード 2004-09-03 ・個人ライセンス購入、専用サーバ設置(200MB) ・Movable TypeおよびXoopsをインストールして学習開始 ---- 専用サーバ:ロリポップ!からレンタル(格安だがサービス対応なし) ・料金  初期費用 月額費用 年間費用  1,575円  315円  3,150円 ・スペック  HDD容量 200MB カスタムCGI ○ FTP ○ TELNET x root x ・サービス対応(なし)  24時間対応 x 電話対応 x ウイルスチェック x ---- 独自ドメイン:elmstadt.com ・個人学習用、友人知人用に使用し、一般公開はしない ・多くの容量を必要とする写真、動画は他の無料サービスを利用 ---- 個人出版ツール(WeblogやCMSソフトウェア) ・コミュニティ運営 XOOPS   本格的ツール(商用サービスの核に利用)でお起きのCMS機能あり ・ブログ Movable Type, WordPress, Wikiなど   Movable Typeを中心に利用 ・日記 liveJournal, php/perlで書いたcgiスクリプト多数 現在はLiveJournalを多用している ・掲示板 phpbb, php/perlで書いたcgiスクリプト多数   本格的なフォラム運営はphpbbsが良い。個人的なものはcgiでOK ・チャット TeaCupおよびphp/perlスクリプト   phpスクリプトが簡便でよい ・アクセス解析 Bravenet, CandyBox, Infoseekなど多数   個別ページ解析はcgiスクリプトで十分。 ・HTML(ホームページ作成)ツール   IBMホームページビルダーが使いやすい ・写真・画像・動画の編集ツールなど   無料ソフトがたくさんある。学習手帳を参考に。 [注]ここで引用したソフトはすべて無料で入手(ダウンロードできる)  Movably Typeも個人用は無料(ただしユーザ数無制限は有料)
*07.08.10 Wordpress 2.2.2設置 !!Wordpress設置手順 *最新版をzipまたは.tar.gz形式で[[ダウンロード|http://wordpress.org/download/]]する。 *解凍したフォルダー(wpとする)にあるconfig-sample.phpを開いて、MySQLデータベース名、ユーザ名などを設定し、config.phpという名前で保存する。 *ftpを使ってwpフォルダーをそのまますべてアップロードする。 *ブラウザーで、wp/wp-admin/install.phpを開く。あとは指示通りの手順を踏めば5分でインストール完了である。 [[WordPress MU]]
言語、アプリ、サービスなどに分けて整理する予定。※Philosophosから移行 |ソフト名|概要| |MovableType|2004年7月 lolipopサーバに設置し試用。8月ドメイン取得し運営開始。| |[[Xoops]]2|2004年8月 使用開始。モジュール設計に優れており機能豊富でプロ向き。| |phpBB2|昔のPerlベースのBBSを数種試す。phpBB2が一番機能豊富で安定し実績あり。| |phpAdmin|MySQLの管理に利用。評判のいいオープンソースのひとつ。| |MySQL|レンタルサーバ設置の2.9を利用。時々エラーが出る。PHP4.0以上が趨勢。| |PHP|今後のDHTMLはPHPで開発の方向。優れた言語で軽快。| |Python|素人には難しく使いにくそう。まだマイナーである。プロ向きである。| |Apache|HTTPサーバ市場の70%を占めるオープンソースの雄。XP設置して利用。| |Vox|MovableTypeは上級者向け。一般個人市場を狙って8月からβ投入。| |WordPress|二年前に比べると格段に良くなった。商用のMTを超える機能と使いやすさ。| |PukiWiki|数少ない日本発のオープンソースソフト。Wiki軽量版。個人の情報整理に良い。| |Wikia|もとWikiCities。PleasantonのAngelaががんばっている。日本はまだダメ。| |Wikipedia|押しも押されもしない世界標準になった。4年前とは比べられないほど爆発普及。| |Writely|昨年はじめに登場し瞬く間に人気者になった。将来が楽しみなツールである。| |iRows|半年前に比べてレスポンス改良。ほぼ実用に耐えるのではないか。| |[[Google]] Maps|シリコンバレーでの不動産探しに重宝している。効率が10倍になった。| |Google Sketchup|昔とった杵柄のソフト。ここまでできるようになるのに20年かかった。| |Google Earth|インストール済みだがまだ評価していない。| |FireFox|Mozilla時代に比べ格段に良くなった。R1.0は一年で1億回DL。R2.0は10月の予定| |Flock|06秋リリース予定。Firefoxの拡張版。これを常用しており、快適である。| |flickr|Web2.0 Taggingの代表選手のひとつ。大変重宝している。yahoo!配下。| |del.icio.us|同上で、英語圏ではポピュラーになった。Web2.0要のひとつ。| |PhotoBucket|Flockでアクセスできる。Flickrと競争。| |RocketBoom|vlogの先駆者である。7月にAmandaが降板(させられた)| |MySpace|米国社会に多大の影響。いわゆるMTV世代が牽引している。新しい文化を生んだ。| |YouTube|MySpace同様だが、こちらは徹底したCGMの先頭を走っている。NSNの典型。| |iFilm|YouTubeに比べると影が薄いかもしれないが地道にファンを増やしている。| |Blip.tv|少し出遅れた感じがある。まだよく調べていない。| |BitTorrent|YouTube、RocketBoom、Podcastingなどの進化を支える重要なオープンソース。| |FireAnt|P2pクライアントアプリケーションで使いやすいのがいい。| |[[Azureus]]|FireAnt同様だが、オープンソースのなかで人気が上昇中。| |iTune|ご存知アップルの十八番。コメントの必要はないでしょう。|
!!!検索の鉄人 関裕司 (2004.02.24) メールは最高ニむずかしいツールだが、成功すれば効力はかなりあります。「流し読み」ができるデザインとは、どんなデザインだろうね。 例えば、私の場合は平均して日に300通のメールを受信する。200通以上はいわゆるspam。その他の多くはメーリングリストとメールマガジン。本当に個人宛に来るメールは一日に10通もない。そんな状況で、読まれる・読まれないメールとは。 ■英文字で始まるSubjectは捨てられる可能性大。 受信したメールをSubjectでソートしているので、spamの中に埋もれてしまう。まとめてゴミ箱にぽい。 ■HTML形式は100%捨ててます。 英文もしくは文字化けしているSubjectでHTML形式のものは無条件に捨ててます。見ません。 ■Subjectにスミツキパーレン(【】ね)を使うのも意外と捨てられる可能性大。 こいつを使うメールマガジンが結構ある。それと間違えて捨てるかもよ。 ■日本語による明確なSubjectのメールは捨てない 例えば「セミナー講師のお願い(株式会社○○)」とかね。これならはっきりわかる。 これが「お願い」とか「ご質問」だけだとかなり怪しいし、こんな件名のspamもあるので、捨てられるかもよ。 ■前置きは簡素に。何をしてほしいのか、ストレートに。 くどくどと色々書くのは後にしましょう。まずは、私がお手伝いできることなのか、そうではないのか、をはっきりさせたいのです。
本規約は、当サイトにより提供されるコンテンツの利用条件を定めるものです。以下の利用条件をよくお読みになり、これに同意される場合にのみご登録いただきますようお願いいたします。 !!!phpListユーザ登録 当サイトを利用するにあたり、以下に該当する又はその恐れのある行為を行ってはならないものとします。 ・公序良俗に反する行為 ・法令に違反する行為 ・犯罪行為及び犯罪行為に結びつく行為 ・他の利用者、第三者、当サイトの権利を侵害する行為 ・他の利用者、第三者、当サイトを誹謗、中傷する行為及び名誉・信用を傷つける行為 ・他の利用者、第三者、当サイトに不利益を与える行為 ・当サイトの運営を妨害する行為 ・事実でない情報を発信する行為 ・プライバシー侵害の恐れのある個人情報の投稿 ・その他、当サイトが不適当と判断する行為 【免責】 利用者が当サイト及び当サイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等をご利用されたことに起因または関連して生じた一切の損害(間接的であると直接的であるとを問わない)について、当サイトは責任を負いません。 ---- http://blog.japan.cnet.com/nakajima/archives/003210.html
本規約は、当サイトにより提供されるコンテンツの利用条件を定めるものです。以下の利用条件をよくお読みになり、これに同意される場合にのみご登録いただきますようお願いいたします。 !!!ユーザ登録 当サイトを利用するにあたり、以下に該当する又はその恐れのある行為を行ってはならないものとします。 ・公序良俗に反する行為 ・法令に違反する行為 ・犯罪行為及び犯罪行為に結びつく行為 ・他の利用者、第三者、当サイトの権利を侵害する行為 ・他の利用者、第三者、当サイトを誹謗、中傷する行為及び名誉・信用を傷つける行為 ・他の利用者、第三者、当サイトに不利益を与える行為 ・当サイトの運営を妨害する行為 ・事実でない情報を発信する行為 ・プライバシー侵害の恐れのある個人情報の投稿 ・その他、当サイトが不適当と判断する行為 【免責】 利用者が当サイト及び当サイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等をご利用されたことに起因または関連して生じた一切の損害(間接的であると直接的であるとを問わない)について、当サイトは責任を負いません。 ---- http://blog.japan.cnet.com/nakajima/archives/003210.html
@@参考例@@ 本規約は、当サイトにより提供されるコンテンツの利用条件を定めるものです。以下の利用条件をよくお読みになり、これに同意される場合にのみご登録いただきますようお願いいたします。 !!!ユーザ登録 当サイトを利用するにあたり、以下に該当する又はその恐れのある行為を行ってはならないものとします。 ・公序良俗に反する行為 ・法令に違反する行為 ・犯罪行為及び犯罪行為に結びつく行為 ・他の利用者、第三者、当サイトの権利を侵害する行為 ・他の利用者、第三者、当サイトを誹謗、中傷する行為及び名誉・信用を傷つける行為 ・他の利用者、第三者、当サイトに不利益を与える行為 ・当サイトの運営を妨害する行為 ・事実でない情報を発信する行為 ・プライバシー侵害の恐れのある個人情報の投稿 ・その他、当サイトが不適当と判断する行為 【免責】 利用者が当サイト及び当サイトに関連するコンテンツ、リンク先サイトにおける一切のサービス等をご利用されたことに起因または関連して生じた一切の損害(間接的であると直接的であるとを問わない)について、当サイトは責任を負いません。 ---- http://blog.japan.cnet.com/nakajima/archives/003210.html
@@参考例@@ !!!Mewsnet ニュージーランド 利用規約 ユーザーの皆様は「Mewsnet ニュージーランド」の利用に際して、必ず本利用規約をご一読の上、同意頂きご利用下さい。 <利用規約> 第一条 定義 「Mewsnet ニュージーランド 利用規約」(以下「本規約」)は、「Mewsnet ニュージーランド運営チーム」(以下「運営チーム」)が実施するソーシャルネットワーキングサービス「Mewsnet ニュージーランド」(以下「本サービス」)の利用者と運営チームの関係に関して定めるものとします。本規約は、本サービスの利用に関して生ずる全ての関係に適用されます。なお、会員登録が完了した時点で本規約に同意したものとみなします。同意なき場合には本サービスをご利用いただくことができません。 第二条 自己責任 会員は、自己の責任に基づき本サービスを利用するものとし、以下の注意義務を負うものとします。会員が本規約等に違反したことによって生じた損害については、運営チームは一切責任を負いません。 1.自己の作成したテキストやその他のデータ等について、自己の責任において保存する。 2.本サービスのパスワードについて第三者に知られない様管理する。 3.他の利用者、第三者もしくは運営チームの保有する著作権、肖像権、プライバシー権などの権利を侵さないこと。 第三条 データの管理 データおよびファイルの保存、整合性が確実ではないことを会員は承諾します。不測の事態が発生し、本サービス期間中に蓄積・記録したデータおよびファイルが消失しても運営チームは責任を負わないものとします。 第四条 禁止事項 当サービスでは以下の行為が禁止されています。 1.法令に違反する行為、および違法な行為を勧誘または助長する行為 2.他のユーザーのアクセスまたは操作を妨害する行為 3.サイト運営またはネットワーク・システムを妨害する行為 4.他人の名誉、信用、プライバシー権、パブリシティ権、著作権、その他の権利を侵害する行為 5.他のユーザーに対する中傷、脅迫、いやがらせ、その他経済的もしくは精神的損害または不利益を与える行為 6.民族・人種・性別・年齢等による差別につながる表現の掲載 7.ポルノ、ヌード、猥褻的、暴力的な画像、その他一般の方が不快に感ずる画像、言葉、その他の表現の掲載 8.情報を改ざん・消去する行為、または事実に反する情報を送信・掲示する行為 9.商業用の広告、宣伝、勧誘を目的とするコンテンツを掲示したり、メッセージ機能などの方法で送信(発信)する行為。 10.自分以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらず会社などの組織を名乗ったり、または他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりする行為。 11.他のユーザーの個人情報を収集・蓄積する行為 12.当サービスに関わる記載について、無断でそのコピー、複製、アップロード、掲示、伝送、配布等をする行為 13.その他公序良俗、一般常識に反する行為、運営チームが不適切と判断した行為 以上の行為が確認された場合、掲載情報の変更、登録削除、損害賠償請求を含めたしかるべき処置をとるものとします。 第五条 会員情報の取扱い 運営チームは、当サービスにおいて利用者のプライバシーを尊重し、運営チームのプライバシーポリシーに従い、個人情報を取り扱います。 第六条 規約の変更 運営チームは、利用者への了解を得ることなく本規約を変更できるものとします。この場合、変更後の規約はサイト上に表示した時点より効力を生じるものとします。 第七条 免責事項 運営チームは本サービスの利用に際し、会員に対して発生した損害の一切の責任を負わないものとします。また運営チームは本サービスの利用に際し、会員が第三者に与えた損害の一切の責任を負わないものとし、会員が第三者に与えた損害は会員の責任と費用をもって解決し、運営チームに損害を与えることがないものとします。 第八条 本サービスの中断・終了 運営チームは、サービスを常に良好な状態でご利用いただくために次の一にでも該当すると判断した場合、会員何ら催告することなく、一時的に本サービスを中断できるものとします。この場合に会員に生じた損害について、運営チームは一切責任を負いません。 1.保守を定期的又は緊急に行う場合 2.システムに負荷が集中した場合 3.サービスの運営に支障が生じると運営チームが判断した場合 4.会員のセキュリティを確保する必要が生じた場合 5.火災、停電等により、本サービスの提供ができなくなった場合 6.地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合 7.戦争、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合 8.その他、運用上、技術上、運営チームが本サービスの一時的中断を必要と判断した場合 また、本サービスは運営チームの判断により全部または一部を終了できるものとします。なお本サービス終了日時については会員へ通知を行うものとします。 第九条 管轄裁判所及び準拠法 本規約の解釈はニュージーランド国の法律に準拠するものとし、利用者と運営チームとの間で訴訟の必要が生じた場合、運営チーム所在地の管轄裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
このDalmaWikiの所有者です。講演内容の裏づけをするためにWikiを設置し、評価しています。このWikiエンジンのオリジナルはTiddlyWikiで、個人用備忘録ツールとして便利なので少し改造して、実際に使っています。ご自由に閲覧してください。新規作成や編集もできますので試しに使っていただいて結構です。ただし、新規メモや編集結果はファイルに保存できません。ブラウザーを閉じるとすべて消えます! *Webサイト: http://www.elmblog.com/ *連絡メール: dalma (at) agorian (dot) com
※SigmaBlogに採用 !!Wordpress Multi User Version 1.0 #動作環境の確認と設定 (Apache, DNS, PHP) ⇒サーバー運用者に確認する #htaccess.distファイルまたは.htaccess変更 ⇒下記の注意参照 #ダウンロードしたファイルを解凍し、フォルダー名を (例) wpm とする。 #wpmの全てのファイルを (例)FTPを使って http://example.com/wpm/ にアップロードする。 #MySQLに データベース名 WordPress と全権限をもったアクセスユーザ名 username を作成する。サーバ提供ツールまたは phpMyAdmin を使う。 #http://example.com/wpm/index.php にアクセスしてインストール作業を行う。データベース名、ユーザ名、パスワード、メールアドレスなどを入力する。セットアップが完了すると、wp-config.php と .htaccess が作成され、ログインユーザ名とパスワードがメールされる。 【注意】セキュリティ確保のため、グローバル変数の使用をオフに設定すること。またエラー発生時のメッセージも表示されないようにする。 .htaccessで次の二行を記述する。htaccess.distに追加してもよいが、サーバに依存する。サポートされていないと500エラーが出る。 <<< php_flag register_globals 0 php_flag display_errors 0 <<< *設置URL: http://web2.agorian.com/ にアクセスすると次のようなページが表示される。ユーザ名とパスワードを入力してブログサイトを作ることができる。 <<< WordPress µ This is a WordPress Mu powered site. You can: * Login * Create a new blog * Edit this file at wp-content/themes/home/home.php with your favourite text editor and customize this screen. The Latest News * Site News Hello world! <<< *これまでのWordPressに加えて、'''Site Admin'''機能があり、複数のブログサイトを作成・管理できる。Movable Typeのブログ出版とおなじである。
GoogleApps https://www.google.com/a/ GoogleAnalytics GoogleAjax search ~API Key GoogleMaps ~API Key GoogleTool GoogleTools GoogleService [[Google Picasa2]] [[API設定]]
[[コラボレーションの未来形 - コストも手間も省いた新しいホスティング型アプリケーション サービス|https://www.google.com/a/]] [[Google Apps Standard Edition 契約|http://www.google.com/a/help/intl/ja/admins/terms.html]] ''所有者の確認'' googlehostedservice.html という名前の HTML 確認ファイルを作成し、下記のテキストをファイルにコピーして、 http://sigmatown.com/ にアップロードします。 google3901214a4c69a939 http://google-mania.net/webservice/igoogle http://webos-goodies.jp/categories/google-universal-gadget.html !!SigmaTown ★管理画面(cPanelのDashboard)への[[ログイン|https://www.google.com/a/sigmatown.com/]]  https://www.google.com/a/sigmatown.com/ ◆ホームページ http://partnerpage.google.com/sigmatown.com ◆Mail http://mail.google.com/a/sigmatown.com ◆Docs http://docs.google.com/a/sigmatown.com/ ◆Talk Gadget http://hostedtalkgadget.google.com/a/sigmatown.com/talkgadget/client ◆Calendar http://www.google.com/calendar/hosted/sigmatown.com/ @@注意@@ user@sigmatown.comは、Googleアカウントではない。 Bloggerから招待を受けたときに、Googleアカウント登録が必要になる。 そうすると、メールボックスが二つになるのでは? 招待されたブログ名がダッシュボードに表示され、自由に記事を作成できるようになる。 ただし、元のブログは招待した人が開設したものなので、ブログの設定はできない。 〔設定〕でできるのは、メール投稿用のメールアドレス設定と「このブログから自分を削除」することだけである。 「削除」というのは投稿者としての権限を放棄することで、ブログ自体は残る。
@@書きかけ@@ *[[Writely|http://www.writely.com/]] *[[iRows|http://irows.com/]] *[[del.icio.us|http://del.icio.us/]] *[[flickr|http://flickr.com/photos/elmblog/]] *[[Rocketboom|http://www.rocketboom.com/vlog/]] *[[MySpace|http://www.myspace.com/cicada2005]] *[[YouTube|http://www.youtube.com/user/elmblog]] *[[iFilm|http://www.ifilm.com/ifilmdetail/2768036]]
@@試している@@ !!登録サイト 594844 c2 http://blog.agorian.com/sales/ 594850 c2 http://wp.agorian.com/ !!!WordPress以外のサイトで利用するときはスクリプトを埋め込む。 594846 c2 http://agorian.com 594841 c2 http://sns.agorian.com <<< <!-- GoStats Simple HTML Based Code --> <a target="_blank" title="web usage statistics" href="http://c2.gostats.com/click/594841/web-counter/stats-home"><img src="http://c2.gostats.com/bin/count/a_594841/t_1/i_7/z_/counter.png" style="border-width:0px;width:88px;height:31px" width="88" height="31" alt="web usage statistics" /></a><br /><a style="font: 9px sans-serif" target="_blank" href="http://gostats.com" title="web usage statistics">web usage statistics</a> <!-- End GoStats Simple HTML Based Code --> <<<
 WikiやWikiWikiあるいはWikiWikiWebとは何かについては、オンライン百科事典Wikipediaを参照してください。ここではDalmaWikiについて説明します。  DalmaWikiは、Jeremy Rustonが開発したTiddlyWiki2.0.11を日本語用に改変したものです。Internet ExplorerやFireFoxなどのブラウザーが使える環境で、手軽にオンラインメモを作成、編集できます。HTMLの知識がなくても、簡単なテキストの整形規則(Wikiスタイル)を知れば、すぐWebページを作成、編集できるという特徴があります。 見出しは!から、箇条書きは*からはじめる、表は列を|で区切って…、といったシンプルなものです。もちろん、テーブル(表)やイメージ(画像)も挿入でき、Webページが簡単に作成できます。テキスト整形の詳細については、「[[Wiki表記法]]」を参照してください。 ~~※整形に使う記号!*|は半角で書きます。~~  説明のなかで「メモ」といっているのは、ひとつのタイトルとその内容からなり、エントリあるいは(投稿)記事という呼び方もします。このメモは、章節を付けた文書や報告書あるいはWebページにもなり、すべてのメモをハイパーリンクで相互参照することができます。 メモのタイトルが「DalmaWiki」のように頭文字が英大文字の英数字が二つ以上続いた単語は、自動的に「タイトルがDalmaWikiのメモ」にリンクされます。これをWiki用語と呼びます。日本語タイトルも使えます。リンクは、タイトルを"[["と”]]”で囲めば自動的にリンクが作られます。これを「キーワード」と呼ぶ。Wiki用語は[[]]で囲む必要がないというだけの違いです。「はてな」で使っているのとおなじです。~~※編集で実際に使うときの[[]]は半角で入力します。~~  リンク先のメモが存在しないときは、Wiki用語やキーワードをクリックして新規作成することができます。メモを作成しているときに、あとで説明をしたい用語や別のメモ(記事、文書)で詳細を書きたいときに、Wiki用語やキーワードにしておき、どんどんメモを追加していくという使い方ができます。  また、すでにあるメモの編集、整理が簡単にできるので、複数のメモ(からなる全体の文書)の構成をかえたりしながら、知識を整理・体系化することができます。そうした作業のなかで新しい発想や知恵がうまれることがあるので、企画立案に使いこなすと思わぬ効果を発揮します。しかも、作業の結果がそのまま企画書、報告書、Webページになります。今後、[[Wikiは普及するか]]どうかに関心がある。 ---- *[[Wiki表記法|WikiStyle]]  [[設定の変更]]  [[Wikiエンジン|WikiEngine]]  [[表記法の比較]]
 これまで数年にわたって各種のWikiをダウンロード・設置して、あるいはオンラインで使用してきた。この1~2年で格段の進歩があり、実用に使えるようになった。私のお気に入りは、次の三つで日々の仕事に活用している。 | 名前 | 概要 | 動作環境 | |DalmaWiki|TiddlyWiki(JavaScript版)を日本語化・改造したひとつのHTMLファイル。個人用メモを必要に応じて作成し、Webページに整理するのに適している。Wikiに加えて、HTMLも書ける。ただしWeb上での変更はできない。⇒参考サイト:http://agorian.com/sns/sigma/ |JavaScript+ブラウザ。ローカルWindows XPで作成・保存し、Webにアップロードして公開。| |SigmaWiki|同php版でMySQLを採用。Web上で作成・編集ができる。HTMLコードは使用不可。マクロも制限あり。操作はDalmaWikiと同等。説明書・報告書などの共同執筆やHP作成に便利である。Web上での作成・編集が自在にできる。⇒参考サイト:http://wiki.agorian.com/sns/ |Apache1.3.37+PHP4.4.4+MySQL4.1.21| |FSWiki|YukiWiki派生版。ログイン認証機能とWikiFarmが使える利点あり。<html><br></html>⇒参考サイト:http://elmblog.com/wiki/ |Apache1.3.37+Perl5.8.7| ※DalmaWikiとSigmaWikiは公開しており、だれでもダウンロードして使えます。 ※2007-1-8にphpTiddly 0.5bがリリースされた。TiddlyWiki 2.1.3機能が組み込まれたそうだ。
@@IE6/7は不具合があり整形されません。<html><a href="http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/" rel="nofollow"><img src="http://spreadfirefox.jp/affiliates/t=016/o=image/" alt="Firefox をダウンロード!!" title="Firefox をダウンロード!!" border="0" /></a></html> をお使いください。@@  Wiki関連情報、各種Wikiエンジン試用結果、ソフト設置メモ、ソフト利用手引きなどを備忘録としてDalmaWikiを使って書いています。どなたでも参照は自由ですが、編集はできません。インデックス情報は左側のメニュー[[目次]] を、このサイトの使い方は[[Help|WikiHelp]]を参照ください。Wikiに関心のある方のために、[[Style|WikiStyle]]で表記法を説明しています。 ◆[[仕事に役立つWiki実用ツール|WikiTools]] ◆[[Wikiエンジン]]の種類 ([[日本語版Wiki]]) ◆WikiWikiWeb―無料ソフトを入手しサーバに設置またはアカウントを取得して評価したWikiサイトの一覧。 ◆[[実運用中のWikiサイト例|MyWikiSites]]―このサイトの管理人が実運用しているWikiを使ったサイトの例です。 ◆[[Wiki表記法の比較|表記法の比較]]―Dalma(TiddlyWiki)、PukiWiki、MediaWikiの比較表です。 ◆[[DalmaWikiの表記法|Wiki表記法]]―このサイトで使っているDalmaWikiの使い方です。 ◆[[OpenSourceWiki]] ◆[[Wikiは普及するか]] ◆MyWikiSites体験版―評価用サイトです。自由にお試しください。 ※このサイトは、オープンソースTiddlyWikiを日本語用に改変したDalmaWikiを使って作成しています。GNUライセンスで無料提供されています。 ※お使いになる方は[[ダウンロード]]して、ローカル環境で編集してください。Webサーバからは保存できません。
|マクロ名|書き方<<マクロ名(スペース)パラメータ>>|サンプル| |today|<<today>>|<<today>>| |tag|<<tag タグ名>>|<<tag 目次>> <<slider tocSlider TabTags タグ一覧>>| |>|>|「features」というtagが振られている記事をポップアップ表示| |new Journal|<<newJournal "DD MMM YYYY, hh:mm">>|<<newJournal "DD MMM YYYY, hh:mm">>| |>|>|"DD MMM YYYY, hh:mm" というタイトルのついた記事を作る。DD - 月の日、 MMM - 月の文字表記、MM - 月の数値表記、 YYYY - 西暦年、hh - 時(24時間制)、mm - 分| |tiddler|<<tiddler 記事名>>|<<tiddler 参考記事>>| |slider|<<slider tocSlider a b c>>|<<slider tocSlider 参考記事 参考記事 表示を切替える>>| |>|>| パラメータ tocSlider - cookie名、 a - 記事名、b - ボタン名、c - 説明| |tabs|<<tabs tocSelect ~>>|下記参照| <<tabs tocSelect 目次 "Table of Contents" 目次 参考記事 "References" 参考記事>>
[<img[machines/nikon/d70s.jpg][http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d70s/index.htm]] [[D70S|http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d70s/index.htm]] AF-S DXズームニッコールED18~70mm F3.5~4.5G(IF) 心奪われる一瞬を、決して逃さない。何気ない表情も、鮮やかに残す。あらゆる瞬間をシャッターチャンスに変えてくれる。D70S は、フォトグラファーの「撮りたい」という瞬間の想いに応える瞬発力と描写力を兼ね備えた、先進のデジタル一眼レフカメラです。
@@[[変更履歴]]@@ !!!サーバ環境 *RentalServer *MyMachine *MyNetwork !!!Apache *htaccess  世界的に人気の高いApacheをウェブマスターとして使いこなす方法 [[.htacces実践活用術|http://www.shtml.jp/htaccess/]] *文字化け対策 **一般にはMetaタグで文字コードを指定するが、これを無視してISO-8859-1で表示するブラウザがある。これに対処するために .htaccess で文字コードを指定する。@@{{{AddType "text/html; charset=Shift_JIS" .html}}}@@ **これにより、拡張子が「.html」であるファイルは全てShift_JISであると決め付けることができる。文字コードが原因で、Javascriptが特定のブラウザで動かなくなることがある。この場合にも.htaccessによるcharsetの指定は有効である。 !!!PHP *php.ini *エラー処理 *cron job *catch all *phpMyAdmin *phpinfo.html !!!サイト解析 *Googleサイト登録 *GoogleAnalytics *StatCounter *GoStats *Alive Chat !!!FTP *Secure FTP *phpwebFTP !!!利用規約など *SiteAgreements
*[[サイト利用規約]] *[[利用規約]] *[[個人情報保護方針]] ---- ''Sample'' *[[nz利用規約]] *[[Nikonサイト]]
!!本サイトを利用される方へ {{subtitle{ 「MyWiki 飛耳長目」サイトのご利用にあたり}}}本サイトは、達磨居士が運営しています。本サイトからリンクされているつぎのサイトも達磨居士の運営によるものです。これらのサイト内サービスのご利用についての規程は「SNS利用規約」をご参照ください。 [<img[img/arrow02.gif]]SNS利用規約 {{subtitle{ 個人情報保護について}}}本サイト内での個人情報の取り扱いについては、「個人情報保護について」をご参照ください。 ◇個人情報保護について {{subtitle{ 著作権について}}}本サイト内に掲載される内容の著作権の取り扱いについては、達磨居士 ホームページ利用規程をご参照ください。 ホームページのご利用にあたって {{subtitle{ 推奨ブラウザ}}}Windows: Microsoft Internet Explorer 5.5 / Netscape 7.02 MacOS: Microsoft Internet Explorer 5.1 / Netscape 7.02 {{subtitle{ JavaScript}}}本サイトではJavaScriptを使用しております。JavaScriptがご使用になれない環境で閲覧した場合、一部のコンテンツでサービスをご利用いただけない場合がございます。 {{subtitle{ スタイルシート}}}本サイトではコンテンツの表示にスタイルシートを使用しております。スタイルシートをご使用になれない環境で閲覧した場合、コンテンツの表示に不具合が生じる場合がございます。 {{subtitle{ プラグイン}}}本サイトでは、ご利用の際に以下のプラグインを必要とする場合がございます。 [<img[help/img/getflash.gif]] Flash Player 本サイトではMacromedia Flashを使用しております。閲覧にはMacromedia Flash Playerが必要です。最新のMacromedia Flash Playerはマクロメディア社のサイトより無料でダウンロード可能です。 [<img[help/img/getadobe.gif]] Adobe Reader 講演資料などのPDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader ® が必要です。最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。 [<img[help/img/getquicktime.gif]] Quick Time 旅のビデオなどの3Dコンテンツをご覧いただくためには、QuickTimeプラグインが必要です。最新のQuickTime Playerはアップル社のサイトより無料でダウンロード可能です。
[<img[machines/nikon/coolpix950.jpg][http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/compact/coolpix/950/]] 総画素数 211 万画素 CCD が持つ高画素のメリットを最大限に引き出す、専用開発の 3 倍ズームニッコールレンズを搭載した [[COOLPIX950|http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/compact/coolpix/950/]]。 起動時間やレリーズタイムラグ、REC-PLAY の切り換え時間を短縮し、シャッターチャンスを逃しません。また、4,726 ステップの高精度なピント合わせをスピーディに行う、卓越したオートフォーカスを新たに搭載しています。簡単な操作で思い通りの絵づくりが可能な、絞り優先オートやシャッター優先オート、複雑な光を巧みに読み取る 3 種類の測光モードなど、撮影者のイメージを見事に再現するための多彩な機能も盛りだくさん。さらに、3 種類のコンバータレンズや増灯ブラケットなど、撮影を楽しむアクセサリーも充実しています。 希望小売価格(税別) 125,000円
|Standard Periodic Table (ref. Wikipedia)|c || !1 | !2 |!| !3 | !4 | !5 | !6 | !7 | !8 | !9 | !10 | !11 | !12 | !13 | !14 | !15 | !16 | !17 | !18 | |!1|bgcolor(#a0ffa0): @@color(red):H@@ |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>||bgcolor(#c0ffff): @@color(red):He@@ | |!2|bgcolor(#ff6666): Li |bgcolor(#ffdead): Be |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>||bgcolor(#cccc99): B |bgcolor(#a0ffa0): C |bgcolor(#a0ffa0): @@color(red):N@@ |bgcolor(#a0ffa0): @@color(red):O@@ |bgcolor(#ffff99): @@color(red):F@@ |bgcolor(#c0ffff): @@color(red):Ne@@ | |!3|bgcolor(#ff6666): Na |bgcolor(#ffdead): Mg |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>||bgcolor(#cccccc): Al |bgcolor(#cccc99): Si |bgcolor(#a0ffa0): P |bgcolor(#a0ffa0): S |bgcolor(#ffff99): @@color(red):Cl@@ |bgcolor(#c0ffff): @@color(red):Ar@@ | |!4|bgcolor(#ff6666): K |bgcolor(#ffdead): Ca ||bgcolor(#ffc0c0): Sc |bgcolor(#ffc0c0): Ti |bgcolor(#ffc0c0): V |bgcolor(#ffc0c0): Cr |bgcolor(#ffc0c0): Mn |bgcolor(#ffc0c0): Fe |bgcolor(#ffc0c0): Co |bgcolor(#ffc0c0): Ni |bgcolor(#ffc0c0): Cu |bgcolor(#ffc0c0): Zn |bgcolor(#cccccc): Ga |bgcolor(#cccc99): Ge |bgcolor(#cccc99): As |bgcolor(#a0ffa0): Se |bgcolor(#ffff99): @@color(green):Br@@ |bgcolor(#c0ffff): @@color(red):Kr@@ | |!5|bgcolor(#ff6666): Rb |bgcolor(#ffdead): Sr ||bgcolor(#ffc0c0): Y |bgcolor(#ffc0c0): Zr |bgcolor(#ffc0c0): Nb |bgcolor(#ffc0c0): Mo |bgcolor(#ffc0c0): Tc |bgcolor(#ffc0c0): Ru |bgcolor(#ffc0c0): Rh |bgcolor(#ffc0c0): Pd |bgcolor(#ffc0c0): Ag |bgcolor(#ffc0c0): Cd |bgcolor(#cccccc): In |bgcolor(#cccccc): Sn |bgcolor(#cccc99): Sb |bgcolor(#cccc99): Te |bgcolor(#ffff99): I |bgcolor(#c0ffff): @@color(red):Xe@@ | |!6|bgcolor(#ff6666): Cs |bgcolor(#ffdead): Ba |bgcolor(#ffbfff):^^*1^^|bgcolor(#ffc0c0): Lu |bgcolor(#ffc0c0): Hf |bgcolor(#ffc0c0): Ta |bgcolor(#ffc0c0): W |bgcolor(#ffc0c0): Re |bgcolor(#ffc0c0): Os |bgcolor(#ffc0c0): Ir |bgcolor(#ffc0c0): Pt |bgcolor(#ffc0c0): Au |bgcolor(#ffc0c0): @@color(green):Hg@@ |bgcolor(#cccccc): Tl |bgcolor(#cccccc): Pb |bgcolor(#cccccc): Bi |bgcolor(#cccc99): Po |bgcolor(#ffff99): At |bgcolor(#c0ffff): @@color(red):Rn@@ | |!7|bgcolor(#ff6666): Fr |bgcolor(#ffdead): Ra |bgcolor(#ff99cc):^^*2^^|bgcolor(#ffc0c0): Lr |bgcolor(#ffc0c0): Rf |bgcolor(#ffc0c0): Db |bgcolor(#ffc0c0): Sq |bgcolor(#ffc0c0): Bh |bgcolor(#ffc0c0): Hs |bgcolor(#ffc0c0): Mt |bgcolor(#ffc0c0): Ds |bgcolor(#ffc0c0): Rg |bgcolor(#ffc0c0): @@color(green):Uub@@ |bgcolor(#cccccc): Uut |bgcolor(#cccccc): Uuq |bgcolor(#cccccc): Uup |bgcolor(#cccccc): Uuh |bgcolor(#fcfecc): @@color(#cccccc):Uus@@ |bgcolor(#ecfefc): @@color(#cccccc):Uuo@@ | | !Lanthanides^^*1^^|bgcolor(#ffbfff): La |bgcolor(#ffbfff): Ce |bgcolor(#ffbfff): Pr |bgcolor(#ffbfff): Nd |bgcolor(#ffbfff): Pm |bgcolor(#ffbfff): Sm |bgcolor(#ffbfff): Eu |bgcolor(#ffbfff): Gd |bgcolor(#ffbfff): Tb |bgcolor(#ffbfff): Dy |bgcolor(#ffbfff): Ho |bgcolor(#ffbfff): Er |bgcolor(#ffbfff): Tm |bgcolor(#ffbfff): Yb | | !Actinides^^*2^^|bgcolor(#ff99cc): Ac |bgcolor(#ff99cc): Th |bgcolor(#ff99cc): Pa |bgcolor(#ff99cc): U |bgcolor(#ff99cc): Np |bgcolor(#ff99cc): Pu |bgcolor(#ff99cc): Am |bgcolor(#ff99cc): Cm |bgcolor(#ff99cc): Bk |bgcolor(#ff99cc): Cf |bgcolor(#ff99cc): Es |bgcolor(#ff99cc): Fm |bgcolor(#ff99cc): Md |bgcolor(#ff99cc): No | *Chemical Series of the Periodic Table **@@bgcolor(#ff6666): Alkali metals@@ **@@bgcolor(#ffdead): Alkaline earth metals@@ **@@bgcolor(#ffbfff): Lanthanides@@ **@@bgcolor(#ff99cc): Actinides@@ **@@bgcolor(#ffc0c0): Transition metals@@ **@@bgcolor(#cccccc): Poor metals@@ **@@bgcolor(#cccc99): Metalloids@@ **@@bgcolor(#a0ffa0): Nonmetals@@ **@@bgcolor(#ffff99): Halogens@@ **@@bgcolor(#c0ffff): Noble gases@@ *State at standard temperature and pressure **those in @@color(red):red@@ are gases **those in @@color(green):green@@ are liquids **those in black are solids
今年三月にリリース後人気が出て11月には100万件を突破の見込みか BitCometを嫌うトラッカーやシーダーがBitZipに切り替えるかもしれない。 それにしてもあの「[[蛙|Azureus]]」はどうしたかな?
Windows Media Player, Real Player, Quick Timeなどあらゆる製品向けのコーデックを組み込んで、なんでも再生しようとする試みのメディアプレイアである。しかし、再生できない形式のファイルがまだ多い。 達磨居士が欲しいのは、avi, mpeg1, mpeg2, mpeg4, wma, mov, 3gp, そしてflvすべてが再生できるプレイヤーである。 |||
動画撮影の歴史 長女が生まれたときに8mmカメラを買った。部屋を暗くして映写機でスクリーンに映すのが面倒だが、なかなか味わいがあって良かった。三年ほど使ったあとは押入れに眠ったままである。10年後に懐かしくなって映写機を取り出して撮影会をしようとしたら、ハロゲンランプが切れていた。探し回って、やっと新宿のヨドバシカメラで見つけた。いまはもう売っていないかもしれない。フィルムからデジタル化できるようだが一本(3~5分かな)一万円と高い。数十万円の出費は大きいのでそのままにしている。 次女が生まれ海外駐在も決まったときに思い切ってビデオカメラを買った。ソニー8ミリビデオが発表される数年前のことである。人生の棚卸の一環で、愛用品についても棚卸をしよう。この記事は少しずつ調べて書いたが、初代から三代目までのカメラの写真がインターネットで見つからなかった。やっと見つけたのが二本ビクター株式会社の[[VHS博物館|http://www.vhs-std.com/jpn/museum/products/JVC/JVC_prd.htm]]であった。 1983年春に買った記憶があるので、同博物館に掲載されているVHS-C 1号機 コンパクトビデオシステム「CityJack」 の気がする。83年以前発売ではこれしか掲載されていない。[[CityJack HR-C3 GZ-S5 (1982)|http://www.vhs-std.com/jpn/museum/products/JVC/cPage/1982CityJack-HR-C3_GZ-S5/index.htm]] National VZ-C50 http://sts.kahaku.go.jp/sts/set_brws_01.php?id=9001 http://sts.kahaku.go.jp/sts/detail.php?id=9001&key=900190011007&APage=1 松下電器・マックロードGT4 「中村さんちのマックロード」 http://www.dentsu.co.jp/trendbox/adnenpyo/r1983.htm http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k46780333 http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m31624419 {{subtitle{初代ビデオカメラ(1983年5月頃購入)}}} 価格は30万円くらいしたと思う。右肩にカメラ、左肩にVCRレコーダーをぶら下げて撮影。重量感にあふれたプロが使うようなビデオカメラだった。撮影前に、白い被写体で「ホワイトバランス」を調整するのが面倒だった。これを怠ると色合いが変で、にじんだりした。旅に出たときは、「白い被写体」などそうあるものではないので、真っ白のTシャツを着た女房の背中でホワイトバランスを調整したものだ。 {{subtitle{二代目(1987年頃)}}} [>img[machines/victor/GR-S55s.jpg][machines/victor/GR-S55.jpg]][>img[machines/victor/enlarge.gif][machines/victor/GR-S55.jpg]] 一体型のVCR!総容量も重量も1/3くらいになった。出張で日本に行ったとき秋葉原で見て、こんなにも小さくなったのかとびっくりした。その場で大枚を叩いて買った。30万円はしたかな?いまは押入れの中に眠っている。テープはS-VHS-Cで、撮影時間は一本20分くらいだった。アメリカ時代の旅の記録のほとんどを、このビデオカメラで撮った。大切な家族の記録なので、デジタル化して半永久保存にする予定である。 GR-S55 Compact Video Movie 1987(昭和62)S-VHS C ムービー1号機 本体25万円+アクセサリ類5~6万円 テープはS VHS-C(録画20分間)一本2200円 {{subtitle{三代目(1996年1月)}}} はじめて液晶が付いた、パスポートサイズのポケットビデオ!テープもminiDVになった。95年末商戦で安くなって、秋葉原で30万円だったと思う。インターネット検索したらあった!もちろん生産終了だが、当時の最高性能機種だった。ノートPCと同じで、軽くて小さいものを最優先で買った。二回目のアメリカ駐在時代だが、海外を飛び回ることが多い時期だったので重宝した。これとポケットOasisが必需品だった。ノートPCはまだ重かった! [<img[machines/victor/gr-dv1.jpg][http://www.jvc-victor.co.jp/dvmain/gr-dv1/index.html]] *CCD総画素数(有効) 1/3型高精度カラーCCD 57万(33万)画素 *レンズ(35mm換算) F1.6、f=4.5mm~45mm(40.6mm~406mm) *ズーム デジタル・最大100(光学10)倍/2スピード *本体質量 約450g 撮影時総質量(テープ、バッテリー、ストラップ等含む) 約520g @@clear(left):display(block): @@ {{subtitle{四代目(2002年11月?)}}} 達磨居士が2007年の現在も愛用するのは、GRシリーズ第二世代のモデル(?年発売) デジタル200倍ズーム、SDメモリーがはじめて搭載され、静止画(1600x1200)も撮影できるようになった。テープはGR初代と同じだが、録画時間が70分になった。基本形はそれほど変わらず、価格性能が良くなっている。それでも20数万円だったかな?出張や旅の友として重宝する。いまも現役で使っているが、きれいに撮れる。 [<img[machines/victor/gr-dvp9.jpg][http://www.jvc-victor.co.jp/dvmain/gr-dvp9/index.html]] ~GR-DVP9 [img[machines/victor/enlarge.gif][machines/victor/gr-dvp9b.jpg]] ■1/4型CCD 133万画素(動画有効:69万画素、静止画有効:125万画素) ■ 「水平解像度約540本の高精細動画」 ■レンズ F1.8光学10倍ズーム/デジタル200倍ズーム  (f=3.8~38mm/35mm換算:49.0mm~490mm) ■音声信号記録 PCMデジタル記録16bit 2ch(48kHz) ・12bit 4ch(32kHz) ■ 「USB動画転送機能」(ビデオCD作成対応)・「MPEG4動画メモリー」 ■本体質量 約350g 撮影時質量 約420g @@clear(left):display(block): @@ <参考> *2001年3月 ~GR-DVP3 68万画素 税別263000円(本体235000+標準アクセサリ28000)  *2002年3月 ~GR-DVP7 102万画素(水平解像度530本) 静止画有効96万画素 店頭価格18万円? ---- 昔買ったDVの写真を探していたら、楽天オークションでexemode DV572が何点か出品されており落札価格は1万円!新品である。動画5M、静止画12Mでカタログ性能は他機種と遜色なし。昨日は二台一組で出品された。残り時間9時間の時点で1円、入札者がいない!もうひとつはマイクロSDカード1GB付きでやはり一円だが、残り時間3時間で入札者がひとり!いかに売れない商品かということで、在庫処分中なのだろうう。 http://www.exemode.com/product/dv572.html
[[SpyBot|http://www.safer-networking.org/en/index.html]] [[日本語|http://www.safer-networking.org/jp/index.html]] [[KingSoft|http://www.kingsoft.com/]] [[日本語|http://www.kingsoft.jp/]] [[PCSafe|http://www.pcsafe.com/]]
#〔画像の編集〕で、拡大・縮小すると、「パスワードの変更に成功しました」という表示がでるが、これはシステムの間違い。正しくは「拡大・縮小に成功しました」である。[>img[gallery/dhtml.png]] #DHTMLクイックリンク(右の画像)をクリックしたとき500サーバエラーが出る。ログインして使わないで放置すると、そのセッションが無効になる。これが原因で次のようなエラーが出る。このときは、トップメニューからアクセスするか、再度ログインする。 >500 Server Error >A misconfiguration on the server caused a hiccup. Check the server logs, >fix the problem, then try again. >URL:http://gallery.agorian.com/.../g2_GALLERYSID=TMP_SESSION_ID_DI_NOISSES_PMT
!!1.新規登録します [>img[http://agorian.com/gallery/help/img/01-login.png]] Galleryホームページ(http://gallery.agorian.com/)から 〔新規登録〕をクリックしてGalleryメンバー登録をしてください。管理人が有効化したあとに、ログインできます。 !!2.ログインします 登録時に入力した「ユーザ名」と「パスワード」を入力して、〔ログイン〕ボタンを押す。 @@Gallery>登録会員>フルネーム@@ というWebページが作られます。URLは、 @@http://gallery.agorian.com/main.php/v/Sigma/ユーザ名/@@ ユーザ名、フルネームは、登録時に入力したものです。 !!3.アイテム(写真、画像)を追加します 〔画像を追加してください〕をクリックします。 [img[http://agorian.com/gallery/help/img/02-addPhoto.png]] 写真や画像を追加する方法はいくつかありますが、まず〔@@ブラウザから@@〕アップロードします。 一枚ずつキャプションをつけて追加する確実な方法です。 〔参照〕ボタンを押し、パソコンにある写真を選択して、〔アイテム追加〕ボタンを押すと追加されます。 [img[help/img/04-browser.png][http://agorian.com/gallery/help/img/03-addItem.png]] アップロード完了メッセージが表示されるとOKです。いま追加した写真が、アルバム(ユーザ名)のタイトル画像(ハイライト)になります。ハイライトはあとで変更できます。「あなたの名前」(フルネームが表示)をクリックすると、あなたのアルバムに移動します。 [img[http://agorian.com/gallery/help/img/05-done.png]] これが再度ログインしたときの最初のページになります。 〔アルバムアクション〕から〔アイテム追加〕を選択して、新しい写真を追加することができます。 [img[http://agorian.com/gallery/help/img/06-youralbum.png]] ---- 複数アイテムを一括して追加する方法 | アルバムの作成 ---- 写真の整理を保存し、 写真ブログ風に紹介できます。 ΣSIGMAと同じサイトを利用しており、登録・利用は無料です。 写真を介して、仲間の交流を深め、お互いに楽しめるでしょう。 日々の写真、旅の写真、あるいは同窓会などで撮った写真を 仲間に公開して楽しみましょう。Gallery は、 みんなの写真アルバムを中心とした日記・ブログ・SNSです。 登録・利用は無料です。ひとり1GBまで使えます。 大きさ2M(1600x1200)の写真(JPEG品質80%)が 5000枚以上保存できます。これを超える容量が必要な人は、 各人のサーバをお使いください。100GBで月300円ほどです。 ---- ブラウザのアップロードまたはGallery Remoteを使って追加したオリジナル写真。ただし1600x1200以内にリサイズされている。EXIFデータも引き継がれ、フルサイズ版でそのデータが表示される。 ※サーバのJavaAppletなどを使ってサーバ側でリサイズするとEXIFデータは失われる。 ※リサイズ版は4種類作成できるが、その大きさはテーマに依存する。たとえばAjaxianでは、標準を700に設定しているが、これ以外のリサイズ版は不要だろう。フルサイズでのスライドを見ればよい。それ以外は見にくいだけであろう。 ※画像を任意の大きさに拡大・縮小することもできる。オリジナルを保存するか、上書きするかを選択できる。ただし複製写真は上書きできない。 ※ディスクを節約するために、画像の複製を作成して、別のアルバムに掲載できる。この画像は複製である。 ---- この画像はGalleryトップページのスナップショットです。アルバムの構成や写真の配置、大きさ、表示する項目、背景色、使える機能の選択、閲覧権限などを標準として定めたテーマが9種類あります。Gallery標準のテーマは「Carbon」で、この「ご案内」のテーマは「Ajaxian」とよぶものです。各テーマごとのサンプルアルバムを見てください。自分好みのアルバム構成にすることができ、いつでも変更できます。
@@作成中@@
@@作成中@@
このWikiはひとつのHTMLファイルで、各記事の作成・編集などすべてがJavascriptで処理されている。これまでは、このHTMLファイルの{{{<head>}}} セクションを変えることができなかった。たとえば、周期的なバナーの表示(広告に使われる)や外部ファイルのメタタグを利用するときは{{{<head>}}} セクションに記述する必要がある。 これを可能にするのがCustomMarkupで、つぎの四つの shadow tiddlers からなる。 |!Title |!Location |!Marker | |MarkupPreHead |Start of the {{{<head>}}} section |{{{<!--PRE-HEAD-START-->}}} | |MarkupPostHead |End of the {{{<head>}}} section |{{{<!--POST-HEAD-START-->}}} | |MarkupPreBody |Start of the {{{<body>}}} section |{{{<!--PRE-BODY-START-->}}} | |MarkupPostBody |End of the {{{<body>}}} section |{{{<!--POST-BODY-START-->}}} | MarkupPreHead is the only one with shadow content: a link to the default location of the RSS feed. 要するに、MarkupPreHeadに書いたテキスト(HTMLタグ)が {{{<head>}}} セクションに書かれるということ。
FreeMind iMindMap
[img[DigitalWorkflow|machines/photo/digital-workflow.jpg]] デジタルカメラマンは「デジタルワークフロー」という用語を使う。これは画図を編集する順序のことで、この順序にしたがうことにより、編集した画像の品質に大きな違いが出ることがある。 ''露出と色の調整'' まず「自動調整」で、画像の明るさ、コントラスト、色温度、色合いをすべて最適化する。気に入らないときは「露出」を調整し、そのあとで「色」を調整する。思うような結果が得られないときはいつでも「元に戻す」ことができる。 【注意】初期状態では元の画像が置き換えられてしまう。次項参照。 ''元の画像と編集後の画像'' 元の画像を残すためには、Windowsフォトギャラリー「ファイル」、「オプション」を開いて「元の画像がゴミ箱に移動されるまでの時間」を設定しておく。デフォールトが「実行しない」になっているので、これを1日~1年のいずれかを選択する。これにより、編集をしたあとでも「最初の状態」に戻すことができる。 *「ファイル」、「コピー」をクリックすると、元の画像は保存され、編集用の画像ができる。この時点で画像サイズは半分近くになる。 たとえば、カメラで撮ったオリジナル写真の大きさが2240x1488、画質(JPG)が標準(ノーマル)のとき、サイズが800KBだったとすると、400KBになる。大きさは変わらないが、コピーしたときにコンピュータの標準品質(JPG量子化率)90%に変換されるためである。 この場合、デジカメで撮影したときのJPG量子化率は95%(標準の画質)くらいだろう。設定がファインのときは98%くらいだと推察する。RAWは別の圧縮方法(12ビット圧縮50~60%)である。 デジカメによって設定が異なるが、カシオ、ソニー、ニコンの例でみると、高品質が98%、標準が95%、基本が90%くらいであろう。ファイルサイズがそれぞれ1.6MB, 800KB,400KBくらいになる。 デジタル処理をする場合、元データが300dpi、ディスプレイ表示では普通72dpiか96dpiであるから、デジカメでいう高い画質は必要がない。 ハイビジョン映像といっても、720x540とかその倍の1480x1080である。パソコンの解像度は1024x768が一般的である。 したがって、いずれ50~100インチの大画面で表示するとしても2240x1488あれば十分である。そう思ってNikonではこの大きさ(M、ノーマル)で撮っている。 パソコンや32インチTVのディスプレイで見る場合の画像の大きさは、1600x1200にしている。1024ディスプレで、Webブラウザでみる場合は、720x540が最適である。これ以上大きいとスクロールしなければいけなくなって面倒である。 1600ディスプレイでフルスクリーンでのスライド表示をするときを考えると1600x1200で保存しておくのが望ましい。これまでは800x600または640x480が多い。 昭和時代の写真は35ミリフィルム(1.4インチ)をスキャンしてデジタル化したから320x240くらいで見るほうがきれいに見える。
写真(画像)の編集・整理用のソフト、それも無料で使えるものがたくさんある。わたしはこれまで十数種類のソフトを使ったが、年を経るごとにいいものがリリースされてきた。プリンタやスキャナー、そしてデジカメを買うとかならず編集・印刷用のソフトがついている。わたしもNikon, Sony, Casio, Canon, Epsonのソフトを使った。もちろんパソコンにもたくさんの付属ソフトがあるし、Vectorや杜の窓を覗けば、フリーウェアがいっぱいある。また、グーグル博士に聞けば、たくさん([[200万件!|http://www.google.co.jp/search?q=%E5%86%99%E7%9C%9F%E6%95%B4%E7%90%86%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88&lr=lang_ja&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&client=firefox-a]])教えてくれる。 選択の問題である。これが難しい。機能や性能だけでなく、デザインや使い勝手など個人の好き好みもある。グーグル博士がリストアップした記事のトップは、当然Picasa(Googleが買収した)である。二番手が、All Aboutの記事「写真を加工・整理する - [はじめてのパソコン]」だった。内容は、PRが4件と「・・・情報を集めました」といってリンク先を15件紹介している!なんだか馬鹿にされているように思うのはわたしだけだろうか。ことはさほどに選択に苦労するということである。 かつては選択肢が少なかった。有料だが、プロも使う写真加工(画像編集・管理)ソフトといえばAdobe Photoshopだろう。昔は10万円以上したものであるが、いまはElementだCS3だAlbumだといろんなバージョンができて価格も一万円から数万円になった。愛用者も多いのかもしれないが、わたしは10年前に使って使えこなせなくてあきらめた。機能が多すぎて複雑なのである。プロ用のAdobe Photoshop CS3 Extendedは高機能で、価格も14万円!Nikon一眼レフデジカメより高い。でも使いこなせないだろう。まさに猫に小判だ。 いくら豊富な機能があっても、使い勝手が悪く、学習に余計な時間がかかると嫌気が差してしまう 。それが高価な有料ソフトだとなおさら悔しい思いをするだろう。わたしが重宝するツールのほとんどが無料である。Windows、インターネットの時代になって一番長く使っているのが、[[Paint Shop Pro]]である。写真整理ソフトでなく、写真・画像の加工・編集ソフトである。現在は知らないが、写真の加工に関してはPhotoShopと同等といえるくらいの機能を備えていた。わかりやすく使いやすいので私は気に入っている。 ---- [[Paint Shop Pro]]|[[Windowsフォトギャラリー]]|[[Google Picasa2]]|[[Nikon PictureProject]]|[[写真整理ソフトの比較]]
{{subtitle{Amdal470V6}}} [>img[Amdal470V6|machines/Computer/a470v6.jpg]] Mシリーズ最初の商談の試計算(ベンチマーク)のために渡米して、一ヶ月使ったM190兄弟マシンの一号機である。まだエンジニアリングモデルといって動作も不安定であった。いまも鮮明に記憶しているが、CPUクロックを32ナノセカンド近辺で微調整しながら75本のFortranプログラムを動かした。 プロジェクトXにゲスト出演されていたUさん、ハードのYさん、ソフトのIさんにはお世話になった。当時ロスアンゼルス駐在員だったNさんにもお世話になり、サンフランシスコでの独身者の過ごし方をご教授いただいたことを思い出す。当時はまだ治安が悪く、わたしが泊まったホテル近くの路上でナイフを持った男たちが喧嘩をするのを目撃もした。 アメリカの都市文化には日本では思いもつかない、驚くようなことがいっぱいあった。それは後年駐在員になってからも続くことになる。それらの話は別の機会に書こう。 このアムダールのマシン使用前後にはいろんなことがあった。いずれ時効になったことも含めて書いていきたいと思う。 {{subtitle{FMV-433N/S1モデル170 }}}(FMV43NS1C1 P/N CA02392-A421) 1994年6月  i486SX ( 33MHz), 4MB, 無(FDD付)/170MB/ 340MB [>img[FMV-433N/S1|machines/pc/FMV433.jpg]] 老後眠ったままの最古参Notebookである。Win95以前の歴史的記念物! MS Wordが普及しだした頃で、数年を経ずして日本製の一太郎やOASISが駆逐されてしまった。文書作成の区立が極端に落ちた時期でもある。というのは、それまで慣れ親しんだ日本語かな入力からローマ字入力に切り替えなければならなかったからである。 苦労しましたね。いくら速くタイプできても、キータッチ数はかな入力の2倍以上だから作成効率はいまも昔の半分である。おまけにWordは重くて、複雑な動きを勝手にするので、悩まされ続けた。もう数年くらい前から必要でない限り使わなくなった。 いまでもXPで起動するのに10数秒かかるが、Win3.1/95の時代は、起動に何十秒もかかるようになり、文書作成でアルファベット一文字数秒かかるようになったりしたものだ。なにせメモリが4MBだから、重いWordが動きとメモリネックでハングアップしてしまうことがよくあった。こんな高いストレスを与えるものはそれまでなかった。もっともいまでもVistaそのものに泣かされているが。
!!!手嶋さんが@ITに連載 2007/6/28~ http://www.atmarkit.co.jp/fwcr/rensai/openpne01/openpne01_1.html *SNSとは、「人のつながりをWeb上で表現すること」あるいは「人間関係をWebサービスで実現するもの」である。 [img[http://www.atmarkit.co.jp/fwcr/rensai/openpne01/openpne01_05.gif]] *上司を説得する必要があるならば、海外でビジネス利用されているSNSである「LinkedIn」や「ecademy」などの例を挙げてみることもお勧めします。IBMもLotusNotesにSNS機能を導入することを発表している。 *プロフィールはSNSでコミュニケーションを取るための基本なので、細かく記入してもらっています。プロフィール登録をしてもらうとき、社内で決めていることは次の事項です。 ** できるだけ本人と分かる顔写真や似顔絵などを掲載してもらう ** 氏名欄には本名を記載してもらう ** 自己紹介欄に連絡先(PCメールアドレス、携帯電話メールアドレス、携帯電話番号、メッセンジャーアドレス)を記載してもらう *日記の欄で一番使われることが多いのは、「遅刻の連絡」です。日記で報告すると、メールやほかの手段で報告するよりも心理的に楽というのがあるようです。 *面白いサイトの紹介です。WebサイトやYoutubeの動画、価格.comの小窓を使った商品の紹介などに使っています。日記にコメントが付いていくことで、より深い議論や関連するサイトのリンクが紹介されたりします。 * カラオケ、フットサル、早起き同盟、スーツ部、スイーツ部、桃鉄部、自炊部等のコミュニティが作られています。業務に関連するコミュニティも立ち上がっていますが、こちらは従来のメールなどのツールを使う傾向が強く、あまり活発ではありません。 *通常のメール、メーリングリスト約100個、社内チャットルーム4個。trac(プロジェクト管理ツール)2個を利用して業務を進めています。全業務をSNS内で無理やり完結させようとはせずに、各業務に適したツールを選択して利用するようにしています。最近では、メーリングリストの代わりに、チャットを積極的に使うようにしています。 [img[http://www.atmarkit.co.jp/fwcr/rensai/openpne01/openpne01_06.gif]] !!!社内SNSで仕事のやり方がこう変わった! #携帯電話でもスケジュールが確認できるようになった #自分たちの会社やスタッフについてより深く知るようになった #コミュニケーションしやすくなった !!!OpenPNEインストール *CPU1GHz以上、メモリ256Mbytes以上のマシンを準備します。HDDは40Gbytes程度あれば、当面は十分でしょう。 *専用のサーバ用OSだけでなく、通常社内で利用されているWindowsやMacOSX上でもインストールできるように設計されています。しかし、こうしたOSには、OpenPNEのようなサーバ型プログラムをブロックするファイアウォールやウイルスソフトが導入されているため、その影響でOpenPNEが動作しないことがあります。 *フリーで提供されているRed Hat LinuxのクローンOSであるCentOS上にOpenPNEをインストールします。 !!!社内SNSをより楽しく、便利にするには?  OpenPNE のインストールが終わった後は、いよいよSNSの運営に入ります。社内SNSを成功させるためには、対象となるスタッフ全員が日常的にSNSを利用することが重要です。SNSを日常的に使う土壌ができた後、「楽しさ」や「つながり」といったSNSならではの価値が生まれてくると思います。
調査・企画作業において、アイデアに始まって思考を進め、これを整理して図式化するときに便利なツールである。プレゼン資料の構成、内容、順序を吟味し、全体像を描くのに使ったり、目次草案をWebのサイトマップを作るのにも利用できる。 数年前から、制限付きで活用している。アイデアの図式化には十分使える。Webでのプレゼン用ページも作成できるが、表示画面の大きさが固定で、Firefoxでは狭くて見づらいという問題があった。 FreeMindの開発は、2005年10月に0.8.0がリリースされた後中断されていた。マインドマップのWebブラウザは2004年2月版のままであった。ところが2007年春頃から、開発が再開され、10月20日に0.9.0Beta14がリリースされるようになった。まだ0.9ベータテスト段階で、しかもunstable(不安定版)と断っているが、ベータテスト協力の意味もあるからダウンロードして使いはじめた。 Javaで開発されているため軽快であるが、使用環境によっては動作しないことがある。JRE1.4以降が必須であり、キャッシュが少ないとフリーズするかもしれない。Vista、メモリ1GB、Java6 Update3、Flash Player Pluginの環境では問題なく動作している。 [>img[freeMind|mindmap/export.png]] マインドマップの書き出し機能が充実した。15種類の形式で書き出すことができるが、JavaやXHTML版は未完成である。2004年リリースが最後だったFlashブラウザが改良され、Firefoxでも全画面で表示できるようになった。実用的にはこれがあれば十分である。 ---- 2007-10-20版(不安定版0.9.0) FreeMind-Windows-Installer-0_9_0-Beta14.exe (10.4MB) freemind-browser-0_7_1.zip (314KB) http://www.primopdf.com/ PrimoPDF 3.1 (13.2MB) [[SourceForge DL|http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=7118]] [[Freemind活用クラブ|http://www.freemind-club.com/]] [[Wikipedia|http://ja.wikipedia.org/wiki/FreeMind]]
Affelio OpenPNE GroupTube http://grouptube.jp/ Paperboy運営 5175件
lolipopレンタルサーバ  ◆Elmstadt.com  200MB ~2008/09/04 3,150円 ◆Elmblog.com  500MB ~2008/05/04 4,410円 Apache PHP 4.3.11 Register Globals on  Safe Mode off MySQL 4.0.24-standard phpMyAdmin 2.6.2-rc1 phpMyFAQ 1.6.4 【Perlパス】   /usr/bin/perl 【Sendmailパス】 /usr/sbin/sendmail 【Rubyパス】   /usr/local/bin/ruby MuuMuuDomain 年808円 ◆Elmblog.com  3年間2425円 ~2009年1月21日 ◆Elmstadt.com 3年間2425円 ~2009年9月04日
<html><div class="storycontent">同窓の親睦と友好を深め、情報を共有するために開設しました。 <img hspace="10" align="left" title="1724" id="image51" alt="1724" src="http://agorian.com/hs44/img/01.jpg" /> <p><img id="image52" alt="1931" src="http://agorian.com/hs44/img/02.jpg" /><img hspace="15" id="image54" alt="1965" src="http://agorian.com/hs44/img/03.jpg" /><img id="image55" alt="1969" src="http://agorian.com/hs44/img/04.jpg" /></p> <p>表題は大阪なじみの言葉であり、みんなの航跡を辿りながら、過去・現在・未来を語る意味を込めて名づけました。気楽になんでも話せる広場にしたい。</p> <p>井戸端、旅行、健康などのカテゴリを用意しました。デフォールトは「井戸端」です。<br /> 筆力のある方は振るって書き込んでください。実名でもニックネームでもかまいません。</p> <p>※HS会員用として開設しましたが、Webからはだれでもアクセスして見ることができます。会員のプライバシーに関する話や連絡、資料などは各人の責任でパスワード保護してください。</p> </div></html>
[img[1724|http://agorian.com/hs44/img/01.jpg]] [img[1931|http://agorian.com/hs44/img/02.jpg]] [img[1965|http://agorian.com/hs44/img/04.jpg]] [img[1969|http://agorian.com/hs44/img/05.jpg]]
わたしが古くから愛用しているシンプルな無料ソフトがいくつかある。写真や画像の加工・編集・管理のすべての要求を満足させてくれるのではなく、そのなかの単一機能を使うだけである。 その第一がPSP(Paint Shop Pro)である。最初のリリースは1990年である。頻繁に使うようになったのは1995年のバージョンである。Win95には、最新のVistaと同じ機能、Print Screenがあった。キーボードの~PrtScを押すとディスプレイ画面全体をコピーでき、アプリケーションに貼り付けられる。ウェブページを表示している画面の一部を切り取って再利用したいときに有用である。しかし、使い物にならなかった。パソコンのメモリ不足のため、しばしばハングアップした。貼り付けても、そのあとアプリケーション(WordとかPowerポイント)での処理が大変で、WordもPowerpointもよくハングアップした。画面の一部分だけコピーできないか?それが欲しい機能だった。 [img[psp95|gallery/psp.jpg]] これに応えてくれたのがPSPであった。最初は16ビット、その後バージョン3で32ビットがサポートされた。1995年である。それからずっと使っている。もちろん、切り取った画像の加工ができる。しかも簡単に!今日の最新のソフトが持っている機能もほとんどが使え、お絵かきソフトとしても微細な画像処理もできる優れものである。デザインはダサいかもしれないが、必要な機能十分にあり、しかもプログラムサイズが画像ブラウザも含めて3.6MB(1995 V3.12)という、今日では信じられないくらい小さい。メモリやCPU,グラフィックチップに制限があった昔のほうがソフト開発技術は優れていたのかもしれない。いまはOS(XP, Vista)ばかりが肥大化している。  Galleryに掲載した20世紀に撮ったすべての写真は、このPSP95を使ってTwainスキャナーから読み取り、トリミング、拡大・縮小、明暗・コントラスト、色合いなどを修正したものである。35ミリネガフィルムから読み取ったものは精度も色合いもおかしく、ゴミもついていた。それがなんとか見れるのはPSP95のおかげである。アメリカで半独身時代に週末や年末年始の時間のあるときに整理したものである。  メインメモリーもHDDも容量は小さく高価だったので、またWebにアップしたとき28.8Kbpsモデム回線接続でのダウンロード時間を考えて、画像の品質とファイルサイズのバランスの取り方をいろいろ研究したのも、このPSP95を使ってだった。 活字文化からマルチメディア文化への移行過程で、デジタル移民になるための基礎を学ぶことができたという意味では、PSP95は私にとって大先生であり、デジタル生活になくてはならない友であった。 ※Paint Shop Proは健在である。元はJascという企業が開発したものであるが、90年代末に一世を風靡した[[Corel|http://www.corel.com/servlet/Satellite/jp/jp/Content/1150905725000]]が買収し、現在もおなじ製品名で販売している。
この記事は、10年前のPSP95ではなく、2007年現在の話である。 Vistaにバンドルされたソフトのひとつに、Windows フォトギャラリーがある。Picasaを真似たようなソフトだが、OS開発企業のアドバンテージを活かしている。たとえば、Windowsエクスプローラとの統合である。XPではフォルダー内のJPGファイルをクリックするとビューアーが開いたが、VistaではWindows フォトギャラリーが開く。開いた画像をその場で修正したり、印刷、電子メールしたり、ギャラリーに移動したりできる。XPに比較すると格段の進歩で、利便性が良くなった。Vistaで誉めてもいい機能はこれくらいかな(笑) CD/DVDへの書き込みやムービーの作成もできるが、ムービー作成は、前々からあるWindowsムービーメーカーを起動しているだけである。わたしはほとんど使わない。よくハングアップしたからである。Vistaでは改善されているのかもしれないが使うつもりはない。PhotoStoryがいい。あるいはその亜流であるmuveeかな。いずれも「ムービー」といっているがスライドショーのことである。それだけならphpSlideShowとBGMを組み合わせても良い。まぁ人好き好きでしょうね。 [img[Windows Photo Gallery|gallery/winpg.jpg]] Windows フォトギャラリーで気をつけなければいけないのは、表示されているフォルダーやアルバム内の写真はすべてディスクのファイルに直結しており、アルバム(ギャラリー)から削除するとディスクに保存しているファイルまで削除されてしまう。Picasaではアルバムから削除するだけかファイルも削除するのかの選択ができる。 写真の修整機能、自動調整・露出の調整・色の調整・トリミングなどは昔からPicasaにあった機能で目新しさはない。修整するたびに修整前の画像のバックアップコピーが作られていく。元に戻すことができるので便利ではある。しかし、一枚数MB の写真を100枚単位で修整・整理していると、あっという間に1GB以上のディスクを食ってしまう。しかも、それらがどこにあるのかが不明(まだ調べていない)なので気分が良くない。Vistaではユーザの見えないところでの処理がいっぱい増えて、CPU,、メモリ、ディスクを食っていくから嫌なのだ。だから、デジタル原住民のビジネスマンは、VistaではなくXPを使い続けている。店頭販売価格では、XPマシンのほうが価格が下がらずVistaより数万円高い! 見えないところで何をされても気にせず、メモリもディスクも金に糸目を付けずふんだんに使える人にはWindows フォトギャラリーをお薦めする(笑)一般の人には使いやすいし、Vista付属で新規にインストールする手間が要らないのが良いでしょう。ただし写真・画像はJPG形式しか扱えない。最近良く使うPNGが使えないのが難点である。JPGでは、画像を修整・保存するたびに画質が低下するが、PNGやTIFFでは画質が低下しない。大切な写真を頻繁に修整するような場合にはJPG保存には注意したほうがいい。もっとも3Mpx以上の、ディスプレイ表示には過剰品質の写真を扱っている人は、画質の劣化は気にする必要もないでしょう。 私はPicasaが好きである。Google配下になる前から使っているが、ある理由があって途中で中断したことがある。悪名高きGoogle Desktopとおなじ、笑えない理由である。
この記事は、10年前のPSP95ではなく、2007年現在の話である。 Vistaにバンドルされたソフトのひとつに、Windows フォトギャラリーがある。Picasaを真似たようなソフトだが、OS開発企業のアドバンテージを活かしている。たとえば、Windowsエクスプローラとの統合である。XPではフォルダー内のJPGファイルをクリックするとビューアーが開いたが、VistaではWindows フォトギャラリーが開く。開いた画像をその場で修正したり、印刷、電子メールしたり、ギャラリーに移動したりできる。XPに比較すると格段の進歩で、利便性が良くなった。Vistaで誉めてもいい機能はこれくらいかな(笑) CD/DVDへの書き込みやムービーの作成もできるが、ムービー作成は、前々からあるWindowsムービーメーカーを起動しているだけである。わたしはほとんど使わない。よくハングアップしたからである。Vistaでは改善されているのかもしれないが使うつもりはない。PhotoStoryがいい。あるいはその亜流であるmuveeかな。いずれも「ムービー」といっているがスライドショーのことである。それだけならphpSlideShowとBGMを組み合わせても良い。まぁ人好き好きでしょうね。 [img[Windows Photo Gallery|gallery/winpg.jpg]] Windows フォトギャラリーは、ピクチャ フォルダに保存された画像およびビデオを自動的に表示するように設計されている。そこで気をつけなければいけないのは、表示されているフォルダーやアルバム内の写真はすべてディスクのファイルに直結しており、アルバム(ギャラリー)から削除するとディスクに保存しているファイルまで削除されてしまう。Picasaではアルバムから削除するだけかファイルも削除するのかの選択ができる。 写真の修整機能、自動調整・露出の調整・色の調整・トリミングなどは昔からPicasaにあった機能で目新しさはない。修整するたびに修整前の画像のバックアップコピーが作られていく。元に戻すことができるので便利ではある。しかし、一枚数MB の写真を100枚単位で修整・整理していると、あっという間に1GB以上のディスクを食ってしまう。しかも、それらがどこにあるのかが不明(まだ調べていない)なので気分が良くない。Vistaではユーザの見えないところでの処理がいっぱい増えて、CPU,、メモリ、ディスクを食っていくから嫌なのだ。だから、デジタル原住民のビジネスマンは、VistaではなくXPを使い続けている。店頭販売価格では、XPマシンのほうが価格が下がらずVistaより数万円高い! 見えないところで何をされても気にせず、メモリもディスクも金に糸目を付けずふんだんに使える人にはWindows フォトギャラリーをお薦めする(笑)一般の人には使いやすいし、Vista付属で新規にインストールする手間が要らないのが良いでしょう。ただし写真・画像はJPG形式しか扱えない。最近良く使うPNGが使えないのが難点である。JPGでは、画像を修整・保存するたびに画質が低下するが、PNGやTIFFでは画質が低下しない。大切な写真を頻繁に修整するような場合にはJPG保存には注意したほうがいい。もっとも3Mpx以上の、ディスプレイ表示には過剰品質の写真を扱っている人は、画質の劣化は気にする必要もないでしょう。 私はPicasaが好きである。Google配下になる前から使っているが、ある理由があって途中で中断したことがある。悪名高きGoogle Desktopとおなじ、笑えない理由である。 ---- [[写真整理ソフト]]|[[Google Picasa2]]|[[Nikon PictureProject]]
ご存知、あのBloggerを、あのYouTubeを買収したGoogle配下の[[Picasa|http://picasa.google.com/]]である。 ---- Nikon D70S 2240x1480 Normalを、1200に縮小(サイズは22枚の合計) |Picasaエクスポート画質設定|JPG品質| サイズ1200 | 1024 | |''最大'' 非常に大きなサイズ、<br>微細なディテールを保持| RAW| 25.2MB|| |カスタム| 100%| 16.4MB|| |''自動'' Nikon元の画質| 90%| 6.4MB|| |''標準'' 画像とサイズの最適なバランス| 85%| 5.2MB|| |カスタム ''Web推奨(1024x768)''| 80%| 4.4MB| ''3.2MB''| |カスタム| 75%| 3.9MB|| |''最小サイズ'' 画質がやや低下| 65%| 3.2MB||
@@作成予定。Picasaよくある質問が参考になるかな?@@ とりあえず作った紹介スライドをPicasaにアップした。 Galleryに読み込むPicasa2エクスポートファイル(XML)が分からない。 [[公開用Wiki|http://wiki.agorian.com/gallery.html]]を作るかな? <html> <table style="width:194px;"><tr><td align="center" style="height:194px;background:url(http://picasaweb.google.com/f/img/transparent_album_background.gif) no-repeat left"><a href="http://picasaweb.google.co.jp/elmblog/Gallery"><img src="http://lh4.google.co.jp/elmblog/Rwt9VW14ofE/AAAAAAAAAyk/aiHKlkXd0OY/s160-c/Gallery.jpg" width="160" height="160" style="margin:1px 0 0 4px;"></a></td></tr><tr><td style="text-align:center;font-family:arial,sans-serif;font-size:11px"><a href="http://picasaweb.google.co.jp/elmblog/Gallery" style="color:#4D4D4D;font-weight:bold;text-decoration:none;">Gallery紹介</a></td></tr></table> <P><BR> </P> <TABLE> <TBODY> <tr> <td class="sectiontitle"><b>はじめに</b></td> </tr> </TBODY> </TABLE> <TABLE> <TBODY> <tr> <td valign="top"> <ul class="section"> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/answer.py?answer=53205">スタート ガイド </A></li> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/topic.py?topic=9077">Picasa の概要</A></li> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/topic.py?topic=9341">Picasa の新機能</A></li> </ul> </td> </tr> </TBODY> </TABLE> <TABLE> <TBODY> <tr> <td class="sectiontitle"><b>Picasa の基本</b></td> </tr> </TBODY> </TABLE> <TABLE> <TBODY> <tr> <td valign="top"> <ul class="section"> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/topic.py?topic=1042">システム要件および互換性</A></li> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/topic.py?topic=1144">ソフトウェアのダウンロードとインストール</A></li> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/topic.py?topic=1034">インポート、エクスポート、保存</A></li> </ul> </td> </tr> </TBODY> </TABLE> <TABLE> <TBODY> <tr> <td class="sectiontitle"><b>画像の編集と表示</b></td> </tr> </TBODY> </TABLE> <P> </P> <TABLE> <TBODY> <tr> <td valign="top"> <ul class="section"> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/topic.py?topic=1142">フォルダーとアルバム</A></li> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/topic.py?topic=1044">画像の表示</A></li> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/topic.py?topic=1143">画像の編集</A></li> </ul> </td> </tr> </TBODY> </TABLE> <TABLE> <TBODY> <tr> <td class="sectiontitle"><b>Picasa で画像を共有</b></td> </tr> </TBODY> </TABLE> <TABLE> <TBODY> <tr> <td valign="top"> <ul class="section"> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/topic.py?topic=1031">画像をメールで送信</A></li> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/topic.py?topic=9022">画像の印刷</A></li> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/topic.py?topic=1145">画像をブログに掲載</A></li> </ul> </td> </tr> </TBODY> </TABLE> <TABLE> <TBODY> <tr> <td class="sectiontitle"><b>コラージュ、スライドショー、CD などを作成</b></td> </tr> </TBODY> </TABLE> <TABLE> <TBODY> <tr> <td valign="top"> <ul class="section"> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/topic.py?topic=1043">スクリーンセーバー、スライドショー、タイムライン</A></li> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/topic.py?topic=9402">壁紙、ムービー(動画)、コラージュ、など</A></li> <li><A href="http://picasa.google.co.jp/support/bin/topic.py?topic=9423">CD や DVD の作成</A></li> </ul> </td> </tr> </TBODY> </TABLE> </html> ---- ◆登録メンバは、ご自分のアルバムを作成して写真を追加してください。 ◆サブアルバムに登録メンバが作成したアルバムの一覧が表示されます。 ◆各アルバムの中に複数のサブアルバムを作成することができますので、カテゴリ別に作ると良いでしょう。 ◆アルバムのテーマ(体裁)は8種類の中から選択できます。  Galleryトップの標準はCarbon、このΣSIGMAの標準はAjaxianです。 ◆お好きなテーマを選んで表示項目や写真の大きさなどをカストマイズしてください。 ◆公開する範囲(閲覧権限)を設定できます。標準は下記のとおりです。ご自由に変更してください。 ・登録メンバ:フルサイズの写真閲覧、評価・コメント、eCard送信 ・ゲスト(訪問者):リサイズ版(400x300)閲覧、評価のみ(スパム防止のためコメント禁止)
Your Name: <<option txtUserName>> 編集者の名前 Edit box size: <<option txtMaxEditRows>> 記事編集ボックスの行数 <<option chkAnimate>> Enable Animations アニメーション表示 <<option chkToggleLinks>> Toggle Links ~~(Ctrl+'click')~~ 表示のトグル <<option chkOpenInNewWindow>> Open Links In New Window 別ウィンドウを開く <<option chkRegExpSearch>> Reg Exp Search 正規表現での検索 <<option chkCaseSensitiveSearch>> Case Sensitive Search 英文字の大小を区別 /%<<option chkHttpReadOnly>> HTTP Read Only <<option chkSaveEmptyTemplate>> ~SaveEmptyTemplate <<option chkSaveBackups>> ~SaveBackups <<option chkAutoSave>> ~AutoSave%/
昭和58年夏だったと思う。最初のビデオカメラを買った。次女が生まれ、最初の海外駐在で赴任した年である。子供の成長の記録を撮ろうと思って買ったのだが、赴任前のあわただしさの中でほとんど撮れなかった。妻に使い方を教えて、単身アメリカに渡った。その年の暮れ、妻子と妻の両親をつれてディズニーランドへいったときに撮ったのが、はじめての記念ビデオである。 長女が生まれたときは8ミリフィルムを買った。ビデオではない。ジーと小型モーターが回る音がする。8ミリフィルムのカセット一本の録画時間は5分くらいだったかな。部屋を真っ暗にして、カタコトカタコトと映写機が回る音を聞きながら、スクリーンに映し出される映像を楽しんだものである。 その頃、VTR・・・といったかな?アメリカではVCRといった。VHSとベータ方式の標準化の戦いがあって、松下が参加したVHS陣営の勢いがつき、家庭にビデオ録画機が普及し始めた頃でもあった。家庭用ビデオカメラも前年にビクターがCityJackというブランド名で発売を開始した。しかし、販売価格が40数万円(カメラ+ビデオデッキ+α)で高すぎた。 じつは初代のビデオカメラはビクターだとばかり思っていた。二代目以降はすべてビクター製品だったからである。インターネットを検索すると、オークションに出品されている様々なビデオカメラが引っかかるのに驚いたが、さすがに四半世紀前のビデオカメラはネットにはない・・・と思ったら、ビクター博物館にあった。 それがCityJackで、発売時の印刷カタログをデジタル化したPDFファイルがあった。見つけた!と思ったがちがった。買ったのは、こんなスマートなカメラではなかった。押入れのどこかに初代ビデオカメラと録画機が眠っているはずで、型番が分かればネット検索で探し出せるのだが・・・。
*Norton [[診断サービス|http://www.symantec.com/ja/jp/home_homeoffice/support/index_virus.jsp]]ーIE5.5以上(@@Firefox不可、Vista不可@@) 体験版はEメール要求 *McAfee Web診断サービスなし 体験版ー姓名・Eメール・パスワード必須 McAfee® Internet Security Suite 2007 5775円 *KingSoft [[試用版|http://download.kingsoft.jp/is/?partner=kingsoft_000&header=1]](40MB) ワンクリックでOK 広告あり[[Internet Security|http://download.kingsoft.jp/kisfree/]]は無料!
<html> <h2>Thornbury Castle</h2> <div class="divCFirstSection"> <p><strong>Thornbury Castle Hotel and Tudor Gardens <br> Thornbury Nr. Bristol <br> South Gloucestershire <br> BS35 1HH</strong></p> <p><strong>Tel:</strong> +44 (0)1454 281182 <br> <strong>Fax:</strong> +44 (0)1454 416188 <br> <strong>E-mail:</strong><A href="mailto:info@thornburycastle.co.uk" class="newWin">info@thornburycastle.co.uk</A><br> <strong>Web:</strong><A href="http://www.visitbritain.jp/redirect/bounce.aspx?cid=49&amp;url=http://www.thornburycastle.co.uk/" class="newWin">www.thornburycastle.co.uk</A></p> </div> <!--End divCSection--> <div class="divCSection"> <IMG src="http://www.visitbritain.jp/Images/thornbury-castle_tcm55-49426.jpg" alt="Thornbury Castle" align="right"> <p>Kings and queens have stayed here. Courtiers have flirted with ladies-in-waiting in the ancient yew-hedged gardens. Serving girls have chattered in the stone-flagged courtyard. Today, Thornbury Castle still resonates with history and is the only Tudor castle in England to be open as a hotel.&nbsp;Visitors can enjoy afternoon tea in the library or lounge every day between 3pm to 4.45pm. Relax in the stately surroundings with a cream tea or a coffee, freshly baked scones with homemade jam and clotted cream. There's a choice of homemade biscuits and cakes, or a full tea with a selection of finger sandwiches.</p> </div> <!--End divCSection--> <div class="divCSection"> <h3>Content provided by:</h3> </div> <!--End divCSection--> <div class="divCSection"> <IMG src="http://www.visitbritain.jp/Images/aa_logo_tcm55-94169.gif" alt="The AA" align="left"> <p>&copy; <A href="http://www.visitbritain.jp/redirect/bounce.aspx?cid=49&amp;url=http://www.theaa.com/" title="The AA" class="newWin">The Automobile Association Limited<span class="access"> (www.theaa.com/)</span></A> 2005</p> </div> </HTML>
[[営業プロセス研修案内|http://agorian.com/wiki/svc/]] これが外部向けの最新版〔WEB編集不可〕 !!案内 #000 * 資料一覧表 * 研修プログラム案内 o 研修プログラム説明書 #001htm o 研修日程表(二日間コース) #002htm o 研修内容・目次 #003htm o 提案型ソリューション営業研修内容 #004htm !!配布 #001 * 事前学習用の配布資料(A4ppt) 010pdf o 目指す方向性、経営パートナーの役割 o 営業活動プロセスとは、経営者の仕事 o 学習に効果的な対話方法、PRAM #013htm o 自己診断シート(設問30) #201htm o 営業プロセス事前課題記入シート #202pdf !!講義 #002 * 講義用スライド(レビュー中) o オリエンテーション o 提案型ソリューション営業 o 経営と営業プロセス o リレーション構築 o 営業計画策定 o 情報力を鍛える o 草莽崛起の時代 * 演習問題(レビュー中) o 301 案件の優先順位付け o 302 解決策の提案 o 303 要求・期待の把握 o 304 仮説の立案 o 305 提案シナリオの作成 o 306 組織改革に取り組む * 研修ワークシート o 401 リレーション構築 o 402 営業計画策定 o 403 営業プロセス推進上の課題 * 参考資料(※当日オンラインで紹介) o ※営業活動プロセスマップ #203pdf o ※職務記述・業務要件書 #204pdf o ケーススタディ一覧 #050.htm
仕事に役立つツール一覧です。ほぼすべてを使って試した。新しい今後のビジネスの芽があり、経営、企画、営業、開発に従事する人はウオッチし研究すべきであろう。情報を制する者は、ビジネスを制する時代である! |!#| !ソフト・サービス名 | !概要 | | 1|Apache|HTTPサーバ市場の70%を占めるオープンソースの雄| | 2|Atom|フィーディング標準のひとつ| | 3|Azureus|P2Pオープンソースのなかで人気が上昇| | 4|BitComet|BitTorrentクライアント(中国勢が進出)| | 5|BitTorrent|YouTube,RocketBoomなどの進化を支えるインフラ| | 6|Blip.tv|動画共有サービス。提供者側の機能を強化| | 7|BrightCove|インターネットテレビサービス。個人放送局を開設できる。| | 8|Creative Commons |Web標準の著作権契約書を提供| | 9|del.icio.us|Web2.0を代表する一つ。英語圏ではポピュラー| |10|Digital Globe |次世代のIntel inside| |11|Docs&Spreadsheet|オンライン文書共有(Word,Excel,Wiki,HTML,Group)| |12|FireAnt|p2pクライアントアプリケーションで使いやすいのがいい。| |13|FireFox|2005から急速に普及。米政府推奨ブラウザ。| |14|flickr|Web2.0 Taggingの代表選手のひとつ(Yahoo!配下)| |15|Flock|Firefoxの拡張版。ソーシャルブラウザとして人気あり。| |16|Folksonomy|del.icio.us、ma.gnoliaに代表される群衆知| |17|Gmail|容量無制限のEメール。スパム・セキュリティ対策が強力| |18|Google Earth|三次元マップから進化中| |19|Google Maps|マッシュアップの代表選手。生産性が10倍になった。| |20|Google Sketchup|昔とった杵柄のソフト。20年の技術研究の成果。| |21|Greasemonkey |サーバ機能がクライアント側に。多くの可能性あり。| |22|iFilm|地道に映画ファンを増やしている。| |23|iRows|2006年Google進出で急速に進歩。実用に耐える。| |24|iTune|ご存知アップルの十八番。コメントの必要はないでしょう。| |25|ma.gnolia|2006年より普及しだしたソーシャルブックマーク| |26|Mailman|メールリスティング・ディスカッション・書庫| |27|MediaWiki|クラウドソーシングやWebサポート用に人気あり| |28|Movable Type|2004年にNiftyや新聞社が採用。ブログツールの雄。| |29|MySpace|米国社会に多大の影響。MTV世代が生んだ新しい文化| |30|MySQL|LAMP代表のひとつ。個人レベルで使える。| |31|NavTeq |次世代データウェア。車載用ナビゲーションの雄。| |32|PhotoBucket|Flockでアクセスできる。Flickrと競争。| |33|PHP|今後のDHTML開発の主流に。優れた言語で軽快。| |34|phpAdmin|MySQL管理用。評判のいいオープンソースのひとつ。| |35|phpBB2|実績豊富で業界標準に。PerlベースのBBSは過去。| |36|Picasa2|Yahoo!を追ってGoogleが買収。Webサービス進出。| |37|PukiWiki|数少ない日本発のオープンソースソフト。Wiki軽量版。| |38|Python|素人には難しく使いにくい。マイナーなプロ向きである。| |39|RocketBoom|vlogの先駆者である。7月にAmandaが降板(させられた)| |40|RSS|普及は2003年頃。いまや標準インフラのひとつ。| |41|Slashdot|ハイテクオタクの情報と雑談サイト(月一億PV) 97開設| |42|Technorati|ブログ検索、口コミ情報の提供サービス| |43|Tracker|トレントのピア一覧を管理するサーバソフト| |44|Vox|一般個人市場向けブログ・SNS。MTは中上級者向け。| |45|Wikia|もとWikiCities。PleasantonのAngelaが頑張っている。| |46|Wikipedia|押しも押されもしない世界標準になった。| |47|WordPress|商用のMTを超える機能と使いやすさで普及。| |48|Writely|2005年登場し瞬く間に人気者に。Wordは不要になった。| |49|Xoops2|2003年頃普及。楽天、Yahoo!が採用。プロ向き。| |50|YouTube|MySpace同様だが、徹底したCGMの先頭を走っている。| !!!!評価済み使用中ソフト #FreeMind #Deepest Sender #ScribeFire #PowerSim #Stella #Stella Theater Lite Ver2.63 (2007/03/21) [[exe 1.4MB|http://www.toxsoft.com/sswpro/lite.html]] Pro Ver2.63 (3200円) #iseePlayer (6.8MB) #BitZip #μTorrent #fvdownloader #ChatZilla #phpMyChat #MpcStar #FLV Player #MediaCoder #FLVConverter #Riva FLV Player #phpSlideShow #AlexKing Photos #Renamer #Shukusen #PaintShopPro #ColorPalette #IBM PerfectPhoto #IBM HomepageBuilder #IBM WebArt #Attache #IDManager #FFFTP #FileZilla #phpWebFtp #Affelio #OpenPNE #Gallery2 #GalleryRemote #ffMpeg #ImageMagick #phpMyFAQ
[[Bluehost社|http://www.bluehost.com/]] 2007-11-30 Announcement *性能改善のためにサーバー増設~2008-3 *PHP4とPHP5の選択が可能になる(いずれPHP5へ移行) *Googleキャンペーン http://www.bluehost.com/googleoffer [[Bluehostサーバ環境]]|[[サイト管理情報]]|CronJob [[携帯アクセスの設定]] [[サーバ負荷]] |Subdomains|無制限| |Parked Domains|無制限| |Addon Domains|無制限| |MySQL Database|50 | |Postgre Database|50 | |Disk space|300GB | |Bandwidths usage|3000 GIGS | |Email Accounts|2500 | |Mailing Lists|100 | |FTP Accounts|1000 | *24/7 運用・技術サポート *チャットによる即時対応 *FAQ知識データベース *運用コミュニティ・フォラム
bluehostサーバcPanelのCron jobs機能を使って設定した。指定した時刻にphpプログラム実行させて、定期メールを配信する。実行させるphpプログラムはつぎの4本。crontabプログラムがこれらを起動する。(例)0 0 * * * は毎日真夜中0時を意味する。 | 時刻 | phpプログラム | | 0 1 * * * |/usr/bin/php -q /OPENPNE_DIR/bin/tool_send_schedule_mail.php| | 0 2 * * * |/usr/bin/php -q /OPENPNE_DIR/bin/tool_send_birthday_mail.php| | 0 3 * * * |/usr/bin/php -q /OPENPNE_DIR/bin/tool_send_dairy_news.php| | 0 4 * * * |/usr/bin/php -q /OPENPNE_DIR/bin/tool_rss_cache.php| *OPENPNE_DIRは、webappやbin, libなどが保存されているディレクトリ名で、public_html/config.inc.php で設定されたもの。絶対アドレスで指定する。(例) home/domainx/sns247 *Cron jobsで、実行結果を送信するメールアドレスも設定できる。
!!!PHP Core |Directive|Local Value|Master Value| |allow_call_time_pass_reference|On|On| |allow_url_fopen|On|On| |always_populate_raw_post_data|Off|Off| |arg_separator.input|&amp;|&amp;| |arg_separator.output|&amp;|&amp;| |asp_tags|Off|Off| |auto_append_file|no value|no value| |auto_prepend_file|no value|no value| |browscap|no value|no value| |default_charset|no value|no value| |default_mimetype|text/html|text/html| |define_syslog_variables|Off|Off| |disable_classes|no value|no value| |disable_functions|no value|no value| |display_errors|On|On| |display_startup_errors|Off|Off| |doc_root|no value|no value| |docref_ext|no value|no value| |docref_root|no value|no value| |enable_dl|On|On| |error_append_string|no value|no value| |error_log|error_log|error_log| |error_prepend_string|no value|no value| |error_reporting|2039|2039| |expose_php|On|On| |extension_dir|./|./| |file_uploads|On|On| |gpc_order|GPC|GPC| |highlight.bg|@@color: rgb(255, 255, 255);#ffffff@@|@@color: rgb(255, 255, 255);#ffffff@@| |highlight.comment|@@color: rgb(255, 128, 0);#ff8000@@|@@color: rgb(255, 128, 0);#ff8000@@| |highlight.default|@@color: rgb(0, 0, 187);#0000bb@@|@@color: rgb(0, 0, 187);#0000BB@@| |highlight.html|@@color: rgb(0, 0, 0);#000000@@|@@color: rgb(0, 0, 0);#000000@@| |highlight.keyword|@@color: rgb(0, 119, 0);#007700@@|@@color: rgb(0, 119, 0);#007700@@| |highlight.string|@@color: rgb(221, 0, 0);#DD0000@@|@@color: rgb(221, 0, 0);#DD0000@@| |html_errors|On|On| |ignore_repeated_errors|Off|Off| |ignore_repeated_source|Off|Off| |ignore_user_abort|Off|Off| |implicit_flush|Off|Off| |include_path|.:/usr/lib/php: /usr/local/lib/php|.:/usr/lib/php: /usr/local/lib/php| |log_errors|On|On| |log_errors_max_len|1024|1024| |magic_quotes_gpc|On|On| |magic_quotes_runtime|Off|Off| |magic_quotes_sybase|Off|Off| |max_execution_time|30|30| |max_input_time|60|60| |open_basedir|no value|no value| |output_buffering|no value|no value| |output_handler|no value|no value| |post_max_size|8M|8M| |precision|12|12| |register_argc_argv|On|On| |register_globals|Off|Off| |report_memleaks|On|On| |safe_mode|Off|Off| |safe_mode_exec_dir|no value|no value| |safe_mode_gid|Off|Off| |safe_mode_include_dir|no value|no value| |sendmail_from|no value|no value| |sendmail_path|/usr/sbin/sendmail&nbsp;-t&nbsp;-i|/usr/sbin/sendmail&nbsp;-t&nbsp;-i| |serialize_precision|100|100| |short_open_tag|On|On| |SMTP|localhost|localhost| |smtp_port|25|25| |sql.safe_mode|Off|Off| |track_errors|Off|Off| |unserialize_callback_func|no value|no value| |upload_max_filesize|2M|2M| |upload_tmp_dir|no value|no value| |user_dir|no value|no value| |variables_order|EGPCS|EGPCS| |xmlrpc_error_number|0|0| |xmlrpc_errors|Off|Off| |y2k_compliance|On|On|
!!!phpinfo()出力のmysql部分 MySQL Support enabled Active Persistent Links 0 Active Links 0 Client API version 4.1.21 MYSQL_MODULE_TYPE external MYSQL_SOCKET /var/lib/mysql/mysql.sock MYSQL_INCLUDE -I/usr/include/mysql MYSQL_LIBS -L/usr/lib64 -lmysqlclient Directive Local Value Master Value mysql.allow_persistent On On mysql.connect_timeout 60 60 mysql.default_host no value no value mysql.default_password no value no value mysql.default_port no value no value mysql.default_socket no value no value mysql.default_user no value no value mysql.max_links Unlimited Unlimited mysql.max_persistent Unlimited Unlimited mysql.trace_mode Off Off
|項目|Oct 2006|May 2007| |Operating system    |Linux|| |Kernel version |2.6.17-11_1.BHsmp |2.6.19-1_3.BHsmp| |Apache version |1.3.37 (Unix)|| |PERL version |5.8.7|| |Path to PERL |/usr/bin/perl|| |Path to PHP |/usr/bin/php|| |Path to sendmail |/usr/sbin/sendmail|| |PHP version |4.4.4|4.4.6 PhpCore [[(詳細)|http://agorian.com/sns/phpinfo.php]]| |MySQL version |4.1.21-standard-log|[[MySQL詳細]]| |phpMyAdmin |2.8.2.4|2.9.0.2| 【動作環境】 Operating system Linux Kernel version   2.6.19-1_3.BHsmp Apache version 1.3.37 (Unix) PHP version 4.4.6 PhpCore MySQL version 4.1.21-standard-log phpMyAdmin 2.9.0.2
|項目| Oct 2006 | May 2007 | |Subdomains | 5/20| 14 / 20| |Parked Domains | 0 / 20|| |Addon Domains | 0 / 5|| |MySQL Databases | 3/50 | 18 / 50| |Postgre Databases | 0 / 50|| |Disk usage | 15.21 MB| 692.35 MB| |SQL Disk usage | 3.58 MB| 39.17 MB| |Disk space available | 30740.38 MB | 30027.65 MB| |Bandwidth usage (current month) | 23.84 MB| 167.83 MB| |Email Accounts | 7/2500| 28 / 2500| |Email Forwarders | 5| 11| |Autoresponders | 0| 0| |Mailing Lists | 0 / 100| 5 / 100| |Email filters | 0| 0| |Ftp Accounts | 1 /1000| 3 / 1000|
携帯からの新規登録、日記およびコミュニティへの投稿ができた。しかし、メール投稿は不完全である、ひとつの形態からメール投稿するときに宛先に表示されたアドレスのmail.phpへの転送を、bluehostのForwarderを使って設定しただけである。したがって他の携帯からのメール投稿もおなじでいいのかどうかは未知である。 ---- 「公式セットアップガイド」に、こう書いてある。 {{{ メールサーバの転送設定を利用して、これらのアドレスへの メールが、以下のコマンドにわたるように設定します。 "|/usr/local/bin/php OPENPNE_DIR/bin/mail.php" }}} これだけじゃ何のことかさっぱり分からない!試行錯誤して悩むこと2時間・・・ 「セットアップ情報のフォラム」を読んで、想像力をめいっぱい働かせてヤット成功した!理屈はわかっていないが、動いたからよしとする。みんなの参考にと思って下記をアップした。 !!!!携帯からの新規登録 1.public_htmlの下にディレクトリmailを作り、サブドメインmail.~.comを設定する。 2.get@mail.~.comというメールアドレスを作成する。 ついでにblog@mail.~.comもつくった。 3.レンタルサーバ(bluehost)にあるMail Forwarderというツールを使って、get@mail.~.com を "|/usr/bin/php /home/~/openpne/bin/mail.php" に転送する。 [img[img/forward-get.gif]] これだけで動きました。バカみたいですね。 |がいるのかな?””はいらないのでは? OPENPNE_DIRってなんだ? たぶん設置ディレクトリ名だ。openpne/…かな?それとも /openpneにしないとだめかな?などといろんな組合せを考えました。で、#49の試行錯悟さんの質問にtotoさんが答えていた。絶対アドレスだと。ゼッタイアドレスってなんだ?たぶんこれだろうということで試したら成功です。メールからの投稿もできました。 しかし開発者たちに一言申したいですね。 「メールサーバの転送設定を利用して、これらのアドレスへのメールが、以下のコマンドにわたるように設定します。 "|/usr/local/bin/php OPENPNE_DIR/bin/mail.php" 」 だけでは意味不明で、日本語になっていない。そのおかげで何人の人が悩み貴重な時間を浪費したかを考えて欲しい。私だけかも知れないが(笑)おなじ局面で苦労する人がいたら参考になると思い書きました。ちなみに私は悩むこと2時間・・・想像力をめいっぱい働かせてヤット成功した!しかし、理屈はわかっていないので質問には答えられません。あしからず。 ----
SigmaやGalleryなど多くのオープンソースの開発にはPHPが使われており、サーバCPU/メモリ負荷が増大する要因になっている。とくにGallery2では、一度に数十枚の写真をアップロードすると、Galleryアルバムで設定されたサイズ制限にしたがってリサイズされるため、多大なグラフィック処理が発生する。この結果、サーバ側のアカウントに割当てられた単位時間当たりのCPU/メモリ使用制限を超過するということが発生しやすい。 この制限を超過したとき、サーバがアプリケーション実行を一時停止(サスペンド)する。ブラウザにつぎのメッセージが表示される。これが出た後、2~3分待ってブラウザをリフレッシュすれば正常に表示される。 <<< ''@@bgcolor(gray):color(yellow): This Account Has Exceeded Its CPU Quota @@'' Please contact this site's webmaster. Wait a few minutes and use your browser's "Back" button or click here to try again. If you are the webmaster, your account may have gotten this error for one or more of the following reasons: * Your account has used more than its share of the cpu in the past 60 second sliding window. * Your account has too many concurrent processes running simultanously. * Your account has consumed too much memory. * Your site was recently very busy trying to run inefficient scripts. The solution would be to optimize your applications to use less CPU. Adding appropriate indeces to your SQL tables can often help reduce CPU. Using static .html documents instead of painful .php scripts will practically eliminate CPU usage. <<<
Vistaで動かない。起動後フリーズしてしまう。 現在調査中である。
機能比較表をつくるつもりはない。使う上で気をつけるべき点について比較しておく。 |![[Windowsフォトギャラリー]]|![[Google Picasa2]]|![[Nikon PictureProject]]| |ピクチャ フォルダに保存された画像およびビデオを自動的に表示する。他のフォルダーを追加、削除することもできる。|同左|デジカメから取り込んで表示するのが基本だが、他のソフトと同じようにフォルダーの追加・削除もできる| |表示されている画像は実際のファイルなので削除するときに注意|Picasaから削除するか、ファイルも一緒に削除するかを選択|| |編集した画像をエクスポートできない|画像サイズ・画質を変更してエクスポートできる|| |画像に「タグ」がつけられ、同じタグがついた画像を表示できる|「アルバム」をつくって追加する。|| |画像の評価(スター)を0~5でつけられる|スターを一つつけられる|| |撮影データ表示はプロファイル詳細を見る|クリック一つで表示できる|| |自動調整・露出・色の調整・トリム|同左+画像の傾き調整|| |効果なし|各種効果あり||
全部で9種類のテーマが用意されています。各テーマごとに表示項目や背景色などを選択してカストマイズできます。使う機能はテーマによって異なり、SiriuxやSliderはシンプルで使いやすいが、ほかのテーマに比べるとカストマイズの柔軟性は少ない。自分の好みやニーズに合ったテーマを選択して使用する。
このMIMEというのが未だによくわからない。というか勉強していない。Webぺージにビデオを組み込むとき、EMBEDタグを使う。そこで、どのプレイヤーを使うかをTypeで指定する。いつも動いているHTMLソースからコピペで書いているから進歩がない。すこし勉強しよう。 ひとつMIMEタイプ設定で危険なことがあることを知った。http://himag.blog26.fc2.com/blog-entry-186.htmlのブログに書いてあった。 >~IE6 ~SP2のオプション設定で「拡張子ではなく、内容によってファイルを開くこと」が有効になっていると画像ファイルなどを装ってスクリプト等を混入させることが可能になるので必ず無効にしておくべき。 ~Vista IE7には、この項目がない。どういう意味かよく分からない。あとで調べよう。 以前には、ブラクラ(ブラウザークラッシュ)というのがよく発生した。HTMLソースのなかに、ブラウザが読み込むとクラッシュするようなスクリプトが仕掛けられているのである。これを偽装して画像、つまり.htmlなのに.gifとか.jpgに変えてサーバに置く手口である。ユーザは画像だと思って開くと、悪質なスクリプトが書いてあるHTMLファイルが開かれ、ブラウザがクラッシュするというわけである。しかし、.gifをhtmlと解釈して開くIEがおかしい。それで、IE6SP2では、そういう使用を削除したそうである。これをもってセキュリティ強化などといっているが、IEの仕様バグをなくしただけであろう。 !!!拡張子 ''rar''  汎用の可逆ファイル圧縮形式の一つ。Eugene Roshal氏が開発した「RAR」「WinRAR」などのアプリケーションで使われていた形式で、現在では様々なソフトウェアでサポートされている。  LZH形式やZip形式より圧縮率が高く、圧縮ファイルを任意のサイズの複数のファイルに分割したり、分割されたファイルを統合して解凍したりできることから、ネット上の大容量ファイル交換に広く使われるようになった。圧縮ファイルに電子署名を付加する機能もある。 ''mov'' QuickTime形式のファイルの拡張子。 QuickTimeとは時間軸を伴うデータ(映像や音声)をコンピュータで扱うためのテクノロジーで、米Apple Computer社が開発した。MicrosoftのAVIやWMV、WMAなどと共にインターネット上で動画や音声をやり取りする際によく使われるファイル形式である。また近年は動画撮影機能のあるデジタルカメラやカメラ付き携帯電話で、撮影したデータをmovファイルで保存するものも多くなっているため見かける機会が多い。 ---- http://www.tohoho-web.com/wwwxx015.htm http://www.iana.org/assignments/media-types/index.html
*[[BitTorrentがP2Pクライアント「μTorrent」を買収|http://forum.utorrent.com/viewtopic.php?id=17278]] (2006/12) *Azureus勝訴!(2007-6) *[[Odeo(元SonicMountain)がFireAnt買収|http://www.techcrunch.com/2007/09/14/odeo-formerly-sonicmountain-acquired-fireant/]] (2007-9-14) *[[「GOOG-411」が正式サービスに昇格|http://googleblog.blogspot.com/2007/10/goog-411-graduates-from-labs.html]] (2007-10-12) *[[P2Pとかその辺のお話|http://peer2peer.blog79.fc2.com/]] *[[Virtual Assistant|http://www.entrepreneur.com/article/printthis/36580.html]]
青蛙(Azureus)にはじまってFireAnt、昨年あたりからは中国資本のBitCometなどじつにいろいろなTorrentクライアントが出てきたが、やっぱり機能のシンプルさで[[μTorrent|http://www.utorrent.com/]]がいいかな。サイズも214KBと軽量だしね。Azureusは7MB(+Javaランタイム)、BitCometは最新版0.94で5MB。旧版の軽いといっているものでも2MBあるからね。VlogとくにRocketBoomはFireAntを使っているからそのまま使い続けることになるかな。
2004~2005のポッドキャスティングで人気。今年、9月にOdeoに買収された。40万ドルとは安すぎると思うけど。 我輩はRocketBoomファンで、これを視聴するために[[FireAnt|http://www.getfireant.com/]]を使いはじめた。
PodcastingといわれたときからずっとFireAntが気に入っている。というよりか、Vlogの走りとしても名高いRocketBoom を購読するために使い始めたといってよい。その一方で、AzureusなどのBitTorrentクライアントも試した。数年前に米国の戦略投資分野を調べて、P2Pが今後の大きな潮流になるということを知ったからである。また、動画サイトという意味ではYouTubeやiFilm、Bit.TVなどたくさんある。SNSの大きなうねりを作り出したMySpaceを追い越すような勢いで発展している。 YouTubeなどのメンバーになり、自作ビデオをテスト的にアップロードしたりした。また、昨年10月にオープンしたBrightCoveが気に入って、今年春には沖縄で撮ったビデオなどをもとに試行的に作品をつくった。自営のTV放送局を作れるという触れ込みである。自営サーバから放送することもできる。しかし重い!作成するのにかなり時間がかかるし、視聴するにしてもやはり重い! 最近は、FireAntもBrightCoveもインターネットテレビというコトバを使っている。どうも業界では、いまだに方向性が明確でなく、サービスビジネスのあり方を模索しているようである。技術的にはこの数年で格段の進歩があったと思う。少なくとも利用者の立場から見ると、非常に使いやすくなったし、性能も10Mbps(実効2Mbps)のADSL接続で十分なレスポンスが得られるようになった。BitTorrentの技術進歩が目に見えて分かるし、それを活用したAzureusやFireAntなどのクライアントソフトおよびWebサービスサイトの進展が大きい。 インターネットテレビという切り口で整理していこうと思う。
!星座 [>img[Google Sky|http://earth.google.com/userguide/v4/images/sky.jpg]] *Google Skyで遊んだ。Earthのときもそうだったが、Very impressive!ですなぁ。それで暇があれば星座のことも勉強しなおそうかなと思った。少年の頃に学校でちょっと教わったくらいだから、Skyを見て、いかに自分が無知であるかに気がついた。 *[[Legend of Star Festival|http://blog.crossroad-yuko.com/?eid=670078]] *[[Stella Theater|http://www.stellatheater.com/]] **Stella Theater Lite Ver2.63 (2007/03/21) [[DL|http://www.toxsoft.com/sswpro/lite.html]]
!!!2007-11-30 Bluehostからのメールで、近々PHP5をサポートするとのこと。いずれはPHP5が主流になる。移行措置として4と5併設する。 !!!!2007-10-15 久しぶりに開発状況をみたら、今年5月に2.0.0がリリースされており、かなりの改善がされたようである。 最新の[[安定版は2.0.3|http://www.phpmyfaq.de/download.php?do=download&number=2.0.3&ext=.zip]] で、8月にリリースされている。開発版 2.5.0もある。この正式リリースを待ってアップグレードするかな・・・と思ってよく読んでみたらリリース時期が2008年で、~PHP5.2 onlyとあった。Bluehostサーバが~PHP5.2をサポートするかどうか分からない。[[2.0.x Documents|http://www.phpmyfaq.de/dokumentation.2.0.en.php]] !!!!2006-8-19リリースのV1.6.4を試しに設置した。 どんなものか関心があったからである。意外と簡単にセットアップできた。 phpMyAdminそのものの評価のために、とりあえず自作自演で質問回答をいくつかした。 どう使うかがよく分からなかったが、Xoops, Movable type, WordPress, SNS(OpenPNE,Affilio), 各種Wikiなどのオープンソースソフトについて学習したことをFAQ形式で整理しようかと考え、それらのカテゴリーを作ったが、自作自演では所詮無理がある。しばらく様子をみよう。 !!!Installation !!!!REQUIREMENT *PHP **from version 4.3.3 (recommended: latest PHP 4.4 or latest PHP 5.2) **@@register_globals = off (recommended)@@ **@@safe_mode = off (recommended)@@ *Webserver (Apache 1.3/2.0/2.2 or lighttpd 1.0+ or IIS 5.0+) *Database server **@@MySQL 4.x, 5.x with the PHP4 MySQL extension (recommended: 5.0.x)@@ **MySQL 4.1.x, 5.x with the PHP5 MySQLi extension (recommended: 5.0.x) **PostgreSQL 7.2+, 8.x (recommended: 8.1.x) **Sybase, SQL Server 2000, 2005, IBM DB2 8.2.x, 9.1.x, SQLite with PHP5, Oracle 8i *correctly set: access permissions, owner, group In case you have PHP below 4.3.3 installed you cannot use phpMyFAQ. phpMyFAQ uses a WYSIWYG online editor. It uses a non-standard feature based on JavaScript implemented in Mozilla Firefox 0.7+ (any platform), Mozilla 1.3+ (any platform), Opera 9.0+ (any platform) and Internet Explorer 5.5+ for Windows, therefore the editor will only work in one of these browsers. You have to enable JavaScript for the Ajax based functions as well. !!!!PREPARATIONS 以下のファイル属性を766にする。 * the file data.php in the directory inc/ * the directory attachments/ * the directory data/ * the directory images/ * the directory pdf/ * the directory xml/
http://www.dslreports.com/speedtest 下り通信速度 2448 Kbps 306KB/s 上り通信速度 240 Kbps 30KB/s [[ADSL Speed Checker|http://speedchecker.bbtec.net/]] 下り通信速度 2255 Kbps 280KB/s 上り通信速度 394 Kbps 50KB/s ------------ Broadband Networking Report ------------ <アップロード速度> データ転送速度: 468.84kbps (58.60kB/sec) 転送データ容量: 600kB 転送時間: 10.238秒 -----------------------------------------------------
*Azureus *FireAnt *BitComet *BitZip *[[μTorrent]] *[[Wyzo|http://www.wyzo.com/]] Jersey, UK **A Bittorrent plug-in for Firefox, included with Wyzo, called FireTorrent.
Aさんからのメッセーに刺激されて、最近のStellaがどうなっているか調べた。日本でも販売されているが、価格が高い!アメリカでも1899ドル(20万円)! [[STELLA または ithink(税込価格)|http://www.varsitywave.co.jp/products/stella/price.html]] |通常版| 260,400円(本体価格248,000円)| |アカデミック版| 134,400円(本体価格128,000円)| |学生版| 41,790円(本体価格 39,800円)| |高校教員版| 52,290円(本体価格 49,800円)| しかし、どうしてこんなに高くなったんでしょうね。教育用はもっと安くして、できればオープンソースにして無償で配布すれば良いのにと思ってしまう。なんでも商業主義の時代は終わったというのに時代錯誤のビジネスも健在なんですね。 ※もっともコンピュータ発展期の時(1970年代)に開発したDynamoなんてソフトは当時の貨幣価値で1000万円したことがあったなぁ。その昔はハード付属品でタダだった!ハード価格が10億円、商談規模100億円…といったときだから1000万円はグリコのおまけ(もう死語だな) 貧乏人の、というかケチな私は、作ったモデルが保存できないバージョンで十分ですね。モデルを作って、みんなと議論して改善して、プレゼンをして研修に使う・・・これができればOK。それで価格は50ドルですよ。 (注)前に書いた「神様へのインタビュー」で、神様は答えています。 「裕福な者とは 多くのものを持っている人ではなく わずかなものしか必要としない人のこと」 神様のことばに忠実なわたしです(笑) ところで、ワークショップがディズニーランドである。遊びがてらいってみるかな。Aさん、一緒に遊びにいきますか? Dynamic Modeling Workshops Introduction Dec 12-14, 2007 Disney World Resort Orlando, FL ---- PowerSim
Powersimツール(Ps Studio 2005)は、世界で16社が販売し、モデリング&シミュレーションのコンサルティングを提供している。日本は、[[Posy Corp|http://www.posy.co.jp/]] 総研ではITツールは自前で、最近は内部統制の一環としてSDの考え方と手法を使ってコンサルティングした。 !!!!Powersim活用事例(米国) Simulation Solutions Group of Powersim Corporation 経営戦略策定、全体最適化、財務モデル策定、ROI/EVA最適化などのシミュレーションが多かった(1995~) |Nestle |仮想会社についてサプライチェーン・モデルを作り、年間250人がレーニングに使っている。| |Microsoft |従業員の行動が顧客満足にどのように響くかを捕らえるトレーニング・モデルである。1500台のラップトップにインストールしてあり、4人のチームで45分程度のシミュレーションを2、3回繰り返している。| |Ford |工場操業のモデルを作り、新しい組立方法の効果を調べた結果、その方法が製造工程の安定性に効果的であることが示された。自動車工業における意思決定支援システム。| |Novellus |セミコンダクター装置産業における競争体質を理解するためのトレーニング・モデルであり、年間の管理教育に組み込まれている。| |World Bank |新ビジネス提案を理解する手助けとなる戦略計画シミュレーションツール。例えば、各種タイプの発電産業のROIなどを理解するのに使われている。| |Chevron |ナイジェリアにおける長期計画のような大型投資を含むいくつかのシナリオの見通しの分析と最適化を行うための戦略計画シミュレーション・ツール。| |FAA |航空部門の労務管理のりエンジニアへの取り組みを支援する戦略訓練シミュレーション・ツール。社内の対立した問題解決に関して必要な時間とコストを理解するために使われている。| |Landmark Graphics |利益に大きな影響を及ぼす決定をサポートするための貯蔵所シナリオの計画シミュレーション・ツール。|
[img[2007|http://www.kingsoft.jp/is/_img/king_product_main02.jpg]] ※無料試用の期間は広告が表示されますが、ご購入後は表示されなくなります。 !!!総合ウイルス対策ソフト キングソフトインターネットセキュリティ2007 価格体系 ・有料 1年版(1ユーザー/1年):980円 無期限版(1ユーザー/無期限):2980円 ゼロバイスリー(3ユーザー/無期限):3880円 ゼロバイスリー(3ユーザー/無期限)パッケージ版の購入はコチラから [img[無料版|http://www.kingsoft.jp/_img/kisfree_bn.jpg]] 上記製品と全く同じ品質でフリー版もございます。 (※フリー版はアップデート受信時などに広告が表示されます。) ※“無期限版”は、マイクロソフト社OS(VISTA)の公式サポートが終了するまで使用可能です。プログラムもオンラインアップデートにより常に最新の状態に保つことができます。 [img[Kingsoft|http://www.kingsoft.jp/_img/king_contents_img03.jpg]]
*Norton [[診断サービス|http://www.symantec.com/ja/jp/home_homeoffice/support/index_virus.jsp]]ーIE5.5以上(@@Firefox不可、Vista不可@@) 体験版はEメール要求 *McAfee Web診断サービスなし 体験版ー姓名・Eメール・パスワード必須 McAfee® Internet Security Suite 2007 5775円 *KingSoft [[試用版|http://download.kingsoft.jp/is/?partner=kingsoft_000&header=1]](40MB) ワンクリックでOK 広告あり[[Internet Security|http://download.kingsoft.jp/kisfree/]]は無料! *RegistryBooster2
Flashなんとか…というのが理解できていない。 Flash Paperというのは、Contribute3付属ソフトにあった。WordやPowerpointファイルをボタン一つでFlash Paperに変換できる。ただし、Vistaでは動かない!このFlash Paperの拡張子は、.swf これ、Shockwave Flashの略かな? 巷でいうフラッシュビデオの拡張子は .flv なのかな?このファイルはMacromedia Flashで開かれる。プレイヤーは何なのか分からない。 http://www.flash-jp.com/modules/newbb/viewprint.php?order=ASC&topic_id=5758&forum=11 ここでなにやら議論しているのでじっくり読んでみよう。 http://www.himco.jp/ この人も薀蓄あるみたい [[かんたん作成!Flash Video活用講座|http://www.adobe.com/jp/devnet/flash/articles/create_flashvideo.html]]
[img[SigmaServer|sns/img/SigmaServer.jpg]] [img[SigmaServer|sns/img/SigmaSpace.png]]
後輩のH君がロンドンに赴任した。生活基盤が整いつつあり、少し余裕ができたというので、日記を書いていた。 わたしは、ロンドンには90年代半ばから足しげく通うようになった。いつも仕事であったが、週末は郊外を見て回った。時には金土は鄙びた田舎のホテルやベッド&ブレックファスト(民宿)に泊まりで行った。地方にいくと昔の領主のお城が、外観は昔のままだが、内装を変えてホテルになっているところがある。そういうところに泊まるのも楽しみだった。 H君の日記を読んでなつかしくなり、押入れをゴソゴソかき回したら10年前の写真がでてきた。当時はビデオを撮るのが多く、カメラを持って歩くのはまれになっていた。いまから思うとカメラで撮った写真には想いが託されているようでいいものである。 写真は、[[Thornbury Castle]]、ホテルである。部屋にはKingとかQueenとかいった名前がついている。貧乏性の私は、Baron(男爵)の部屋に泊まった。遠いアーサー王の時代に思いを馳せながら、思い出に残る一夜を過ごした。 ---- 余談になるが、ロンドン市内のそれなりのホテルは目が飛び出るほど高い。定宿だったシェラトン系ホテルは、90年代半ばのアメリカでは高くて百数十ドルくらいだったが、ロンドン市内のシェラトンシティセンターは400ドル以上(5万円)だった。当時の秘書が予約してくれたのだが、貧乏性の私は会社の費用といえども贅沢はできないので、二回目以降はヒースロー空港近くのホテルを定宿にした。 ロンドン市内の会社やお客様との打ち合わせには、電車やタクシーがあったが、私は自分で車を運転にして行った。会議が夕方早めに終わるとその足で郊外へ行けるからである。ロンドンは、晩秋から4月くらいは日が短く、雨が多くて、暗い日が続くというのが私の印象である。しかし、6月から晩秋まではほんとうにきれいである。とくに夏の夜は、デイタイムセイビングで、9時過ぎまで明るい。カリフォルニアにいるような気分にさせられる青空が広がる日は本当に気持ちがいいものだった。一日が長く、行動半径も格段にひろがるものである。 ---- http://www.visitbritain.jp/destinations/England/London/
<<Timeline>>
今日はSNSをオープンして一周年である。国立公園制定日で、安政の大獄、ドイツ民主共和国成立 の日でもあり、女優・小川真由美の68歳の誕生日でもある。しかし、それらはまったく関係はない(笑) 昨夜、過去の日記を見ていて気がついた。このSNSでの最初に日記を書いたのが昨年の10月7日になっていた。設置したソフトは、その日リリースされた安定版(といっていた)OpenPNE2.4.0である。実際には、10月3日リリースの2.2.9が最初に設置したソフトだが、半日かけて動かしたらあっちこっちで文字化けが発生!断念しようと思ったが、悔しいので米国のSourceforgeを覗いたら一時間前にリリースされた2.4.0があった。それで再度挑戦した。二回目はスッと動きましたねぇ。 OpenPNEの説明書のたぐいがほとんどないのと、レンタルして日が経たないサーバ環境になれていないのと、ちょっとばかりの講演準備で疲れていたのと・・・せっかくの休みなのに・・・などと思いながら好奇心に負けて、日がな一日SNSインストールとカストマイズ設定に費やした。 OpenPNEのドキュメント不足に業を煮やして、開発者コミュニティで、「嫌味な記事」を投稿しましたねぇ。 「これまで何十ものオープンソースをインストールしてきたが、ほとんどが30分か長くて一時間で完了した。Wordpressなどはたった5分でインストールできる。OpenPNEには手を焼いた。とにかくドキュメントが無いのが致命的である。開発が目的化していないだろうか?使う人のことを考えないと、良いソフトにならない。このような状況で、オープンソースを標榜するのにはうなづけない。世界の標準的開発手法に則って、多くの人が活用できるような、世界のオープンソースになって欲しい・・・」 な~~んて偉そうなことを書いた記憶がある。自分の知識と能力を棚に上げて・・・ということの証左でしょうね(笑) せっかく設置して動いたら文字化けであっちこっちに聞きまわったら、多くの利用者が同じ問題で悩んでいたのが分かったから、これはひとつ開発者たちに気づいてもらわないといけないという老婆心があった。もっともそういうことがあったから新たな知人がいっぱいできて、何かことあると助けてもらえるようになったわけである。 今年の4月、米国サーバ環境の変化で突然エラーが発生するようになったときも、原因究明と解決策をもとめて、開発者や運営者のコミュニティにいって話したら、みんな親切に教えてくれたりサジェストしてくれたりしましたね。ありがたいことです。リアルな世界よりも、バーチャルな世界での会ったこともない人たちのほうが圧倒的に動きが速いということの証左でもあった。いくべきところにいけば、たくさんの専門家がいますからね。リアルな世界ではそうはいかない。経営でもおなじで、バーチャルな世界を知らないと、情報に疎くなり、同報メール済むようなことを毎週延々と会議(報告会)をやるようになって時間がもったいないという事態を引き起こす。 また「支離滅裂日記」になりつつある・・・。このコトバが気に入りました(笑) きょうの結論は、「10月7日をSNS記念日とする」ということです。 記念日はいいが、来る人がまばらなのはさびしいですねぇ。 SNS設置の最初の動機として、大学の同期生たちとの共有の場をつくろう、危険なメールを使わなくていいようにしようということもあったのだが、肝心の彼らはデジタル移民になれず、昭和のアナログテレビにかじりついているのだから仕方がない。同窓会で撮った写真やビデオは、昔ながらのブログ風ホームページに作っているが、パスワード保護やら何やらで面倒くさいというのが本音でだが、来月にある会合では「会のホームページはSNSからしか見れない!」と宣言しようと思う。意地悪かな?でも、彼らの肖像権(そんなのある奴はいないが)とプライバシーを守ろうとして考えていることだし、利便性も高くなると思うからである。まぁそういう風に正当化しておこう。
!!!Gallery無料素材集 1990年代後半に無料配布されたWeb Clipが、27万個以上ある。非営利目的で個人的に利用するのは自由である。http://gallery.agorian.com/main.php/v/webphoto/clip/ に少しずつ掲載していく。一覧にして一般公開することに関しては、米国著作権法上グレイなところがある。しかし、Gallery利用者が、個人的にダウンロードして使うことには問題がない。いずれにしても日本の著作権法は適用されない。 *WebPack **Animations 11,093個のGIFファイル(165MB) **Images   15,180個のJPGファイル(143MB) *WebClipEmpire 25万個(7GB) **アニメーション CD三枚 **Web素材 CD三枚 **音楽&効果音 CD三枚 **Midi素材 CD一枚 **Java、ビデオ素材 CD一枚 **写真素材集 CD一枚
追跡するすべてのページの</body>タグの直前に、トラッキングコードを書く。[[Google Analytics|http://www.google.com/analytics/ja-JP/]] <<< <script src="http://www.google-analytics.com/urchin.js" type="text/javascript"> </script> <script type="text/javascript"> _uacct = "UA-1022542-5"; urchinTracker(); </script> <<<
[[国際連合|http://www.un.org/]]|[[Wiki|http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%A3%E5%90%88]]|[[国連広報センター|http://www.unic.or.jp/index.htm]] [[OECD|http://www.oecd.org/home/0,3305,en_2649_201185_1_1_1_1_1,00.html]]|[[OECD(経済協力開発機構)|http://www.meti.go.jp/policy/trade_policy/oecd/index.html]] [[欧州連合|http://europa.eu/index_en.htm]]|[[Europedia|http://www.europedia.moussis.eu/]]|[[Wiki|http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E9%80%A3%E5%90%88]]
<html> <A href="http://www.myshop.co.jp/japancal/fname/name.htm" target=_blank>名字見聞録</A><br /> <TD bgColor=#ffffff><A href="http://www.geocities.jp/nyarce1/" target=_blank>ニャースの名字探検隊</A><br /> <TD bgColor=#ffffff><A href="http://ww1.tiki.ne.jp/~chigusaya/bframe.htm" target=_blank>日本家紋研究会関西支部</A><br /> <TD vAlign=center width=400 bgColor=#ffffff><A href="http://dir.yahoo.co.jp/Arts/Humanities/History/Genealogy/Lineages_and_Surnames/" target=_blank>Yahoo! 苗字関連ページ</A><br /> <TD bgColor=#ffffff><A href="http://homepage1.nifty.com/apartment/syachihata.html" target=_blank>シャチハタに認められたい名字</A><br /> <A href="http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~jjksiro/shiro.html" target=_blank>静岡大学 城岡研究室</A><br /> <A href="http://www.myj7000.jp-biz.net/" target=_blank>日本の苗字七千傑</A><br /> <A href="http://www2s.biglobe.ne.jp/~nazuke/" target=_blank>プロが明かす 牧野式・名づけ教室</A><br /> <A href="http://www2s.biglobe.ne.jp/~suzakihp/index40.html" target=_blank>全国の苗字(名字)</A><br /> <A href="http://www.geocities.jp/nametantei/" target=_blank>名前探偵団</A><br /> <A href="http://park14.wakwak.com/~myj/" target=_blank>苗字館</A><br /> </html>
すばらしいソフトを見つけた。Word, ExcelあるいはWebブラウザ、プリンターに印刷するアプリケーションであれば、簡単にPDFファイルを作成できる!VistaでAcrobat5.0が動作しなくて困っていたところである。もうAcrobatは要らない。 PrimoPDFというFree PDF Converterである。アプリケーションから印刷するときに、プリンタにPrimoPDFを選択するだけでよい。個人的には、PDFよりSWFが好きだが、このSWFもVistaでは動かない。PrimoPDFじゃなく、「PrimoSWF」なんてのをだれか開発してくれると助かるのだが、普及度合いからいえばPDFに追いつかないので、開発のモティベーションは低いだろう。 パソコンにインストールは面倒だというひとは、PrimoOnlineを利用するといい。ファイルをアップロードすればPDFに変換してくれ、Eメールで受け取れる。 個人がパソコンで使う限りは無償であるが、企業向けに各種のライセンスがある。たとえばサーバに設置して共有利用( activePDF Server™ )する場合、一システムあたり1399ドルである。日本円で16万円くらいだから小企業でもコスト効果はある。このほかに activePDF WebGrabber™(1590ドル)など6種の製品があり、すべてをライセンスしたときの価格は2399ドルと割安になっている。 開発・販売元はActivePDF,Incで、2000年1月に設立された個人企業である。Webでビジネスを展開しだしたのは最近だが、リセラーチャネル中心に販売し、13000ユーザベースがある。IBM, Daimler Chrysler, NASA, Harvard University, Warner Bros., Citibankなど著名企業でも活用しているとのことである。([[同社Web|http://www.activepdf.com/]]より) 個人使用は無償で、わずらわしい広告もない問うのは実にありがたいことである。 最近のAcrobat製品はバージョン8(私はいまだにXPで5使用)で、PDF文書作成ができるものではStandard、Pro、3Dの三種があり、実に様々な機能([[比較表|http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/matrix.html]])が強化されているようだ。しかし、PDF作成以外の機能は不要である。57540円も払って買うのはもったいない。 http://www.primopdf.com/ PrimoPDF 3.1 (13.2MB)
!!MySpaceからYouTube,そしてAzureusへ この一年はRocketBoomを見るためにFireAntを使ってきた。一昨年にAzureusを使ったが、Webサイトがウィアードで使いにくかったので止めた。世評では、Torrentクライアントとして評判がよくなったようなので、今度はVistaにダウンロードして使い出した。ずいぶんと良くなっている。YouTubeみたいにごちゃごちゃしておらず、以前と比べてシンプルになり、使いやすくなった。 英語が中心で、若者を対象にしたビデオ、音楽、ダンス、アニメ、サイファイが多く、健全である。YouTubeみたいに頻繁にアップされるポルノもないので、女房・娘に覗かれても、言い訳しなくて済むのでよい(笑) 会員数や普及度、知名度からいえば、YouTubeが圧倒的である。数年前に10代から20代前半のデジタル原住民(MTV世代の後輩たち)が牽引したSNS大衆化の原動力となったMySpaceは影を薄めたようである。私も二年前からはYouTubeを使うことが多くなり、自作ビデオを何本かアップした。使わないと分からないからである。 YouTubeが便利なのは、面白いビデオがあると友人に紹介したり、自分のブログに簡単に投稿できることであろう。私はもっぱら英語版Bloggerにあるブログに投稿して楽しんでいる。中年の男性(素人)が自分で振付けたダンスを、普段着のままでひとり楽しく踊るビデオや、器械体操の練習風景で失敗の連続をコミカルに編集したもの、あるいはイギリスはロンドンの広場で通りすがりのひとにハグする(抱きつく)ビデオなどいまも印象に残っている。 自営SNSの日記やコミュニティ書き込みにも簡単にYouTubeビデオを投稿できるが、誰も投稿していないということはYouTubeに関心がないということかな? 今年夏頃からはBitTorrentを使い始めた。数年前に比べると格段の進歩がある。技術進歩だけでなくアプリケーションも増え、当然ながらコンテンツも急速に増えて、普及しだした。健全な一般社会人向けに普及しだしたということである。 裏の世界、かつてのVHS、CD、そしてインターネットと同じように、アダルト業界は目ざとく、ビジネスセンスがあるといってもいいかもしれない。一般のビジネス業界では表で論じられることはないが、新しい技術や市場の牽引車になることもある。 BitTorrenntも例外ではない。それ自体は純粋な先進技術の開発であるのは論を俟たないが、その技術をもとにしたアプリケーションの利用で(統計的に調べたことはないが)もっとも多いのが、やはりポルノ業界であろう。コンテンツの数やインターネットを流れる情報量の多くを占めていると思う。そうでなければBitTorrentデータがインターネット全体の60%以上を占めることにならないと思う。 この記事を目にした人のうち何人がBitTorrentとは何かを知って、日常的にトレントを作ったりダウンロードしたりしているでしょう。一部のオタクや先進企業を除けば、何のことを書いているのかを知らない人が大多数ではないでしょうか。 SNSさえ使ったことがないビジネスパーソンが多い日本ですから。SNSを使うということはMixiなどに登録することではない。自分で日記やブログを書き、友人・知人を誘い、自分でコミュニティを開設して、友人たちと情報や意見を交換し、イベント企画し、仕事や人材の紹介をしたり・・・そういうことがなければSNSを使っているとはいえないかもしれませんね。コミュニティでなくても、SNSに参加している人たちとメッセージのやり取りで、無駄口でもいいから、情報や意見を公開したり連絡しあうのもいい。そうすることでSNSの利便性が分かってくるのだと思う。 話が逸れてしまったが、トレント・アプリケーションを活用するには、トレント・クライアントと呼ばれるソフトをインストールする必要がある。ここでトレントとは何かを解説するつもりはない。メディアを検索すれば分かるでしょう。ただそういった類の解説を読んでも分からない。私は分からなかった。使ってはじめて分かる。デジタル世界に棲むとはそういうことですね。 トレントクライアントという言い方が適切かどうか分からないが、BitTorrentを活用したアプリケーション、20世紀末にブレイクしたNapster、日本ではWinnyといったものを知っている人であれば、それらが進化したものだといえば分かるかもしれない。簡単に言えばネットを通したダウンロードをするソフトといえる。IT業界でいう「P2P」アプリケーションですね。 御託はこれくらいにして言いたいのは、使ってみてはいかがですか?・・・ということである。お勧めは、Azureus、FireAntなどはWebサービスとしての機能があるので使いやすいでしょう。Vlogを集めて提供するサービスともいえるので、「なんでこれがトレントなの?」という疑問がでるかもしれない。トレントファイルは拡張子が.torrentで、ダウロードの対象となるファイルやそのファイルを持っている人(パソコン)を教えてくれる。.torrentファイルを指定してダウンロードするクライアントソフトに、BitComet、BitZip、μTorrentなどがある。 お勧めはμTorrentである。たった214KBで軽量だが、必要な機能はほとんど備わっている。BitCometは、中国勢が積極的に開発をしているが、コンテンツはアダルト系が圧倒的に多く、無法地帯になっていると思うのでお勧めできない。AzureusやμTorrent派とBitComet派は対立しているような印象を受けた。コンテンツの相互交換は避けているようである。 トレント利用に当たっては、ウィルスやワーム、スパイウェアに感染しないように注意すべきである。メール、IEやWord、Excelが主な感染源で、これらを使用しないようにしているが、汚染地帯はトレントにもある。対象ファイルがなんであれ、ダウンロードすること自体がリスクを伴う。それを知った上で使うべきである。知らないで変なアプリやトレントを使うと感染する確率は高くなる。
[[Going from killer app to major Web platform|http://www.news.com/2100-1032_3-6196341.html]] By Elinor Mills, Staff Writer, CNET News.com, Published: July 12, 2007, 11:59 AM PDT 参考になる記事で、マインドマップに整理しようとして中断していた。 [[勝者の法則|mindmap/16winnersrule.html]]
ほとんどのアプリは、既存アカウントにログインして確認するだけである。 !!!Google Tools http://www.google.co.jp/intl/ja/options/ に一覧がある。 *GoogleService|GoogleTool !!!インストールが必要なサービス [[Googleパック|http://pack.google.com/intl/ja/pack_installer.html?hl=ja&gl=jp&utm_source=ja_JP-et-picasa_hp&utm_medium=et&utm_campaign=ja_JP]]が便利である。Googleデスクトップは、非常に負荷が高くなるのとパソコン内の情報流出が懸念されるので使わない。また、Spyware Doctorもウザイ。アンインストール不能になりポップアップがわずらわしい。 **[[Google Browser Sync|http://www.google.com/tools/firefox/browsersync/index.html]] **[[Google Earth|http://earth.google.com/intl/ja/]] **[[Google Sketchup |http://sketchup.google.com/download.html]] Vistaでのサポートは不完全 **[[Google Talk|http://www.google.com/talk/intl/ja/#utm_source=ja-et-more&utm_medium=et&utm_campaign=ja]] **[[Google Picasa2 |http://picasa.google.co.jp/intl/ja/#utm_source=ja-all-more&utm_campaign=ja-pic&utm_medium=et]]
GoStatsはWordpressプラグインだったので知ったが、この[[SatCounter|http://www.statcounter.com/]]をどうして見つけ設置したのかを忘れてしまった。どこまでトラフィック情報を分析して情報を提供しているのかを研究してみよう。カウンタはヒット数ではなくサイト訪問数をカウントしているようだ。
SNSあるいはSocial Software&Services関連をここに書く。 *OpenPNE *Affelio *OpenText *[[Twitter]] *lingr *Joost *FaceBook *LinkedIn *SecondLife *MySpace *BlogTV *Chatango  http://chatango.com/ <html> <embed width="530" height="330" src="http://www.blogtv.com/livesdk/buTtYePrZm3GbuR" type="application/x-shockwave-flash" allowFullScreen="true"></embed> </html>
ブログ関連の目次をここにする。 *LiveJournal *WordPress
http://twitter.com/ WebTwitter Gmailアドレスにひとりだけメンバーがいた。 jeremiahだ。 日本で検索すると195件  日本人6  横浜117人(うち80は風俗店宣伝!) 東京266人 奈良6 鎌倉3 Gtalkからつぶやくこともできる。 Click to verify your account: twitter@twitter.com Didn’t work? Add twitter@twitter.com to your GTalk buddy list and send it the following text: tmwmdg 携帯からも可能だが、国際電話料金がキャリアから課金されるかもしれない。調べてみよう。 12/23 100 3/5 200 4/10 1200  5/5 300  10/30 150 [[先取り!Twitter使いへの道 AtoZ|http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/twitter/0001]] 2007年4月11日 [[新SNS「Twitter」--初心者のためのスタートガイド|http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20348053,00.htm]] 2007年4月27日 [[Twitterで番組宣伝 TOKYO MX|http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/17/news081.html]] 2007年5月17日 [[Asahi徳島|http://mytown.asahi.com/tokushima/news.php?k_id=37000120705300001]] 2007年05月30日 [[ついったー部|http://twitter.g.hatena.ne.jp/keyword/%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%83%bc%e3%81%a7%e7%99%ba%e8%a6%8b]] <html> <A href="http://twittervision.com/">twittervision</A></html> 地図上で様々な国の人たちの発言を見ることができる。 <html> <dt><a href="http://www.twitthis.com/">Twit This</a></dt> <dd> <div class="fig"> <div class="illust"> <p><img src="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0003/thumb/TH100_image11.jpg" alt="画像" title="" height="29" width="100"></p> </div> </div> <p>自分のサイトにバナーを貼っておき,見た人がクリックをすると,「そのblogを見ている」ことがTwitterの発言として自動的に送られる。ブックマークレットも用意されており,ブラウザのツールバーにリンクを入れておくと,自分が今どのサイトを見ているのかをTwitterに送 ることができる。</p> <!-- Begin TwitThis (http://twitthis.com/) --> <script type="text/javascript" src="http://s3.chuug.com/chuug.twitthis.scripts/twitthis.js"></script> <script type="text/javascript"> <!-- document.write('<a href="javascript:;" onclick="TwitThis.pop();"><img src="http://s3.chuug.com/chuug.twitthis.resources/twitthis_grey_72x22.gif" alt="TwitThis" style="border:none;" /></a>'); //--> </script> <a href="javascript:;" onclick="TwitThis.pop();"><img src="http://s3.chuug.com/chuug.twitthis.resources/twitthis_grey_72x22.gif" alt="TwitThis" style="border: medium none ;"></a></dd> </html> <<< <a href="javascript:;" onclick="TwitThis.pop();"><img src="http://s3.chuug.com/chuug.twitthis.resources/twitthis_grey_72x22.gif" alt="TwitThis" style="border: medium none ;"></a> <<< [[twitterMobile Ver 0.7.3|http://miniturbo.org/product/webservice/twitter/twitter_mobile_0.7.3.zip]] サーバに設置して、携帯からアクセスできる。http://miniturbo.org/product/webservice/twitter/ <html> <p>得票数が多かった順にツールを改めてご紹介します。</p> <dl> <dt>[1] <a href="http://movatwitter.jp/">MovaTwitter</a></dt> <dd><p>携帯電話からTwitterを閲覧/更新するツールですが,他にも本家Twitterにはない機能が搭載され,どんどん便利になっていることがたくさんの方の評価を得たようです。詳しいレビューは後述。</p> <div class="illust"> <p><a href="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0006/movatwitter1.jpg" rel="lightbox" title="" class="imgLightbox"><img src="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0006/thumb/TH350_movatwitter1.jpg" alt="画像" title="" height="35" width="197"></a></p> </div> </dd> <dt>[2] <a href="http://cheebow.info/chemt/archives/2007/04/twitterwindowst.html">Twit</a></dt> <dd><p>Twitterを閲覧/更新できるWindows用のツール。見た目のわかりやすさや,使い勝手の良さが好評のようです。こちらも,詳しいレビューは後述します。</p> <div class="illust"> <p><a href="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0006/twit1.jpg" rel="lightbox" title="" class="imgLightbox"><img src="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0006/thumb/TH350_twit1.jpg" alt="画像" title="" height="86" width="235"></a></p> </div> </dd></dl> <div style="float:right;width:200px;text-align:center"><embed src="http://static.twitter.com/flash/twitter_timeline_badge.swf" flashvars="user_id=9793952&color1=0xFFFFCE&color2=0xFCE7CC&textColor1=0x4A396D&textColor2=0xBA0909&backgroundColor=0x92E2E5&textSize=10" width="200" height="400" quality="high" name="twitter_timeline_badge" align="middle" type="application/x-shockwave-flash" allowScriptAccess="always" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="http://www.adobe.com/go/getflashplayer"></embed><br><a style="font-size: 10px; color: #0xBA0909; text-decoration: none" href="http://static.twitter.com/elmblog"><img src="http://static.twitter.com/images/twitter_bubble_logo.gif" border="0" /></a></div> <div style="float:right;width:176px;text-align:center"><embed src="http://twitter.com/flash/twitter_badge.swf" flashvars="color1=16594585&type=user&id=9793952" quality="high" width="176" height="176" name="twitter_badge" align="middle" allowScriptAccess="always" wmode="transparent" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer" /><br><a style="font-size: 10px; color: #FD3699; text-decoration: none" href="http://twitter.com/elmblog">follow elmblog at http://twitter.com</a></div> </html> Twitter(トゥイッター)は個々のユーザーが「つぶやき」を投稿し合うことでつながるコミュニケーション・サービス。米Obvious社(現在のTwitter社)が開発し、2006年7月にサービスを始めた。日本でも今年4月くらいから利用者が増えだした。 各ユーザーは自分専用のサイトを持ち、What are you doing?(今、何しているの?)の質問に対して半角140文字以内でコメントを投稿する。画面には自分の投稿以外に、あらかじめ登録した知人など他者の投稿もほぼリアルタイムに表示される。例えば「ビールが飲みたい」というつぶやきに対し、それを見て賛同した知人が応答することで、メールやIMに比べて「ゆるい」コミュニケーションが生まれる。投稿ごとに固有のURLが割り当てられ、すべてアーカイブされる。 創成期にブログ・サービス「Blogger」を開発しその後Google社に売却したEvan Williamsや、Bloggerの開発チームの一員だったBiz Stone、Jack Dorseyらが中心となって開発した。Jack Dorseyによると、Twitterの基本構想は自身が2000年6月に思いついた。LiveJournalよりもリアルタイム性が高く、どこにいても自分の状況を知人に知らせたり、逆に知人の状況を把握できたりするサービスの可能性に気づいたという。 Dorseyはそのアイデアを5年間あたため、Odeo社のプロジェクトとして立ち上げた。2006年7月から始まったTwitterのサービスは、2007年3月に米国で開催されたイベントSXSW(South by Southwest)でblog関連の賞を受賞したことで、一躍注目を集めるようになった。設立以来、共同創業者たちが主に自己資金で経営してきたが、2007年7月26日にUnion Square VenturesやCharles River Ventures, 複数の個人投資家から資金を調達したことを発表した。
メンンバーになったのは古いが、もともと好奇心からどんなサービスかを体験するだけだったから、ほとんど使っていない。メッセージをやりとりするくらいかな。英語版だから、日本に戻ってからはやはり日本語が主体だから英語は忘れていくというか、使うのは疲れる。毎日使っていれば慣れて、何も感じないのだが。使っていた頃は英語版しかなく、漢字は文字化けをした。それに第一、日本人がほとんどいなかった。 今日YouTube、LiveJournalからの流れで久しぶりにMySpaceを見た。自動的に日本語サイトに誘導された。Googleのコミュニティが目に付いたので参加したら、メンバは200人以上いるのにトピックがゼロ。何も書かれていない。普通は開設した管理人が最初のトピックを書き込むはずなんだけど・・・と非常に不思議である。 ・・・で、「Google活用」のトピックを作って書いておいた。さてどんな反応があるか・・・。 ・・・で、もうひとつ目に付いたのが、「英語が苦手な事を主張をしたい人用」という掲示板である。なんとも不思議な、ちょっとちぐはぐな感じのするタイトルではないか。最初の書き込みに、面白い小物があったので、コピペした。 <html> <a href="http://groups.myspace.com/wrongenglish"><img src="http://a173.ac-images.myspacecdn.com/images01/118/l_948a607cf4c46fdffabb5bb64adb96e4.gif" border="0"></ a> </html>
{{{ <div id="twitter_div"> <h2 class="twitter-title">Twitter Updates</h2> <ul id="twitter_update_list"></ul></div> <script type="text/javascript" src="http://twitter.com/javascripts/blogger.js"></script> <script text="text/javascript" src="http://twitter.com/statuses/user_timeline/elmblog.json?callback=twitterCallback2&count=5"></script> }}} Hot tip! To ensure loading of your page even in the case of twitter.com non-loading, move the two lines that start with <script type="text/javascript"... to the bottom of your page (just above </body>). {{{  <!-- Begin TwitThis (http://twitthis.com/) -->  <script type="text/javascript" src="http://s3.chuug.com/chuug.twitthis.scripts/twitthis.js"></script>  <a href="javascript:;" onclick="TwitThis.pop();"><img src="http://s3.chuug.com/chuug.twitthis.resources/twitthis_grey_72x22.gif" alt="TwitThis" style="border: medium none ;"></a>  <!-- /End --> }}} <html> <dt> <a href="http://mikedemers.net/projects/tweetbar/">Tweetbar</a></dt> <dd><p>Twitterを閲覧/更新できるFirefoxの拡張機能。海外製のツールですが,ブラウザのアドオンとしては最も高い得票数でした。サイドバーにTwitter本家と同じような見た目で表示できることが良い評価を得たようです</p></dd> <h3>Blogプラグイン</h3> <p>新規エントリーの追加,またはエントリーを更新した際,エントリーのタイトルとそのページへのリンクがTwitterに自動送信されます。</p> <h4>31. <a href="http://blog.bandrix.com/2007/04/29/wp-post-to-twitter/">WP Post to Twitter(WordPress用:日本)</a></h4> <h4>32. <a href="http://labs.m-logic.jp/2007/04/movabletypeposttotwitter_v100.html">MovableType用PostToTwitterプラグイン(Movable Type用:日本)</a></h4> <h4><a href="http://labs.cybozu.co.jp/blog/nakatani/2007/04/twiggee_yahoo_widgets_twitter.html">Twiggee(日本)</a></h4> <p>ウィジェットの幅に合わせて,発言が横に自動スクロールする形で表示される。現在位置情報の取得もできる</p> <H4><A href="http://www.frankmanno.com/widgets/twidget/">Twidget(海外)</A></H4><P>発言の更新のみができるシンプルなWidget。日本語の投稿も可能。</P><DIV class=illust><P><STRONG>図12</STRONG> 自分の直前の発言が上部に表示される</P><P><IMG title=図12 自分の直前の発言が上部に表示される height=155 alt=図12 自分の直前の発言が上部に表示される src="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0004/thumb/TH400_25_twidget.jpg" width=397></P></DIV> <H4><A href="http://twitterfeed.com/">TwitterFeed(海外)</A></H4><P>会員登録をすると,自分で指定したRSSの内容を一定間隔(最低間隔は1時間)でTwitterに自動投稿ができるようになる。自分のBlogの更新情報を流すなど,いろいろなことに活用できそう。</P> <div class="readingContent01"><h4><a href="http://tweetvolume.com/">TweetVOLUME(海外)</a></h4> <p>単語やフレーズを指定して検索をすると,その単語がTwitter上で出た数をグラフ表示できる。現在は日本語を検索しても検索数は0になる。</p> <div class="illust"> <p><strong>図5</strong> 似たジャンルの単語を並べると比較できておもしろい</p> <p><a href="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0005/5_tweetvolume.jpg" rel="lightbox" title="図5 似たジャンルの単語を並べると比較できておもしろい" class="imgLightbox"><img src="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0005/thumb/TH400_5_tweetvolume.jpg" alt="図5 似たジャンルの単語を並べると比較できておもしろい" title="図5 似たジャンルの単語を並べると比較できておもしろい" height="327" width="400"></a></p> </div> </div> <div class="pageSwitch01"></div> <h4><a href="http://tmitter.fujikake.net/index_ja.html">tmitter(日本)</a></h4> <p>メール(携帯メール含む)からTwitterに投稿することができる。本文に発言内容を入力して,登録の際指定されたアドレスに送信する。</p> <h4><a href="http://twittermap.com/">TwitterMap(海外)</a></h4> <p>Twitterの発言が地図上に表示される。初期状態は登録時の「location」を参照するが,発言内に「L:地名」と入れることで場所を変更できる。日本語もOK。</p> <div class="illust"> <p><strong>図6</strong> 場所を入れるとその場所の範囲内での発言が見られる。Twitterユーザ名でも検索可能</p> <p><a href="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0005/6_twittermap.jpg" rel="lightbox" title="図6 場所を入れるとその場所の範囲内での発言が見られる。Twitterユーザ名でも検索可能" class="imgLightbox"><img src="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0005/thumb/TH400_6_twittermap.jpg" alt="図6 場所を入れるとその場所の範囲内での発言が見られる。Twitterユーザ名でも検索可能" title="図6 場所を入れるとその場所の範囲内での発言が見られる。Twitterユーザ名でも検索可能" height="443" width="400"></a></p> </div> <h4><a href="http://twittermap.com/twittervision">Twittervision(海外)</a></h4> <p>TwitterMapとの違いは,地域関係なくリアルタイム更新されること。眺めているだけで世界中のつぶやきが見える。</p> <div class="illust"> <p><strong>図7</strong> 最近は日本人の発言率が非常に上がっていることがわかる</p> <p><a href="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0005/7_twittervision.jpg" rel="lightbox" title="図7 最近は日本人の発言率が非常に上がっていることがわかる" class="imgLightbox"><img src="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0005/thumb/TH400_7_twittervision.jpg" alt="図7 最近は日本人の発言率が非常に上がっていることがわかる" title="図7 最近は日本人の発言率が非常に上がっていることがわかる" height="291" width="400"></a></p> </div> <h4><a href="http://twittervision.com/maps/show_3d">Twittervision 3D(海外)</a></h4> <p>Twittervisionの地図を3Dで表示したもの。地球が回って発言があった場所を表示する。</p> <div class="illust"> <p><strong>図8</strong> 縮尺を変更したり,フルスクリーンモードに変更したりできる</p> <p><a href="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0005/8_twittervision3d.jpg" rel="lightbox" title="図8 縮尺を変更したり,フルスクリーンモードに変更したりできる" class="imgLightbox"><img src="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0005/thumb/TH400_8_twittervision3d.jpg" alt="図8 縮尺を変更したり,フルスクリーンモードに変更したりできる" title="図8 縮尺を変更したり,フルスクリーンモードに変更したりできる" height="252" width="316"></a></p> </div> <h4><a href="http://ryo.hayamin.com/nani/">何してtter(日本)</a></h4> <p>特定のユーザの発言から動詞と名詞を抜き出してタグクラウドを表示。その人の普段の行動が見えてくるかも。</p> <div class="illust"> <p><strong>図11</strong> 表示されるまでに数分かかるので注意</p> <p><a href="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0005/11_nanisitetter.jpg" rel="lightbox" title="図11 表示されるまでに数分かかるので注意" class="imgLightbox"><img src="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0005/thumb/TH400_11_nanisitetter.jpg" alt="図11 表示されるまでに数分かかるので注意" title="図11 表示されるまでに数分かかるので注意" height="324" width="400"></a></p> </div> <h4><a href="http://www.twitterverse.com/">Twitterverse(海外)</a></h4> <p>Twitter内でよく使われる単語をタグクラウド(利用頻度の高い単語を大きく表示)形式で表示する(英語のみ)</p> <h4><a href="http://www.greenspace.info/floatwitter/">FLOATwitter(日本)</a></h4> <p>自分のFriendsの画像が次々に表示される。画像をクリックするとその人のFriendsの画像が重なって表示され,友達をたどることができる。</p> <div class="illust"> <p><strong>図18</strong> 画像にマウスカーソルを乗せるとその人の自己紹介と最新発言が表示できる</p> <p><a href="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0005/18_floatwitter.jpg" rel="lightbox" title="図18 画像にマウスカーソルを乗せるとその人の自己紹介と最新発言が表示できる" class="imgLightbox"><img src="http://gihyo.jp/assets/images/lifestyle/serial/01/twitter/0005/thumb/TH400_18_floatwitter.jpg" alt="図18 画像にマウスカーソルを乗せるとその人の自己紹介と最新発言が表示できる" title="図18 画像にマウスカーソルを乗せるとその人の自己紹介と最新発言が表示できる" height="327" width="400"></a></p> </div> <script type="text/javascript" src="http://hbkr.jp/nicotter/nicotter.php?user=elmblog"></script> <a href="http://hbkr.jp/nicotter/#" onclick="showFlash('ieiri',this); return false;" class="nicotter-link"><img src="http://hbkr.jp/nicotter/nicotter.gif" class="nicotter-img"></a> <h4><a href="http://f.hatena.ne.jp/twitter/">twitter's fotolife(日本)</a></h4> <p>「<a href="http://tw.f-shin.net/">MovaTwitter</a>」から送られた写真が集まったページ。ユーザーの今が写真でわかる</p> </html>
2007-11-24 sigmatown.com 取得し、agorian.com/sigma にAddon設定した。 次期SNSのURLを sigmatown.com として運用する。 GoogleAppsとの連携、外部認証をテスト中 Bravenet/Conduit共同提供のツールバー作成 [[ΣSNS|SigmaToolbar]]と命名 ---- [[Google]]|GoogleApps|SigmaToolbar|SigmaApps
音が出なくなった、エクスプローラが頻繁にフリーズする、AcrobatやFlashが動かない、アプリが動いていないのにHDDが四六時中動いているなど不具合ばかり!サポート担当者と何度も話し、各種のチェックをしたが改善しない。 結局再インストールして工場出荷状態に戻してからでないとトラブルシューティングも難しいということになった。アプリを50本くらいインストールしていたのでVista再インストールは避けたかったが仕方がない。意を決して再インストールすることにした。 一番大きな作業がバックアップである。約10時間かかった。これを慎重にやっておかないと再インストール後のアプリ環境を確保できないし、ファイルを失うことになりかねない。 さて、再インストールそのものだが意外と簡単であった。HDDに工場出荷時の状態を再現するためのシステムがプリインストールされている。CDROMを使わずにできるので良い。今回だけでなく、また再インストールしなければならないときのことを考えて、HDDのパーティションを二つにした。 CはVistaとアプリケーション専用にして、自分のファイルはすべてDドライブに格納することにした。こうしておけば再インストール時のバックアップが楽になるからである。もちろんアプリは再インストールしなければならない。 再インストールは正味一時間ほどで完了した。厄介なのはアプリの再インストールと各種設定である。今後のために、[[インストールプログラム一覧|InstalledPrograms]]を作っていくことにした。
Vista BusinessにPowerpointが入っていないので、Office Professional 2000を使っている。ドキュメントはWebベースで作成するから、Word、Excelはほとんど使わない。Powerpointは講義でのプレゼン資料作成に使う。 *Word/Excel: Google Docs&Spreadsheet (かつてのwritelyとiRows)を使う。必要なときにボタン一つでWordやExcelに変換できる。その逆もできる。 *Powerpoint: プレゼン資料作成に最適で、代替品がない。Office97では互換が取れなかったり、互換を確保するためにライブラリが組み込まれてファイルサイズが10倍に肥大化することがあるので止めた。 *MindMap: 90分くらいの講演では、マインドマップが便利である。話す内容を整理して体系化できるのと、一ページで表現できるのがいい。10月リリースの0.9Betaでは大幅な記の強化がなされた。何よりもありがたいのは、ブラウザでの表示の不具合がなくなったことである。Firefoxでも問題なく使えるようになった。
<html> <TABLE cellSpacing=0 cellPadding=4 width="90%" align="center" border="0"><TBODY><TR><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://www.blogger.com/start?hl=ja"><FONT size=2><IMG height=35 alt=Blogger src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/blogger.gif" width=35 vspace=1 border=0></FONT></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><A href="http://www.blogger.com/start?hl=ja"><FONT size=2>Blogger</FONT></A> <FONT color=#333333 size=2>ブログでオンライン メッセージを発信</FONT></TD><TD noWrap width="10%">&nbsp;</TD><TD vAlign=top><A href="http://desktop.google.com/ja/?utm_source=ja-et-more&utm_medium=et&utm_campaign=ja"><IMG height=35 alt=デスクトップ検索 src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/desktop.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://desktop.google.com/ja/?utm_source=ja-et-more&utm_medium=et&utm_campaign=ja">デスクトップ検索</A> <FONT color=#333333>パソコン上のデータを検索</FONT></FONT></TD></TR><TR><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://earth.google.co.jp/"><IMG height=35 alt=マップ src="http://www.google.co.jp/options/icons/earth.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://earth.google.co.jp/">Earth</A> <FONT color=#333333>世界を見渡す 3D ソフトウェア</FONT></FONT></TD><TD noWrap>&nbsp;</TD><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://www.google.com/talk/intl/ja/#utm_source=ja-et-more&utm_medium=et&utm_campaign=ja"><IMG height=35 alt=Talk src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/talk.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://www.google.com/talk/intl/ja/#utm_source=ja-et-more&utm_medium=et&utm_campaign=ja">トーク</A> <FONT color=#333333>友達と通話やチャット</FONT></FONT></TD></TR><TR><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://mail.google.com/mail?hl=ja&utm_source=ja-et-more&utm_medium=et&utm_campaign=ja"><IMG height=35 alt=Gmail src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/gmail.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://mail.google.com/mail?hl=ja&utm_source=ja-et-more&utm_medium=et&utm_campaign=ja">Gmail</A> <FONT color=#333333>検索機能とスパム対策に優れたウェブ メール</FONT></FONT></TD><TD noWrap>&nbsp;</TD><TD vAlign=top><A href="https://www.google.com/accounts/ServiceLogin?service=writely&passive=true&continue=http%3A%2F%2Fdocs.google.com%2F%3Fhl%3Dja&hl=ja&ltmpl=homepage&nui=1&utm_source=ja-more&utm_medium=more&utm_campaign=ja"><IMG height=35 alt=ドキュメント src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/dns.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top><FONT size=-1><A href="https://www.google.com/accounts/ServiceLogin?service=writely&passive=true&continue=http%3A%2F%2Fdocs.google.com%2F%3Fhl%3Dja&hl=ja&ltmpl=homepage&nui=1&utm_source=ja-more&utm_medium=more&utm_campaign=ja">ドキュメント</A> <FONT color=#333333>オンラインで文書を作成して仲間と共有</FONT></FONT></TD></TR><TR><TD vAlign=top><A href="http://picasa.google.co.jp/intl/ja/#utm_source=ja-all-more&utm_campaign=ja-pic&utm_medium=et"><IMG height=35 alt=Picasa src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/picasa.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://picasa.google.co.jp/intl/ja/#utm_source=ja-all-more&utm_campaign=ja-pic&utm_medium=et">Picasa</A> <FONT color=#333333>写真や画像を整理、編集、共有</FONT></FONT></TD><TD noWrap>&nbsp;</TD><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://www.google.co.jp/notebook/?hl=ja"><IMG height=35 alt=ノートブック src="http://www.google.co.jp/options/icons/notebook.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://www.google.co.jp/notebook/?hl=ja">ノートブック</A> <FONT color=#333333>ウェブサイトの気になる情報をコピーして保存</FONT></FONT></TD></TR><TR><TD vAlign=top><A href="http://jp.youtube.com/"><IMG height=35 alt=YouTube src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/youtube.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top><FONT size=-1><A href="http://jp.youtube.com/">YouTube</A><SUP style="COLOR: red">New!</SUP> <FONT color=#333333>動画を楽しむ、オリジナル動画をアップーロード &amp; 共有</FONT></FONT></TD><TD noWrap>&nbsp;</TD><TD vAlign=top><A href="http://pack.google.com/intl/ja/pack_installer.html?hl=ja&gl=jp&utm_source=ja_JP-et-more&utm_medium=et&utm_campaign=ja_JP"><IMG height=35 alt=パック src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/pack.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://pack.google.com/intl/ja/pack_installer.html?hl=ja&gl=jp&utm_source=ja_JP-et-more&utm_medium=et&utm_campaign=ja_JP">パック</A> <FONT color=#333333>無料ソフトウェア</FONT></FONT></TD></TR><TR><TD vAlign=top><A href="https://www.google.com/accounts/ServiceLogin?service=cl&passive=true&nui=1&continue=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Fcalendar%2Frender%3Fhl%3Dja&hl=ja&utm_source=ja-more&utm_medium=more&utm_campaign=ja"><IMG height=35 alt=カレンダー src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/calendar.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top><FONT size=-1><A href="https://www.google.com/accounts/ServiceLogin?service=cl&passive=true&nui=1&continue=http%3A%2F%2Fwww.google.com%2Fcalendar%2Frender%3Fhl%3Dja&hl=ja&utm_source=ja-more&utm_medium=more&utm_campaign=ja">カレンダー</A> <FONT color=#333333>予定やイベント情報を整理して友人と共有</FONT></FONT></TD><TD noWrap>&nbsp;</TD><TD vAlign=top><A href="http://reader.google.co.jp/"><IMG height=35 alt=リーダー src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/reader.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top><FONT size=-1><A href="http://reader.google.co.jp/">リーダー</A><SUP style="COLOR: red">New!</SUP> <FONT color=#333333>お気に入りサイトの新着情報をすぐにお届け</FONT></FONT></TD></TR><TR><TD vAlign=top><A href="http://toolbar.google.com/intl/ja/?utm_source=ja-et-more&utm_medium=et&utm_campaign=ja&tbbrand=GZEZ"><IMG height=35 alt=ツールバー src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/toolbar.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top><FONT size=-1><A href="http://toolbar.google.com/intl/ja/?utm_source=ja-et-more&utm_medium=et&utm_campaign=ja&tbbrand=GZEZ">ツールバー</A> <FONT color=#333333>ブラウザに検索ボックスを追加</FONT></FONT></TD><TD noWrap>&nbsp;</TD><TD vAlign=top><A href="http://translate.google.com/translate_t?hl=ja"><IMG height=35 alt=翻訳 src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/translate.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top><FONT size=-1><A href="http://translate.google.com/translate_t?hl=ja">翻訳</A> <FONT color=#333333>テキスト翻訳とウェブ ページの翻訳</FONT></FONT></TD></TR></TBODY></TABLE> </html>
<html> <TABLE cellSpacing=0 cellPadding=4 width="90%" align=center border=0><TBODY><TR><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://www.google.co.jp/alerts?hl=ja"><IMG height=35 alt=アラート src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/alerts.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://www.google.co.jp/alerts?hl=ja">アラート</A> <FONT color=#333333>ニュースや検索結果をメールで受信</FONT></FONT></TD><TD noWrap width="10%">&nbsp;</TD><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://maps.google.co.jp/maps"><IMG height=35 alt=マップ src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/maps.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://maps.google.co.jp/maps">マップ</A> <FONT color=#333333>ドラッグできる地図検索</FONT></FONT></TD></TR><TR><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://www.google.co.jp/imghp?hl=ja"><IMG height=35 alt=イメージ src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/images.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://www.google.co.jp/imghp?hl=ja">イメージ</A> <FONT color=#333333>ウェブ上で画像を検索</FONT></FONT></TD><TD noWrap>&nbsp;</TD><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://mobile.google.co.jp/"><IMG height=35 alt=モバイル src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/mobile.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://mobile.google.co.jp/">モバイル</A> <FONT color=#333333>いつでもどこでも携帯から検索</FONT></FONT></TD></TR><TR><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://www.google.co.jp/webhp?hl=ja"><IMG height=35 alt=ウェブ検索 src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/web.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://www.google.co.jp/webhp?hl=ja">ウェブ検索</A> <FONT color=#333333>80億以上のウェブ ページから検索</FONT></FONT></TD><TD noWrap>&nbsp;</TD><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://mobile.google.co.jp/km/"><IMG height=35 alt="モバイル 検索メール" src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/jp_smtp.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://mobile.google.co.jp/km/">モバイル 検索メール</A> <FONT color=#333333>検索結果を携帯メールで受信</FONT></FONT></TD></TR><TR><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://www.google.co.jp/grphp?hl=ja"><IMG height=35 alt=グループ src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/groups.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://www.google.co.jp/grphp?hl=ja">グループ</A> <FONT color=#333333>メーリング リストやグループを作成</FONT></FONT></TD><TD noWrap>&nbsp;</TD><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/universities.html"><IMG height=35 alt=ユニバーシティ検索 src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/univ.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/universities.html">ユニバーシティ検索</A> <FONT color=#333333>大学などのウェブサイトを検索</FONT></FONT></TD></TR><TR><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://www.google.co.jp/dirhp?hl=ja"><IMG height=35 alt=ディレクトリ src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/directory.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://www.google.co.jp/dirhp?hl=ja">ディレクトリ</A> <FONT color=#333333>カテゴリー別に検索</FONT></FONT></TD><TD noWrap>&nbsp;</TD><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://maps.google.co.jp/maps"><IMG height=35 alt=ローカル src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/local.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://maps.google.co.jp/maps">ローカル</A> <FONT color=#333333>地域や場所に関連するお店やサービスを検索</FONT></FONT></TD></TR><TR><TD vAlign=top><A href="http://www.google.co.jp/transit"><IMG height=35 alt=トランジット src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/transit.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top><FONT size=-1><A href="http://www.google.co.jp/transit">トランジット</A><SUP style="COLOR: red">New!</SUP> <FONT color=#333333>乗換案内、路線と地図で目的地までのルートを案内</FONT></FONT></TD><TD noWrap>&nbsp;</TD><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://www.google.co.jp/intl/ja/help/features.html"><IMG height=35 alt=特殊検索 src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/calc_img.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://www.google.co.jp/intl/ja/help/features.html">特殊検索</A> <FONT color=#333333>様々な検索機能の紹介</FONT></FONT></TD></TR><TR><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://www.google.co.jp/nwshp?hl=ja"><IMG height=35 alt=ニュース src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/news.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://www.google.co.jp/nwshp?hl=ja">ニュース</A> <FONT color=#333333>何千ものニュース ソースから記事を検索</FONT></FONT></TD><TD noWrap>&nbsp;</TD><TD><A href="http://code.google.com/intl/ja_ALL/"><IMG height=35 alt=Code src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/code.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD noWrap><FONT size=-1><A href="http://code.google.com/intl/ja/">Code</A> <FONT color=#333333>公開されている API やソースコードを検索</FONT></FONT></TD></TR><TR><TD vAlign=top><A href="http://books.google.co.jp/"><IMG height=35 alt=ブック検索 src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/booksearch.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top><FONT size=-1><A href="http://books.google.co.jp/">ブック検索</A><SUP style="COLOR: red">New!</SUP> <FONT color=#333333>興味にあった書籍を検索</FONT></FONT></TD><TD noWrap>&nbsp;</TD><TD><A href="http://labs.google.com/"><IMG height=35 alt="Google Labs (英語)" src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/labs.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD noWrap><FONT size=-1><A href="http://labs.google.com/">Google Labs (英語)</A> <FONT color=#333333>先進的なサービスの実験室</FONT></FONT></TD></TR><TR><TD vAlign=top width="1%"><A href="http://blogsearch.google.co.jp/"><IMG height=35 alt=ブログ検索 src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/blogsearch.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD vAlign=top width="40%"><FONT size=-1><A href="http://blogsearch.google.co.jp/">ブログ検索</A> <FONT color=#333333>気になる話題をブログで検索</FONT></FONT></TD><TD noWrap>&nbsp;</TD><TD><A href="http://scholar.google.co.jp/"><IMG height=35 alt=Scholar src="http://www.google.co.jp/intl/ja/options/icons/scholar.gif" width=35 vspace=1 border=0></A></TD><TD noWrap><FONT size=-1><A href="http://scholar.google.co.jp/">Scholar</A> <FONT color=#333333>世界中の学術論文を検索</FONT></FONT></TD></TR></TBODY></TABLE></html>
*ロゴ /images/galleryLogo_sm.gif を変更。イメージサイズは、/themes/classic/templates/theme.tpl 37行目を変更。アップグレード時の間違いを避けるために local/theme.tpl に保存する。 *Bookmarkボタン <<< <input onclick="window.external.addFavorite('http://gallery.agorian.com/','Gallery')" value="Bookmark" type="button" style="width:54px;height:18px;font-size:10px;> <<<
Your username for signing your edits. Write it as a WikiWord (eg JoeBloggs) <<option txtUserName>> 変更時のメッセージを表示させないためにはAutosaveをオフにする。 <<option chkSaveBackups>> SaveBackups <<option chkAutoSave>> AutoSave <<option chkRegExpSearch>> RegExpSearch <<option chkCaseSensitiveSearch>> CaseSensitiveSearch <<option chkAnimate>> EnableAnimations ---- AdvancedOptions PluginManager ImportTiddlers
[<img[MySQL|http://dev.mysql.com/common/logos/mysql_100x52-64.gif]]Community Serverからダウンロード:mysql-5.0.45-win32.zip http://dev.mysql.com/downloads/mysql/5.0.html#win32 (ログインしてHTTPミラーサイト選択) http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.0/mysql-5.0.45-win32.zip/from/pick?done=8b7a23843b16d7 Windows ZIP/Setup.EXE (x86) 5.0.45 42.4M  MD5: 1566ff960b22cda4903e03d4f6cfa205 を選択する。 Setup.exe を実行してセットアップする。 *Detailed Configuration *Developer Machine - should only use a minimal amount of memory. *Non-Transactional Database Only - suited for simple web applications *Manual Setting - 10 concurrent connections *Enable TCP/IP Networking - Port number 3306 *Enable Strict Mode *Default Character Set UTF-8 Best Support for Multilingualism *Install As Windows Service - Service Name: MySQL5 *Include Bin Directory in Windows PATH (Ruby on Railsから呼べるようにする/bin) *Modify Security Settings Enter the root password Executeボタンを押すと自動設定が完了-Finishを押して終了!
[<img[Ruby|http://www.rubyonrails.com/assets/2007/2/20/ruby.png]]最新版を各サイトからダウンロードしてセットアップ 1.[[Ruby]]1.8.6-25 2007-03-18 01:17  ''ruby186-25.exe'' 22.86 MB (http://rubyforge.org/frs/?group_id=167) 2.RubyGems ''rubygems-0.9.5.zip'' 296 KB (http://rubyforge.org/frs/?group_id=126) 3.Rails RubyGemsを起動して、gem install rails コマンドを実行 4.Create application skeleton and start the server (c:\ruby\app) <<< rails path/to/your/new/application cd path/to/your/new/application ruby script/server <<< You're running Ruby on Rails! Follow the instructions on ''http://localhost:3000'' <<< 1. Create your databases and edit ''config/database.yml'' Rails needs to know your login and password. 2. Use ''script/generate'' to create your models and controllers To see all available options, run it without parameters. 3. Set up a default route and remove or rename this file Routes are setup in ''config/routes.rb''. <<< ★さて、ここから先がどうしていいか分からない。 MySQL5.0をインストールした。セットアップも正常に完了した。 RubyGemsで、MuSQL APIもインストールした。 RDoc Serverで、\READファイル名が違うというエラーがでたので、 file:///C:/ruby/lib/ruby/gems/1.8/doc/mysql-2.7.3-mswin32/rdoc/files/README.html を開いて読む。 <<< you must have libmysql.dll in your PATH environmental variable. If you have MySQL installed locally, just make sure that <mysql_install_dir>\bin is in your path. If you don‘t have MySQL installed locally, you can install one or more of the MySQL tools, find the libmysql.dll included in their bin directory, and copy it to the %SystemRoot%\System32 folder. <<< この文脈がよく理解できない。どうすりゃいいんだ?
Programming Ruby The Pragmatic Programmer's Guide http://www.ruby-doc.org/docs/ProgrammingRuby/ 巻頭言はRuby礼賛に埋め尽くされている。かつての言語は、CやFortranのようなコンパイラか、Basicのようなインタープリータであった。状況は変わって、PerlやPythonなどのスクリプティング言語がでてきた。しかし、Rubyはそれらとは別次元のすばらしい言語である。 スクリプト言語であり、しかも理論に裏付けられたプログラミング言語である。Webアプリケーション、サーバやデータベースの管理、数学研究用、あるいは人工知能、自然言語研究用など幅広い分野で使われている。しかも、学びやすく、軽量で、そしてエレガントである。この案内書を読んだその日にプログラムを作ったものがいる。ほかの言語で数日かかるのが、Rubyでは数時間でできる。 Smalltalkユーザは同意するだろう。JavaやCプログラマーはうらやましがる。こうした言語がなくなることはないだろうが、Rubyを使った人間はC++やJavaはなくなっても良いと思う。 Rubyは1995年に開発され、ほとんどのドキュメントは日本語であった。こんなすばらしい言語をもっと世界の人たちに知ってもらおうとおもった英語国民が、2000年にこの本を執筆した。
Webサイト検索~API http://code.google.com/apis/ajaxsearch/signup.html http://sigmatown.com/用 ~ABQIAAAAIXye6_y-uf4GhTI6ld6x2RTVlPD_cGXHyFWatVYayhDHckmMQxSn-KSrLS9cbi1QZUtIQvp9PIu3xw {{{ <script src="http://www.google.com/jsapi?key=ABQIAAAAIXye6_y-uf4GhTI6ld6x2RTVlPD_cGXHyFWatVYayhDHckmMQxSn-KSrLS9cbi1QZUtIQvp9PIu3xw" type="text/javascript"></script> <script language="Javascript" type="text/javascript"> //<![CDATA[ google.load("search", "1"); function OnLoad() { // Create a search control var searchControl = new google.search.SearchControl(); // Add in a full set of searchers var localSearch = new google.search.LocalSearch(); searchControl.addSearcher(localSearch); searchControl.addSearcher(new google.search.WebSearch()); searchControl.addSearcher(new google.search.VideoSearch()); searchControl.addSearcher(new google.search.BlogSearch()); // Set the Local Search center point localSearch.setCenterPoint("New York, NY"); // Tell the searcher to draw itself and tell it where to attach searchControl.draw(document.getElementById("searchcontrol")); // Execute an inital search searchControl.execute("Google"); } google.setOnLoadCallback(OnLoad); //]]> </script> <div id="searchcontrol">Loading...</div> }}}
GoogleMaps2 (旧版) sigmatown.com http://code.google.com/apis/maps/index.html ~ABQIAAAAIXye6_y-uf4GhTI6ld6x2RTVlPD_cGXHyFWatVYayhDHckmMQxSn-KSrLS9cbi1QZUtIQvp9PIu3xw {{{ <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd"> <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"> <head> <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8"/> <title>Google Maps JavaScript API Example</title> <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&amp;v=2&amp;key=ABQIAAAAIXye6_y-uf4GhTI6ld6x2RTVlPD_cGXHyFWatVYayhDHckmMQxSn-KSrLS9cbi1QZUtIQvp9PIu3xw" type="text/javascript"></script> <script type="text/javascript"> //<![CDATA[ function load() { if (GBrowserIsCompatible()) { var map = new GMap2(document.getElementById("map")); map.setCenter(new GLatLng(37.4419, -122.1419), 13); } } //]]> </script> </head> <body onload="load()" onunload="GUnload()"> <div id="map" style="width: 500px; height: 300px"></div> </body> </html> }}} agorian.com ~ABQIAAAAIXye6_y-uf4GhTI6ld6x2RRj-WBPHI0tK7idqR27nnasylX3xRQJnqI-fS8MuJO5K0gE3USYkazdkg
*SigmaWiki(MySQL)利用―サーバ上で思いついたことを時間のあるときに書き込んで整理していく。全ての情報がデータベースに即時に保存され、バックアップも取れるので追加・変更が頻繁に起こる文書作成に最適である。また複数の人が協力して書き上げていくことができるので便利である。HTMLタグの使用が制限されているが、図表を含む文書作成に十分使える。 *DalmaWikiローカル版で、Webページを作成し体裁を整えて、一般公開できる程度の内容になった時点でFTPでWebにアップロードしている。サーバ上で編集はできないが、知らない人に勝手に内容を書き換えられては困るようなWebページ作成と公開に便利である。 *Movable Type 主要ページ、Ajax、ガジェット、~FAQなどのページ作成用 *Docs&Spreadsheet 個別情報、特定Webページを一時的に共有するときに使う。Word、Excelとの互換があるので、昔のツールしか知らない人との情報共有用。
!!Sigma運用サーバの環境 - [[bluehost|http://www.bluehost.com/]] |項目|Oct 2006|May 2007| |Operating system    |Linux|| |Kernel version |2.6.17-11_1.BHsmp |2.6.19-1_3.BHsmp| |Apache version |1.3.37 (Unix)|| |PERL version |5.8.7|| |Path to PERL |/usr/bin/perl|| |Path to PHP |/usr/bin/php|| |Path to sendmail |/usr/sbin/sendmail|| |PHP version |4.4.4|4.4.6 PhpCore [[(詳細)|http://agorian.com/sns/phpinfo.php]]| |MySQL version |4.1.21-standard-log|[[MySQL詳細]]| |phpMyAdmin |2.8.2.4|2.9.0.2|     !!サイト管理情報 |項目| Oct 2006 | May 2007 | |Subdomains | 5/20| 14 / 20| |Parked Domains | 0 / 20|| |Addon Domains | 0 / 5|| |MySQL Databases | 3/50 | 18 / 50| |Postgre Databases | 0 / 50|| |Disk usage | 15.21 MB| 692.35 MB| |SQL Disk usage | 3.58 MB| 39.17 MB| |Disk space available | 30740.38 MB | 30027.65 MB| |Bandwidth usage (current month) | 23.84 MB| 167.83 MB| |Email Accounts | 7/2500| 28 / 2500| |Email Forwarders | 5| 11| |Autoresponders | 0| 0| |Mailing Lists | 0 / 100| 5 / 100| |Email filters | 0| 0| |Ftp Accounts | 1 /1000| 3 / 1000|
[[OpenPNEセットアップガイド]]を参考に作成。 #[[ディレクトリ構成]] #[[システム構成設定]] #[[データベース作成]] #[[メールサーバ設定]] #[[携帯アクセス設定]] #[[トラブル対策]] #[[API設定]] #GoogleMaps #[[PneBiz機能]]
#[[外部公開日記]] #[[添付ファイル]] #[[bbcode設置]] #[[ニックネーム変更]] #[[デザイン変更]] #[[事前テスト用]]
#[[外部公開日記]] #[[添付ファイル]] V2.8.0追加機能 #[[bbcode設置]] #[[はてな]] はてな風の質問回答
!SNSの日記を外部からも読めるようにできる拡張機能(Ver0.0.2 2007/04/03) <出典>http://openx.xrea.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=77&forum=3 http://25b.jp/OpenDiary0.0.2.zip をダウンロードする。 !!!ファイル構成 {{{ - diary   ├ lib   │ ├ setup40.sql   │ ├ setup41.sql   │ └ action.php   ├ page   │ ├ home.php   │ ├ diary.php   │ └ .   ├ templates   │ ├ home.tpl   │ ├ diary.tpl   │ └ .   ├ validate   │ └ page   │  └ .   ├ auth.inc   └ init.inc }}} !!!設定手順 1.diaryフォルダをそのままwebapp/modules/ディレクトリに設置する。   webapp_extフォルダを使用してもよい。 {{{ - webapp/modules        ├ pc        ├ ktai        │ .        └ diary }}} 2.setup41.sqlをデータベースにインポート  c_diaryテーブルのpublic_flag およびc_memberテーブルのpublic_flag_diaryに'open'を追加するだけなので、phpMyAdminなどから手動で追加してもよい。 3.外部公開用の公開設定を埋め込む  modules/pc/templatesディレクトリのファイルを変更する。@@''全部で7ファイル''@@ !!!外部公開フラグ設定 @@bbcode設置後は、''webapp_ext''/modules/pc/templates内のファイルを変更する@@ ・h_diary_edit_confirm.tpl (206行目辺り ''({if $form_val.public_flag) == "open"})''追加) ・h_diary_add_confirm.tpl (224行目辺り ''({if $form_val.public_flag) == "open"})''追加) ・fh_diary.tpl (410行目辺り  ''({if $target_diary.public_flag == "open"})''追加) ・fh_diary_list.tpl (472行目辺り ''({if $item.public_flag == "open"})''追加) @@bbcode修正後480行目)@@ @@fh_diary.tplの変更例@@ ''({if $target_diary.public_flag == "open"}) 外部に公開'' ''({elseif'' $target_diary.public_flag == "public"}) 全員に公開 ({elseif $target_diary.public_flag == "friend"}) ({$WORD_MY_FRIEND})まで公開 ({elseif $target_diary.public_flag == "private"}) 公開しない ({/if}) !!!外部公開ボタン追加 @@h_config.tpl@@(484行目辺り) @@bbcode無修正@@ <input type="radio" name="public_flag_diary" value="open"({if $c_member.public_flag_diary == "open"}) checked="checked"({/if}) class="no_bg" id="public_flag_diary_open"><label for="public_flag_diary_open">外部に公開</label> @@h_diary_add.tpl@@(505行目辺り) <input type="radio" name="public_flag" value="open"({if $form_val.public_flag == "open"}) checked="checked"({/if}) class="no_bg" id="public_flag_open"><label for="public_flag_open">外部に公開</label><br> @@h_diary_edit.tpl@@(523行目辺り) <input type="radio" name="public_flag" value="open"({if $diary.public_flag == "open"}) checked="checked"({/if}) class="no_bg" id="public_flag_open"><label for="public_flag_open">外部に公開</label><br> !!!webapp/lib/util/util.phpでのフラグ判定 pne_check_diary_public_flag関数(404行目)の412行目にある case 'public': の下に ''case 'open':'' 追加する。 @@追加例@@ {{{ switch ($c_diary['public_flag']) { case 'public': case 'open': $allowed = true; break; }}} util_cast_public_flag_diary関数(522行目)にも、 ''case 'open':'' 追加 !!!公開日記のホームアドレス  @@./?m=diary&a=page_home@@
5月8日 /var/log/php_errors.logをトレースした。 !!!1.ID#8でログイン  問題発生後もログインでき、一部の「日記が読めない」ことを除けば、特に問題なしにSNSを使える。 ①ログイン後、php_errors.logをみると、次のログが記録されていた。 [08-May-2007 16:19:18] PHP Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:128) in /home/agorianc/sns260/webapp/lib/OpenPNE/Smarty.php on line 86 ②templates_cに、次のファイルが作成されていた。 dft_pc_templates^%%5C^5C8^5C8092C6%%h_home.tpl.php 時間も一致していることから、ログインしてマイホームが表示されるときに二件が記録された。 ③「マイホーム」をクリックした後にphp_errors.logをみると、①と同じログが記録されている。 [08-May-2007 16:27:48] PHP Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/agorianc/sns260/webapp/modules/pc/page/h_home.php:128) in /home/agorianc/sns260/webapp/lib/OpenPNE/Smarty.php on line 86 もう一度「マイホーム」をクリックすると、やはり同じログだった。 templates_cには新しいログはなかった。 ④「私の友人」「私の日記」・・・「プロフィール」をクリックすると、templates_cに、それぞれの.tpl.phpファイルが作成されていた。「コミュニティ検索」「レビュー検索」「友人を誘う」「最新日記」も同様。「メンバー検索」「ランキング」「設定変更」に対応するファイルは作成されていなかった。 ⑤php_errors.logは変化なし。「マイホーム」をクリックすると①と同じログが書き込まれることを確認した。 ⑥「私の日記」「もっと読む」をクリック後、php_errorsに追加記録なかった。 ⑦「友人のホーム」・・・・「紹介文を書く」をクリックしてもphp_errors書き込みなし。 ⑧友人の日記をいくつか読んでも、php_errorはなし。 「日記カテゴリを使用する」に設定していたときに読めなかった日記も読める。php_errrorsは記録されなかった。 ⑨メッセージ送信も問題なしで、php_errorsも記録されていなかった。 ⑩コミュニティのすべてのボタンをクリックしてもphp_errorsは記録されなかった。 temlates_cには新しくクリックした.tpl.phpファイルが作成されている。 ★webapp/modules/pc/page/h_home.php:128 の128が行番号としたとき、今回挿入したprintコード print "◆ログイン認証はされていますが、「マイホーム」を表示できない不具合が発生しています。それ以外の機能の使用には問題がないようです。・・・" ★/webapp/lib/OpenPNE/Smarty.php on line 86は、下記コードの6行目 function sendContentType() { if ($this->output_charset == 'SJIS') { header('Content-Type: text/html; charset=Shift_JIS'); } else { header('Content-Type: text/html; charset=UTF-8'); } } ★h_home.phpおよびSmarty.php(2006.9.24) はutf-8/LFになっていることを確認。 !!!2.ID#1でログイン  SNS管理をいじっていてログイン可能になったことがあるがまたログインできなくなったIDで調べる。 ①ログイン後、inc_navi.tpl.phpがファイル作成された。php_errorsはなにもなし。 ②コミュニティURLをクリック後、12個のdftファイルが作成された。 ③コミュ二ティ、友人のホーム、自分のホーム(マイホームを除く)メニューのすべてをクリックし、自分および友人の日記も読めたが、php_errorsはでなかった。 ④「マイホーム」も当然ながら、php_errorsは記録されない。 !!!3.h_home.phpのprintコードを削除して、ID#1でログイン templates_cフォルダーを空にして、php_errors.logもクリアして調べる。 ①ログインで500サーバエラー発生。 ②ブラウザから、http://sns.agorian.com/?m=pc&a=page_fh_diary_list (私の日記)を開く。 php_errorsは記録されなかった。templates_cには7ファイル作成された。 ③私の日記やコメントが読めた。php_errorsはなかった。 ④コミュニティ、友人のホーム、マイホームのメニューすべて正常で、php_errorsなし。 ⑤「マイホーム」をクリックすると、500サーバエラー発生。ブラウザで戻って再開。 これを数回繰り返すが同じ現象。php_errorsにはなにも記録されていなかった。 webapp/lib/db/bookmarl.phpの75行目で500エラー発生 $diary_list = db_get_all_limit($sql, 0, intval($limit));
#[[サーバ環境]] #[[セットアップ]] #[[カストマイズ]] #[[SNS拡張]]
bookmark.phpの75行目、$diary_list = db_get_all_limit($sql, 0, intval($limit)); で500エラー発生。この直前にprint $sql;を挿入して実行した結果です。 !!!お気に入りが一件(ID#84)ある場合 SELECT c_diary. * FROM c_diary, c_member WHERE c_diary.c_member_id IN ( 84 ) AND ( ( c_diary.public_flag = 'public' ) OR ( c_diary.public_flag = 'default' AND c_member.public_flag_diary = 'public' ) ) AND c_diary.c_member_id = c_member.c_member_id ORDER BY r_datetime DESC LIMIT 0 , 30 これを、phpMyAdminを使って実行した。マイホームに表示されている「お気に入りに日記」と同じレコードが表示された。 !!!お気に入りを削除(0件)下場合 SELECT c_diary. * FROM c_diary, c_member WHERE c_diary.c_member_id IN ( ) AND ( ( c_diary.public_flag = 'public' ) OR ( c_diary.public_flag = 'default' AND c_member.public_flag_diary = 'public' ) ) AND c_diary.c_member_id = c_member.c_member_id ORDER BY r_datetime DESC LIMIT 0 , 30 MySQLのメッセージ: ドキュメント #1064 - You have an error in your SQL syntax; check the manual that corresponds to your MySQL server version for the right syntax to use near ') AND ( ( c_diary . public_flag = 'public' ) OR ( c_diary . public_flag = 'defau' at line 1 これはOpenPNEの設計上の問題ではないか?それともコーディングミスか? 日記カテゴリも類似した問題ではないか? MySQLのシンタックスエラー処理が変更されたのだろうか? 記録では4/18に再起動しているから、そのときに変わったとしか考えられない。 それ以前は、無視するだけで、500サーバエラーにならなかっただけかもしれない。 それとも$sql作成に問題があるのか?
''4月18日'' 午後2000頃、ログインすると500サーバエラー発生。同日午前7時頃は問題なく使用。 ''4月23日'' メンバーから「マイホームを開けない」との報告あり。不思議な現象に気づき調査開始。 ''4月30日'' OpenPNE開発者コミュニティに報告・援助依頼 経緯は、http://elmblog.livejournal.com/113304.html に書いた。 PHP設定情報は、http://sns.agorian.com/phpinfo.php ''5月2日'' つぎの二本立てで現象を絞った。 #sns.agorian.com  2.6.0を1/7設置したもので4/18朝まではとくに問題なく運用してきたもの。 SNS設定管理で不審なHTML挿入などを削除したりして調査。ID#8以外はログインで500エラー発生。 #snx.agorian.com  2.6.6.2を設置し、DBを4/16に戻したもの。現象はほぼ同じだが、ID#1とID#8でログインできた。 共通した問題は、日記の「作成」や「もっと読む」で500エラーが発生。「マイホーム」に移動しようとすると500エラー発生。そのほかのページ移動は問題なし。 ''5月6日'' SNS設定で、「日記カテゴリ機能」を「使用しない」に設定したら、日記の作成やもっと読むで500エラーがでなくなった。1.および2.ともに再現性あり。2.でURLにPHPSESSIDが付いていることに不審を抱く。 ''5月7日'' PHPSESSIDが付く原因が判明。php.iniパラメータsession.use_trans_sidをOFF(値0)にしたら付かなくなった。 h_home.phpにprintを挿入して、どこでおかしくなっているかを調べた。また、config.phpでのデバッギング設定を変えて、エラーログ(var/log/php_errors.log)が取れるようにした。 その結果、つぎのコードで止まることが分かった。 //お気に入りの最新日記 print "◆1"; $this->set('bookmark_diary_list', db_bookmark_diary_list($u, 5)); print "◆2"; //お気に入りの最新ブログ ◆1が表示されるが、◆2は表示されず、500エラーも出なかった。 php_errors.logの内容は[[こちら|PhpErrors]]にある。 ★当面の対策として、◆1に「マイホーム」以外のURLへのリンクからSNSに入れるようにした。 ''5月8日'' TS070508   /var/log/php_errors.logをトレースした。webapp/lib/db/bookmarl.phpの75行目で500エラー発生 ''5月9日'' TS070509  $diary_list = db_get_all_limit($sql, 0, intval($limit));の直前にprint $sql;を挿入して実行した結果  WHERE~IN()~でシンタックスエラー
!ファイルのアップロード機能(2007.06.24) V2.8.0で機能が追加された。config.phpを変更する。SNSではコミュニティでのファイル共有の位置づけで活用できる。 !!!config.php {{{ // ★ファイルアップロード機能を使用するかどうか define('OPENPNE_USE_FILEUPLOAD', true); // アップロードファイルのファイルサイズ制限(KB) define('FILE_MAX_FILESIZE', 300); // 許可する拡張子のリスト(カンマ(,)区切り) // 未指定の場合は全て許可 define('FILE_ALLOWED_EXTENTIONS', 'doc,txt,pdf,xls,ppt,zip'); }}}
日記や掲示板でHTMLコードを使いたいが、不完全なHTMLを書くと画面が崩れたりする。この問題を避ける方法のひとつがBBCodeである。HTMLのかわりにBBCodeタグを使って書くと、システム側でHTMLに変換してくれる。プラグインは、http://shima3.seesaa.net/article/43089706.htmlから入手したフリーウェアです。 !!!bbcode用のスタイル public_html/css/default.cssの末尾に、つぎの二行を追加する。 /*BBCode用スタイル*/ @import url(./bbcode.css); 入力支援機能のボタン関連は inc_bbcode_css.tpl テンプレートを変更する。 !!!ファイルのアップロード 変更したファイルを対応するディレクトリにアップロードする。 各ファイルの変更はreadme.htmlを参照。 ''ファイル構成'' {{{ ./ ├ openpne │ ├ lib │ │ └ smarty_plugins │ │ ├ modifier.bbcode2del.php │ │ └ modifier.bbcode2html.php │ │ │ ├ public_html │ │ ├ css │ │ │ ├ default.css (@import url(./bbcode.css);を追加) │ │ │ └ bbcode.css │ │ ├ js │ │ │ ├ bbcode.colorpicker.js │ │ │ ├ bbcode.coltroller.js │ │ │ └ bbcode.taglib.js │ │ └ skin │ │ ├ bbcode_b.gif │ │ ├ bbcode_button.gif 合計22ファイル │ │ │ └ webapp_ext │ └ modules │ │ │ └ pc │ │ └ templates │ │ ├ inc_bbcode.tpl │ │ ├ inc_bbcode_css.tpl │ │ └合計28ファイル (これらの変更が一苦労) │ └ ktai │ └ templates │ ├ c_bbs.tpl │ └ fh_diary.tpl │ └ readme.txt }}} !!!変更ファイル [1] 表示系(HTML変換あり) c_event_list.tpl c_home.tpl c_topic_list.tpl fh_review_list_member.tpl h_review_list_product.tpl h_review_search.tpl ({$item.body|nl2br}) ⇒ ({$item.body|nl2br|bbcode2html}) ({$c_commu.info|nl2br}) ⇒ ({$c_commu.info|nl2br|bbcode2html}) [2] 表示系(HTML変換なし) c_com_topic_find.tpl fh_comment_list.tpl fh_diary_list.tpl h_com_find_all.tpl h_diary_list_all.tpl h_com_topic_find_all.tpl ({$item.body|t_truncate:"120"}) ⇒ ({$item.body|bbcode2del|t_truncate:"120"}) [3] 新規追加・編集系(BBCode入力支援機能追加) c_edit.tpl c_event_add.tpl c_event_edit.tpl c_topic_add.tpl c_topic_edit.tpl h_com_add.tpl h_diary_add.tpl 373 h_diary_edit.tpl 374 h_review_add_write.tpl h_review_edit.tpl 書き込みボックス直前に ({ext_include file="inc_bbcode.tpl"}) を追加する。 [4] 確認系(追加、変更後の確認) c_event_add_confirm.tpl c_event_write_confirm.tpl c_topic_add_confirm.tpl c_topic_write_confirm.tpl fh_diary_comment_confirm.tpl h_com_add_confirm.tpl h_diary_add_confirm.tpl h_diary_edit_confirm.tpl h_review_add_write_confirm.tpl ({$form_val.body|nl2br}) ⇒ ({$form_val.body|nl2br|bbcode2html}) [5] 詳細表示+入力(コメント)系(BBCode入力支援機能追加) c_event_detail.tpl c_topic_detail.tpl fh_diary.tpl [6] 携帯での表示系(HTML変換あり) c_bbs.tpl fh_diary.tpl [7] メール系(HTML変換なし) m_ktai_bbs_info.tpl m_pc_bbs_info.tpl !!!動作確認 ・日記の記述や表示、日記に対するコメントの記述や表示 ・コミュニティの説明文の記述や表示 ・トピックの本文やコメントの記述や表示 ・イベントの本文やコメントの記述や表示 でBBCodeが使用できるようになっている。 @@テンプレートキャッシュopenpne/var/templates_c以下を空にしてから動作を確認する。@@
!「ニックネーム」を「名前」に変更 webapp/modules/pc/templates/ にあるつぎのファイルを変更して、webapp_extに保存。 <<< h_config_prof.tpl h_home.tpl h_regist_prof.tpl h_regist_prof_confirm.tpl inc_f_home_h_prof.tpl o_regist_prof.tpl o_regist_prof_confirm.tpl <<< 友人・知人に限定しており、お互いの信頼関係を基盤とするため、できるだけ本名を登録していただきたい。登録手続きやプロフィール編集のときの項目名が「ニックネーム」だと無意識に匿名になってしまう。「名前」に変更後は本名を書く人が多くなった。
!!主画面のデザイン&レイアウト変更 ページ共通のヘッダーやナビゲーションのデザインとレイアウトを変更する (2006.12.23) 下記のひとつのtpl、二つのcssおよび四つのjpg(裏背景画像をいれると八つ)を変更する。jpgの大きさとcssでの位置・大きさとの整合性をとる。 !!!public_html/webapp/modules/pc/templates/inc_page_header.tpl 緑二色の帯を表示するpタグコードを先頭行に挿入。 <<< <p style="background: #47825e; line-height:5px; margin:0;border:0;">&nbsp;</p> <p style="background: #63b684; line-height:10px; margin:0; padding:0;border:0;">&nbsp;</p> <<< !!!public_html/css/main/inc_page_header.css ヘッダ枠の大きさと背景画像、バナーの大きさと位置、メインボタン(TopMenu)の大きさと位置などを設定する。TopMenuの位置は、検索系とマイホーム系別々に指定する。背景画像とメインボタンのリンク(hoverで裏画像表示)位置を合わせる。 !!!public_html/css/main/inc_nav.css メニューバー(PageMenu)の位置と大きさを設定する。h系、f系、c系それぞれ設定できるが、すべて同じ位置と大きさにしたほうが混乱しない。PageMenuの開始位置はヘッダ枠720x92からの相対アドレスで、現在は(0,0)になっている。ボタンの大きさは、h系とf系は90px、c系は120pxである。 !!!背景画像の変更 <<< public_html/skin/skin_after_header.jpg public_html/skin/skin_navi_h.jpg public_html/skin/skin_navi_f.jpg public_html/skin/skin_navi_c.jpg <<<
!!事前テスト用のSNX作成 (2007.01.10 V2.6.0) ソフト変更のテストをして確認した後で公開するようにした。事前テスト・確認用のディレクトリ構成: {{{ root/snx/config.php データベース設定(テスト用DB名を指定)、メールサーバ設定など /webapp/init.inc 初期化処理、携帯メールドメイン、管理フラグ設定、Smarty設定など /public_html/snx/config_inc.php snxの絶対アドレスとconfig.phpの相対位置を設定する。 /skin/skin_navi_h.jpgなどの画像ファイル /css/inc_navi.css /inc_page_header.css /modules/ }}}
!はてな風の質問掲示板 誰でもすぐに書込みできる[[はてな|http://q.hatena.ne.jp/]]風の掲示板をつくる。 * コミュニティの改造 ** c_bbs_xxx を作る * ファイルの修正 ** /webapp_ext/modules/pc/page/c_''hatena''_xxx.php のファイル修正箇所 *** c_''hatena''_add.php *** c_''hatena''_add_confirm.php *** c_''hatena''_detail.php *** c_''hatena''_list.php *** c_''hatena''_write_confirm.php ** /webapp_ext/modules/pc/do/c_''hatena''_xxx.php のファイル修正箇所 *** c_''hatena''_add_insert_c_commu_topic.php *** c_''hatena''_delete_c_commu_topic.php *** c_''hatena''_delete_c_commu_topic_comment.php *** c_''hatena''_edit_delete_c_commu_topic_comment_image.php *** c_''hatena''_edit_update_c_commu_topic.php *** c_''hatena''_write_insert_c_commu_topic_comment.php ** /webapp_ext/modules/pc/templates/c_''hatena''_xxx.tpl のファイル修正箇所 *** c_bbs_add.tpl *** c_''hatena''_add_confirm.tpl *** c_''hatena''_delete_confirm.tpl *** c_''hatena''_detail.tpl *** c_''hatena''_edit.tpl *** c_''hatena''_list.tpl *** c_''hatena''_write_confirm.tpl *** c_''hatena''_write_delete_confirm.tpl ** /webapp_ext/modules/pc/validate/do/c_''hatena''_xxx.ini のファイル修正箇所 ** /webapp_ext/modules/pc/validate/page/c_''hatena''_xxx.ini のファイル修正箇所 * エントリーポイント8番の修正 ** inc_entry_point_h_home_8.tpl の中身 * h_home.php の修正 !!!コミュニティの改造 † はてな風質問掲示板作成を簡単にするために、OpenPNEのコミュニティを改造する方針で作成する。 ''談話室コミュの掲示板''(トピック一覧) * ?m=pc&a=page_c_topic_list&target_c_commu_id=1 ''コミュに関連するテーブル'' |c_commu |コミュニティに関する情報を保存。| |c_commu_admin_confirm |コミュニティ管理者交代依頼状況を保存。| |c_commu_category |コミュニティカテゴリ(小カテゴリ)についての情報を保存。| |c_commu_category_parent |コミュニティ中カテゴリについての情報を保存。| |c_commu_member |コミュニティのメンバー参加状況を保存。| |c_commu_member_confirm |コミュニティ参加要請状況を保存。| |c_commu_review |コミュニティメンバーレビュー(メンバーおすすめ)の登録状況を保存。| |''c_commu_topic'' |コミュニティ内トピックに関する情報を保存。| |''c_commu_topic_comment'' |''コミュニティ内トピック掲示板の書き込みを保存。''| 掲示板の書込みなどに関係するのは、次の二つ *c_commu_topic (イベント関係のカラムは不要) *c_commu_topic_comment (そのままでもOK) ウォッチリストの管理データとして、 * トピックIDとメンバーIDを保存するテーブルの追加が必要 カテゴリーの管理データとして、 * カテゴリーIDを保存するテーブルの追加が必要 → c_commu_topic テーブルの c_commu_id(所属コミュニティのID)カラムを、所属カテゴリーIDのカラムとして変更すればOK?(@@未確認@@) !!!c_bbs_xxx を作る c_topic_xxx(コミュニティ系のファイル)を流用して、質問掲示板用のファイル群 c_bbs_xxxを作っていく。 ''流用ファイル'' |ディレクトリ|元ファイル名| |/OpenPNE/webapp/modules/pc/page/ |c_topic_xxx.php| |/OpenPNE/webapp/modules/pc/do/ |c_bbs_xxx.php| |/OpenPNE/webapp/modules/pc/do/ |c_topic_xxx.php| |/OpenPNE/webapp/modules/pc/templates/ |c_topic_xxx.tpl| |/OpenPNE/webapp/modules/pc/validate/page/ |c_topic_xxx.ini| |/OpenPNE/webapp/modules/pc/validate/do/ |c_topic_xxx.ini| ※上記の「xxx」の部分は「add」など、具体的なファイル名に基づいて、それぞれ置き換えて読む。 * これらをwebapp_extフォルダにコピーして改造しましょう。 * 改造するときのファイル名は、「c_topic_xxx」「c_bbs_xxx」を「''c_hatena_xxx''」に変更する。 !!!ファイルの修正 c_topic_xxxとc_bbs_xxx関係のファイルを、webapp_extフォルダに、c_''hatena''_xxxとリネームしてコピー。ファイル内容を一部修正する。 ↑ ''/webapp_ext/modules/pc/page/c_''hatena''_xxx.php のファイル修正箇所 †'' |No. |ファイル名 |変更有無| |1 |c_''hatena''_add.php |有| |2 |c_''hatena''_add_confirm.php |有| |3 |c_''hatena''_delete_confirm.php |なし| |4 |c_''hatena''_detail.php |有| |5 |c_''hatena''_edit.php |なし| |6 |c_''hatena''_list.php |有| |7 |c_''hatena''_write_confirm.php |有| |8 |c_''hatena''_write_delete_confirm.php|なし| ↑ ''c_hatena_add.php †'' * クラス名を class pc_page_c_''hatena''_add extends OpenPNE_Action に変更する。 * // 権限チェック の処理を外す {{{ if(!_db_is_c_commu_member($c_commu_id,$u)){ $_REQUEST['target_c_commu_id'] = $c_commu_id; $_REQUEST['msg'] = "トピック作成をおこなうにはコミュニティに参加する必要があります"; openpne_forward('pc', 'page', "c_home"); exit(); } }}} の部分をコメントアウトする。 ↑ ''c_hatena_add_confirm.php †'' * クラス名を class pc_page_c_''hatena''_add_confirm extends OpenPNE_Action に変更する。 * //権限チェック の処理を外す handle_kengen_error(); を //handle_kengen_error(); に変更する。 ''c_hatena_detail.php †'' * クラス名を class pc_page_c_''hatena''_detail extends OpenPNE_Action に変更 * コミュニティの参加フラグは、全メンバーがtrueになるように変更 $this->set("is_c_commu_member", _db_is_c_commu_member($c_commu_id,$u)); を $this->set("is_c_commu_member", true); に変更する。 ↑ ''c_hatena_list.php †'' * クラス名を class pc_page_c_''hatena''_list extends OpenPNE_Action に変更 * c_topic_listに出力する内容($result)を変更 $this->set("c_topic_list",$result); を {{{ foreach ($result as $line) { $c_commu_topic_id = $line['c_commu_topic_id']; $c_topic = c_topic_detail_c_topic4c_commu_topic_id($c_commu_topic_id); $result2[] = array_merge($line, array('nickname' => $c_topic['nickname'])); } $this->set("c_topic_list",$result2); }}} に変更。=nicknameも表示するようにした。 * //権限チェック の処理を外す c_''hatena''_list.tplファイルの方を修正して、コミュニティメンバでなくてもページを見られるようにしてもOK。 ** 外すとしたら、以下を修正 $is_c_commu_member = _db_is_c_commu_member($c_commu_id,$u); を $is_c_commu_member = true; に変更する。 ↑ ''c_hatena_write_confirm.php †'' * クラス名を class pc_page_c_''hatena''_write_confirm extends OpenPNE_Action に変更する。 * handleError()メソッドの変更 openpne_forward('pc', 'page', 'c_topic_detail', $errors); を openpne_forward('pc', 'page', 'c_''hatena''_detail', $errors); に変更する。 * execute()メソッドの変更 openpne_forward('pc', 'page', 'c_topic_detail', $errors); を openpne_forward('pc', 'page', 'c_''hatena''_detail', $errors); に変更する。 * //権限チェックの変更 handle_kengen_error(); の部分をコメントアウトして、 //handle_kengen_error(); に変更する。 !!!/webapp_ext/modules/pc/do/c_''hatena''_xxx.php のファイル修正箇所 † |No. |ファイル名 |変更有無| |1 |c_''hatena''_add_insert_c_commu_topic.php |有| |2 |c_''hatena''_delete_c_commu_topic.php |有| |3 |c_''hatena''_delete_c_commu_topic_comment.php |有| |4 |c_''hatena''_edit_delete_c_commu_topic_comment_image.php |有| |5 |c_''hatena''_edit_update_c_commu_topic.php |有| |6 |c_''hatena''_write_insert_c_commu_topic_comment.php |有| ↑ ''c_hatena_add_insert_c_commu_topic.php †'' * クラス名を class pc_do_c_''hatena''_add_insert_c_commu_topic extends OpenPNE_Action に変更する。 * //権限チェック の変更 handle_kengen_error(); を //handle_kengen_error(); に変更する。 * リダイレクトのURLを変更 client_redirect("?m=pc&a=page_c_topic_list&target_c_commu_id=$c_commu_id"); を client_redirect("?m=pc&a=''page_c_''hatena''_list''&target_c_commu_id=$c_commu_id"); に変更する。=page_c_topic_~ を page_c_''hatena''_~ に変更する。 ''c_hatena_delete_c_commu_topic.php †'' * クラス名を class pc_do_c_''hatena''_delete_c_commu_topic extends OpenPNE_Action に変更する。 * リダイレクトのURLを変更 client_redirect('?m=pc&a=page_c_topic_list&target_c_commu_id='.$c_commu_topic['c_commu_id']); を client_redirect('?m=pc&a=page_c_""hatena""_list&target_c_commu_id='.$c_commu_topic['c_commu_id']); に変更する。 ↑ ''c_hatena_delete_c_commu_topic_comment.php †'' * クラス名を class pc_do_c_''hatena''_delete_c_commu_topic_comment extends OpenPNE_Action に変更する。 * リダイレクトのURLを変更イベントフラグによる分岐処理を外し、お尋ね掲示板の詳細ページに戻す。 {{{ if($c_commu_topic['event_flag']){ client_redirect('?m=pc&a=page_c_event_detail&target_c_commu_topic_id= '.$c_commu_topic_comment['c_commu_topic_id']); }else{ client_redirect('?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id= '.$c_commu_topic_comment['c_commu_topic_id']); } }}} を {{{ client_redirect('?m=pc&a=page_c_''hatena''_detail&target_c_commu_topic_id= '.$c_commu_topic_comment['c_commu_topic_id']); }}} に変更する。 ↑ ''c_hatena_edit_delete_c_commu_topic_comment_image.php †'' * クラス名を class pc_do_c_''hatena''_edit_delete_c_commu_topic_comment_image extends OpenPNE_Action に変更する。 * //権限チェック の //トピック作成者 or コミュニティ管理者 は、そのままでOK * リダイレクトのURLを変更 client_redirect("?m=pc&a=page_c_topic_edit&target_c_commu_topic_id=".$c_commu_topic_id); を client_redirect("?m=pc&a=page_c_''hatena''_edit&target_c_commu_topic_id=".$c_commu_topic_id); に変更する。=page_c_topic_~ を page_c_''hatena''_~ に変更する。 ''c_hatena_edit_update_c_commu_topic.php †'' * クラス名を class pc_do_c_''hatena''_edit_update_c_commu_topic extends OpenPNE_Action に変更する。 * //権限チェック の //トピック作成者 or コミュニティ管理者 は、そのままでOK * リダイレクトのURLを変更 client_redirect("?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=".$c_commu_topic_id); を client_redirect("?m=pc&a=page_c_''hatena''_detail&target_c_commu_topic_id=".$c_commu_topic_id); に変更する。=page_c_topic_~ を page_c_''hatena''_~ にリネームしている。 ''c_hatena_write_insert_c_commu_topic_comment.php †'' * クラス名を class pc_do_c_''hatena''_write_insert_c_commu_topic_comment extends OpenPNE_Action に変更 * //権限チェックのエラー処理を外す handle_kengen_error(); を //handle_kengen_error(); に変更する。 * リダイレクトのURLを変更 client_redirect("?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=".$c_commu_topic_id); を client_redirect("?m=pc&a=page_c_''hatena''_detail&target_c_commu_topic_id=".$c_commu_topic_id); に変更する。 ↑ !!!/webapp_ext/modules/pc/templates/c_''hatena''_xxx.tpl のファイル修正箇所 † |No. |ファイル名 |変更有無| |1 |c_''hatena''_add.tpl |有| |2 |c_''hatena''_add_confirm.tpl |有| |3 |c_''hatena''_delete_confirm.tpl |有| |4 |c_''hatena''_detail.tpl |有| |5 |c_''hatena''_edit.tpl |有| |6 |c_''hatena''_list.tpl |有| |7 |c_''hatena''_write_confirm.tpl |有| |8 |c_''hatena''_write_delete_confirm.tpl |有| ↑ ''c_bbs_add.tpl †'' * ページの遷移先を修正する。 <input type="hidden" name="a" value="page_c_topic_add_confirm"> を <input type="hidden" name="a" value="page_c_''hatena''_add_confirm"> に変更する。 ↑ ''c_hatena_add_confirm.tpl †'' * 作成ボタンの遷移先ページのURLを変更する。 <input type="hidden" name="a" value="do_c_topic_add_insert_c_commu_topic"> を <input type="hidden" name="a" value="do_c_''hatena''_add_insert_c_commu_topic"> に変更する。=do_c_topic~ を do_c_''hatena''~ に書き換える。 ''c_hatena_delete_confirm.tpl †'' * 削除ボタンの遷移先ページのURLを変更する。 <input type="hidden" name="a" value="do_c_bbs_delete_c_commu_topic"> を <input type="hidden" name="a" value="do_c_''hatena''_delete_c_commu_topic"> に変更する。=do_c_bbs~ を do_c_''hatena''~ に書き換える。 * キャンセルボタンの遷移先ページのURLを変更する。 <input type="hidden" name="a" value="page_c_topic_edit"> を <input type="hidden" name="a" value="page_c_''hatena''_edit"> に変更する。=page_c_topic~ を page_c_''hatena''~ に書き換える。 ↑ ''c_hatena_detail.tpl †'' * 画像パーツの変更 <img src="./skin/content_header_1.gif"> を <img src="./skin/content_header_2.gif"> に変更する。 * 遷移ページのアクション名を変更 <input type="hidden" name="a" value="page_c_topic_write_confirm"> を <input type="hidden" name="a" value="page_c_''hatena''_write_confirm"> に変更する。 * 質問一覧へ戻るボタンの追加 {{{ <form action="./" method="post"> <input type="hidden" name="m" value="pc"> <input type="hidden" name="a" value="page_c_''hatena''_list"> <input type="hidden" name="target_c_commu_id" value="({$c_commu.c_commu_id})"> <input type="hidden" name="event_flag" value="0"> <input type="submit" value=" 質 問 一 覧 "> </form> }}} というHTMLフォームのボタンを設置する。 * 質問一覧へ戻るリンクのURL変更 {{{ <a href="?m=pc&amp;a=page_c_''hatena''_list&amp;target_c_commu_id=({$c_commu.c_commu_id})"> [({$c_commu.name})]質問一覧へ </a> }}} というリンクを貼る。= page_c_home~ という部分を page_c_''hatena''~ に変更する。 ''c_hatena_edit.tpl †'' * 編集ボタンの遷移先ページのリンクURLを変更する <input type="hidden" name="a" value="do_c_topic_edit_update_c_commu_topic"> を <input type="hidden" name="a" value="do_c_''hatena''_edit_update_c_commu_topic"> に変更する。 * 削除ボタンの遷移先ページのリンクURLを変更する <input type="hidden" name="a" value="page_c_topic_delete_confirm"> を <input type="hidden" name="a" value="page_c_''hatena''_delete_confirm"> に変更する。 ↑ ''c_hatena_list.tpl †'' * はてな風に大幅にレイアウトを変更する。 * エラーメッセージの出力部分を取り除く。 ↑ ''c_hatena_write_confirm.tpl †'' * 遷移先ページのリンクURLを変更する <input type="hidden" name="a" value="do_c_topic_write_insert_c_commu_topic_comment"> を <input type="hidden" name="a" value="do_c_''hatena''_write_insert_c_commu_topic_comment"> に変更する。=do_c_topic~ という部分を do_c_''hatena''~ に変更する。 ↑ ''c_hatena_write_delete_confirm.tpl †'' * はいボタンの遷移先ページのリンクURLを変更する <input type="hidden" name="a" value="do_c_bbs_delete_c_commu_topic_comment"> を <input type="hidden" name="a" value="do_c_''hatena''_delete_c_commu_topic_comment"> に変更する。 * いいえボタンの遷移先ページのリンクURLを変更する <input type="hidden" name="a" value="page_c_topic_detail"> を <input type="hidden" name="a" value="page_c_''hatena''_detail"> に変更する。 !!!/webapp_ext/modules/pc/validate/do/c_''hatena''_xxx.ini のファイル修正箇所 † |No. |ファイル名 |変更有無| |1 |c_''hatena''_add_insert_c_commu_topic.ini |無| |2 |c_''hatena''_edit_delete_c_commu_topic_comment_image.ini || |3 |c_''hatena''_edit_update_c_commu_topic.ini |無| |4 |c_''hatena''_write_insert_c_commu_topic_comment.ini |無| 基本的には、ファイル名をリネームするだけ。 webapp_ext フォルダにコピーして終わり。 ↑ !!!エントリーポイント8番の修正 † エントリーポイント8番の位置(カレンダーの上部)に、質問掲示板を埋め込んでみましょう。 * /OpenPNE/webapp_ext/modules/pc/templates/inc_entry_point/ に、 inc_entry_point_h_home_8.tpl というファイルを置きます。 inc_entry_point_h_home_8.tpl の中身 † {{{ <table border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" style="width:440px;margin:0px auto;" class="border_07"> <tr> <td style="width:7px;" class="bg_00"> <img src="./skin/dummy.gif" style="width:7px;height:7px;" class="dummy"> </td> <td style="width:424px;" class="bg_00"> <img src="./skin/dummy.gif" style="width:424px;height:7px;" class="dummy"> </td> <td style="width:7px;" class="bg_00"> <img src="./skin/dummy.gif" style="width:7px;height:7px;" class="dummy"> </td> </tr> <tr> <td class="bg_00"> <img src="./skin/dummy.gif" style="width:7px;height:7px;" class="dummy"> </td> <td class="bg_01"> <!-- ここから:小タイトル --> <div class="border_01"> <table border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" style="width:422px;"> <tr> <td style="width:36px;" class="bg_06"> <img src="./skin/content_header_2.gif" style="width:30px;height:20px;" class="dummy"> </td> <td style="width:286px;padding:2px 0px;" class="bg_06"> <b class="c_00">お尋ね掲示板</b> </td> <td style="text-align:left;padding:1px 0px;" class="bg_06"> <img src="./skin/dummy.gif" class="icon arrow_1"> <a href="?m=pc&a=page_c_''hatena''_list&target_c_commu_id=1">もっと読む</a> </td> </tr> </table> </div> <!-- ここから:主内容 --> <table border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" style="width:422px;"> <tr> <td style="width:1px;" class="bg_01"> <img src="./skin/dummy.gif" style="width:1px;height:1px;" class="dummy"> </td> <td class="bg_01" align="center"> <table border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" style="width:422px;"> <tr> <td class="border_01 bg_02 padding_s" style="width:422px;border-top:none;"> <!-- ここから:主内容>最新の質問 --> ({if $c_topic_list }) ({foreach from=$c_topic_list item=item}) <img src="./skin/dummy.gif" style="width:14px;height:14px;" class="icon icon_1"> ({$item.r_datetime|date_format:"%m月%d日"})…&nbsp; <a href="?m=pc&amp;a=page_c_''hatena''_detail &amp;target_c_commu_topic_id= ({$item.c_commu_topic_id})"> ({$item.name2}) </a> (({$item.write_num})) <br> ({/foreach}) ({/if}) <!-- ここまで:主内容>最新の質問 --> </td> </tr> </table></td> <td style="width:1px;" class="bg_01"> <img src="./skin/dummy.gif" style="width:1px;height:1px;" class="dummy"> </td> </tr> <!-- space --> <tr> <td class="bg_01" colspan="3"> <img src="./skin/dummy.gif" style="height:1px;" class="dummy"> </td> </tr> </table> <!-- ここまで:主内容 --> </td> <td class="bg_00"><img src="./skin/dummy.gif"></td> </tr> <tr> <td class="bg_00"><img src="./skin/dummy.gif" style="width:7px;height:7px;" class="dummy"></td> <td class="bg_00"><img src="./skin/dummy.gif" style="width:424px;height:7px;" class="dummy"></td> <td class="bg_00"><img src="./skin/dummy.gif" style="width:7px;height:7px;" class="dummy"></td> </tr> </table> <!-- ******************************** --> <img src="./skin/dummy.gif" class="v_spacer_m"> <!-- ******************************** --> }}} ↑ !!!h_home.php の修正 † inc_entry_point_h_home_8.tpl に出力するデータを、 /webapp_ext/modules/pc/page/h_home.php の中に記述します。 execute()メソッドの中に、以下の記述を追加します。 {{{ //お尋ね掲示板の表示データ $c_commu_id = 1; $page_size = 3; //お尋ね掲示板は3件分 $page = 1; //お尋ね掲示板は1ページ目 $name_len = 22; //質問タイトルの最大表示文字数 list($result, $is_prev, $is_next, $total_num, $start_num, $end_num) = p_c_topic_list_c_topic_list4target_c_commu_id($c_commu_id, $u, $page, $page_size); foreach ($result as $line) { $name = $line['name']; if (mb_strlen($name) > $name_len) { $name2 = mb_substr($name, 0, $name_len) . '...'; } else { $name2 = $name; } $result2[] = array_merge($line, array('name2' => $name2));//name2にタイトル入れる } $this->set("c_topic_list",$result2); }}}
-OPENPNE_DIR ├ bin ├ lib <--- OPENPNE_LIB_DIR ├ ''var'' <--- OPENPNE_VAR_DIR │ ├ ''img_cache'' │ │ ├ gif [777] │ │ │ ├ w_h [777] │ │ │ ├ w_h_raw [777] │ │ │ ├ w76_h76 [777] │ │ │ ├ w120_h120 [777] │ │ │ └ w180_h180 [777] │ │ ├ jpg [777] │ │ │ ├ w_h [777] │ │ │ ... [777] │ │ └ png [777] │ │ ├ w_h [777] │ │ ... [777] │ ├ log [777] │ ├ magpie_cache [777] │ ├ templates_c [777] │ └ tmp [777] ├ webapp <--- OPENPNE_WEBAPP_DIR └ webapp_ext <--- OPENPNE_WEBAPP_EXT_DIR ブラウザから閲覧可能なところ -public_html (ディレクトリ名は変更可能) ├ config.inc.php (OPENPNE_DIR ディレクトリを指定) ├ index.php    …… *public_html のパスとディレクトリ名は変更できる。public_html のパスを OPENPNE_DIR ディレクトリの直下(デフォルト配置)以外に変更した場合は、 public_html 直下にある ''config.inc.php の内容を書き換える''。 *OPENPNE_DIR/var 以下の全ディレクトリにウェブサーバからの書き込み権限(たとえば 777)を与える。[例] $ chmod -R 777 var/*
-OPENPNE_DIR ├ bin ├ lib <--- OPENPNE_LIB_DIR ├ ''var'' <--- OPENPNE_VAR_DIR │ ├ log [777] │ ├ magpie_cache [777] │ ├ templates_c [777] │ └ tmp [777] ├ webapp <--- OPENPNE_WEBAPP_DIR └ webapp_ext <--- OPENPNE_WEBAPP_EXT_DIR [ブラウザから閲覧可能] - public_html (ディレクトリ名は変更可能) ├ config.inc.php (OPENPNE_DIR ディレクトリを指定) ├ index.php ├ ''img'' │ ├ .htaccess │ ├ index.php │ ├ gif [777] │ │ ├ w_h [777] │ │ ├ w_h_raw [777] │ │ ├ w76_h76 [777] │ │ ├ w120_h120 [777] │ │ └ w180_h180 [777] │ ├ jpg [777] │ │ ├ w_h [777] │ │ ... [777] │ └ png [777] │ ├ w_h [777] │ ... [777] ... ※[777]は例で、サーバ環境に合わせて適切な値にする。
動作に必要なシステム構成 {カッコ内はbluehost} * Apache 1.3.*/2.0.* 以上 {1.3.37} * PHP 4.3.*/5.0.* (ASPI版を推奨) {4.4.4} ** PHP の mbstring 拡張モジュールを使用可能 {?} ** PHP から GD ライブラリを使用可能 (JPEG/GIF/PNG) {?} ** PHP の mcrypt 拡張モジュールの使用を推奨 {?} * MySQL 4.0/4.1 {4.1.21} * メールサーバ(携帯からメール投稿する場合); Postfix 2.1.* を推奨 {?}
4.データベース設定 4.1 BlueHost MySQL Account Maintenanceで作成した。  ・ユーザ名:adrianc_sns  ・データベース名:adrianc_sns 4.2 phpMyAdminでテーブル作成  agorian_snsを開き、SQLタブをクリックすると、「データベース「agorianc_sns」で SQL を実行する」というテキストボックスが表示される。ここに、OpenPNE/setup/sql/install_2_2_create_tables.sqlの内容(SQLコマンド)をコピーして貼り付け、「実行する」をクリックする。テーブルが52個作成される。 4.3 データの作成  同じようにOpenPNE/setup/sql/install_2_2_insert_data.sqlの内容を実行する。各テーブルの初期データが作成される。 ※前々から原因不明でその影響もわからないのだが、「照合順序」がlatin1_swedish_ciになってしまう。これは、utf8_general_ciでないとダメなのではないか?  WordPressのDBをelmstadtからagorianにインポートしたときひどい文字化けが起きたのは、これが原因ではないかと疑っている。もっとも、MySQLの勉強さえしていないのだから何が起きてもおかしくない。
⇒[[携帯からの新規登録に成功]] 未完成であるが部分的に動作確認 cronの設定を学習中。 ---- 【公式セットアップガイド】 MAIL_SERVER_DOMAIN に届くメールで、以下のアドレスはシステムで利用される。 |項目|新形式|旧形式| |>|>|新規登録 / ログインURL取得| ||get@MAIL_SERVER_DOMAIN|get@MAIL_SERVER_DOMAIN| |>|>|プロフィール画像変更 | ||pXXX-YYY@MAIL_SERVER_DOMAIN|pXXX@MAIL_SERVER_DOMAIN| |>|>|コミュニティ掲示板メール投稿| ||tXXX-YYY@MAIL_SERVER_DOMAIN|tXXX@MAIL_SERVER_DOMAIN| |>|>|日記メール投稿| ||XXX-YYY@MAIL_SERVER_DOMAIN|blog@MAIL_SERVER_DOMAIN| * XXX には数字。 * YYY には12バイトの英数字([0-9a-f]{12})。 新形式、旧形式のどちらのアドレスで受け付けるかは config.phpの設定(MAIL_ADDRESS_HASHED)によって切り替えることができる。 新形式はメール投稿の際のFromアドレス偽装へのセキュリティ対策のために導入されたもの。 From偽装対策を(IP制限等により)メールサーバ側で行っている場合には旧形式での運用でも問題ない。 メールサーバの転送設定を利用して、これらのアドレスへのメールが、以下のコマンドにわたるように設定する。 "|/usr/local/bin/php OPENPNE_DIR/bin/mail.php"
携帯からの新規登録、日記およびコミュニティへの投稿ができた。しかし、メール投稿は不完全である、ひとつの形態からメール投稿するときに宛先に表示されたアドレスのmail.phpへの転送を、bluehostのForwarderを使って設定しただけである。したがって他の携帯からのメール投稿もおなじでいいのかどうかは未知である。
*[[文字化け発生]] *[[文字化けに学ぶ]] *[[携帯からの新規登録に成功]]
コミュニティに地図を掲載できる。これを可能にするための手順は下記の通り。 1.http://www.google.com/apis/maps/ から~API keyを入手する。 入手するためにGoogle Accountが必要。いずれも無料で簡単に登録、入手できる。 API Keyはディレクトリにひとつ必要である。ついでに他のサイト用のKeyも取得した。 2.config.php 386行目付近の~GOOGLE_MAPS_API_KEYに取得したKeyを挿入 {{{ // Google Maps API key define(’GOOGLE_MAPS_API_KEY’, 'ABQIAAAALlxHiyPlIB4P38LgiArjSRSOII2E8JbM1IP9qEaLwUxq0SgvVBQEuIub28u7an0IU8H5hsBRq45T1Q'); }}} 3.これをアップロードすれば完了である。 ---- ''Google Maps API key!'' Key for http://sns.agorian.com/ ~ABQIAAAALlxHiyPlIB4P38LgiArjSRSOII2E8JbM1IP9qEaLwUxq0SgvVBQEuIub28u7an0IU8H5hsBRq45T1Q Key for http://agorian.com/ ~ABQIAAAALlxHiyPlIB4P38LgiArjSRRj-WBPHI0tK7idqR27nnasylX3xRRy1FNNgqrJpP2U8IIrN50flrIz3Q Key for http://elmblog.com/ ~ABQIAAAALlxHiyPlIB4P38LgiArjSRTv1AovGUVPCFNHpAp_DB36XDN_-hRpB4bK01r3aOkQtIsj7nHrq4ZXKw Key for http://elmstadt.com/ ~ABQIAAAALlxHiyPlIB4P38LgiArjSRQKs7g9_cnpd4CRay2YUKagc-OmtRTzt9JO-SvD9j0uN-6Kaalsy7pNvw Here is an example web page to get you started on your way to mapping glory: {{{ <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd"> <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"> <head> <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8"/> <title>Google Maps JavaScript API Example</title> <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&amp;v=2&amp;key=ABQIAAAALlxHiyPlIB4P38LgiArjSRSOII2E8JbM1IP9qEaLwUxq0SgvVBQEuIub28u7an0IU8H5hsBRq45T1Q" type="text/javascript"></script> <script type="text/javascript"> //<![CDATA[ function load() { if (GBrowserIsCompatible()) { var map = new GMap2(document.getElementById("map")); map.setCenter(new GLatLng(37.4419, -122.1419), 13); } } //]]> </script> </head> <body onload="load()" onunload="GUnload()"> <div id="map" style="width: 500px; height: 300px"></div> </body> </html> }}}
★文字化け問題への対処 *OpenPNE の文字コードは UTF-8 になっているので,PHP の設定も UTF-8 にする必要があります。php.ini や .htaccess に設定を加えましょう。⇒ http://whooms.com/modules/lab/rewrite/tc_1.html *文字化けしないための.htaccess ⇒http://hypweb.net/xoops/wiki/2457.html#qc583af9 #224 岡崎博志さんへのコメントから ◇jijiyanさん(2006/09/12) OpenPNEをインストールしたディレクトリーに ''.htaccess'' を置く。 {{{ php_value mbstring.language Japanese php_value mbstring.detect_order auto php_value mbstring.http_input auto php_value mbstring.http_output pass php_value mbstring.internal_encoding UTF-8 php_value mbstring.script_encoding UTH-8 php_value mbstring.substitute_character none  }}} ''Xoopsの文字化け対策''と''config.php''(301行目当たりにある「mbstring設定」)を参考にした。⇒http://hypweb.net/xoops/wiki/2457.html#qc583af9 ◇わんわんさん(2006/09/12) Xserver環境の場合、php.iniを書いてホームディレクトリに入れる。 php.iniの設定には、http://whooms.com/modules/lab/rewrite/tc_1.html の一番下にあるもののうち {{{ default_charset = "UTF-8" mbstring.language = Japanese mbstring.internal_encoding = UTF-8 }}} だけを記述しました。 ⇒http://www.xserver.ne.jp/support/support2c.html#q20 ★こんな書き込みをした http://docs.openpne.jp/?TROUBLE%2F258 ---- 一連の文字化け問題に対して「原因と対策」が説明されているWebページがあればお教えいただきたい。開発者の方へは、単なる不具合ではなくバグとの認識をお願いしたい。評価・実験中なので優先度は問いませんが、ボランティア精神に期待します(笑) 安定版2.2.9動作しましたが文字化けで使えない。文字化け問題の投稿を30件ほど閲覧しましたが、2.x系と2.3で同じような問題が発生しているようです。#229,231,238などはまだ未解決の模様。#224が完了になっており、解決のヒントがあるので試したいとおもうが素人にはむずかしくて困っています。 不具合かも知れませんが、過去数十件のオープンソース(英語版)を日本語で設置してきたがこんな問題は初めてです。サーバ環境、MySQL、php.iniなどを配慮してソフトは作られる。オープンソースは常に多言語、多LAMP環境で動くことが前提になっていますし、英語ベースで諸外国で作られたのは文字化けの問題がなかった(少なくとも30ソフト) そういう意味では、文字化けは「不具合」というより「バグ」と認識して開発に取り組んでいただきたいと思います。 質問だけのつもりが苦情と要望になって申し訳ない。これも日本発の良いソフトを作っていただきたいと思う老婆心からとご理解ください。 …長文失礼。…平井克秀 ----
// webapp_biz ディレクトリ使用設定 // PNEBIZ機能を使用する場合は // setup/sql/install/option-pnebiz-mysql4X.sqlを実行した後 // USE_BIZ_DIRをtrueにする。 >define('USE_BIZ_DIR', true); >define('OPENPNE_WEBAPP_BIZ_DIR' , OPENPNE_DIR . '/webapp_biz'); >define('OPENPNE_MODULES_BIZ_DIR', OPENPNE_WEBAPP_BIZ_DIR . '/modules'); ---- 40.szlと41.sqlに違いは何?
GoogleMaps、GoogleAjaxなどの~API Keyを config.php で設定する。 外部認証機能は未着手
今日は一日、文字化けのことが気になっていた。 利用者コミュニティで調べ、聞きまわって、いくつかの対策を知った。 同じような問題に直面した人は必ずといっていいほどいるものである。 原因はphpソフトの振る舞いにあり、そのオプション設定を変えることで文字化けはなくなった。具体的には、.htaccessにphp解釈の仕方を記述してサーバ側に置くだけである。 失敗や問題に悩んだ経験というものは、知恵の宝庫である。 そのことをアメリカのキャピタリストは熟知して実践している。
「公式セットアップガイド」に、こう書いてある。 {{{ メールサーバの転送設定を利用して、これらのアドレスへの メールが、以下のコマンドにわたるように設定します。 "|/usr/local/bin/php OPENPNE_DIR/bin/mail.php" }}} これだけじゃ何のことかさっぱり分からない!試行錯誤して悩むこと2時間・・・ 「セットアップ情報のフォラム」を読んで、想像力をめいっぱい働かせてヤット成功した!理屈はわかっていないが、動いたからよしとする。みんなの参考にと思って下記をアップした。 !!携帯からの新規登録に成功しました! 1.public_htmlの下にディレクトリmailを作り、サブドメインmail.~.comを設定する。 2.get@mail.~.comというメールアドレスを作成する。 ついでにblog@mail.~.comもつくった。 3.レンタルサーバ(bluehost)にあるMail Forwarderというツールを使って、get@mail.~.com を "|/usr/bin/php /home/~/openpne/bin/mail.php" に転送する。 [img[img/forward-get.gif]] これだけで動きました。バカみたいですね。 |がいるのかな?””はいらないのでは? OPENPNE_DIRってなんだ? たぶん設置ディレクトリ名だ。openpne/…かな?それとも /openpneにしないとだめかな?などといろんな組合せを考えました。で、#49の試行錯悟さんの質問にtotoさんが答えていた。絶対アドレスだと。ゼッタイアドレスってなんだ?たぶんこれだろうということで試したら成功です。メールからの投稿もできました。 しかし開発者たちに一言申したいですね。 「メールサーバの転送設定を利用して、これらのアドレスへのメールが、以下のコマンドにわたるように設定します。 "|/usr/local/bin/php OPENPNE_DIR/bin/mail.php" 」 だけでは意味不明で、日本語になっていない。そのおかげで何人の人が悩み貴重な時間を浪費したかを考えて欲しい。私だけかも知れないが(笑)おなじ局面で苦労する人がいたら参考になると思い書きました。ちなみに私は悩むこと2時間・・・想像力をめいっぱい働かせてヤット成功した!しかし、理屈はわかっていないので質問には答えられません。あしからず。 ----
最新の[[OpenPNE セットアップガイド|http://tejimaya.org/openpne/docs/2_2/OpenPNE_Setup.html]]を参照する。OpenPNE/setup/OpenPNE_Setup.html も参考に。以下は、OpenPNE バージョン2.2.0 をもとにして書かれている。 !!!0.動作環境 {bluehost} * Apache 1.3.*/2.0.* 以上 {1.3.37} * PHP 4.3.*/5.0.* (ASPI版を推奨) {4.4.4} ** PHP の mbstring 拡張モジュールを使用可能 {?} ** PHP から GD ライブラリを使用可能 (JPEG/GIF/PNG) {?} ** PHP の mcrypt 拡張モジュールの使用を推奨 {?} * MySQL 4.0/4.1 {4.1.21} * メールサーバ(携帯からメール投稿する場合); Postfix 2.1.* を推奨 {?} !!!1.ファイルの設置 *OpenPNE に含まれるディレクトリ、ファイルをすべてWebサーバ上に設置する。  **[[ディレクトリ構成(1)]]を確認する。 *画像のキャッシュディレクトリを public_html 以下に置き、Apache から直接読み込みを行うようにすることもできる。⇒config.php で、OPENPNE_IMG_CACHE_PUBLIC を true にする。この機能を有効にする場合、Apache の設定で mod_rewrite を有効にし、.htaccess を使用可能にするかもしくは同様の内容を httpd.conf に記述する必要がある。 **[[ディレクトリ構成(2)]]を確認する。 !!!2. 設定ファイルの変更 OPENPNE/config.php.sample を OPENPNE/config.php にコピーして config.php を環境に合わせて編集する。 >OPENPNE_URL > ベースURL(絶対パス) >DSN >  (MySQLの)データベースへ接続するための情報。 >  接続用ユーザ、パスワード、サーバホスト名、データベース名を設定する。 >ENCRYPT_KEY >  会員ログイン情報の暗号キー(56バイト以内のASCII文字) >  他人に推測されにくい文字列にする。 >MAIL_SERVER_DOMAIN >  メールサーバのドメイン名(携帯版でメール投稿をする場合に使う) 必要に応じて、オプション設定も書き換える。デバッグモードの設定は、本番運用に移行する際には 0 にしておく。 ''PHPの設定でセーフモードが有効な場合は、MAIL_SET_ENVFROM を false に設定する。'' !!!3.サーバ設定  レンタルサーバ等で設定済みの場合は読み飛ばしてよい。  3-1. [[Apacheの設定]]  3-2. [[メールサーバ設定]] (携帯版を使用しない場合は、設定不要)  3-3. [[cronの設定]] !!!4.OpenPNE[[データベースの作成]]  phpMyAdminを使って作成するとよい。MySQL 4.1 の場合は、データベースのキャラクターセットを utf8 (collation: utf8_general_ci) に設定する。 !!!5.セットアップモジュールの実行 ブラウザから以下のアドレスへアクセスする。セットアップ完了後はアクセスできない。 >OPENPNE_URL?m=setup >(例) http://openpne.example.com/?m=setup ここでSNS名、管理用アカウント、初期ユーザの設定を行うことができる。 !!!6.管理ページへのアクセス セットアップ時に設定した管理用アカウントのユーザ名、パスワードを入力してログインする。ログイン後、管理メニューの「SNS設定変更」からSNSの基本情報の設定をすることができる。 >OPENPNE_URL?m=admin >(例) http://openpne.example.com/?m=admin 管理ページのURLを変更する場合は、設定ファイル config.php 内にある ADMIN_MODULE_NAME の値を変更する。 例えば、abcde に変更した場合、 >OPENPNE_URL?m=abcde >(例) http://openpne.example.com/?m=abcde というURLから管理ページへアクセスすることができる。 また、管理メニューの「管理用ページ名をランダム生成」でページ名置換を実行すると管理ページ内部のページ名を変更することができるので、セキュリティ向上のためセットアップ後に必ず実行する。 ----
!!Σ運用サーバの環境 - [[bluehost|http://www.bluehost.com/]] |項目|Oct 2006|May 2007| |Operating system    |Linux|| |Kernel version |2.6.17-11_1.BHsmp |2.6.19-1_3.BHsmp| |Apache version |1.3.37 (Unix)|| |PERL version |5.8.7|| |Path to PERL |/usr/bin/perl|| |Path to PHP |/usr/bin/php|| |Path to sendmail |/usr/sbin/sendmail|| |PHP version |4.4.4|4.4.6 PhpCore [[(詳細)|http://agorian.com/sns/phpinfo.php]]| |MySQL version |4.1.21-standard-log|[[MySQL詳細]]| |phpMyAdmin |2.8.2.4|2.9.0.2|     !!サイト管理情報 |項目| Oct 2006 | May 2007 | |Subdomains | 5/20| 14 / 20| |Parked Domains | 0 / 20|| |Addon Domains | 0 / 5|| |MySQL Databases | 3/50 | 18 / 50| |Postgre Databases | 0 / 50|| |Disk usage | 15.21 MB| 692.35 MB| |SQL Disk usage | 3.58 MB| 39.17 MB| |Disk space available | 30740.38 MB | 30027.65 MB| |Bandwidth usage (current month) | 23.84 MB| 167.83 MB| |Email Accounts | 7/2500| 28 / 2500| |Email Forwarders | 5| 11| |Autoresponders | 0| 0| |Mailing Lists | 0 / 100| 5 / 100| |Email filters | 0| 0| |Ftp Accounts | 1 /1000| 3 / 1000|
[[不具合状況|Σ不具合]] [[セットアップ]] [[動作環境]] [[PneBiz機能]] [[OpenPNE関連サイト]] [[OpenPNEセットアップガイド]]
企業ホームページ見直しの一環として、学習・実験用に作成した。2005年から放置したままである。 オリジナルの英語版からインストールした。日本でもXoopsはポピュラーになっていたが、本流とは別グループ別開発になってしまった。NIH症候群が出たのだろう。もうオープンソースとはいえない。困ったものである。 ・www.elmstadt.com Xoopsのメイン・エントリーになっている。  Xoopsはelmstadt.com直下にインストールされており、他のモデュールとの区別が分からなくなった。スパムに汚染され、大量のメール発信が発生。サービスプロバイダーから苦情がきて、汚染されたモデュールを削除した。  運営は凍結したが、コンテンツと学習結果をバックアップした。 ・club.elmstadt.com CS経営用に検討するために試作したもの。  実験のみで運用はしていない。学習用にForumを二つ作った。  コンテンツの移行の仕方が不明。 ・xoops.elmstadt.com   2006.07.20:Xoops2.0.14をダウンロードしてインストールした。  初期動作はOKだが、旧バージョンのMySQLデータの移行が不明。 ・elmstadt.com/www/ これをwww.elmstadt.comとしようとしたがXoopsとコンフリクトするので断念。現在www.elmstadt.comはelmstadt.comとおなじで旧Xoopsの入り口である。これをxoops.elmstadt.comに移行しようと計画している。  この移行が完了した後で、elmstadt.com/www/をwww.elmstadt.comとしてオープンする計画。この下に旧コンテンツを整理するか、dharma.elmblog.comにするかを思案している。とりあえずwwwの下に、blogとguestを作って試している。 ・elmstadt.com/www/blog/  www公開のアーカイブの保存用 ・elmstadt.com/www/guest/ Movable Typeの学習用に使用予定。
BravenetとConduit共同提供のツールバーを設置 Community Toolbar Name: SigmaTown (これがログインユーザ名になる) ログインページ:http://accounts.conduit.com/Login/ ユーザがSigmaTown ToolbarをダウンロードするページURL:http://sigmatown.communitytoolbars.com/ このページある〔Download Toolbar〕ボタンをクリックするとインストールされる。 Webページにロゴを張って、これをクリックするとインストールされるようにもできる。 <html> <table style="border: 0px none ; "><tbody><tr><td style="border: 0px none ; "> <script type="text/javascript" src="http://SigmaTown.CommunityToolbars.com/ControlsLibrary/Javascript/Generic/Site.js"></script><script type="text/javascript" src="http://www.conduit.com/Api/ToolbarApi.aspx"></script><script type="text/javascript" src="http://SigmaTown.CommunityToolbars.com/controlsLibrary/Javascript/Banner.js"></script><a id="hrefDownloadPage" href="http://SigmaTown.CommunityToolbars.com/exe"> <img id="miniBannerImage" style="border: 0pt none ;" src="http://SigmaTown.CommunityToolbars.com/Images/Client/minibanner05.gif" alt=""></a><script type="text/javascript">var hrefDownloadPage = 'hrefDownloadPage';var bannerDownloadUrl = 'http://SigmaTown.CommunityToolbars.com/';var exeUrl = 'http://SigmaTown.CommunityToolbars.com/exe';var strCurrentToolbarId = 'CT1380388';Site.AttachEvent(window, 'onload', SetHrefDownloadPage);</script> </td><td> <table style="border: 0px none ; width: 234px;"><tbody><tr><td><a href="http://SigmaTown.CommunityToolbars.com/exe"><img src="http://www.conduit.com/banners/234_60d.gif" border="0"></a><br></td></tr><tr><td style="font-size: 9px; font-family: Verdana; text-align: right; color: rgb(136, 136, 136);"><a href="http://www.Conduit.com" style="text-decoration: none; color: rgb(136, 136, 136);">toolbar</a> powered by Conduit</td></tr></tbody></table> </td></tr></tbody></table> <table style="border: 0px none ; width: 0px;"><tbody><tr><td><script src="http://hosting.conduit.com/DrawToolbar/?ct=CT1380388&amp;cover=2&amp;exe=true"></script><table onclick='javascript:top.location.href="http://SigmaTown.CommunityToolbars.com/exe"' style="border: 1px solid rgb(172, 168, 153); margin: 0pt; padding: 0pt; background-repeat: no-repeat; background-image: url(http://www.conduit.com//images/BannerBlueImages/banner.gif); color: black; background-color: rgb(34, 124, 201); font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal;" cellpadding="0" cellspacing="2" height="78"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" height="40"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal;" colspan="3">&nbsp;</td></tr><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal;" valign="top" width="2">&nbsp;</td><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;" valign="top"><table onclick='javascript:top.location.href="http://SigmaTown.CommunityToolbars.com/exe"' style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; cursor: pointer;" cellpadding="0" cellspacing="0" height="26"><tbody><tr><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; background-image: url(http://hosting.conduit.com//Images/LandingPage/toolbar_bg.gif); font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;" align="left" width="550"><span><table id="WrapToolbarTbl" style="border-collapse: collapse;" border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tbody><tr id="tbImgs"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;">&nbsp;</td><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><img src="http://hosting.conduit.com//images/toolbarLeft.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td><td valign="middle"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://storage.conduit.com/88/138/CT1380388/Images/633323555465743750.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td><td valign="middle"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://hosting.conduit.com//images/pulldown_arrow.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td><td valign="middle"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" border="0" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black;"><td style="border: 1pt solid rgb(163, 163, 163); background-color: rgb(255, 255, 255);"><table style="height: 18px; width: 152px; border-collapse: collapse;" border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tbody><tr><td><img src="http://www.conduit.com/images/searchengines/search_icon.gif" style=""></td><td><img src="http://hosting.conduit.com//images/pulldown_arrow.gif" style="" border="0" height="18"></td><td style="width: 100%; font-size: 8pt; color: rgb(150, 150, 150);">Search</td><td><img src="http://hosting.conduit.com//images/pulldown.gif" width="15"></td></tr></tbody></table></td><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="1"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://hosting.conduit.com//images/searchengines/go_btn_new.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td><td><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: rgb(0, 0, 0); background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;">Go</td></tr></tbody></table></td><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="1"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://hosting.conduit.com//Images/drag_line.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td></tr></tbody></table></td><td valign="middle"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://hosting.conduit.com//Images/highlighter_dimmed.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td><td valign="middle"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" border="0" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://storage.conduit.com/88/138/CT1380388/Images/633323600363400000.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="1"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://hosting.conduit.com//Images/pulldown_arrow.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td></tr></tbody></table></td><td valign="middle"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" border="0" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://storage.conduit.com/88/138/CT1380388/Images/Rss-rss01x16.gif-rss16Images-633323602626993750.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: rgb(0, 0, 0); background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;">最新</td></tr></tbody></table></td><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="1"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://hosting.conduit.com//Images/pulldown_arrow.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td></tr></tbody></table></td><td valign="middle"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" border="0" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://storage.conduit.com/88/138/CT1380388/Images/633323559062618750.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: rgb(0, 0, 0); background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;">連絡</td></tr></tbody></table></td><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="1"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://hosting.conduit.com//Images/pulldown_arrow.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td></tr></tbody></table></td><td valign="middle"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" border="0" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://storage.conduit.com/88/138/CT1380388/Images/Buttons2.xml-15-Classic-633323578504650000.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td></tr></tbody></table></td><td valign="middle"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" border="0" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://storage.conduit.com/88/138/CT1380388/Images/Buttons2.xml-5-Classic-633323578754650000.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td></tr></tbody></table></td><td valign="middle"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" border="0" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://storage.conduit.com/88/138/CT1380388/Images/Buttons2.xml-24-Classic-633323583465743750.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td></tr></tbody></table></td><td valign="middle"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" border="0" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://storage.conduit.com/88/138/CT1380388/Images/Buttons2.xml-54-Classic-633323703989337500.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td></tr></tbody></table></td><td valign="middle"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" border="0" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://storage.conduit.com/88/138/CT1380388/Images/Buttons2.xml-12-Classic-633323586905743750.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td></tr></tbody></table></td><td valign="middle"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" border="0" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://storage.conduit.com/88/138/CT1380388/Images/633323597252931250.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: rgb(0, 0, 0); background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;">達磨</td></tr></tbody></table></td><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="1"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://hosting.conduit.com//Images/pulldown_arrow.gif" style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; font-size: 8pt; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; background-color: transparent;"></td></tr></tbody></table></td></tr></tbody></table></td><td valign="middle"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" border="0" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent; font-size: 8pt;"><table style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;" cellpadding="0" cellspacing="2"><tbody><tr style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt; font-family: tahoma; color: black; background-color: transparent;"><td style="border: 0px none ; margin: 0pt; padding: 0pt; white-space: nowrap; color: black; background-color: transparent; font-family: tahoma; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: normal; line-height: normal; font-size-adjust: none; font-stretch: normal; font-size: 8pt;"><img src="http://storage.conduit.com/88/138/CT1380388/Images/Email-02.gif-Clas